事務局より



<ブックレット>「新防衛計画大綱と憲法第9条」好評発売中

内容:1月7日に開催した九条の会事務局主催学習会「新防衛計画大綱と憲法第9条」の全記録です。

「防衛計画大綱」改定の現実とは          大内 要三
安倍9条改憲発議を阻止するたたかい      高田  健
<資料>「防衛計画大綱」(抜粋)
*B5版64ページ
*定価 400円(10部以上割引あり 〒別)
お申し込みはメールかFAXで、九条の会事務局へ


「九条の会」リーフレット ―増刷しました

 新しく「九条の会リーフレット」を作成しました。これまでの呼びかけ人の紹介と「九条の会アピール」に加えて、12人の世話人の紹介と一言アピールを新たに掲載しました。
全国の地域、職場、学園の「九条の会」で、このリーフレットを積極的に活用し、「九条の会」の活動を、文字通り全ての人々に伝え、「3000万人署名」の目標を達成すると共に、新たな「九条の会」を結成するなど地域に根ざした大きな運動と世論を作り上げていきましょう。

〈新リーフレット〉
値 段 1部30円/100部以上25円/1000部以上20円
サイズ B6(B4を4つ折りしたもの)
申込は、九条の会へ


サイトのトップページ【http://www.9-jo.jp/】上部に「メルマガ登録」「解除」ボタンを設定しております。ここからご自分で簡単に登録できますので、会員のみなさんに読者登録をおススメください。

 メルマガの読者は現在約1万人おります。安倍9条改憲発議阻止の運動にぜひ活用してください。
各地の催し物案内や活動報告の記事をお寄せください。

                                   九条の会メルマガ編集担当

各地から(全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある!)

催し案内や活動報告の掲載原稿を募集しています。本欄に掲載希望の方はmag@9jounokai.jpに投稿して下さい。掲載は原則として「九条の会」関係の催しに限り、1行事1回掲載とします。このメルマガは毎月10日、25日発行です。投稿される方は発行日の5日前までにお願い致します。原稿はチラシなどの添付ではなく、掲載形式でデータを作ってお送りください。編集に際して若干、手を加える場合があります。
                                                   (編集部)


富士見町九条の会(東京都東村山市)

<9月の取組>会のニュースに連載(終了)された、べートーヴェンの曲の一部を解説付きで楽しみます。(解説は宮本さん)
※交響曲第5番(運命)、ピアノ三重奏曲第7番(大公)など
日時:9月15日(日)午後1時〜3時
場所:富士見公民館2階 第1集会室
主催:富士見町九条の会  
連絡先:山澤(080-3154-5059)


佐野九条の会(栃木県佐野市)

設立14周年記念講演会「新しい段階を迎えた改憲問題」
日時:10月5日(土)13:30〜16:30講師:高田健(戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会共同代表)
会場:佐野氏文化会館小ホール
手話通訳付きます。
主催:佐野九条の会
後援:朝日新聞宇都宮支局、下野新聞社、東京新聞・毎日新聞宇都宮支局
連絡先:0283−22−4052(山口)


千住九条の会(東京都足立区)

元文部科学省事務次官 前川喜平氏講演会「教育と憲法 私たちの未来」
日時・10月18日(金) 18時30分〜
会場:東京芸術センター21階天空劇場(北千住駅西口徒歩10分)
参加費無料
※ 講演会の前に、日本国憲法前文・第9条群読を行います。
主催:千住九条の会・東京民医連東部東葛ブロック
共催:東京都教職員組合足立支部・9条の会足立連絡会
連絡先:090-6953-7144(中田)


九条かながわの会(神奈川県)

9条かながわ大集会in横浜「アベ政権を吹っ飛ばせ!」 
10月30日(水)18:30〜21:00
会場:関内ホール大ホール(関内駅南口徒歩5分) 
講演:金子勝さん(慶応大学名誉教授、立教大学特任教授、経済学者)
演題:アベノミクスの罪と日本再生、
小林節さん(慶応大学名誉教授、弁護士、憲法学者)
演題:アベ改憲策動にトドメを!
各地・各界九条の会の発言
岡田尚事務局代表の行動提起 
主催:九条かながわの会 
問合せ:090-7175-1911(後藤さん)


えびな・九条の会(神奈川県海老名市)

澤地久枝さん講演会
日時:12月8日(日)17時40分開始 
講師:澤地久枝(作家・九条の会呼びかけ人)
演題:私の生きてきた道 
会場:ビナレッジ・ホール(えびな市民活動センター、海老名市さつき町51−2)
参加費:500円 
チケット取り扱い先:有隣堂ららぽーと海老名店(電話046−206−6651)
主催:えびな・九条の会
問い合わせ先:電話046−232−7991(えびな・九条の会事務局) 


