☆☆☆ 「九条の会」メルマガ詳細版 2021年03月10日 第341号 ☆☆☆

憲法9条、未来をひらく

 

事務局より

ブックレット「菅政権の成立と改憲問題の新局面―改憲発議阻止のために」の発行準備中です

 2月17日に開催された九条の会事務局主催 学習会「菅政権の成立と改憲問題の新局面―改憲発議阻止のために」の記録のブックレットが近日中に完成します。  内容は布施祐仁さん(ジャーナリスト)の講演「バイデン政権の成立と日米軍事同盟の強化〜 第5次アーミテージレポートにもふれて〜」と前田哲男さん (軍事評論家)の講演「敵基地攻撃能力保有策動の狙いと憲法9条」などです。  A5判70頁程度、予価500円(送料別。10部以上は8掛け予定)、3月末か4月上旬には完成予定。詳しくは九条の会事務局(03−3221−5075)にお問い合わせください。  5月3日の憲法記念日の運動の準備のためにもお使いいただけるよう願っております。

サイトのトップページ【http://www.9-jo.jp/】上部に「メルマガ登録」「解除」ボタンを設定しております。ここからご自分で簡単に登録できます。購読料は無料ですので、会員のみなさん、知り合いの皆さんに読者登録をおススメください。

 メルマガの読者は現在約1万人おります。安倍9条改憲発議阻止の運動にぜひ活用してください。各地の催し物案内や活動報告の記事をお寄せください。                            九条の会メルマガ編集担当

各地から(全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある!)

催し案内や活動報告の掲載原稿を募集しています。本欄に掲載希望の方はmag@9jounokai.jpに投稿して下さい。掲載は原則として「九条の会」関係の催しに限り、1行事1回掲載とします。このメルマガは毎月10日、25日発行です。投稿される方は発行日の3日前までにお願い致します。原稿はチラシなどの添付ではなく、掲載形式でデータを作ってお送りください。編集に際して若干、手を加える場合があります。                (編集部)

芦屋「九条の会」(兵庫県芦屋市)

16周年記念講演会「コロナ禍と戦争」〜宇宙物理学者が語る抑止力とは〜
日時:3月20日(土)14:00〜16:00(開場13:30)
講師:池内了さん(名古屋大学名誉教授)
会場:芦屋市民センター401号室
参加協力費:500円(大学生以下、障がい者無料)
詳細は http//ashiya9.web.fc2.com  ご参照ください。
主催:芦屋「九条の会」   
後援:芦屋市・芦屋市教育委員会
連絡先:片岡(090-7118-2312)

ふじみ9条の会(東京都東村山市)

<3月例会>「少年兵学校が富士見町にもあった」
日時:3月21日(日)午後1時30分〜
報告と話し合い、現場を見学
報告者:山澤 猛(当会世話人)
場所:富士見図書館 2階集会室
参加費:無料 
主催:ふじみ9条の会  
連絡先:山澤(080-3154-5059)

港南台9条の会(神奈川県横浜市)

2月例会「核兵器禁止条約ついに発効!」
日時:3月27日(土)10:00〜12:00 会場:港南台地区センター和室
お話:野上敏和さん(めじろ団地在住、原水爆禁止港南区協議会) 
主催:港南台9条の会 
連絡先:045-832-8070(成田)

みやぎ憲法九条の会(宮城県)

憲法 9 条を守り生かす宮城のつどい2021春「松元ヒロonステージ」〜輝け世界に!伝えよう未来へ!〜
日時:3月28日(日)13:30?15:30(12:30開場)
会場:仙台サンプラザホール(仙台市宮城野区榴岡5−11?1、JR 仙石線榴ヶ岡駅前)
入場:無料(マスク着用のうえ、当日熱があるなど体調の悪い方は入場をご遠慮ください。入場者は、感染防止のため定員の 2分の 1 となります。会場内では係員の指示に従ってください。)
*パントマイムのため、手話と要約筆記はありません。また、就学前のお子さんの参加はご遠慮ください。
主催:みやぎ憲法九条の会 協賛:宮城県内九条の会連絡会
連絡先:みやぎ憲法九条の会 022-728-8812

調布九条の会「憲法ひろば」(東京都調布市)

