☆☆☆ 「九条の会」メルマガ詳細版 2021年09月25日 第354号 ☆☆☆

憲法9条、未来をひらく

 

事務局より

ブックレット「菅政権の成立と改憲問題の新局面―改憲発議阻止のために」好評2刷・発売中です(既報)

  1冊500円(送料別)、10冊以上は8掛け
  お問い合わせは九条の会事務局へ

サイトのトップページ【http://www.9-jo.jp/】上部に「メルマガ登録」「解除」ボタンを設定しております。ここからご自分で簡単に登録できます。購読料は無料ですので、会員のみなさん、知り合いの皆さんに読者登録をおススメください。

 メルマガの読者は現在1万人を超えております。各地の九条の会の活動の交流をはじめ、9条改憲発議阻止の運動にぜひ活用してください。各地の催し物案内や活動報告の記事をお寄せください。                       九条の会メルマガ編集担当

各地から(全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある!)

 催し案内や活動報告の掲載原稿を募集しています。
本欄に掲載希望の方はmag@9jounokai.jpに投稿して下さい。掲載は原則として「九条の会」関係の催しに限り、1行事1回掲載とします。このメルマガは毎月10日、25日発行です。投稿される方は発行日の3日前までにお願い致します。
 原稿はチラシなどの添付ではなく、掲載形式でデータを作ってお送りください。編集に際して若干、手を加える場合があります。                 (編集部)

「九条の会」群馬ネットワーク(群馬県)

「九条の会」講演会「憲法九条を守る闘いには、ロマンチックとリアリスチックが必要」
    〜中国で生まれ、21年間生活した体験を通して
日時:10月9日(土)14:00〜16:00
講師:中村幸生氏(元高校教師)
会場:群馬県公社総合ビルホール
参加費:無料(参加協力券500円のお願いをしております)
定員:コロナ対策のため150人まで。マスク着用のこと。
主催:「九条の会」群馬ネットワーク
後援:上毛新聞、朝日新聞前橋支局、毎日新聞前橋支局、東京新聞前橋支局
連絡先:FAX027−261−3789

九条の会はつかいち(広島県廿日市市)

16周年総会記念講演会「毒ガス島(大久野島)の歴史」
日時:10月9日(土)14:15〜16:30(13:30〜総会)講師:山内正之さん(「大久野島から平和と環境を考える会」代表)
会場参加:廿日市市市民活動センター2階第1研修室(廿日市市住吉2−2−16)
       マスク着用願います。
オンライン参加:メールで下記にお申し込みください10月6日締め切り
 新田秀樹 nitta-hideki@kni.biglobe.ne.jp
参加費:500円(学生、障がい者 無料)
主催:九条の会はつかいち
連絡先:090−3373−5083(新田)

国分寺9条の会(東京都国分寺市)

10月定例駅宣伝&署名行動
日時:10月9日(土)16:00〜17:00
場所:国分寺駅南口
主催:国分寺9条の会
連絡先:042−571−3365(増島)

私学九条の会・東京(東京都)

第48回憲法学習会
日時:10月21日(木)18時30分〜20時30分
講師:吉田 裕さん (一橋大学名誉教授)
演題:アジア・太平洋戦争の現実と日本人の歴史認識
会場:全国教育文化会館7階大会議室(有楽町線「麹町」下車2分)
参加費:500円 (どなたでも参加できます)
主催:私学九条の会・東京
連絡先:03−3230−4091(東京私教連)

港南台9条の会(神奈川県横浜市)

10月例会:教育と憲法をテーマにした戦後教育の流れを追う
日時:10月23日(土)10:00?12:00 
会場:港南台地区センター和室(港南台駅徒歩10分) 
主催:港南台9条の会 
連絡先:045-832-8070(成田)

調布九条の会「憲法ひろば」(東京都調布市)

第170回(10月)例会
  総選挙と日本の針路 いのちと立憲主義どう守る?
日時:10月31日(日)13:30〜
お話:五十嵐 仁さん(法政大学名誉教授)
場所:あくろすホール(国領駅前西友3階)
参加費:300円(ZOOMでの視聴を希望される方はご連絡ください)
主催:調布九条の会「憲法ひろば」
連絡先:choufu9jou@yahoo.co.jp
ウェブサイト:http://choufu9jou.sakura.ne.jp

「九条の会」愛知・大学人の会(愛知県)

Zoom 講演会:「ジェンダー視点からオリンピックを問い直す」
日時:11 月 13 日(土)13 時 30 分〜16 時
講師・來田享子(中京大学スポーツ科学部教授/日本スポーツとジェンダー学会会長/東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会理事)
【Zoom 申し込み先】(yhadachi@khe.biglobe.ne.jp) TEL 052-411-2737
      《締め切り:11 月 12 日 17:00》
主催:「九条の会」愛知・大学人の会

市川教育9条の会(千葉県市川市)