活動報告〜若い人への3000万署名(山中比叡平九条の会) 10ケ月で5000筆到達 「その方法と、感じたことなど」
  島津瑠美 ( 戦争をさせない京都左京1000人委員会 大津市在住)

 私が 3000 万人署名に本格的に取り組み始めましたのは、2018 年 10 月からですので、署名が始まりましてから、随分日数が経ってからでした。理由は公文書改竄までする安倍首相が、請願書を真摯に受け止めるとは思えなかったからです。しかし、国民が民意を示すことができるのは、選挙と請願書しかありません。そう思い至りましてから署名活動を始めました。戦争する国になれば、若い人たちが一番犠牲になりますので、若い人を重点的にとることにしました。
 高等学校、大学の正門前の公道で取っています。先ずは、彼等の目を見ながら挨拶をします。彼等が私を信じてくれるかどうかの大切な要素です。そして、自己紹介をします。それから、今の政治状況を丁寧に説明します。理解を深めるために、政治、憲法、戦争についての文章と、戦場を想像して詩を書きました。「何故、戦争はなくならないのでしょう」「自衛隊に国民を守る義務はありません」「この日本は今、危機的状況にあります」「憲法 政治 戦争 のこと」 などの文章を学生さんたちに説明しながら配布します。プラスそれらの内容を解り易くするために憲法漫画を左京市民アクションで作りました。
 彼等は一般の人より知識がありますし、日本が戦争する国になれば、自分たちが戦争に行かされることも知っているのです。 ですから、私に「戦争だけはしたくない。戦場になんか行きたくない。戦争を阻止してください」と訴えてくれます。そして、頑張ってくださいと激励してくれることも多々あります。
 高校生の部活動帰りの生徒さんたちは、7〜8 人がグループになっていることが常です。声をかけますと、その中の一人二人が、「知ってる知ってる。これは大切な署名だから、みんな書こう」と言ってくださると、一気に集まりますし、そればかりか、後輩先輩まで呼んでくれることが多々あります。直接対話で取っていく署名は非効率のように思われますが、実は一番確かな方法だと気がつきました。相手の疑問に答えることができ、納得して貰うまで話ができるからです。
 一人を説得できたら、その周りの方々に口コミで広がっていきます。平均で五人は護憲派の考え方が拡散できるのでないでしょうか。選挙前など特に有効かと思います。
 一つ大切なお願いがあります。教育機関である学校が、権力に迎合し、戦争に反対し平和を希求する私たちの活動を妨げるような行為をされることがありますが、教育者として、厳に慎んでいただきたいと思います。平和を切望する私たちとこそ、手を携えるべきではないでしょうか。心慮を期待致します。署名活動とは、単に署名を取るに留まりません。戦争だけはしたくないという人たちの気持ちを汲み上げることだと考えます。だからこそ意義があると。そして、改憲派が護憲派になってくださることを、究極の目標にしています。
 ■[参考情報]
・訪れた大学は京都左京・滋賀県の 13 校、高校は京滋の 32 校。回数約 110 回。あとは一般の人。
(3日毎くらい 1日平均2校廻る)1回あたりの署名 153 筆〜25筆(妨害受けた私学)。
・8月は皇子山競技場の高校総体、高校野球へ 5 回、皇子が丘体育館へ 3 回。
一か月で1000筆超えました。
・話せば2〜3人に一人は応じてくれます。
・遠距離の所は仲間の運転で移動。8 割は一人で署名活動。


活動報告〜宮城県の9月の「19日行動」(宮城県内九条の会連絡会)

 19 日行動は 2015 年 9 月 19 日に 9 条に違反する「安保法制強行採決」したことを忘れず、「安保法制廃棄」を求めて毎月行っている運動です。
▼仙台市
9 月 19 日(木)12:00〜13:00 場所:仙台市中央通東二番丁 平和ビル前。
▼石巻市
9 月 19 日(木)16:00〜17:00 場所:石巻工業高校前・蛇田交差点
▼涌谷町
9 月 19 日(木)13:00〜13:30 場所:涌谷公民館前交差点 (終了後、公民館で「憲法 Cafe」を開催しますが、土日に当たる場合は第 3 月曜日)
▼小牛田
9 月 19 日(木)13:00〜13:30 場所:国道 108 号山の神神社前交差点
▼気仙沼市
9 月 19 日(木)16:00〜17:00 場所:ホーマック前


編集後記〜11日の安倍内閣改造、自民党役員人事は改憲シフト強化を目指す

任期中の改憲を目指す安倍晋三首相にとっては、今回の改憲シフト人事はいわば「背水の陣」。新体制をもって改憲攻勢にでるのは必至。こころして、立ち向かい、安倍改憲発議を阻止しよう。当面、11・3の憲法施行記念日を全国的な安倍改憲NO!の統一行動に。(T)