事務局より


九条の会アピール〜安倍改憲NO!の3000万署名を達成し、5月3日に全国津々浦々で総決起を!  http://www.9-jo.jp/


全国各地で従来の規模を上回る5・3憲法記念日の全国統一行動を

首都圏
5月3日(金・休) am11:00〜 
平和といのちと人権を!5・3憲法集会−許すな!安倍改憲発議− 
場所:有明防災公園(東京臨海広域防災公園) 
主催:戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会
5・3憲法集会実行委員会

------総がかり行動実行委員会と、九条の会も参加している全国市民アクションは、4月3日、以下の2本の声明を発表しましたので、紹介します-----------

声明・憲法審査会の再始動に反対する
           戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会
           安倍9条改憲NO!全国市民アクション

 いま198通常国会の予算審議が終わった隙に、与党などから衆院憲法審査会の再始動の動きが強まっている。
 衆院憲法審査会の森英介会長は3月28日に続いて、この3日にも野党の意見もきかないまま職権で幹事懇談会の開催を決めたが、与野党の合意に至らず開かれなかった。
 憲法審査会がなぜ開催できないのか。与党などは「職場放棄」などと野党の対応を攻撃するが、それはまったくお門違いだ。
 第1に、ほとんどの世論調査をみても、政治に求める政策の優先順位では「憲法改正」は最下位だ。いま憲法改正を急いでいるのは安倍首相らだけだ。
憲法審査会が容易に開催されない第2の理由は、内閣総理大臣たる安倍首相がこの間、繰り返し憲法99条に違反するおそれのある改憲を求める発言を重ね、これを巡って「憲法論議のための静かな環境」が醸成されていないためだ。
 安倍首相は今年になってからでも、1月5日の下関市の後援会での挨拶、通常国会での施政方針演説、2月10日の自民党大会での挨拶、通常国会での予算委員会での答弁、3月17日の防衛大学校卒業式での挨拶などで、改憲や改憲を示唆する演説を繰り返している。これは断じて容認できない。
 とりわけ自民党大会で9条改憲の口実に「自衛隊募集に対して都道府県の6割以上が協力を拒否している」ことを挙げたことは重大だ。これは全く事実と異なっている。首相はのちに「都道府県」を「市町村」と変更したが、問題は同じであり、このフェイクについての首相の謝罪がない。岩屋防衛相すらこの首相発言の誤りを訂正せざるを得ない始末だ。
 こうした憲法99条違反にかかわる一連の首相の言動の掘り下げた検討と謝罪なしに、憲法審査会が開催できないのは当然だ。
 憲法審査会は2000年の憲法調査会発足以来、「最高法規である憲法に関する論議においては、政局にとらわれることなく、憲法論議は国民代表である国会議員が主体性を持って行うべきとの共通認識に基づき、熟議による合意形成」を重視するという建前で運営されてきた。
 党利党略で、この原則を破り、官邸の意思を忖度して、憲法審査会の正常な運営を壊してきた責任はあげて与党、自民党にある。正常化を望むなら、まず自民党がその環境をつくり出すべきだ。このまま憲法審査会を開くことができないのは当然だ。
 まして昨年の臨時国会期間に、野党の同意がないままに森会長が職権で審査会を開催し、のちにこの乱暴な運営を謝罪したばかりだ。いままた、与党などがこの誤りを繰り返そうとしている事態をみて、その性懲りもない国会運営に唖然とせざるをえない。
 憲法審査会は再始動させるべきではない。
 安倍首相らは憲法違反の改憲策動をやめよ。
 与党改憲派は民意を尊重せよ。
  2019年4月3日


声明:際限ない海外派兵に道をひらくシナイ半島自衛隊派兵に断乎抗議する
     戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会
     安倍9条改憲NO!全国市民アクションを

