☆☆☆ 「九条の会」メルマガ詳細版 2020年12月25日 第337号 ☆☆☆

憲法9条、未来をひらく

 

事務局より

次号メルマガ休刊のお知らせ

メルマガ2021年1月10日号は諸事情から休刊にします。従って次号338号は1月25日発行になります。原稿は22日までに投稿をお願いします。 コロナ禍が容易でない中、多くの皆様が健康に留意しながら工夫して9条を守り生かす活動を続けております。それらの皆様にこころから敬意を表明しながら、あらためて新年に際してのご挨拶を申し上げます。 新年を自公の改憲手続き法(国民投票法)強行採決を許さず、自公改憲案の発議を許さない年にするため、ともに奮闘しましょう。

サイトのトップページ【http://www.9-jo.jp/】上部に「メルマガ登録」「解除」ボタンを設定しております。ここからご自分で簡単に登録できます。購読料は無料ですので、会員のみなさん、知り合いの皆さんに読者登録をおススメください。

 メルマガの読者は現在約1万人おります。安倍9条改憲発議阻止の運動にぜひ活用してください。各地の催し物案内や活動報告の記事をお寄せください。                            九条の会メルマガ編集担当

各地から(全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある!)

催し案内や活動報告の掲載原稿を募集しています。本欄に掲載希望の方はmag@9jounokai.jpに投稿して下さい。掲載は原則として「九条の会」関係の催しに限り、1行事1回掲載とします。このメルマガは毎月10日、25日発行です。投稿される方は発行日の3日前までにお願い致します。原稿はチラシなどの添付ではなく、掲載形式でデータを作ってお送りください。編集に際して若干、手を加える場合があります。                (編集部)

港南台9条の会(神奈川県横浜市)

例会 わたしも平和の語り部
    第44回 韓国のハラポジとの出会い−戦争加害の歴史をたどる 
日時:12月26日(土)10:00〜11:45 会場:港南台地区センター中会議室 
お話:寺田武さん(港南台9丁目在住) 
主催:港南台9条の会 
連絡先:045-832-8070(成田さん)

千住九条の会(東京都足立区)

「親子で語る平和と民主主義」
   小森香子(詩人)と小森陽一(九条の会事務局長)の親子対談  
日時:1月24日(日)14時〜
サプライズ企画有り
会場:北千住マルイ11階ギャラリーA(北千住駅西口駅前)
参加費:500円
主催:千住九条の会
連絡先:090−6953−7144(中田)
※コロナ対策のため入場制限をいたしますので参加ご希望の方は上記連絡先までお電話をお願いいたします。

根岸線沿線九条の会連絡会(神奈川県横浜市)

池内了さん講演会「コロナ禍と戦争」 
日時:3月13日(土)14:00〜16:00
会場:杉田劇場ホール(根岸線新杉田駅徒歩3分) 
参加費:一般1000円、学生500円 
講演:池内了さん(天文学者、名古屋大学名誉教授、九条の会世話人) 
歌と演奏:tomokoさん「We are the World」「星を見あげて」ほか 
主催:根岸線沿線九条の会連絡会 
連絡先:090-7175-1911(後藤)

活動報告〜えびな・九条の会 今年最後の駅前スタンディング

 えびな・九条の会(神奈川県海老名市)は12日、ことし最後の駅前スタンディング「生かそう憲法」行動に取り組みました。
 8人が参加。憲法、学術会議、GoTo、医療費、少人数学級、沖縄問題などのポスターをそれぞれ掲げてアピールしました。
 新会員のOさんは初めて駅前での宣伝活動に参加。「結構ポスターを見てくれた」と感想を語りました。
 駅利用者からは、「署名をしたい」との申し出や、「がんばってください」との激励がありました。

活動報告〜加茂九条の会(宮城県仙台市) 51 回講演会開催しました

 「平和憲法を考える?鈴木義男から学ぶ?」
 「憲法九条を守る加茂の会」では、2020 年 11 月 29 日午後、加茂市民センターで、第 51 回目の学習会を開きました。今回は、長年にわたって鈴木義男の研究を行ってきた仁昌寺正一氏(東北学院大学名誉教授)に近年、日本国憲法の制定にかかわった一人の福島県出身の法学者・弁護士・政治家である鈴木義男(すずきよしお、1894-1963)を「平和憲法を考える」〜鈴木義男から学ぶ〜、という題で開催しました。
 敗戦の翌年 1946 年、帝国憲法改正案の審議を行う衆議院の小委員会で鈴木義男さんらの提案から第 9 条に平和の文言が加わり、GHQ 草案にはなかった 25 条の生存権が追加されたこと、さらに国家賠償請求権や刑事補償請求権も鈴木義男さんの提案から追加されたことが明らかになった事を詳しく解説していただいた後で仁昌寺先生が制作に関与した NHK スペッシャル「義男(ギダン)さんと憲法誕生」の映像を観ました。
 講演の後、質問を含めていろいろな意見交換が行われ、鈴木義男氏などの研究が進み、最近では押し付け憲法の言葉が使用されなくなった事なども明かされました。講演会には30 名が参加しました。

編集後記〜今年をふり返って

 2020年はなんと言っても新型コロナウィルスの蔓延が社会を襲った厳しい年でした。各地の九条の会のみなさまのご健康はいかがだったでしょうか。罹患された方、お近くに罹患された方々がいらっしゃる方、大変だったかと思います。お見舞い申し上げます。
 厳しいたたかいでしたが、全国各地の会員の皆様が工夫して、困難を乗り越え頑張ってきた1年でした。そして、なんといっても、任期中の改憲をめざした安倍晋三政権が退陣に追い込まれたことは喜ばしいことでした。憲法審査会では8国会にわたって、自公が企てた改憲手続き法の採決を市民と野党の団結で阻止してきました。
 これらに確信をもって、お互いに新年の課題に立ち向かいたいと思います。どうか良いお年を!(T)