事務局より


許すな!安倍改憲発議2020平和といのちと人権を!
5・3憲法集会in国会正門前  宣 言

              2020平和といのちと人権を!5.3憲法集会実行委員会
 いま、新型コロナという目に見えないウィルスが私たちの社会を覆っています。
 4月7日、安倍政権によって7都府県に、次いで16日、全都道府県に「緊急事態宣言」が発令されました。しかし、いまなお新型コロナウィルスの感染拡大は止んでおりません。ひとびとはそれぞれの場でかけがえのない「いのちの確保」に力をつくしています。
 本日、5月3日は73年目の日本国憲法施行記念日です。
 日本の市民運動は長年にわたって、この日に記念集会を開催し、憲法を守り生かす決意を固めあってきました。とりわけ2015年からは文字通りの「総がかり行動」として、大規模な集会が開催され、反戦・平和・改憲反対の市民運動の支柱となってきました。
 私たちはこの新型コロナウィルス感染の拡大の中で、今回、東京臨海防災公園で予定した大集会の中止を決断しました。しかし、私たちは、この運動の伝統を受け継ぎ、本日、国会正門前からのインターネットによる中継の実施によって全国の市民の皆さんに私たちの思いを発信します。
 2017年5月3日、安倍首相は憲法9条の条文は残して、新たに自衛隊の根拠規定を書き込むという新しい改憲案を提案しました。これは2015年に強行した「戦争法」による集団的自衛権の行使を合憲化し、日本が米軍とともに世界のいたるところで戦争ができる国となることをめざすものです。
 以来、全国の市民運動は立憲野党と連携し、安倍首相の改憲の企てに反対し、3年にわたって、改憲発議を阻止してきました。安倍首相は自らの任期の2021年9月までに改憲を実現しようと画策しています。しかし安倍首相に残された期限は極めてタイトです。追い詰められているのは安倍首相の側にほかなりません。
 安倍首相と与党改憲派は緊急事態宣言発令の最中に、まったく筋違いの緊急事態条項改憲の必要性まで広言し、自民党の改憲4項目を正当化しながら、憲法審査会の始動を狙っています。これは許しがたい火事場泥棒的な仕業です。
この未曽有のコロナ危機に際して、強権的で独善的な安倍政権の施策は失策を繰り返し、有効な対処ができていません。にもかかわらず、政府や一部メディアからは、過剰な同調圧力が繰り返されています。
 私たちはこうした危険な安倍政権の下であるからこそ、緊急事態宣言のさ中でも平和・人権・民主主義という憲法の基本原理を守り、生かす課題を大切にします。いまこそ日本国憲法の真価が問われています。
 すべての市民それぞれが可能なかぎり知恵を絞って行動し、「物言わぬ市民」になることを拒否しましょう。そして、このコロナ禍が終息していたら、今年の11月3日の憲法公布記念日にはより大規模な憲法集会を必ず実現しましょう。全国の市民は連帯し、安倍改憲発議を阻止しましょう。権力私物化、改憲暴走の安倍政権を倒し、政治を変えましょう。ここにこそ、私たちの希望があります。
 以上、私たちは2020年の憲法記念日にあたり、国会議事堂の正門前から、宣言します。
 2020年5月3日


九条の会ブックレット「安倍改憲のねらいと危険性〜改憲発議阻止のために」好評発売中です。

<内容>
講演
◇安倍改憲のねらいと危険性―自衛隊明記論を中心にして 山内 敏弘
◇安倍改憲をめぐる新たな 情勢と阻止のたたかい 渡辺  治
A5版68頁 定価 400円(〒別)
多数部割引き有り ご注文は九条の会事務局へ


