☆☆☆ 「九条の会」メルマガ詳細版 2021年04月10日 第343号 ☆☆☆

憲法9条、未来をひらく

 

事務局より

ブックレット「菅政権の成立と改憲問題の新局面―改憲発議阻止のために」 好評発売中です

 2月17日に開催された九条の会事務局主催 学習会「菅政権の成立と改憲問題の新局面―改憲発議阻止のために」の記録のブックレットです。
 目次
  はじめに…………………………………………………………………小森陽一
  T バイデン政権の成立と日米軍事同盟の強化──……………………
        第5次アーミテージレポートにもふれて──布施祐仁
  U 「敵基地攻撃能力保有」のいま ……………………………………前田哲男
  質疑応答
    学術会議会員任命拒否と反憲法政治…………………………………小澤隆一
  おわりに………………………………………………………………………小森陽一
 資料編[2020年12月18日閣議決定〕国民を守るための阻止力向上に関する
     提言/日米安全保障協議委員会(2+2)共同発表
 1冊500円(送料別)、10冊以上は8掛け
 お問い合わせは九条の会事務局へ

サイトのトップページ【http://www.9-jo.jp/】上部に「メルマガ登録」「解除」ボタンを設定しております。ここからご自分で簡単に登録できます。購読料は無料ですので、会員のみなさん、知り合いの皆さんに読者登録をおススメください。

 メルマガの読者は現在約1万人おります。安倍9条改憲発議阻止の運動にぜひ活用してください。各地の催し物案内や活動報告の記事をお寄せください。                            九条の会メルマガ編集担当

各地から(全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある!)

催し案内や活動報告の掲載原稿を募集しています。本欄に掲載希望の方はmag@9jounokai.jpに投稿して下さい。掲載は原則として「九条の会」関係の催しに限り、1行事1回掲載とします。このメルマガは毎月10日、25日発行です。投稿される方は発行日の3日前までにお願い致します。原稿はチラシなどの添付ではなく、掲載形式でデータを作ってお送りください。編集に際して若干、手を加える場合があります。                (編集部)

「九条の会」愛知・大学人の会(愛知県)

 Zoom講演会 演題:「敵基地攻撃能力」で平和は実現するのか 
日時:4月17日(土)13:30〜15:30 
講師:飯島滋明氏(名古屋学院大学教授)
zoom申込先: 名大九条の会 9jq@nuufs.org 申込者には資料とともにurlなどを送ります。
参加無料
主催:「九条の会」愛知・大学人の会、名大九条の会 
問合せ:052-411-2737(足立)

ふじみ9条の会(東京都東村山市)

<4月例会>「チェルノブイリの今、フクシマへの教訓」 DVD上映と話し合い
日時:4月18日(日)午後1時30分〜
場所:富士見図書館2階集会室
参加費:無料 
主催:ふじみ9条の会  
連絡先:山澤(080-3154-5059)

宮前九条の会(川崎市宮前区)

第74回学習会「いまなぜ70年前のレッド・パージを振り返るのか?」
日時:4月29日(木・祝)14:00〜16:30
講師:植田泰治さん(映画プロデューサー)
演題:いま、なぜ、70年前のレッド・パージを振り返るのか?
場所:有馬・野川生涯学習施設(アリーノ)3階会議室(東急田園都市線鷺沼駅下車 「鷺2」小杉行きバス 有馬第2団地前」下車)
資料代:300円
Zoomでも参加できます。希望者は c23mikeu515@gmail.com へ「学習会参加希望」と書いて申し込んでください。
主催:宮前九条の会(川崎市宮前区)
問い合わせ先:TEL044-855−8896(若原)

九条の会

PEACE FESTIVAL 2021 5・3憲法大行動
日時:2021年5月3日(月・休)13:30〜
場所:国会議事堂正門前&オンライン中継
開会挨拶;小森陽一さん
ゲストスピーチ:雨宮処凛さん、羽場久美子さん、清水雅彦さん、田中優子さん 山口二郎さん
行動提起:菱山南帆子さん
主催:平和といのちと人権を!5.3憲法集会実行委員会
共催:戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会
   安倍9条改憲NO!全国市民アクション

九条の会掛川(静岡県掛川市)

けんぽうフェスタ
日時:5月3日(月・休)10時〜11時30分(小雨決行)
場所:掛川城三の丸ひろば
内容:リレートーク、署名活動、野菜販売、など
主催:憲法を守る市民アクション
連絡先:栞原(0537−29−1103)

