事務局より


メルマガのサーバー交換にあたってのお詫びとお願い

 今年初めからサーバー不調でご迷惑をかけてきましたが、ようやく今号からサーバーを一新してお届けします。どこまで問題が解決できるか分からないため「中間的なお詫びとお願い」です。とりわけ、この半年の間に新たにメルマガ登録をしていただいた方のアドレスは、新しいサーバーに復元できないため、サイトのトップページにある「メルマガ登録」ボタンから改めて登録していただく必要があります。ご迷惑をかけて申し訳ありませんが、よろしくお願いします。  2018年7月25日 九条の会メルマガ編集担当


9・30第4次集約めざし、暑さをしのいで3000万人署名を進めましょう  9月には「全国一斉署名行動週間」も

 西日本での大災害があり、つづく猛暑で辛い日々となっています。人びとの生命と人権に無感覚な安倍自民党の驕りの姿がまたも明らかになりましたが、各地からは、暑さにめげず「安倍9条改憲NO!」の3000万人署名に取り組んでいるとの報告も寄せられています。
 6月7日の第一次署名提出の後も、各地・各団体などで集約された署名用紙が連日到着しており、延長国会の7月上旬に約100万人分を追加提出しました。国会はこれから、秋に想定される臨時国会まで閉会となり、請願署名の提出は中断されます。
 私たちは、今期の通常国会での「改憲発議」を阻むことに成功しました。しかし、安倍自民党は、戦争法の発動や9条改憲論に利用してきた「北朝鮮の脅威」が揺らいでも、なお「年内発議」を断念していません。このため、全国市民アクション実行委員会は、3000万人署名の第4次集約を「9月30日」に設定しました。それまで2か月余り、暑さと健康に留意しながら取組みを進められるよう、あらためて呼びかけます。
 ちなみに、9月8日は、「安倍9条改憲NO!全国統一署名」のキックオフから1年目にあたります。また、9月15日は、「戦争法」(安保法制)の強行成立から3年目になります。そこで、9月1日(土)〜9日(日)を「全国一斉署名行動週間」とし、各地のみなさんがそれぞれの実情に合った取り組みで呼応していただくよう呼びかけます。
 それまでこの夏、天候や体調に注意しながら、できる形での署名行動に工夫をこらしましょう。
 また、8月にも各地で開かれる各種の催しや集会、8月以降に開かれる各級の労働組合の大会などには、署名用紙の配付をもう一度お願いしてみましょう。個人の取組みとしては、暑中お見舞いを出される際に署名用紙も同封するとか、家族や友人と海水浴や観光に出かける際にも署名用紙を必ず携えていくなども考えましょう。
 安倍自民党は、戦争できる強権国家の妄想と党利党略を合体させた改憲草案を持ち出していますが、世論の支持は得られず、来年は重要な政治日程が立て混んで、「改憲案の国会発議→国民投票」という彼らのシナリオの実現は容易ではなく、ますます焦りの色を濃くしています。
 私たちはこの10か月、懸命に署名と対話の拡大に取り組んできましたが、そのエネルギーをさらに大きく広げることが、改憲発議を断念させ、安倍退陣を迫るうえで不可欠です。その意味で、この夏から秋にかけての私たちの行動が、まさに正念場を迎えます。
 秋の臨時国会に再び署名の山を積み上げ、「3000万人署名」の力を示しましょう。

  2018年7月22日 延長通常国会の閉会の日に
            安倍9条改憲NO!全国市民アクション実行委員会


九条の会ポスター「安倍9条改憲は戦争への道」発売中

3000万署名運動の中で活用してください。街中の空気を変えましょう。街頭署名の際の署名版の前垂れにも最適です。九条の会サイトに図版が掲載してあります。
1枚:100円 10枚〜:90円 30枚〜:80円 50枚〜:70円  
送料は、購入者負担。ご注文は九条の会事務局へ、メールかFAXで。

各地から(全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある!)