賛同募集:黒川弘務東京高検検事長の定年延長を認めた閣議決定を撤回し、黒川弘務検事長の即時辞職を求めます

政府は、定年退官予定の東京高検事長・黒川弘務氏の定年を半年間延長することを閣議決定しました。この閣議決定は、検察官の定年を63歳と定める検察庁法22条に違反します。根拠とされた国家公務員法81条の3は検察官には適用されない、との政府解釈が長年続いてきましたが、それを一内閣が恣意的に解釈変更することは許されるものではありません。閣議決定は違法であり、定年延長は無効というほかありません。  
 政治権力の検察官人事への介入は、独立公正であるべき検察庁の地位を侵し、刑事司法制度の独立を損なうものです。3月に政府は、検察庁法改正案を国会に提出しました。その中には、検察官の定年延長について内閣ないし法務大臣の関与を恒常的に行える規定が盛りこまれています。これは、先の定年延長の閣議決定後に、急遽、加えられたものと言われています。開き直りともいえる法改正を行うのでは、法治国家の体をなしません。  
現在、カジノ汚職事件や河井夫妻の公職選挙法違反事件が表面化し、安倍首相自身も「桜を見る会」に関連した疑惑が浮上しています。黒川検事長の定年延長は、これらの事件の捜査が進むことを阻止し、政権の保身を図ることにあるのではないかと言われています。権力を私物化し、「厳正公平、不偏不党」という検察庁の理念を根底から脅かす事態を、私たちは断じて認めることはできません。

【要請事項】
黒川弘務東京高検検事長の定年延長を認めた閣議決定を撤回し、黒川弘務検事長の即時辞職を求めます。
賛同者・賛同団体                                   
住 所
氏 名  
(団体名)  
(代表者名)

呼びかけ団体 安倍9条改憲NO! 全国市民アクション
ホームページ:http://kaikenno.com 
メールアドレス:info@kaikenno.com  FAX・03-3221-2558
● 九条の会  TEL・03-3221-5075  FAX・03-3221-5076
〒101-0065 東京都千代田区西神田2-5-7-303
● 戦争をさせない1000人委員会  TEL・03-3526-2920  FAX・03-3526-2921
〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台3-2-11 連合会館内
● 憲法9条を壊すな!実行委員会 TEL・03-3221-4668  FAX・03-3221-2558
〒101-0061 東京都千代田区神田三崎町3-3-3 太陽ビル402市民ネット内
● 戦争する国づくりストップ!憲法を守り・いかす共同センター  TEL・03-5842-5611 FAX・03-5842-5620
〒113-8462 東京都文京区湯島2-4-4 全労連会館4F                             2020年4月


安倍9条改憲NO! 「改憲発議に反対する全国緊急署名」へのご協力のお願い

 平素からのご支援ご協力に心から感謝申し上げます。
 さて、暴走ともいえる安倍政権の憲法こわし、民主主義こわしが止まりません。
森友・加計学園疑惑での行政の私物化につづき、今また「桜を見る会」への後援会員の招待という税金の私物化が露見しました。
 また、違憲の安保法制も口実にしたアメリカからの武器の爆買いと専守防衛からの逸脱は、9条改憲を先取りする乱暴さで進められています。中東海域への「調査研究」名目での自衛隊艦船の派遣という脱法行為もおこなおうとしています。
沖縄・辺野古沖での基地建設でも示される権力政治も、意にそわない表現行為への政府の介入も、過去の植民地支配への反省を欠く韓国との摩擦の強まりも、憲法を遵守しない、立憲主義を蹂躙する安倍政治だからの問題です。
 この暴走のいきつく先を憲法9条への自衛隊の明記とさせてはなりません。
 先の参議院選挙をへて、体制を立て直し、自らの総裁任期の2021年までの改憲をめざす安倍首相は、改憲のアクセルを一段と踏み込みました。暴走はさらに加速しています。
 安倍首相のもとでの改憲には反対、が国民多数の声です。先の参議院選挙での市民と野党の一致点です。
 この一致点をさらに強く、大きくし、世論を広げ、改憲発議ができない状況を作りだすために、もう一度知恵と力を寄せ合おうではありませんか。「改憲発議に反対する全国緊急署名」を軸に、対話を強めようではありませんか。
 「改憲発議NO」の世論で安倍政権を追いつめるために、皆さんのお力をお貸しください。新たにスタートしました、「改憲発議に反対する全国緊急署名」の署名推進にご協力いただくとともに、取り組みを進めるための財政支援にもご協力くださるようよろしくお願いします。
 2019年12月17日
 安倍9条改憲NO!全国市民アクション運営委員会
【呼びかけ人】
有馬 頼底 うじき つよし 落合 恵子 岡野 八代 鎌田 慧 鎌田 實 香山 リカ 佐高 信 澤地 久枝 杉原 泰雄  田中 優子 ちば てつや 暉峻 淑子 なかにし 礼 浜 矩子 樋口 陽一 前川 喜平 益川 敏英 田原総一朗 山口 二郎 北原 みのり (2019年12月13日現在)
 連絡先
・戦争をさせない1000人委員会  【電話03-3526-2920】
〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台3−2−11 連合会館内 
・憲法9条を壊すな!実行委員会 【電話03-3221-4668】
〒101-0061 東京都千代田区神田三崎町3−3−3 太陽ビル402 市民ネット内
・戦争する国づくりストップ!憲法を守り・いかす共同センター 【電話03-5842-5611】
〒113-8462 東京都文京区湯島2−4−4 全労連会館
・九条の会【電話03-3221-5075】
〒101-0065 東京都千代田区西神田2−5−7−303

