☆☆☆ 「九条の会」メルマガ詳細版 2020年10月25日 第333号 ☆☆☆

憲法9条、未来をひらく

 

事務局より

《お知らせ》「改憲発議反対全国緊急署名」の改訂版を作成しました

 署名を中心の取り組みに位置付けてきた「安倍9条改憲NO!」の世論と運動で、安倍前首相による明文改憲は許しませんでした。しかし、「安倍政治を継承し、発展させる」とする菅義偉首相が「憲法改正に挑戦する」と公言しているように、憲法第9条に焦点をおいた改憲策動はつづいており、私たちの取り組みの手を緩める情勢にはありません。
 その点を前提に、安倍退陣、菅政権の発足という変化をふまえ、「改憲発議に反対する全国緊急署名」について、「安倍」の文言を削除するなど、最小限の改定をおこないました(改定した署名用紙は、こちら)。全国での引き続きの署名行動の強化をお願いします。
 請願項目は、これまでと同様ですので、従来の署名用紙での署名活動をつづけることも可能です。署名の集約も、従来版と改訂版をあわせて提出することとしています。
 改訂版の署名用紙は、このホームページからダウンロードして活用いただくようお願いします。
 10月26日に召集が予定されている秋の臨時国会では、11月19日の「国会行動」で提出することを予定しています。取り組んでいただいた署名は、集約の都合上、11月10日(火)をめどに全国市民アクションなどに署名現物を集中してください。
 菅政権は、日本学術会議が推薦した6人の会員の任命拒否の理由に憲法を歪曲した首相の任命権、監督権を持ち出す一方で、憲法にもとづく国会召集の要求には背を向け続けたり、「敵基地攻撃論」の具体化をはかろうとするなど、憲法の軽視と恣意的な運用の面でも「安倍政治」を引き継いでいます。
 その点で、改憲発議などではなく、憲法に従った政治を、の要求と運動、世論の強化、拡大が必要です。「改憲発議反対全国緊急署名」を手に、宣伝・対話を旺盛に展開しましょう。
                 安倍9条改憲NO!全国市民アクション
 ★署名用紙は以下のサイトに掲載しております。
           http://kaikenno.com/?p=1218#a01

サイトのトップページ【http://www.9-jo.jp/】上部に「メルマガ登録」「解除」ボタンを設定しております。ここからご自分で簡単に登録できます。購読料は無料ですので、会員のみなさん、知り合いの皆さんに読者登録をおススメください。

 メルマガの読者は現在約1万人おります。安倍9条改憲発議阻止の運動にぜひ活用してください。各地の催し物案内や活動報告の記事をお寄せください。                            九条の会メルマガ編集担当

各地から(全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある!)

催し案内や活動報告の掲載原稿を募集しています。本欄に掲載希望の方はmag@9jounokai.jpに投稿して下さい。掲載は原則として「九条の会」関係の催しに限り、1行事1回掲載とします。このメルマガは毎月10日、25日発行です。投稿される方は発行日の3日前までにお願い致します。原稿はチラシなどの添付ではなく、掲載形式でデータを作ってお送りください。編集に際して若干、手を加える場合があります。                (編集部)

私学九条の会(東京都)

第46回憲法学集会
日時:10月27日(火)18:30〜
講演:水島朝穂さん(早稲田大学法学学術院教授)
演題:憲法とは何かを改めて考える〜「コロナ危機」の時代に
会場:全国教育文化会館7階大会議室(有楽町線「麹町駅」2分)
参加費:500円
主催:私学九条の会
連絡先:03−3230−4091(東京私教連)

菊川市憲法9条の会(静岡県菊川市)

第2回憲法カフェinきくがわ
日時:11月1日(日)午後1時30分〜3時30分
テーマ:大丈夫!日本の財政とわたしたちのくらし
お話:小笠原里夏弁護士
ゲスト:小山展弘さん(元衆院議員)
場所:菊鵜川氏役所庁舎東館「プラザきくる」1階多目的ホール
時節柄、マスクの着用をお願いします。
参加費無料
主催:菊川市憲法9条の会
連絡先:090−3444−9440(山内)

守ろう9条 紀の川 市民の会(和歌山県和歌山市)

第17回 憲法フェスタ9条をまんなかに 〜えがこう平和への道〜
開催日:2020年11月3日(火・休)
会場:河北コミュニティセンター(和歌山市市小路192-3)
入場無料 予約不要
メイン会場(2F多目的ホール)【開始】13:30【終了】16:30頃
第1部 ボーカルユニット「クリスマスローズ」演奏
     元気な歌声をオカリナ&ギター&ピアノと一緒にお届けします。
第2部  報告「核兵器廃絶の運動(オンライン原水禁世界大会)の報告」
    白井春樹氏 (和歌山県原水協副理事長)和歌山市本脇在住・当会会員
第3部  講演「コロナと憲法」
     講師 君島東彦氏(立命館大学国際関係学部教授<憲法学・平和学> )
映像の部屋(2F活動室小)上映 10:30〜12:15
 DVD上映 「ひろしま」(104分 モノクロ)1953年日教組作品 関川秀雄監督 
展示の部屋(2F活動室大1)10:00〜13:15
 会員や地域のみなさんの趣味の作品、絵画・書・写真・絵手紙・リフォーム・
手芸・陶芸などの展示と交流の場です。
リサイクルひろば(2F活動室大2)10:15〜13:00
写真展示(2F多目的ホール)10:00〜13:30
「ヒロシマ・ナガサキ 原爆と人間」
被爆と被曝の実相を示す35枚の写真パネルです。
お願い
 11月3日当日、発熱がある方、体調不良の方は参加をご遠慮ください。
 会場入場の際は手の消毒を行い、会場内ではマスク着用をお願いします。
 ご来場の際は必ず「来場者カード」にお名前・住所などをご記入ください。
 主催:守ろう9条 紀の川 市民の会
連絡先:073−462−0539(原)

