☆☆☆ 「九条の会」メルマガ詳細版 2020年11月25日 第335号 ☆☆☆

憲法9条、未来をひらく

 

事務局より

《お知らせ・再掲》「改憲発議反対全国緊急署名」の改訂版を作成しました

 署名を中心の取り組みに位置付けてきた「安倍9条改憲NO!」の世論と運動で、安倍前首相による明文改憲は許しませんでした。しかし、「安倍政治を継承し、発展させる」とする菅義偉首相が「憲法改正に挑戦する」と公言しているように、憲法第9条に焦点をおいた改憲策動はつづいており、私たちの取り組みの手を緩める情勢にはありません。
 その点を前提に、安倍退陣、菅政権の発足という変化をふまえ、「改憲発議に反対する全国緊急署名」について、「安倍」の文言を削除するなど、最小限の改定をおこないました(改定した署名用紙は、こちら)。全国での引き続きの署名行動の強化をお願いします。
 請願項目は、これまでと同様ですので、従来の署名用紙での署名活動をつづけることも可能です。署名の集約も、従来版と改訂版をあわせて提出することとしています。
 改訂版の署名用紙は、このホームページからダウンロードして活用いただくようお願いします。
 10月26日に召集が予定されている秋の臨時国会では、11月19日の「国会行動」で提出することを予定しています。取り組んでいただいた署名は、集約の都合上、11月10日(火)をめどに全国市民アクションなどに署名現物を集中してください。
 菅政権は、日本学術会議が推薦した6人の会員の任命拒否の理由に憲法を歪曲した首相の任命権、監督権を持ち出す一方で、憲法にもとづく国会召集の要求には背を向け続けたり、「敵基地攻撃論」の具体化をはかろうとするなど、憲法の軽視と恣意的な運用の面でも「安倍政治」を引き継いでいます。
 その点で、改憲発議などではなく、憲法に従った政治を、の要求と運動、世論の強化、拡大が必要です。「改憲発議反対全国緊急署名」を手に、宣伝・対話を旺盛に展開しましょう。
                 安倍9条改憲NO!全国市民アクション
 ★署名用紙は以下のサイトに掲載しております。
           http://kaikenno.com/?p=1218#a01

11月19日、「19日行動」の際に「改憲発議反対署名」を現場に参加した立憲民主、共産、社民、沖縄の風の各国会議員に託しました。

1.「9条改憲NO! 改憲発議に反対する全国緊急署名」の提出
「9条改憲NO!改憲発議に反対する全国緊急署名(改憲発議反対署名)」の第60回19日国会行動(11月19日)で提出・発表した署名数および累計は以下のとおりです。
(1) 今回提出・発表数       79万3571人分
(2) 提出数の累計
・今回提出・発表数      79万3571人分
・202国会での提出数    26万1354人分 (2020年6月4日提出)
・累計           105万4925人分

2.「安倍9条改憲NO!憲法を生かす全国統一署名」の提出
「安倍9条改憲NO!憲法を生かす全国統一署名(3000万人署名)」の提出数は以下のとおりです。
 ・11月19日国会行動で提出数  3万7627人分
 ・202国会までの提出数 1010万9007人分
 ・累計          1014万6634人分
※1、2とも暫定数です。最終的な提出数(国会の受理数)は、今国会終了後の公報での発表を続報します。

サイトのトップページ【http://www.9-jo.jp/】上部に「メルマガ登録」「解除」ボタンを設定しております。ここからご自分で簡単に登録できます。購読料は無料ですので、会員のみなさん、知り合いの皆さんに読者登録をおススメください。

 メルマガの読者は現在約1万人おります。安倍9条改憲発議阻止の運動にぜひ活用してください。各地の催し物案内や活動報告の記事をお寄せください。                            九条の会メルマガ編集担当

各地から(全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある!)

催し案内や活動報告の掲載原稿を募集しています。本欄に掲載希望の方はmag@9jounokai.jpに投稿して下さい。掲載は原則として「九条の会」関係の催しに限り、1行事1回掲載とします。このメルマガは毎月10日、25日発行です。投稿される方は発行日の3日前までにお願い致します。原稿はチラシなどの添付ではなく、掲載形式でデータを作ってお送りください。編集に際して若干、手を加える場合があります。                (編集部)

鶴ヶ谷地域九条の会(宮城県仙台市)

「憲法Cafe」太平洋戦争直前と最近の世相〜昭和 13〜14 年の日記から〜
日時:11月28日(土) 午後1時30分〜3時30分
会場:鶴ヶ谷市民センター第一会議室
話題提供:千田卓内さん(安養寺2丁目在住、当会会員)
主催:鶴ヶ谷地域九条の会
事務局:篠原富雄( 090-8780-8091)

9条を守る加茂の会(宮城県仙台市)

憲法9条ってなにっしゃ Part51「平和憲法を考える?鈴木義男から学ぶ?」
日時:11月29日(日) 13:30?15:30
映像:「義男ギダンさんと憲法誕生」(58分)
お話:仁昌寺 正一さん(東北学院大学名誉教授)
参加費無料
会場:泉区加茂市民センター(仙台市泉区加茂4?2)
*参加の方は、マスクの着用をお願いします。
主催:9条を守る加茂の会
連絡先:油谷重雄 TEL・FAX:022-378-5765

調布九条の会「憲法ひろば」(東京都調布市)

第161回例会:学術会議任命拒否と菅政権の言論抑圧
           出てきた「すり替え」と「ごまかし」
日時:12月5日(土)13:30
お話:田崎 耕次さん(元共同通信科学部長・編集局次長)
参加費:300円
場所:たづくり8階「映像シアター」(市役所となり)
主催:調布九条の会「憲法ひろば」 
連絡先:choufu9jou@yahoo.co.jp

九条の会・足立連絡会(東京都足立区)

第5回 不戦のつどい
日時:12月8日(火)18時30分〜20時10分
講演:女優・サヘル・ローズさん
演題:すべての子どもに家庭を!
(イラン・イラク戦争孤児サヘルさんが、8歳来日後の自らの境遇を語る感動の講演)
会場:東京芸術センター・天空劇場(JR線・東京メトロ・東武線「北千住」下車8分)
参加費:500円 (どなたでも参加できます)
主催:足立不戦のつどい実行委員会 / 九条の会・足立連絡会
申込先:電 070ー6435ー4340(高橋)、メール
( コロナ対策のため先着順200人定員です。受付完了の方のみ参加できます)

栄区九条の会(神奈川県横浜市)

学習会「学術会議会員任命拒否問題と安陪・菅政治」 
日時:12月12日(土)14:00〜16:00 会場:あーすぷらざ1階中会議室(本郷台駅徒歩3分、定員36名先着順) 
資料代500円 
講演:後藤仁敏さん(鶴見大学名誉教授、栄区九条の会世話人) 
主催:栄区九条の会
問合せ:045-891-4939(日隈)

編集後記〜衆院憲法審査会

 11月19日、菅政権発足以降、初めての衆院憲法審査会の実質審議が行われた。この日は先ここ7国会にわたって継続審議になっている「憲法改正手続法(国民投票法)」をめぐる諸問題についての委員間の「自由討議」だった。次回は26日に開催の予定。与党改憲派は同法のもつ様々な重要問題の討議を回避して微修正で急いで採決し、改憲論議への布石にしようとしている。監視を強めなくてはならない。(T)