おおさか九条の会(大阪府)

耀け憲法 平和といのちと人権を! 2021年5・3おおさか総がかり集会
日時:5月3日(月・休)14時開会
場所:扇町公園(JR線「天満」、地下鉄「扇町」)
パレード:15時から
主催:おおさか総がかり行動実行委員会
連絡G先:06−6364−0123ほか

活動報告〜えびな・九条の会(神奈川県海老名市)「接待疑惑の究明」「ジェンダー平等」 講演会チラシ配布 駅前スタンディングでアピール

神奈川県海老名市の九条の会は3月13日、海老名駅東口相鉄改札口で、ことし2度目の駅前スタンディング「生かそう憲法」を行いました。
 先月は、コロナ禍の非常事態宣言中でいつもの自由通路が利用中止になったことで取りやめになり、今月は場所を移して二ヶ月ぶりの駅前スタンディングでした。雷が鳴り、横殴りの雨が降りしきる天気でしたが、今声を上げなければという思いの会員が11名も参加しました。「ワクチン早く」「接待疑惑の究明を」「原発ゼロの日本へ」「なくそう核兵器」「学術会議任命拒否に抗議します」「ジェンダー平等」などのポスターを30分間掲げてアピール。この日はハンドマイクも使用し、三人の弁士が熱弁を振るいました。九条を守ることの意味について話したり、選択的夫婦別姓の実現を図ることや、オリンピック組織委員会の前会長による女性蔑視発言を厳しく批判するとともにジェンダー平等を訴えたりしました。
 悪天候で通る人もまばらな上、足早に駅に向かう人が多い中、えびな・九条の会主催の 憲法学者 木村草太さん講演会(7月10日(土)14時より海老名市文化会館小ホールにて)のチラシ40枚がすべて配布することができました。市民の関心の高さがうかがわれました。

活動報告〜みやぎ農協人九条の会長とJA宮城中央会会長と会談 九条の会の主旨を理解する

 みやぎ農協人九条の会は 3 月 12 日?3 時から宮城県農協中央会の高橋会長、高橋常務理事山田会長室と懇談しました。此方からは三浦会長、佐藤(純)副会長、齋藤が出席しました。初めにみやぎ農協人九条の会より会報「平和と食・農」を手渡し、懇談の経緯と農政等について会報2号「農業政策の大転換を」を簡単に説明しました。
 高橋会長は「菅政権は農業に冷たい。成長産業として大規模化、輸出を強調しているが農村はこのままでは崩壊しそうだ。(自分は)政治に関わりたくないが・・・。このような状況の中で農協の役割は益々大きい。自分は全国農協中央会時代に農協攻撃(安倍政権の岩盤にドリル)を批判すると厳しく叩かれた」又、「現在は農協法改正で中央会が社団法人になり、力がなくなった。この度のコメ価格下落問題でも主張できない。コメの価格維持のためには 20 万dくらい備蓄米にと言ったら二階(幹事長)は『今はパックご飯が売れているのでそれを作ったら』と一蹴された。わかってない。食料安保を言うが無責任だ。」
 また、「農協人九条の会の趣旨には賛成だ。今、どこの農協も農協を残すことを第一に考えている。」「農業法人化推進しているが法人だけでは農村・集落は維持できない。組合員の利益が重要だ」 今後も県農協中央会と農協人九条の会は交流することを確認して終了しました。                    (みやぎ農協人九条の会 事務局 齋藤清治)

編集後記〜安倍前首相の自衛隊をめぐるフェイク余話

 安倍前首相は3月27日、自民党新潟県連の集会で講演し、「(在任中に)憲法改正を達成することはできなかった。残念な思いだ」と語り、「自衛隊は憲法違反という立て看板が立てられている。その状況に終止符を打つことが私たちの責任」と述べた。
 安倍氏が講演した新潟の航空自衛隊分屯基地周辺に「自衛隊は憲法違反」という立て看板があるかどうか、私は寡聞にして知らない。
 この安倍発言で思い出すのは、安倍氏が2020年3月22日、防衛大での訓示で、「(護衛艦『たかなみ』が中東に向けて出港した際)、『自衛隊は憲法違反』とプラカードが掲げられていた」と市民運動を非難したことだ。これはフェイクだった。掲げていたのは「自衛隊の中東派兵は憲法違反」というものだった。(T)