 安倍政権は4月2日の閣議で、エジプト東部のシナイ半島でエジプトとイスラエル両軍の停戦監視をしている米・英など多国籍軍・監視団(MFO)司令部に陸上自衛隊員2名を派遣する計画を決定した。
 これは2015年の戦争法(安全保障関連法)強行と16年の同法施行に基づいた「国際連携平和安全活動」を適用する初めての措置で、今後、ひきつづき国連以外の多国籍軍、いいかえれば米国が主導する戦争や軍事行動への派兵に道をひらくもので、断じて容認できない。
 この根拠法とされる戦争法自体が、集団的自衛権の行使にもとづく海外派兵に道をひらく憲法違反の立法であり、その強行はこの間の自衛隊の南スーダン派兵の失敗などで明らかなように、破綻してきたものだ。
 政府は今回の派兵について、戦争法が定める国会での承認すら得ないまま強行しようとしている。その口実は、派兵は司令部要員の2人のみで、同法が定める「自衛隊の部隊等」にはあたらないなどというトンでもない解釈によるもので、脱法行為に他ならない。加えて、この「部隊等」の解釈も政府が勝手に行うというしろものだ。政府はいま「部隊派遣は全く考えていない」などと称しているが、今回の派兵が前例になれば、今後、海外で米国がすすめる戦争や軍事行動に政府の判断で際限なく参加していくことになる。まさに私たちが危惧してきた「戦争する国」の具体化だ。
 私たちは、安倍政権が憲法違反の戦争法を強行成立させた2015年9月19日を忘れない。いらい、全国各地の市民はこの19日を「19日行動の日」と定め、草の根で戦争反対、改憲反対の行動を展開してきた。国会周辺での「19日行動」だけでもそのつど数千から数万の規模で開催され、この4月で43回を数える。今回の政府の自衛隊派兵は、この平和を願う市民の声を愚弄するものであり、断じて許すことはできない。
 政府はシナイ半島MFOへの自衛隊派兵の閣議決定を直ちに撤回せよ。
 憲法違反の戦争法を廃止せよ。
 以上、心からの怒りを込めて声明する。
  2019年4月2日


<新刊ブックレット>「新防衛計画大綱と憲法第9条」好評発売中

内容:1月7日に開催した九条の会事務局主催学習会「新防衛計画大綱と憲法第9条」の全記録です。

ごあいさつ                        小森 陽一
「防衛計画大綱」改定の現実とは          大内 要三
安倍9条改憲発議を阻止するたたかい       高田  健
ブックレット発行のあとがき              小沢 隆一
<資料>「防衛計画大綱」(抜粋)
*B5版64ページ
*定価 400円(10部以上割引あり 〒別)
お申し込みはメールかFAXで、九条の会事務局へ


全国の「九条の会」のみなさんへお願い
― 新しい「九条の会」リーフレット発行 ―増刷しました

 新しく「九条の会リーフレット」を作成しました。これまでの呼びかけ人の紹介と「九条の会アピール」に加えて、12人の世話人の紹介と一言アピールを新たに掲載しました。
全国の地域、職場、学園の「九条の会」で、このリーフレットを積極的に活用し、「九条の会」の活動を、文字通り全ての人々に伝え、「3000万人署名」の目標を達成すると共に、新たな「九条の会」を結成するなど地域に根ざした大きな運動と世論を作り上げていきましょう。

〈新リーフレット〉
値 段 1部30円/100部以上25円/1000部以上20円
サイズ B6(B4を4つ折りしたもの)
申込は、九条の会へ(Eメールmail@9jounokai.jp


サイトのトップページ【http://www.9-jo.jp/】上部に「メルマガ登録」「解除」ボタンを設定しております。ここからご自分で簡単に登録できますので、会員のみなさんに読者登録をおススメください。

 メルマガを安倍9条改憲発議阻止の運動に活用してください。
各地の催し物案内や活動報告の記事をお寄せください。

各地から(全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある!)

催し案内や活動報告の掲載原稿を募集しています。本欄に掲載希望の方はmag@9jounokai.jpに投稿して下さい。掲載は原則として「九条の会」関係の催しに限り、1行事1回掲載とします。このメルマガは毎月10日、25日発行です。投稿される方は発行日の5日前までにお願い致します。原稿はチラシなどの添付ではなく、掲載形式でデータを作ってお送りください。編集に際して若干、手を加える場合があります。
                                                   (編集部)


みやぎ農協人九条の会(宮城県仙台市)

講演会「みやぎの農業の現状と課題」
日時:4月20日(土)13:30〜15:00
会場:フォレスト仙台5F(501会議室)
参加費300円
講師:冬木 勝仁氏(東北大学農学部教授)
主催:みやぎ農協人九条の会
連絡先:齋藤清治090-3640-8696/佐藤修司070-6491-8206


富士見町九条の会(東京都東村山市)

<4月例会>「いのちの海 辺野古・大浦湾」 ビデオ鑑賞と話し合い
日時:4月21日(日)午後1時30分〜
場所:文楽カフェ(富士見町5−1−93)
主催:富士見町九条の会  
連絡先:山澤(080-3154-5059)


早稲田から広げる9条の会(早稲田大学教職員9条の会、東京都新宿区)

