事務局より


九条の会アピール〜安倍改憲NO!の3000万署名を達成し、5月3日に全国津々浦々で総決起を!

 3000万署名を中心とした市民の頑張り、野党の奮闘によって、自民党は2018年の通常国会でも臨時国会でも、改憲発議はおろか自民党改憲案の審議にすら入れませんでした。けれども、安倍首相は改憲をあきらめてはいません。去る2月10日の自民党大会において挨拶にたった安倍首相は「9条に自衛隊を明記して違憲論争に終止符を打とう」と改憲の決意を改めて表明するとともに、その焦点があくまで9条にあることを強調しました。九条の会、市民アクションをはじめとする市民の草の根のとりくみに対抗し、改憲発議・国民投票を見据えて、自民党は289の全小選挙区で改憲推進本部の設立を急がせています。
 安倍政権は、同時に、9条改憲を先取りする実質的な憲法破壊を強引に推し進めています。昨年12月、安倍政権は、13年の改訂以後5年しかたっていない「防衛計画の大綱」の再改訂に踏みきりました。新大綱は、「専守防衛」を堅持するといいながら、「これまでに直面したことのない安全保障環境の現実」を口実に、「従来の延長線上ではない」「従来とは抜本的に異なる速度で」軍事力強化を図るとくり返し、事実上他国に侵攻できる軍隊化を進める方向を打ち出しました。それは、15年日米ガイドライン、戦争法を具体化し、日米同盟を「インド太平洋地域、さらには国際社会の平和と安定、繁栄に大きな役割」を果たすよう拡張・強化しようというアメリカの戦略に呼応するものです。沖縄県民の度重なる声を無視して辺野古新基地建設を強行し、また南西諸島への自衛隊配備を急ぐのも、アメリカの新戦略に呼応したものです。
 安倍政権のめざす9条改憲は、こうした軍事化の前に立ちはだかる憲法上の障害を取り除き、軍事大国化をいっそう加速させようという企てに他なりません。こうして、2019年は、憲法をめぐる正念場の年となりました。
 9条改憲を強行するために、安倍自民党は、19年通常国会で自党の改憲案を提示し改憲発議に持ち込むことを狙っており、それが間に合わないときにも、参院選で再び改憲勢力3分の2の議席を確保して、何が何でも改憲発議、国民投票を強行しようとねらっています。
 しかし、こうした安倍自民党の改憲の企みを阻むことは可能です。通常国会での改憲発議を絶対に許さない、そして参院選で改憲勢力3分の2を許さないことで、安倍改憲に終止符を打つことができます。それには、発議を許さず選挙で改憲勢力を打ち破る立憲野党の共闘と頑張り、9条改憲は絶対に許さないという市民の運動、この2つの力が不可欠です。
 九条の会も参加して取り組んでいる3000万署名をなんとしても成功させましょう。全ての地域、職場、学園で改めて目標を再確認し、地域に入ってさらに多くの市民に声をあげてもらいましょう。
 19年5月3日の前後には、すでに各地で憲法集会が企画されています。今年の5月3日を、市民がこぞって署名を持ち寄り、安倍改憲NO!の声をあげる総決起の日にしようではありませんか。
                   2019年2月22日 九条の会


全国各地で従来の規模を上回る5・3憲法記念日の全国統一行動を

首都圏
5月3日(金・休) am11:00〜 
平和といのちと人権を!5・3憲法集会−許すな!安倍改憲発議− 
場所:有明防災公園(東京臨海広域防災公園) 
主催:戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会
5・3憲法集会実行委員会


<新刊ブックレット>「新防衛計画大綱と憲法第9条」好評発売中

内容:1月7日に開催した九条の会事務局主催学習会「新防衛計画大綱と憲法第9条」の全記録です。

ごあいさつ                        小森 陽一
「防衛計画大綱」改定の現実とは          大内 要三
安倍9条改憲発議を阻止するたたかい       高田  健
ブックレット発行のあとがき              小沢 隆一
<資料>「防衛計画大綱」(抜粋)
*B5版64ページ
*定価 400円(10部以上割引あり 〒別)
お申し込みはメールかFAXで、九条の会事務局へ


全国の「九条の会」のみなさんへお願い
― 新しい「九条の会」リーフレット発行にあたって ―

 新しく「九条の会リーフレット」を作成しました。これまでの呼びかけ人の紹介と「九条の会アピール」に加えて、12人の世話人の紹介と一言アピールを新たに掲載しました。
全国の地域、職場、学園の「九条の会」で、このリーフレットを積極的に活用し、「九条の会」の活動を、文字通り全ての人々に伝え、「3000万人署名」の目標を達成すると共に、新たな「九条の会」を結成するなど地域に根ざした大きな運動と世論を作り上げていきましょう。

〈新リーフレット〉
値 段 1部30円/100部以上25円/1000部以上20円
サイズ B6(B4を4つ折りしたもの)
申込は、九条の会へ(Eメールmail@9jounokai.jp


サイトのトップページ【http://www.9-jo.jp/】上部に「メルマガ登録」「解除」ボタンを設定しております。ここからご自分で簡単に登録できますので、会員のみなさんに読者登録をおススメください。

 メルマガを安倍9条改憲発議阻止の運動に活用してください。
各地の催し物案内や活動報告の記事をお寄せください。

各地から(全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある!)

