九条の会オフィシャルサイト TOP Japanese Chinese Korean English French
大江健三郎、小田実、井上ひさし、加藤周一、澤地久枝、三木睦子、鶴見俊輔、奥平康弘、梅原猛


安倍9条改憲を阻むために全国の九条の会は立ちあがりましょう

2017年9月6日    九条の会事務局

 

  安倍首相は、日本国憲法施行70周年の5月3日、あえて挑戦するように新たな改憲の提言を行いました。今回の安倍改憲は、9条1項、2項を残しながら、新たに自衛隊保持を憲法に明記することで、9条を根本的に変質させ日本を「戦争する国」に転換しようという重大なねらいをもっています。森友、加計学園にみられる行政の私物化、自衛隊日報隠し、共謀罪法案の強行採決などとどまることを知らない悪政に対する怒りが噴出し、都議会議員選挙で安倍自民党は大敗し、その後も安倍政権は支持率の低下が続いていますが、首相は改憲を強行する決意を変えていません。憲法と日本の進路は今、戦後最大の岐路を迎えています。

  安倍改憲を広範な共同で阻もうと、総がかり行動実行委員会をさらに広げ、19名の発起人の訴えに基づき「安倍9条改憲NO!全国市民アクション」が発足し、3000万署名を軸に安倍改憲を阻む行動が呼びかけられています。

  九条の会は、結成以来憲法を改変するさまざまな企てに反対する行動の先頭に立ってがんばってきましたが、共同の行動のよびかけに名前を連ねることは控えてきました。9人のよびかけで発足した九条の会の役割は、あくまで全国7000余にのぼる九条の会の交流や連絡調整に当たることにあり、その多様な活動を縛ることは避けたいという思いからでした。

  しかし、安倍改憲の企てを阻むことは、2004年に九条の会が出発したそもそもの目的にほかなりません。そこで、会事務局は、よびかけ人と世話人の了解もいただいて、「安倍9条改憲NO!全国市民アクション」に組織として参加し、他団体と協力して活動する決断をしました。安倍改憲を阻むため、全国市民アクションの一員として全力をあげる決意です。

  この重大な局面に立って、安倍改憲を阻む大きな共同の闘いを起こすため、全国の九条の会のみなさんに、以下の3つの行動に立ち上がることを訴えます。

 1 すべての会が、学習会を持ち、市民とともに、安倍9条改憲の危険性を改めて確認しましょう。

 2 全国市民アクションが掲げる3000万署名を達成するために、会毎に目標をたて、戦争法廃止2000万署名の経験を生かしながら、全国津々浦々の草の根で宣伝と対話を広げ署名の輪を広げましょう。

 3 それぞれの地域で他団体と協力し合って市民アクションを立ちあげ、安倍改憲阻止のための市民アクションの取り組みに積極的に参加し、共同の輪を広げましょう。

「よびかけ」のWORD版ファイルはこちら
3000万署名用紙はこちら

 

 

「戦争法の廃止を求める2000万人統一署名」用紙ができました。すみやかな廃止をめざして力を尽くしましょう。


ぜひ活用してください。

署名用紙はこちらから  PDFファイル http://www.9-jo.jp/img/pdf_dl_btn.gif word版 

2016年5月3日の発表をめざして、集約日は4月25日です。ただし、一気に2000万を整理することはできません。署名は集まり次第、どんどん届けてください。

以下、この署名の取り扱いについて、記載します。

◇署名用紙はサイトからダウンロードしてお使いください。

取扱団体名を書き入れたいときはword版を使ってください。ただし書き入れるのは取扱団体の部分のみにして、その他の部分は変更しないでください。

◇用紙はコピーしても使えます。

◇署名したものは原本(コピーは不可)を九条の会に郵送(FAXは不可)してください。

◇署名は自筆を原則とします。

家族で姓が同じであっても、省略や「〃」は不可です。フルネームでお願いします。

 署名の住所は都道府県から地番までお書きください。「同上」や「〃」は不可です。
筆記用具は、消せないものを使用してください。鉛筆は使わないでください。

書き間違えたときは修正液は使わず、二重線で消して下さい。

署名の切り貼りや署名部分だけ切り取って送付することはしないでください。

どうしても5人の欄が埋まらないときは空欄のまま送ってください。

◇署名資格は、日本在住の方であれば、年齢、国籍は問いません。また、海外在住でも、日本国籍をお持ちの方は署名できます。

◇記入いただいた個人情報は請願以外の目的では使用しません。

 

