☆☆☆ 「九条の会」メルマガ詳細版 2021年08月10日 第351号 ☆☆☆

憲法9条、未来をひらく

 

事務局より

ブックレット「菅政権の成立と改憲問題の新局面―改憲発議阻止のために」好評2刷・発売中です(既報)

  1冊500円(送料別)、10冊以上は8掛け
  お問い合わせは九条の会事務局へ

サイトのトップページ【http://www.9-jo.jp/】上部に「メルマガ登録」「解除」ボタンを設定しております。ここからご自分で簡単に登録できます。購読料は無料ですので、会員のみなさん、知り合いの皆さんに読者登録をおススメください。

 メルマガの読者は現在約1万人おります。安倍9条改憲発議阻止の運動にぜひ活用してください。各地の催し物案内や活動報告の記事をお寄せください。 九条の会メルマガ編集担当

各地から(全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある!)

 催し案内や活動報告の掲載原稿を募集しています。
本欄に掲載希望の方はmag@9jounokai.jpに投稿して下さい。掲載は原則として「九条の会」関係の催しに限り、1行事1回掲載とします。このメルマガは毎月10日、25日発行です。投稿される方は発行日の3日前までにお願い致します。
 原稿はチラシなどの添付ではなく、掲載形式でデータを作ってお送りください。編集に際して若干、手を加える場合があります。                 (編集部)

宮城県内九条の会連絡会(宮城県)

街頭宣伝
日時:8月24日(火)12時〜13時
場所:仙台市中央通東二番丁 平和ビル前。
時間:12 時から 13 時まで。
主催:宮城県内九条の会連絡会
連絡先:022-728-8812 FAX:022-276-5160 eメール info@9jou.jp

九条の会東京連絡会(東京都)

8月懇談会「総選挙に向けた市民と野党の共同」
日時:8月25日(水)18:15〜
講師:平井正さん(9条改憲NO!全国市民アクション事務局)
会場:全国教育会館(エデュカス東京)JR市谷駅徒歩7分
主催:九条の会東京連絡会
連絡先:03−5812−4495

宮城女性九条の会(宮城県)

第 45 回憲法講座 「桜を見る会 前夜祭」〜刑事告発と新しい政治に向けて〜
日時:9 月 5 日(日)13:30〜15:30
会場:仙台市市民活動サポートセンター6F セミナーホール(地下鉄南北線広瀬通駅下車西5番出口から出てすぐ)
講師:小野寺義象さん(日本弁護士連合会憲法問題対策本部委員、「桜を見る会」を追求する
    法律家の会事務局長、片平9条の会代表委員)
参加費:300 円
主催:宮城女性九条の会
連絡先:090-5832-6836

かながわく九条の会(神奈川県横浜市)

伊藤千尋「心の歌よ!」コンサートと講演のつどい
9月8日(水)14:00〜 
講師:伊藤千尋さん(国際ジャーナリスト、九条の会世話人) 
会場:かなっくホール(JR東神奈川駅または京急東神奈川(旧仲木戸駅)徒歩1分) 
参加費:500円 
申込先:いづみ書房(045-241-1104) 
共催:かながわく九条の会、新日本出版社、いづみ書房

念仏者九条の会・非戦平和を願う真宗門徒の会(全国)

合同全国集会「憲法を活かす 新しい時代へ」
日時:9月9日(木)14:00〜16:00
講師:高橋純子さん(朝日新聞編集委員兼論説委員)
記念講演:「仕方ない帝国」を終わらせるために(仮題)
参加協力券:500円
場所:ホスト会場:本願寺派長野別院 全国をオンラインで。オンライン申込み(ZOOM)必ずメールで申込みをお願いします(事務局からの返信メールにて受付とします)
念仏者九条の会事務局 小武正教odake@orange.ocn.ne.jp 携080-5233-3429
特設会場参加申込み:下記特設会場担当者に8月31日まで申込みをお願いします
長野別院会場:026-232-2621(笠原髟F) 鹿児島別院会場 090-8216-0031(村上孝昭)
山口別院会場:090-1681-5366(縄田和光) 広島別院会場 090-8996-0100(広幡康祐)
福岡会場(福岡組覚永寺): 090-3326-3493(三好慶祐)
熊本会場(託麻組真行寺): 080-4696-9645(藤岡崇史)

