事務局より


参議院選挙後の新たな改憲情勢を迎えて

                  九条の会  2019.07.29

 参院選を経て、安倍改憲をめぐる情勢は新たな局面に入りました。2017年5月3日の改憲提言以来、自民党は衆参両院における改憲勢力3分の2という状況に乗じて改憲を強行しようとさまざまな策動を繰り返してきましたが、その後2年にわたり市民の運動とそれを背にした野党の頑張りによって改憲発議はおろか改憲案の憲法審査会への提示すらできませんでした。そして迎えた参院選において、改憲勢力は発議に必要な3分の2を維持することに失敗したのです。
3分の2を阻止した直接の要因は、市民と野党の共闘が、「安倍政権による改憲」反対、安保法制廃止をはじめ13の共通政策を掲げて32の一人区全てで共闘し、奮闘したことです。また、安倍9条改憲NO! 全国市民アクション、九条の会が、3000万署名を掲げ戸別訪問や駅頭、大学門前でのスタンディングなど草の根からの運動を粘り強く続けることで、安倍改憲に反対する国民世論を形成・拡大する上で大きな役割を果たしたことも明らかです。
しかし、安倍首相は任期中の改憲をあきらめていません。それどころか首相は、直後の記者会見において「(改憲論議については)少なくとも議論すべきだという国民の審判は下った」と述べて改憲発議に邁進する意欲を公言しています。これは、安倍首相一流のウソを本当のように言うもので、参院選の期間中もその後も、「安倍政権下での改憲」に反対の世論は多数を占め、改憲勢力が3分の2をとれなかったことこそが真実です。
ところが、安倍首相は、自民党案にこだわらないと強調することで、野党の取り込みをはかり3分の2の回復を目指すなど、あらゆる形で改憲強行をはかろうとしています。
安倍9条改憲を急がせる圧力も増大しています。アメリカは、イランとの核合意から一方的に離脱し挑発を繰り返した結果、中東地域での戦争の危険が高まっています。トランプ政権はイランとの軍事対決をはかるべく有志連合をよびかけ、日本に対しても参加の圧力を加えています。こうしたアメリカの戦争への武力による加担こそ、安倍政権が安保法制を強行した目的であり、そして安倍9条改憲のねらいにほかなりません。辺野古新基地建設への固執、常軌を逸したイージスアショア配備強行の動きも9条破壊の先取りです。
6年半を越える安倍政治への不信とあきらめから、投票率が50%を割る事態が生まれています。この民主主義の危機を克服し再生するためにも、市民一人一人の草の根からの決起が求められています。参院選で3分の2を阻んだ市民の運動に確信をもち、安倍9条改憲NO! の3000万署名をさらに推進し、広範な人々と共同して草の根から、9条改憲の危険性を訴える宣伝と対話の活動を強めましょう。
同時に、どんな口実であろうと自衛隊の有志連合への参加・自衛隊の海外派兵、さらなる軍事力の増強を許さない闘いを、安保法制の全面発動、実質的な9条破壊を許さない闘いとして取り組みましょう。


<ブックレット>「新防衛計画大綱と憲法第9条」好評発売中

内容:1月7日に開催した九条の会事務局主催学習会「新防衛計画大綱と憲法第9条」の全記録です。

「防衛計画大綱」改定の現実とは          大内 要三
安倍9条改憲発議を阻止するたたかい      高田  健
<資料>「防衛計画大綱」(抜粋)
*B5版64ページ
*定価 400円(10部以上割引あり 〒別)
お申し込みはメールかFAXで、九条の会事務局へ


「九条の会」リーフレット ―増刷しました

 新しく「九条の会リーフレット」を作成しました。これまでの呼びかけ人の紹介と「九条の会アピール」に加えて、12人の世話人の紹介と一言アピールを新たに掲載しました。
全国の地域、職場、学園の「九条の会」で、このリーフレットを積極的に活用し、「九条の会」の活動を、文字通り全ての人々に伝え、「3000万人署名」の目標を達成すると共に、新たな「九条の会」を結成するなど地域に根ざした大きな運動と世論を作り上げていきましょう。

〈新リーフレット〉
値 段 1部30円/100部以上25円/1000部以上20円
サイズ B6(B4を4つ折りしたもの)
申込は、九条の会へ


サイトのトップページ【http://www.9-jo.jp/】上部に「メルマガ登録」「解除」ボタンを設定しております。ここからご自分で簡単に登録できますので、会員のみなさんに読者登録をおススメください。

 メルマガの読者は現在約1万人おります。安倍9条改憲発議阻止の運動にぜひ活用してください。
各地の催し物案内や活動報告の記事をお寄せください。

                                   九条の会メルマガ編集担当

各地から(全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある!)