沖縄県知事講演の集い
日時:4月25日(木)18:00〜
講演:玉城デニー氏(沖縄県知事)
   県民投票の会の元山仁士郎氏も招く予定
場所:早稲田大学14号館201(予定)
主催:早稲田から広げる9条の会(早稲田大学教職員9条の会)を中心とする実行委員会形式での開催
問い合わせ先:w9jyo2@googlegroups.com, m-okada@waseda.jp


みやぎ憲法九条の会(宮城県)

5・3憲法を活かす宮城県民集会
日時:5月3日(金・祝日)13:00〜15:00(予定)
会場:仙台国際センター・大ホール
講師:石井 暁さん(共同通信社編集局編集委員)
演題:戦争法後の自衛隊の変質と安倍改憲の真の狙い
主催:宮城憲法会議/憲法を守る市民委員会/
宮城県護憲平和センター/みやぎ九条懇話会
(集会終了後、会場 → 青葉通 → 一番町 → 市役所前・市民の広場までアピール行進)
連絡先:電話022-222-9181


九条の会・筑豊(福岡県飯塚市)

池田香代子記念講演会
日時:5月25日(土)午後2時開会
会場:イイズカコミュニティセンター
資料代:500円(高校生以下無料)
主催:九条の会・筑豊
連絡先:池田富男(090−1083−8076)


憲法9条大和の会(神奈川県大和市)

講演:武器の爆買いと私たちの暮らし 望月記者に聞く
日時:6月8日(土)18:30〜20:30
会場:大和保健福祉センターホール(小田急線鶴間駅徒歩5分)  
前売り500円、当日700円、学生外300円 
講演:望月衣塑子さん(東京新聞記者) 
主催:憲法9条大和の会、安倍9条改憲NO!大和市民アクション 
問合せ:046-272-8880


商社九条の会・東京(東京都)

権力の暴走を食い止める〜ジャーナリストの役割
日時:6月11日(火)13:45〜
講師:望月衣塑子(東京新聞記者)取材現場から
   根本 仁(元NHKディレクター)メディアの現状とNHKの変貌
会場:文京区民センター
会費:1000円
要予約
主催:商社九条の会
連絡先:090−7288−1489(仲内)


根岸線沿線九条の会連絡会(神奈川県横浜市)

映画と講演のつどい「コスタリカに学ぶ」 
日時:6月22日(土)14:00〜16:30 
講演:伊藤千尋さん(国際ジャーナリスト、九条の会世話人)
演題:コスタリカから9条へ 
映画「コスタリカの奇跡」(フルバージョン)上映
会場:杉田劇場ホール(新杉田駅直結) 
参加費1000円  
主催:根岸線沿線九条の会連絡会 
問合せ:090-7175-1911(後藤さん)


活動報告〜宮城県の4月の「19日行動」

 19日行動は2015年9月19日に9条に違反する「安保法制強行採決」したことを忘れず、「安保法制廃棄」を求めて毎月行っている運動です。
◇仙台市の19日行動(予定)
 4月19日(金)12:00〜13:00  場所:仙台市中央通東二番丁 平和ビル前
◇石巻市の19日行動 
 4月19日(金)15:00〜16:00 場所:石巻工業高校前・蛇田交差点
◇涌谷町の19日行動
 4月19日(金)13:00〜13:30 場所:涌谷公民館前交差点
  (終了後、公民館で「憲法Cafe」を開催しますが、土日に当たる場合は第3月曜日)
◇小牛田の19日行動(こごた九条の会)
4月19日(金)13:00〜13:30 場所:国道108号山の神神社前交差点
◇気仙沼市の19日行動
4月19日(金)11:00〜  場所:ホーマック前


編集後記〜選挙イヤーの闘いはつづく

全国の皆さんの大奮闘で統一地方選の前半戦が終わった。結果は悲喜こもごもだ。北海道知事選と大阪ダブル選挙はなんとか勝ちたかったというのも正直なところだ。だが悔しがっているばかりではしかたがない。
北海道の友人からメールが来た。「課題は山盛り、参議院選へむけてちょっとだけ休養させていただき、また歩き始めます。多くの仲間が、連日帯広で、釧路で、小樽で、札幌で、岩見沢で、北海道各地で、チラシ配布、街頭演説、スタンディング、街角ライブなどを展開しました。その取り組みは決して無駄ではないと思います。次につなげることが求められています。つなげます!」と。そうです。このバトンを受け継いで、後半戦から、参院選へ。何よりも安倍改憲発議を阻止するために。(T)