第12回憲法カフェ市川教育9条の会  
とき:11月20日(土)13:30〜15:30(受付13;20開始)
講師:高田 健さん(総がかり行動実行委員会共同代表)           
演題:改憲発議をさせないために、今わたしたちにできることは何か
ところ:市川教育会館3階ホール
会費:300円
主催:市川教育9条の会
連絡先:菅原千枝(080-6744-0252)。篠原弘(047-337-5274)。
    白野こず江(047-339-7692)。松本昌子(090-5324-1208)

根岸線沿線九条の会連絡会(神奈川県横浜市)

池内了さん講演会「コロナ禍と戦争−今、人類の英知が試される」
日時:11月24日(水)14:00〜16:00 
講師:池内了さん(名古屋大学名誉教授、九条の会世話人) 
歌と演奏:tomokoさん(栄区出身のシンガーソングライター)「We Are The World」「星を見あげて」ほか 
会場:磯子区民文化センター杉田劇場ホール(JR新杉田駅直結) 
参加費:一般1000円、学生500円 
主催:根岸線沿線九条の会連絡会(磯子地区九条の会、森九条の会、洋光台九条の会、港南台九条の会、栄区九条の会、大船九条の会 
連絡先:090-7175-1911(後藤)

みやぎ憲法九条の会(宮城県)

憲法9 条を守り生かすみやぎのつどい 2021 秋講演
     「自分を生きる時代と社会に抗い丸ごとのいのちとして」
日時:11 月 24 日(水)13:30開演(12:30 開場)
会場:仙台銀行ホール イズミテイ大ホール(地下鉄南北線泉中央駅下車北3出口)
    *新型コロナの状況によっては同会場でのリモート出演での講演となる
     場合があります。あらかじめご了承下さい。
内容:オープニング合唱 宮城のうたごえの皆さん「約束の歌」他
講演 落合恵子さん(総合育児雑誌「月刊クレヨンハウス」主宰)
入場無料、どなたでも参加できます。
主催:みやぎ憲法九条の会
連絡先:電話:022-728-8812 FAX:022-276-5160
   http://miyagi.sakura.ne.jp
   E-mail:info@9jou.jp
協賛:宮城県内九条の会連絡会
■公共交通機関をご利用ください。託児はありません。
  コロナ対策(マスクの着用、手指の消毒、入場者数など)にご協力ください

九条かながわの会(神奈川県)

9条かながわ大集会2021n横浜 
日時:11月29日(月)18:50〜21:00 
講師:斎藤美奈子さん(文芸評論家)
演題:放置国家にサヨナラを−安倍・菅政権のコロナ対策
講師:岡田尚(弁護士、九条かながわの会事務局代表)
演題:ヨコハマから日本を変える−横浜市長選の実践から 
パフォーマンス:歌う9条の会バンド、横浜憲法劇 
会場:関内ホール(関内駅徒歩5分) 
参加費999円 
主催:九条かながわの会連 
連絡先:090-7175-1911(後藤)

【活動報告】平和の鐘つき高梁9条の会(岡山県高梁市)

 9月9日9時9分から
 高梁9条の会(代表世話人 時光重孝ほか4人)は地域の14寺院で、憲法9条の「9」にちなみ、9月9日午前9時9分からいっせいに、「平和の鐘つき」を行いました。
 「平和の鐘つき」は、毎年行っているもので、今回で11回目。
 この日、各協力寺院には、会員、市民ら合わせて64人が参加し、戦争で犠牲になられた方々への黙祷をささげたあと、みんなで9つの鐘をつきあいました。 協力寺院の住職さんからは「9条で日本の平和が守られています。みなさんの活動に賛成です」「戦争は絶対に反対です。来年もぜひ来てください」「平和が一番です。そのために9条を守らなければいけません」などと語られました。また、“平和を守るために、憲法9条が大切である”と、お経の中に織り込んで読経される住職さんも。さらに、「会の活動に使ってほしい」と募金を寄せられたり、本堂に案内して親しく歓談の機会を持たれた寺院もあり、参加した会員は大いに励まされました。
(参考)【平和の鐘つきにご協力いただいた寺院】寿覚院 道源寺 薬師院 頼 久寺 観泉寺 深耕寺 重源寺 真光寺など  計14寺院

【活動報告】えびな・九条の会(神奈川県海老名市)「生かそう憲法」駅前スタンディング

9月に入って涼しい日が続いていましたが、28度と高い気温となった11日午後、えびな・九条の会は海老名駅東口で58回目の「生かそう憲法」スタンディングを行いました。
 9人が参加。「9条を生かし、平和な日本を」「国民主役の政治を」「原発ゼロの日本を」「核兵器禁止条約にサインを」などの手作りポスターを掲げるサイレントアピールに、じっとポスターを見つめる市民、「署名はできますか」と駈け寄る女性などの姿が見られました。座間市の女性は「改憲発議反対!署名」にサイン。「きのう、総裁選に出馬表明した河野太郎さんは改憲にも意欲を見せ、恐ろしいと思いました。父親が戦争で苦労したことをよく話していたので、私は護憲です」ときっぱり語り、会報の読者にもなりました。
 行動終了後、参加者はその場で感想や意見を交換し、コロナ問題、自民党総裁選、沖縄・基地問題などについての発言がありました。その中での女性の発言。自民党総裁選に立候補表明した高市早苗前総務相の「欧米並みで考えると10兆円になる」との軍事費増額発言(10日)に言及。「びっくりしました。武器で国を守れないことはアフガニスタンでの経験を見ても明らか。医師・中村哲さんのような活動こそ大事です」
 奇しくも9.11のこの日、アメリカの同時多発テロから20年、この間アメリカは、アフガニスタンとイラクを攻撃。しかしその結果は、何の解決もできず、死者だけを増やしました。昨年、中村哲さんの映画を主催した九条の会のメンバーは、住民に寄り添った支援こそが平和をもたらす唯一の解決策だということを再確認しました。   