宮城県内九条の会連絡会(宮城県)

街頭宣伝
日時:9月14日(火)12時〜13時
場所:仙台市中央通東二番丁 平和ビル前。
時間:12 時から 13 時まで。
主催:宮城県内九条の会連絡会
連絡先:022-728-8812 FAX:022-276-5160 eメール info@9jou.jp

「九条の会」群馬ネットワーク(群馬県)

講演会「憲法九条を守る闘いにはロマンチックとリアリスチックが必要」
日時:10月9日(土)14:00〜16:00
講師:中村幸生氏(元県内高校教師)
会場:群馬県公社総合ビルホール(前橋市大渡町1−10−7)
定員:150人、マスク着用
後援:上毛新聞、朝日新聞前橋総支局、毎日新聞前橋支局、東京新聞前橋支局
主催:「九条の会」群馬ネットワーク
連絡先:FAX027−261−3789

【活動報告】千住9条の会(東京都足立区) 7月29日、「九条の碑」製作発表 記者会見と「製作スタートのつどい」を開催。

 記者会見を主催するのは初めてで、まず、報道各社の記者に来てもらうために、インパクトのある趣向を凝らした手書きの宛名とイラスト入りの封筒に「記者会見のご案内」を入れて郵送。2週間前には「プレスリリース」も配信。それらの効果があったのか?、「取材に行きます」と、朝日新聞、毎日新聞、東京新聞、赤旗、婦人民主クラブ・婦民新聞、東京民報、足立朝日と健和会報道部より連絡があり8名の記者にお越しいただき、ほっとした。誰も来てくれなかったらどうしようと思って、こちらから電話した社もあったのだが。
 「九条の碑」の設置場所もデザインも決定し、それを発表し新聞報道により、沢山の人々に知ってもらいたいとの想いで開催し、盛況で良かった。早速、翌日に朝日新聞社編集委員の北野氏が掲載してくれ、「募金したい」と数名より電話があった。31日には東京新聞、毎日新聞、赤旗に掲載されたので、朝から電話が沢山あり、皆さん、「九条」は何としても守りたい、「私は広島生まれなので支援したい」「活動を応援し募金します」と仰ってくれとても嬉しかった。新聞掲載により、「クラウドファンディング」の支援者も増え嬉しい。
 私は、デザインを考案してもらう前に「石碑ではなく、子供たちや若者にも注目してもらえるような、モダンでアート感覚なモニュメントを創ってほしい」と建築家に依頼。建築家は大学生の娘さんと一緒に斬新な「球状」の碑のデザインを製作してくださった。「九条」と「球状」とかけているのも楽しいし、「条文を読んでいると、自分の顔が映る、平和を自分が生きていることに置き換えてほしい」と建築家は製作意図を話してくれた。
 会見では、伊藤千尋氏も、いつものように熱く国内外の「九条の碑」について語ってくれパワーをもらった。世界の宝、「九条」を守り生かし、いつまでも輝かせるために目に見える形にして市民にアピールしていきたいと思います。ぜひこの活動にご支援をいただけたら嬉しいです。 「九条の碑」を建立する会のFBページもご覧いただけたら幸いです。

編集後記〜自公政権の失政の結果の感染爆発状況なのに

 全国知事会などから日本版ロックダウン制度を要求する声が出ている。これは感染拡大の原因がどこにあるかを明らかにしないまま、憲法違反の劇薬を出すようなものだ。まして、下村博文自民党政調会長のように感染症も対象にした緊急事態条項を導入する改憲を主張するのは言語道断だ。(T)