催し案内や活動報告の掲載原稿を募集しています。本欄に掲載希望の方はmag@9jounokai.jpに投稿して下さい。掲載は原則として「九条の会」関係の催しに限り、1行事1回掲載とします。このメルマガは毎月10日、25日発行です。投稿される方は発行日の5日前までにお願い致します。原稿はチラシなどの添付ではなく、掲載形式でデータを作ってお送りください。編集に際して若干、手を加える場合があります。
                                                   (編集部)


旬報9条の会(東京都千代田区)

学習会「戦争と労働」
日時:3月29日(金)18:30〜
講師:佐々木啓さん(茨城大学准教授)
会場:エデュカス東京5FB(東京都千代田区2番町12−1)
参加費:500円
主催:旬報9条の会
連絡先:03−3580−5311


落合・中井九条の会(東京都新宿区)

第166回落合・中井九条のつどい
とき:4月27日(土)14時〜16時
場所:落合第二地域センター2階大会議室AB(中落合4-17-13)
テーマ:戦後沖縄の歴史から「島ぐるみ」の運動を考える 「生命を守る」という要求のもつ意味とは
講師:秋山道宏さん:明治学院大学国際平和研究所助手
主催:落合・中井九条の会
連絡先:木村 隆 電話・FAX:3951−0573
Email : otiainakai9jo@mbr.nifty.com


9条の会とうかい(茨城県東海村)

「沖縄スパイ戦史」鑑賞学習会 
日時:5月11日(土)上映:14:00〜16:00(開場13:30)
会場:東海村産業・情報プラザ(アイヴィル)多目的ホール(東海駅東口、イーオンの向かい)
料金:大人500円、大学生以下無料 
主催:「沖縄スパイ戦史」鑑賞学習会実行委員会 
後援:東海村、  
協賛:9条の会とうかい
問合・申込:029-282-0818(椎名、夜間のみ)


鎌倉・九条の会(神奈川県鎌倉市)

憲法のつどい2019鎌倉「憲法に自衛隊を書きこむ?!」 
日時:5月11日(土) 19:15〜21:30
会場:鎌倉芸術館小ホール(大船駅徒歩10分) 
入場料:500円(20歳以下無料) 
講師:柳沢協二(元内閣官房副長官)、望月衣塑子(東京新聞社会部記者) 
前売り開始:3月11日 
申込み先:Fax. 0467-60-5410 E-mail. Kamakura9jo@gmail.comへ、氏名、電話・Fax、枚数を記入 店頭:島森書店鎌倉店、松林書店、たらば書房、鎌倉芸術館 
主催:鎌倉・九条の会 
問合せ:0467-24-6596


活動報告〜「やっぱ、こわいよ」 安倍「自衛隊勧誘・改憲」発言に〜えびな九条の会

 神奈川県海老名市のえびな・九条の会は9日、海老名駅東口自由通路で安倍9条改憲NO!3000万人署名・宣伝行動(月例・第2土曜日)を行いました。安倍首相が憲法9条改定の理由に自衛官募集への自治体の「非協力」を挙げるなか、「若者を強制的に戦場に動員する9条改憲は絶対に許せない」との呼びかけに、若者らがすすんで署名に応じる反響がありました。
 宣伝行動には5人が参加。3000万人署名が35筆寄せられました。
 高校入試に合格したと語る綾瀬市の男子生徒4人組は、自衛官募集と改憲を結びつけた首相発言について、「やっぱ、こわいよ」と話しつつそろって署名。3歳の男の子を抱いた秦野市の男性(27)も、「この子が大人になるまでに、世界から戦争をなくしたい」と述べてサインに応じました。
 また、横浜市の女性(38)は、「安倍さん、大っきらい」と怒りを込めて署名。沖縄・辺野古問題などで民意に背を向け続ける安倍政権を批判しました。
 この日、街頭での宣伝行動に初めて参加したSさんは車イスの男性など3人分の署名を集め、「『憲法9条を守る署名です』と声を出して訴えるのはいいことだと思いました。きょうは署名に応じてもらえなくても、あとで考えて次の機会に署名する人が生まれるかもしれないので」と感想を語りました。
 えびな・九条の会の3000万人署名は9日現在、3023筆を数えています。


編集後記〜統一地方選前半戦が始まった

夏の参議院議員選挙をまえに、大変重要な選挙戦ですね。各地のみなさんはそれぞれ努力されていることと思います。一人でも多く、憲法9条を守り、安倍改憲に反対する議員を誕生させたいものです。(T)