サイトのトップページ【http://www.9-jo.jp/】上部に「メルマガ登録」「解除」ボタンを設定しております。ここからご自分で簡単に登録できますので、会員のみなさんに読者登録をおススメください。

 メルマガの読者は現在約1万人おります。安倍9条改憲発議阻止の運動にぜひ活用してください。
 各地の催し物案内や活動報告の記事をお寄せください。                            九条の会メルマガ編集担当


編集後記〜安倍首相の5・3メッセージ&メルマガの発行について

 日本国憲法施行73年の憲法記念日の5月3日。
 安倍首相は改憲派の「民間憲法臨調」「美しい日本の憲法をつくる国民の会」共催のライブ中継の「憲法フォーラム」に、ビデオメッセージを送った。
「現行憲法も制定から70年余りが経過し、時代にそぐわない部分、不足している部分は改正していくべきではないかと考えている」
「そもそも、現行憲法においては、緊急時に対応する規定は『参議院の緊急集会』しか存在していないのが実情です」
「憲法改正への挑戦は決してたやすい道ではないが、必ずや成し遂げていく。その決意に揺らぎは全くない」などと改憲への決意を語った。
 この安倍首相の改憲を許さないたたかいはまさに正念場だ。本メルマガも改憲阻止のたたかいの前進のために工夫をこらし、力を尽くしたいと思います。
 
 このメルマガの発行以来、本誌は各地の運動予定の紹介を中心に編集してきました。しかしながら、前号の本欄にも書きましたように、昨今の新型コロナウィルスの蔓延のため、全国各地で九条の会関連の講演会や学習会など運動の企画が立てられる状況にありません。そのため、今号も通常と違い、新しい記事は九条の会も参加している実行委員会の主催で国会前で発せられた「5・3憲法集会」の「宣言」の掲載だけになりました。
 もちろん、この期間にも、各地の九条の会ではウィルス感染を防ぐために最大限の注意を払いながら、安倍9条改憲発議NO!の街頭スタンディングをはじめ、九条の会のパンフレットの普及や安倍改憲発議反対の署名を郵便などで多方面に依頼するなど、さまざまな工夫を凝らして活動を堅持しているところは少なくありません。
 安倍政権が発令した緊急事態宣言は約1か月延長され、当面5月末までとされています。こうした九条の会の運動の状況は、当面、大きく変わりそうもありません。もし、緊急事態宣言が終結しても、運動の企画などが本格的に開始されるまでにはしばらく時間がかかると思います。
 全国のみなさまのいっそうのご健闘に期待しつつ、「メルマガ」の当面の在り方について、直近の事務局会議で検討のうえ、次号でご報告したいと思います。よろしくお願いします。(T)