【活動報告】宮城県内九条の会連絡会講演会と総会の報告 8 月 28 日(土)フォレスト仙台2F

 宮城県内九条の会連絡会の講演会が 8 月 28 日(土)13:30 から、フォレスト仙台開かれ、渡辺治さん(一橋大学名誉教授)が講演されました。県内はコロナによる「緊急事態宣言」のさなかで、ZOOM参加と会場参加の二通りで、それぞれ 34 人、31 人で合計 65人が参加しました。
(1)渡辺さんの講演は、「アベ・菅改憲を止めるには、今度の総選挙で、市民が中心となり野党の共闘で新しい政権をつくることが必要」と話されました。コロナで市民が大きな声を出すのは大変だが、9条守れ、改憲に終止符をという市民の声を地域から出すこと。市民と野党の共闘が本当に力を発揮している、だから共闘への巻き返しも強くなっているが「負けないで頑張ろう」と訴えました。
(2)講演会の後に多々良哲さん(市民連合@みやぎ事務局長)の連帯のあいさつがありました。多々良さんは「いよいよ総選挙で菅政権を終わらせるという歴史的大事業に直面している。そのために何が何でも市民と野党の共闘を実現させ、団結していく」と連帯のあいさつをされました。
(3)総会は講演会の後に同会場で行われ20人が参加しました。  佐藤修司事務局長が活動のまとめ、活動方針、執行体制を一括して提案し、討論の末、満場一致で承認されました。  総会の活動報告では、コロナのためスタンディングを活動の中心に据えて、プラスターを作成(100組)して無料で普及に取り組みました。 今年のゴールデンウィークに宣伝カーを出して仙台市内を 4 日間、仙南地域を3日間にわたり、宣伝して回りました。延べ 7 日間で参加したのが 17 名です。県と仙南の民主商工会の車を借用して行うことができました。アナウンス原稿を作り、録音し、音声を流しながら宣伝できるようにしました。要所では演説をしました。コロナで外出自粛の時期でタイムリーであったと思います。 お勧めしたい活動は成人式へのチラシ配布です。仙台市、名取市、多賀城市ではこれまでも続けられているのですが、連絡会としては 2 回目です。20人が参加し、仙台市の新成人 4000 人に対しティッシュに成人式用のチラシを挟み込み 2000 個配布しました。私たちにとって、若い方へ取り組みは珍しく、ティッシュの受け取りも良いのです。寒いけど楽しくなる取り組みです。

【活動報告】鶴ヶ谷地域九条の会(宮城県仙台市)恒例第 3 水曜日の「スタンデイング」実施

 鶴ヶ谷地域九条の会では毎月第 1、第 3 水曜日に団地入口と生鮮市場前の広場で「変えるな 憲法9条」のスタンデイングをしていますが、この間2回ほど雨天と重なり中止となっておりました。9月15日(水)は久しぶりに晴れあがり、午前中の1時間、市場に買い物に来る住民の皆さんに訴えることができました。7人で実施しました。マイクは使っていませんが、買い物に来るほとんどの皆さんがパネルを見てお店に入っていきます。中には近寄ってきて「この先もずっと戦争放棄」に「そうだね」と賛同して励まして行く人や自民党の総裁選挙の各候補者の政策について、「憲法9条に自衛隊を書きこむ」改憲を強調して安倍さんに配慮している候補者もあり、やっぱり「安倍改憲NO!だね」と話して行く方もおりました。(篠原記)

【活動報告】鎌倉・九条の会(神奈川県鎌倉市)このたび、当会で初めてフェイスブックを立ち上げました

 ご関心のある方はぜひ一度下記のアドレスをクリックしてみてください。多くの方のアクセスを歓迎いたします。
 https://www.facebook.com/groups/kamakura9jo         鎌倉・九条の会

編集後記〜自民党の総裁候補はいずれも改憲派

 9月17日から29日まで、菅義偉首相の政権投げだしに伴う自民党の総裁選が鳴り物入りで行われている。候補の4名はいずれもこの間の政府与党の要職にあった人々であり、「改憲」の立場に立っている。特に高市氏は2012年の自民党改憲草案の立場を主張し、岸田氏は自民党の改憲4項目の任期中の実現を掲げている。
 目下の政治的な分岐点は4候補の中にあるのではなく、安倍・菅政権の9年の政治と、野党と市民連合が示した政策合意の対立にある。今度の総選挙はこのいずれを選択するかの選挙だ。(T)