催し案内や活動報告の掲載原稿を募集しています。本欄に掲載希望の方はmag@9jounokai.jpに投稿して下さい。掲載は原則として「九条の会」関係の催しに限り、1行事1回掲載とします。このメルマガは毎月10日、25日発行です。投稿される方は発行日の5日前までにお願い致します。原稿はチラシなどの添付ではなく、掲載形式でデータを作ってお送りください。編集に際して若干、手を加える場合があります。
                                                   (編集部)


かわぐち九条の会(埼玉県川口市)

第14回平和と文化の集い
日時:9月1日(日) 開会 13:30〜16:00
会場:キュポラ4F 川口市民ホール フレンデイア
講演:柳澤協二さん(元内閣官房副長官補)
演題:「親が子に伝える戦争・平和・憲法の話 〜安倍改憲は 日本をどこに導くのか〜
文化行事:金子雄一さん(ギター弾き語り)
ブログ:http://kawaguchi9jonokai.livedoor.blog/archives/1255178.html
主催:かわぐち九条の会


女性「九条の会」(東京都)

落合恵子さん講演会
日時:9月12日(木)14:00〜16:30
会場:東京ウイメンズプラザ2偕第一会議室
演題:一市民の誇りにかけて
参加費:1000円
参加ご希望の方は、電話・FAX、又はメールでお申込み下さい。
主催:女性「九条の会」 
連絡先:事務局 п@03-5981-8441 Fax 03-5981-8474
eメール: josei-9jonokai@aioros.ocn.ne.jp
ホームページ: zyosei9zyo.com


落合・中井九条の会(東京都新宿区)

第171回落合・中井九条のつどい「第五福竜丸展示館の見学会」リニューアルした館:米国人画家ベン・シャーンが思いを寄せて書いた貴重な絵の特別展示を見る
とき:9月14日(土)13時〜16時
集合:13時 大江戸線中井駅改札口、 13時50分 新木場駅改札出口又は14時現地
14時から展示館学芸員による解説を聞いた後館内を自由に見学。
主催:落合・中井九条の会
連絡先:木村 隆 電話・FAX:3951−0573
Email : otiainakai9jo@mbr.nifty.com


宮城県内九条の会連絡会(宮城県)

総会記念講演 「参院選の結果と安倍改憲を巡る新たな情勢・課題」
日時:9月14日(土)13:15〜16:00(開場13:00)
会場:東京エレクトロンホール(旧県民会館)会議室601
講師:渡辺 治さん(九条の会事務局、一橋大学名誉教授)
入場:無料
主催:宮城県内九条の会連絡会
問合せ:みやぎ憲法九条の会事務局 TEL:022-728-8812 FAX022-341-5882


九条の会かわにし(兵庫県川西市)

講演会:冨田宏治さん”市民と野党の共同が未来をひらく”
ライブ:ラップミュージシャン サンデュさん”冤罪と闘う”
日時:9月15日(日)13:30〜16:00
会場:キセラ川西プラザ文化棟大会議室(川西市・能勢電車絹延橋より5分)
参加費:800円
主催:九条の会かわにし 
連絡先: 072-792-1914( 柳田)


厚木市九条の会ネットワーク(神奈川県厚木市)

映画「杉原千畝」上映会
9月20日(金)@10:30〜 A14:00〜 B18:00〜 会場:厚木市文化会館小ホール(小田急線本厚木駅徒歩12分) 
前売り900円(学生・障害者・付添い500円)、当日1200円(学生・障害者・付添い600円)
共催:厚木市九条の会ネットワーク、
県央シネサロン 
連絡先:046-225-4451(小池さん)


九条の会足立連絡会(東京都足立区)

