事務局より


まだまだ広げられる!
 安倍改憲発議阻止をめざして、さらなる対話運動で、3000万
 人達成に進もう!改憲発議をかならず阻止しよう!
 3000万人署名はひきつづき継続します。 九条の会事務局


全国の「九条の会」のみなさんへお願い
 ― 新しい「九条の会」リーフレット発行にあたって ―

日々のみなさんの活動に心から敬意を表します。
去る10月24日に第197回国会が開会されました。
冒頭の所信表明演説のおわり近く、安倍晋三首相は、「憲法審査会において、政党が具体的な改正案を示すことで、国民の皆様の理解を深める努力を重ねていく」と今国会での憲法改悪の具体化を宣言しました。憲法改正の発議は立法機関である国会の行うことです。それに対し行政府の長が要求をするということは、三権分立の破壊にほかなりません。
 「九条の会」は「安倍9条改憲NO!市民アクション」の一翼を担い、「3000万人署名」に全力で取り組んで来ましたが、いよいよ運動の正念場をむかえることになりました。
 こうした中で事務局としては、新しく「九条の会リーフレット」を作成しました。これまでの呼びかけ人の紹介と「九条の会アピール」に加えて、12人の世話人の紹介と一言アピールを新たに掲載しました。
 全国の地域、職場、学園の「九条の会」で、このリーフレットを積極的に活用し、「九条の会」の活動を、文字通り全ての人々に伝え、「3000万人署名」の目標を達成すると共に、新たな「九条の会」を結成するなど地域に根ざした大きな運動と世論を作り上げていきましょう。
 2018年11月3日                             九条の会事務局
〈新リーフレット〉
値 段 1部30円/100部以上25円/1000部以上20円
サイズ B6(B4を4つ折りしたもの)
申込は、九条の会へ(リーフレットは11月20日頃、入荷する予定です)


サイトのトップページ【http://www.9-jo.jp/】上部に「メルマガ登録」「解除」ボタンを設定しております。ここからご自分で簡単に登録できますので、会員のみなさんに読者登録をおススメください。

 メルマガを安倍9条改憲発議阻止の運動に活用してください。
 各地の催し物案内や活動報告の記事をお寄せください。
           2018年8月25日        九条の会メルマガ編集担当


九条の会ポスター「安倍9条改憲は戦争への道」発売中

3000万署名運動の中で活用してください。街中の空気を変えましょう。街頭署名の際の署名版の前垂れにも最適です。九条の会サイトに図版が掲載してあります。
1枚:100円 10枚〜:90円 30枚〜:80円 50枚〜:70円  
送料は、購入者負担。ご注文は九条の会事務局へ、メールかFAXで。

各地から(全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある!)

催し案内や活動報告の掲載原稿を募集しています。本欄に掲載希望の方はmag@9jounokai.jpに投稿して下さい。掲載は原則として「九条の会」関係の催しに限り、1行事1回掲載とします。このメルマガは毎月10日、25日発行です。投稿される方は発行日の5日前までにお願い致します。原稿はチラシなどの添付ではなく、掲載形式でデータを作ってお送りください。編集に際して若干、手を加える場合があります。
                                                   (編集部)


落合・中井九条の会(東京都新宿区)

第162回落合・中井九条のつどい
    〜米軍基地問題と東アジアの情勢変化を考える〜沖縄、東京という場から
とき:12月16日(日)14時〜16時
お話:秋山道宏さん(明治学院大学国際平和研究所・助手) 
場所:落合第一地域センター3階 大会議室AB(下落合4-6-7)
主催:落合・中井九条の会
連絡先:木村 隆 電話・FAX:3951−0573
    Email : otiainakai9jo@mbr.nifty.com


富士見町九条の会(東京都東村山市)

<12月例会>「再稼働させるのか<東海第2原発>首都圏唯一の巨大老朽原発」
ビデオや説明を視聴しながら、話し合います。
日時:12月16日(日)午後1時30分〜3時
場所:富士見図書館2階 集会室
主催:富士見町九条の会  
連絡先:山澤(080-3154-5059)


九条の会かわにし(兵庫県川西市)

憲法漫談「これがアベさんの本音だ」
日時:12月22日(土) 14:00〜16:00
演者 笑工房(コバヤン)
会場:アステ市民プラザ6Fアステホール(阪急川西能勢口駅南1分)
参加費:800 円(当日 1000 円)
主催:九条の会かわにし
連絡先:072- 794-3320


調布九条の会「憲法ひろば」(東京都調布市)

第142回(12月)創立14周年例会
テーマ:混沌とした世界情勢の中 日本の進む道を語る
お 話:丹羽宇一郎さん(伊藤忠商事元会長、元中国大使)
日 時:12月22(土)13:30〜
場 所:あくろす3階「あくろすホール」国領駅北口前、西友上
参加費:300円
詳細はWebサイトの「例会案内」をごらんください
    http://choufu9jou.sakura.ne.jp
連絡先:choufu9jou@yahoo.co.jp


千住九条の会(東京都足立区)