催し案内や活動報告の掲載原稿を募集しています。本欄に掲載希望の方はmag@9jounokai.jpに投稿して下さい。掲載は原則として「九条の会」関係の催しに限り、1行事1回掲載とします。このメルマガは毎月10日、25日発行です。投稿される方は発行日の5日前までにお願い致します。原稿はチラシなどの添付ではなく、掲載形式でデータを作ってお送りください。編集に際して若干、手を加える場合があります。
                                                   (編集部)


宮城県内九条の会連絡会(宮城県)

総会&記念講演
日時:7 月 28 日(土) 13:30〜
講演:小森陽一さん(「九条の会」事務局長、東京大学大学院教授)
会場:仙台シルバーセンター7階第1研修室
入場料:無料
主催:宮城県内九条の会連絡会運営委員会
問合せ:022-728-8812 FAX 022-276-5160


鎌倉・九条の会(神奈川県鎌倉市)

核兵器禁止条約で変わる世界〜被爆国日本は?
日時:8月11日(土)13:30〜16/30 
講演:川崎 哲氏(ピースボート共同代表、核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)国際 運営委員) 
対談:スティーブン・リーバー氏(核廃絶訴える平和活動家) 
会場:鎌倉生涯学習センターホール(鎌倉駅東口徒歩2分) 
前売券500円、当日券700円 前売り開始7月1日、松林堂書店、島森書店、たらば書房、ソンベ・カフェ、鎌倉YMCA 
主催:いのちの原子力、私たちの未来への道実行委員会、
かまくら朗読の会、鎌倉YMCA、横浜YMCA対人地雷をなくす会、鎌倉恩窮教会、湘南YMCA、鎌倉被爆者の会、鎌倉ワイズメンズクラブ、ぐるぅぷ未来、鎌倉・九条の会、鎌倉岐れ路の会、湘南護憲市民の会鎌倉、鎌倉放射能市民測定室、脱厳罰社会をめざす文学者の会 鎌倉・九条の会でも、
http://kamakura9-jo.net/ でもHPが開けます
前売り入場券を 鎌倉・九条の会 Email.:kamakura9jo@gmail.com
Fax 0467-60-5410(またはFax 0467-24-6577)でも承ります。


宮前九条の会(神奈川県川崎市)

第60回学習会 戦後73年を考える 
日時:8月12日(日) 14:00〜16:30 
第1部:ビデオ鑑賞「平和に生きる権利を求めて―恵庭事件・長沼ナイキ事件(NHKスペシャル) 
第2部:自由な話し合い 
終了後、暑気払い17:00〜宮前平ジョナサン 
会場:宮前市民館第4会議室 
資料代:300円 
主催:宮前平九条の会
問合せ:若原さん(044‐855‐8896)


落合・中井九条の会(東京都新宿区)

第158回落合・中井九条のつどい/「3・11後の福島で生き続ける生きものたち、それを追跡調査する科学者たち」
とき:8月19日(日)14時〜16時
お話:鈴木譲さん( 東京大学名誉教授/元水産実験所教授) 
場所:落合第二地域センター2階 大会議室AB(中落合4-17-13)
主催:落合・中井九条の会
連絡先:木村 隆 新宿区下落合4-16-16
 電話・FAX:3951−0573


九条かながわの会(神奈川県)

9条かながわ大集会2018inあつぎ:9条改憲発議を許さない! 武力で平和はつくれない
日時:9月17日(月、祝)10:00〜16:00
☆10:00〜12:00分科会(沖縄・辺野古の映像と講演、ドイツの脱原発、
ベーシックインカム、リニア新幹線問題、憲法カフェ)、
フィールドワーク(雨岳文庫など相州自由民権運動の里めぐり) 
☆13:30〜16:00全体会 
講演:青井未帆さん(学習院大学法科大学院教授、憲法学者)「安倍9条改憲の狙い−自衛隊を憲法に明記する意味を考える」、
おしどりマコ&ケン「原発から壊憲まで『お笑い』で斬りまくる」、
相模国飯山白龍太鼓 
会場:厚木市文化会館大ホールほか(小田急本厚木駅北口徒歩15分) 
前売り1000円、当日1200円、学生・障がい者は半額、中学生以下無料 
主催:厚木市九条の会ネットワーク、九条かながわの会 
連絡先:090-7175-1911(後藤)、080-1172-1094(山本)


編集後記〜通常国会が終わりました。さあ、暑い夏です。お互いに力を尽くしましょう

森友、加計疑惑、防衛省などの公文書改ざん、隠蔽、廃棄、虚偽答弁、この通常国会の審議は憲政史上、最悪といわれた。くわえて、カジノ法や過労死法など、悪法が強行された。セクハラなど人権侵害の問題もうやむやにされた。しかし、憲法改悪に反対し、平和と民主主義、人権を守るための私たちの闘いはとどまることはできない。暑い夏ですが、反戦平和の課題、憲法9条を壊させない課題で、お互いに頑張りあいましょう。(T)