「沖縄スパイ戦史」上映会 監督:三上智恵・大矢英代/ドキュメンタリー2018年114分
日時:9月20日(金)10:30/14:00/18:30 3回上映
会場: 竹の塚地域学習センターホール(東武線竹の塚下車6分,03-3850-3107)
参加費:1,000円/高大生800円/中学生以下無料
主催:九条の会足立連絡会/映画「沖縄スパイ戦史」上映実行委員会
問合せ:事務局(五十嵐) 携帯 090-7184-8180


憲法9条牛久の会(茨城県牛久市)

今まで出会ったことのないような学校 夜間中学の記録「こんばんは」上映&トークのつどい
日時:9月23日(月・祝)14:00〜16:30(開場 13:30)場所:牛久市中央生涯学習センター中講座室(JR常磐線牛久駅東口から徒歩20分程。循環バスあり)
参加費加費:無料
主催:憲法9条牛久の会協賛:牛久母親大会実行委員会
後援:牛久市・牛久市教育委員会協力:佐藤新聞舗
連絡先・問合せ先:080−1076−4209(伊藤)
http://www.9jo-ushiku.org/
mail:9jo-mamoru@9jo-ushiku.org


佐野九条の会(栃木県佐野市)

設立14周年記念講演会「新しい段階を迎えた改憲問題」
日時:10月5日(土)13:30〜16:30
講師:高田健氏(戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会共同代表)
手話通訳あり
会場:佐野市文化会館小ホール(佐野市浅沼町508−5)
入場無料
主催:佐野九条の会
後援:朝日新聞宇都宮支局、下野新聞社、東京新聞、毎日新聞宇都宮支局
連絡先:TEL0283−22−4052(山口)


ときわだい9条の会(東京都板橋区)

参院選後の新しい情勢と九条改憲阻止運動の展望
日時:10月6日(日)午後2時から3時、終了後に総会
場所:あーちぷらざ5階ホール(東上線中板橋駅下車5分)
講師:高田健さん(九条の会事務局、戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会共同代表)
主催:許さない!戦争法 オール板橋行動
連絡先:furyou-koji@opt.gate01.com


九条の会・千葉医療者の会(千葉県千葉市)

民主主義とは何か〜安倍政権とメディア〜
日時:10月6日(日)14:00〜16:00講師:望月衣塑子さん(東京新聞社会部)
会場:プラザ菜の花3階「菜の花」(千葉市中央区長洲1-8-1 TEL:043-222-8271)
共催:九条の会・千葉医療者の会、千葉県民主医療機関連合会、千葉県保険医協会
後援:反核医師の会ちば-核兵器廃絶と脱原発-
要事前申込連絡先:043−248−1617(保険医協会)
小早川 晃(kobayakawa akira)
tel 043-248-1617 fax 043-245-1777
E-mail:a-kobayakawa@doc-net.or.jp


鎌倉・九条の会(神奈川県鎌倉市)

第8回鎌倉憲法学校「市民の力で改憲の息の根とめる」
日時:10月12日(土)開場18時20分 開演18:35〜 終演21:30  
講演:渡辺治(一橋大学名誉教授)
会場:鎌倉芸術館3階集会室 150〜160席(JR大船駅徒歩10分) 
入場料500円 20歳以下無料 
前売り開始8月12日〜〜鎌倉・九条の会HPをご覧ください。
申し込み方法 メール:kamakura9jo@gmail.com、FAX. 0467-60-5410
(氏名、電話、Fax.、予約枚数記入、返信メールや、返信ファックスを送ります)、
入場券販売 鎌倉芸術館 島森書店鎌倉店、松林堂書店、たらば書房、 
鎌倉・九条の会HPをご覧くださいhttp://kamakura9-jo.net
主催:鎌倉九条の会
問合せ:0467-24-6596


編集後記〜安倍政権による韓国への挑発に抗議する

韓国大法院の「徴用工問題の判決」に端を発した安倍政権の対韓外交のひどさは目に余る。日本政府がこれほど挑発的な外交に終始しているのに、メディアのほとんどは「法を守らない韓国」たたき、よくて「どっちもどっち」論だ。憲法第9条の立場から見ても、挑発をやめて対話による外交を要求するのは当然だろう。(T)