第165回例会:シンポジウム 外環道陥没と憲法
           安全に住み、生活する権利
日時:2021年4月10日(土)13:30
パネラー:外環被害住民連絡会、東京外環道訴訟原告、
     リニアから住環境を守る田園調布住民の会
コーディネーター:丸山重威
参加費:300円
場所:あくろすホール(国領駅前、西友3階)
主催:調布九条の会「憲法ひろば」 
連絡先:choufu9jou@yahoo.co.jp
    http://choufu9jou.sakura.ne.jp

九条科学者の会

16周年のつどい:改憲は終わったか 安倍なきあとの安倍改憲
日時:4月10日(土)14:00〜16:30 
講演1:半田滋さん(防衛ジャーナリスト、元東京新聞論説兼編集委員)
     「急浮上した敵基地攻撃〜踏み越える専守防衛 
講演2:小森田秋夫さん(神奈川大学特別招聘教授、元日本学術会議会員・第一部長)
     「日本学術会議会員の任命拒否〜何が問題か?」 
ZOOMによるリモート開催/定員先着90名
      氏名・連絡先(電話番号)をメールしてください。
送り先: m2-office@9-jo-kagaku.jp 
主催:九条科学者の会 
連絡先:03-3811-8320

東松山九条の会(埼玉県東松山市)

日本学術会議任命拒否問題を考える講演とシンポジウムin東松山
日時:5月16日(日)午後2時
会場:東松山市民文化センターホール(感染防止のため定員500名)
参加費:500円
第1部講演:保坂正康氏(東松山市在住)現代史研究家
第2部シンポジウム:前島康男氏(川越市在住)東京電機大学教授
          植田恵介氏(鳩山町在住)立教大学名誉教授
          保坂正康氏
主催:戦争させない・憲法守れ!東松山市民の会
共催:東松山九条の会、いのちとくらしを守る東松山懇話会
お申込みは氏名・年齢・連絡先を下記へお願いします。
  090−3695−1773(高橋)、090−5408−2930(馬橋)、
  0493−81−7182(佐藤)

活動報告〜海上の森 春から初夏の花たち(愛知県瀬戸市「ひしの九条の会」)

 3月16日から29日、尾張瀬戸駅隣の「パルティせと」3階交流広場の壁面で写真展を開催します 名古屋市近郊にありながら奇跡的に豊かな自然が残された瀬戸市海上(かいしょ)の森。2005年の愛知万博の開発からも市民運動で自然が守られました。
 撮りためた数千枚の写真から選りすぐった40枚余りの写真を「海上の森 春から初夏の花たち」と題して展示します。 (会場案内:名鉄瀬戸線で終点 尾張瀬戸駅 地下駐車場有 1時間以内無料 以後1時間百円) 瀬戸市東南部にある「海上(かいしょ)の森」は豊かな自然が残されている里山です。私たち「ひしの九条の会」は、「花は平和の使者」として10年以上海上の森花カレンダーを作ってきました。たくさん撮り貯めた写真から、自然は多様性にあふれ、それぞれの居場所で命を輝かせていることが伝わってきます。 自然破壊の最たるものは戦争です。「花は平和が大好き」「花を想い 人を思う」「子どもたちに 豊かな自然と平和憲法を」という想いで活動しています。
 ひしの九条の会
 2006年3月、菱野団地の住人を中心に、日本国憲法第9条の改憲を望まず、平和憲法の精神を今後も国際関係に活かすことを願って発足しました。当時全国各地で7500もの「9条の会」が作られました。私たちは、菱野団地で全戸配布ニュースの発行をしています。また学習会、海上の森の散策会なども行っています。これらは、どなたでもご参加いただけます。この写真展をきっかけに、ひしの9条の会にも興味を持っていただけると嬉しいです。    
                       ひしの九条の会 代表 太田智恵子

編集後記〜安倍と菅の改憲

 安倍晋三は立憲主義に反して解釈で憲法9条を壊す戦争法を強行しつつ、期限を切って明文改憲をめざした。失敗すると「談話」で後継政権に敵基地攻撃能力の保有を遺言した。
 菅義偉は「あらかじめ改憲の期限は区切らない」といいつつ、明文改憲を進める挙党体制の仕掛けを強化し、一方で安倍「談話」は閣議決定ではないから縛られないなどといいつつ、「敵基地攻撃能力保有」の用語を慎重に封印し、21年度予算にスタンドオフミサイルの準備をするなど、憲法を破壊する敵基地攻撃能力の保有を進めている。どっちもどっち。(T)