第7回公演イベント:新春に語る!希望と未来
日時:1月20日(日)14:00〜
ミニライブ:フラメンコギター(渡辺イワオ)
トークセッション:止めよう改憲発議!市民と野党の共闘で新しい政治を!
高田健氏×菱山南帆子氏(コーディネーター:黒岩哲彦弁護士)
会場:千住介護福祉専門学校5階講堂
参加費:500円(パーティ参加費1500円)
主催:千住九条の会
連絡先:090−6953−7144(中田)


しまもと9条の会(大阪府島本町)

《どうして変えるの?憲法》伊藤真弁護士講演会
日時:1月20日(日)14:00〜16:00(開場13:30)
(オープニング 沖縄の歌13:45〜)
会場:島本町ふれあいセンター 1F ケリヤホール (定員280名)
講師:伊藤真さん(伊藤塾塾長・「九条の会」世話人・法学館憲法研究所所長)
資料代 500円(障がい者・高校生以下無料)
手話通訳あり・保育あり(1/10までに申し込み要)
主催:しまもと憲法講演会実行委員会
連絡先・保育申し込み先:080-5326-5350(山田)


宮城県内九条の会連絡会(宮城県)

渡辺 治さん講演&デスカッション「新年からの闘いに向けて」「市民の力で改憲発議を許さない!」 〜新段階に入った安倍改憲の危険性と阻止の展望〜
日時:1月26日(土)13:15〜15:45
会場:仙台パークビル2F TPK ガーデンシテイ仙台勾当台(勾当台公園市民のひろばステー ジの後のビル。地下鉄南北線勾当台駅北1出口徒歩 1 分)
講師:渡辺 治さん(九条の会事務局、一橋大学名誉教授)
内容:渡辺さんの講演の後、デスカッション「私たちの闘い」
参加費:500 円
主催:宮城県内九条の会連絡会
連絡先:みやぎ憲法九条の会 022-728-8812


かわぐち九条の会(埼玉県川口市)

設立14周年集会
日時:2019年2月2日(土)受付 13:00  受付 13:00 開会13:30
会場:川口市民ホール フレンデイア(キュポラ4F)
記念講演:五十嵐仁さん「改憲に突き進む安倍『独裁政権』よ さようなら」
文化行事:平石孝行さん・津軽三味線師範(孝雲流家元) 
参加費:1000円(30歳未満無料)
主催:かわぐち九条の会
連絡先:五十嵐 宏048-295-0111

活動報告

(メルマガ編集部より) 各地の「活動報告」の原稿をお送り下さい。さまざまな取り組みをできるだけ500字程度にまとめて、編集部までメールでお送り下さい。「こんな活動もある」「こんな運動もできる」「私たちもやってみようか」、さまざまな感想が期待されます。原稿は編集の都合上、若干、手を入れる場合があります。お待ちします。


いつも、メールマガジンをお送りいただきありがとうございます

一日も早く、安倍首相退陣してほしいものです。私は、右耳の難聴により、活動が制限されておりますが、出来ること、これからも続けて行きたいと思います。これからも、9条の会、メールマガジン宜しくお願いします。


9条看板の新設更新進む(宮城県内九条の会)

 「守るぞ 憲法9条、いのちと平和」「憲法9条世界の宝」など
正念場を迎えた憲法情勢に地域から立ち向か うために、これまでの集いカンパなどでつみた てていた「国民投票積立金」の一部を使い、地域の9条の会が設置していた看板の更新と新設をすすめました。ポスターの印刷費と取り付け の材料費を補助しました。
角田市3ヵ所、丸森町2ヵ所、小牛田2ヵ所、大河原1ヵ所に新設、加茂2ヵ所、名取2ヵ所 を更新しました。


映画上映でお寺さん回り(ねりま九条の会)

明日へ―戦争は罪悪であるチラシを持ってお寺回りをしました。
西大泉の本照寺、南田中の観蔵院、高野台の長命寺、大泉町の教学院が快く受け取ってくださり、玄関に置き皆様に見てもらいますと引き受けていただきました。南田中の十善戒寺は住職にお渡ししますと受け取ってくださいました。話したのは、戦争中、戦地に赴く兵士の壮行式で「戦争は罪悪である、殺すな、殺されるな」と説教して戦争を批判したため牢屋につながれ、僧籍もはく奪され檀家も去り、寺の門には国賊、非国民という札が貼られ石が投げ込まれながら節を曲げずにいた僧侶の話。今また怪しげな情勢で、再び戦争になったら国を挙げて戦争一色になりかねない、そんなことにさせないための映画です。隣の写真は植木等さんのお父さんで有名な反戦僧侶です、と訴えました。
この間、教会を回りましたがどこも協力的でしたが、僧侶の話だけにどの寺も強い関心を持って聞いてくださいました。安倍改憲を前にして宗教者との共同を実現できれば大きな影響力があると思います、この映画はチャンスです。すべてのお寺を回りつながりを深めていきたいものです。


編集後記〜臨時国会での自民党改憲案の提示を阻んだ!

12月6日、臨時国会最終盤の衆院憲法審査会で自民党は改憲案の提示を企てたが、市民の声と世論を背景に立憲野党が結束して審査会の開催を阻止した。いよいよ来年の通常国会での改憲発議を許すかどうかのたたかいになった。3000万署名活動を軸にして、市民運動を全力で強めよう。(T)