憲法9条牛久の会(茨城県牛久市)

第6回談話会
日時:11月8日(日) 14:00〜16:30(開場 13:30)
内容:子どもたちの昭和史 第4部『焼け跡に青空をみた』を見て、戦後新民主教育について話し合う
トークテーマ:@ 戦後の情勢「食糧メーデー」、A戦後新教育 新しい教科「社会科」、B冷戦と第2次教育使節団、C「くにのあゆみ」と教科書裁判、D君が代、等
場所:牛久市中央生涯学習センター1階大講座室(JR常磐線牛久駅東口から徒歩20分程。またはコミュニティバス「かっぱ号」運動公園ルート13時15分発利用)
参加費:無料  ※コロナ対応のため、40余名で入場を打ち切ります。
主催:憲法9条牛久の会
連絡先・問合せ先:029-874-5288(山本)

調布九条の会「憲法ひろば」(東京都調布市)

第160回例会:安倍政治の終わりから新しい政治へ
日時:11月8日(日)18:30
お話:木下ちがやさん(明治学院大学国際平和問題研究所研究員)
参加費:300円
場所:たづくり8階「映像シアター」(市役所となり)
主催:調布九条の会「憲法ひろば」 
連絡先:choufu9jou@yahoo.co.jp

九条科学者の会

九条科学者の会・日本科学者会議共催講演会「新型コロナと国家〜科学者はこうみる」
日時:11月14日(土)14:00開会(終了16:30)
講演1:「日本のコロナ対策の問題と処方箋」 上 昌広さん(医療ガバナンス研究所 理事長)
講演2 :COVID-19と緊急事態―世界各国の現状と問題点」 稲 正樹さん(元国際基督教大学教授、憲法ネット103運営委員)
新型コロナ感染予防のためZOOMによるリモート開催です
定員90名・先着順
<参加申込み> 氏名、連絡先(電話番号)を記し
  m2-office@9-jo-kagaku.jp
  にメールし、ログイン(参加に必須の)情報を受け取ってください。
共催:九条科学者の会・日本科学者会議

9条の会・今治(愛媛県今治市)

第60回例会「講演:ポスト安倍政権による安倍改憲の命運」
とき:11月15日(日)午後1時30分より
ところ:河野美術館4階講演室(今治市旭町1-4-8 電0898-23-6810)
講師:井口秀作さん(愛媛大学教授)
入場無料
例会終了後 第16回総会を開催します
主催:9条の会・今治
連絡先:事務局 電0898-31-8485

宮城県内九条の会連絡会(宮城県)

学習会「敵基地攻撃能力ってなに?(仮称)」
日時:11月21日(土)13:30?17:00
会場:仙台市シルバーセンター第一研修室
講師:本多勝利さん(交渉中:宮城県平和委員会)
主催:宮城県内九条の会連絡会
お問い合わせ:電話:022-728-8812

九条の会掛川(静岡県掛川市)

第30回憲法寺子屋「尊徳さんなら今の世をどう見る?」
日時:11月29日(日)午後1時半〜4時
会場:大日本報徳社大講堂(掛川市掛川1178)
話題提供:鷲山恭彦さん(大日本報徳社社長)
車座で自由にトーキング
参加費:300円
主催:九条の会掛川
連絡先:090−4860−4457(坂部)

9条を守る加茂の会(宮城県仙台市)

憲法9条ってなにっしゃ Part51「平和憲法を考える?鈴木義男から学ぶ?」
日時:11月29日(日) 13:30?15:30
お話:仁昌寺 正一さん(東北学院大学名誉教授)
映像:「義男(ギダン)さんと憲法誕生」(58分)
会場:泉区加茂市民センター (仙台市泉区加茂4?2)
主催:9条を守る加茂の会、参加費無料
連絡先:油谷重雄 022-378-5765
参加の方は、マスクの着用をお願いします。

調布九条の会「憲法ひろば」(東京都調布市)

第161回例会:学術会議任命拒否と菅政権の言論抑圧
         −−出てきた「すり替え」と「ごまかし」
日時:12月5日(土)13:30
お話:田崎耕次さん(元共同通信科学部長、編集局次長)
参加費:300円
場所:たづくり8階「映像シアター」(市役所となり)
主催:調布九条の会「憲法ひろば」 
連絡先:choufu9jou@yahoo.co.jp

習志野湾岸9条の会(千葉県習志野市)

まもろう平和!習志野・船橋市民のつどい‘20
日時:12月6日(日)午後1時30分開会
和楽器と朗読:月村路子さん、小松久仁枝さん
お話:高田健さん(戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会共同代表、九条の会事務局)
テーマ:激動する情勢の中での憲法問題
会場:プラッツ習志野市民ホール(京成大久保駅下車徒歩2分)
参加費:1000円
主催:まもろう平和!習志野・船橋市民のつどい'20実行委員会
後援:習志野市、習志野市教育委員会
連絡先:090−47199084(鈴木)

編集後記〜安倍なき安倍改憲の企て

 自民党憲法改正推進本部(衛藤征士郎本部長)の挙党態勢がつくられ、この秋の第203臨時国会への推進本部幹部連中の鼻息があらい。自民党の4項目改憲案(たたき台)の条文化や、臨時国会での改憲手続法の微修正案の強行など、衛藤本部長らは息巻いています。安倍政治の継承を謳う菅自民党は、安倍改憲も継承し、何としても秋の臨時国会で突破口を開けたいという構えです。コロナ禍という厳しい情勢のもとですが、創意工夫して、全国の草の根からの「改憲発議NO!」の署名運動を軸に、世論に訴える闘いが求められています。(T)