九条の会の請願署名「安保関連法案は、海外で戦争をするための戦争法案であり、平和憲法を破壊します。すみやかな廃案を求めます」の用紙

 安倍晋三内閣は、2015年5月14日、多くの人々の反対の声を押し切って、自衛隊法など既存10法を一括して改正する「平和安全法制整備法案」と新設の「国際平和支援法案」を閣議決定し、15日国会に提出しました。この2つの法案は、これまで政府が憲法9条の下では違憲としてきた集団的自衛権の行使を可能にし、憲法9条をかつてなく破壊するものであり、まさしく戦争法案と呼ばれるべき内容です。しかも、安倍内閣は、4月27日に現行安保条約の枠組みをも超える新たな日米防衛協力の指針(ガイドライン)を取り交わし、法案この夏中の制定を約束するなど、国民主権を踏みにじり、国権の最高機関たる国会の審議をないがしろにする形で、強引に法制化を進めようとしています。
九条の会事務局ははこの重大な事態に対して、断固抗議する新たな請願署名用紙を作成しました。いまこそ主権者はきっぱりと『NO』の意思を示し、『戦争する国づくりは許さない』との声を全国の草の根からあげるときです。 
ここに掲載する「請願署名用紙」をぜひ活用してください。        

署名用紙のPDFファイルはこちらから http://www.9-jo.jp/img/pdf_dl_btn.gif

以下、この署名の取り扱いについて、記載します。

  1. 署名用紙はサイトからダウンロードしてお使い下さい。用紙はコピーしても使えます。

  2. 署名したものは原本を九条の会に郵送(FAXは不可です)してください。

  3. 署名の住所は都道府県から地番までお書き下さい。

  4. 署名資格は、日本在住の方であれば、年齢、・国籍は問いません。

  5. 記入頂いた個人情報は請願以外の目的では使用しません。

 

▼九条の会の請願署名「集団的自衛権行使は海外で戦争をすることであ
り、平和憲法の破壊です。憲法9条を守り、生かしてください
」の用紙

 安倍晋三内閣は7月1日、多くの人びとの反対の声を押し切って、集団的自衛権行
使を容認する新たな憲法解釈の閣議決定を強行しました。この重大な事態に対して、
九条の会は7月5日、「《アピール》集団的自衛権行使容認の閣議決定に抗議し、いま
こそ主権者の声を全国の草の根から」を発表し、全国の草の根で奮闘する九条の会
のみなさんに対して、「きっぱりと『NO』の意思を示し、『戦争する国づくりは許さない』
との声を全国の草の根からあげるときです。全国のすべての『九条の会』が、その先
頭にたって、創意と工夫をこらした多様な行動に立ちあがることを呼びかけ」ました。
 ここに掲載する「請願署名用紙」はこの活動の一環としてお使いいただくために、
事務局で作成しました。        

 署名用紙のPDFファイルはこちらから 

   2014年12月25日、第3次安倍内閣の組閣を反映し、
   衆院議長名と集約の締め切りを変えました。

 以下、この署名の取り扱いについて、記載します。

  1. 名用紙はサイトからダウンロードしてお使い下さい。用紙はコピーしても使えます。
  2. 名したものは原本を九条の会に郵送(FAXは不可です)してください。
  3. 名の住所は都道府県から地番までお書き下さい。
  4. 名資格は、日本在住の方であれば、年齢、・国籍は問いません。
  5. 入頂いた個人情報は請願以外の目的では使用しません。


Copyright(C) 「九条の会」 All right reserved.