事務局より


安倍9条改憲NO!憲法を生かす全国統一署名
  『1350万人を超えた!さらに3000万人をめざそう』

 「安倍9条改憲NO!憲法を生かす全国統一署名」(3000万人署名)は、全国各地での一人ひとりのたゆみない努力の積み上げにより、4月30日現在で署名数が1350万人を超え、5・3憲法集会で報告することができました。この間のみなさんのご努力に心からの敬意を表します。
 この5月31日には、3000万人署名は第3次集約となり、今国会での提出期限ぎりぎりの6月12日(火)に、全国市民アクションとして衆参両院に最初の提出をする予定です。また、この提出日までにさらに署名を積み増すため、5月24日から30日までを「全国一斉街宣・署名週間」として、みなさんに一層の取組みを呼びかけています。
 一方、安倍政権はこの間、森友・加計学園問題にみられる権力と国有財産の私物化や公文書の改ざん、度重なる虚偽答弁、自衛隊の「日報」隠しや統幕幹部の野党国会議員への暴言、自民党議員と文科省による教育への介入、裁量労働をめぐる虚偽データ、財務省事務次官のセクハラ事件など、政治と行政の責任や矜持・道義とはまったく無縁の「ウミ」だらけの姿が明かになりましたが、数を頼りの逃げと居直りに終始してきました。このため、安倍内閣の支持率は軒並み急落し、退陣を求める声が大きく広がっています。
 この状況もあいまって、「安倍首相のもとでの9条改憲」は世論の過半数が反対し、「安倍4項目」の改憲案は自民党でも最終案にならず、衆参の憲法審査会でも議論とならず、安倍首相が最短距離としてめざしていた「今国会での改憲発議」は事実上、不可能となりました。実質的に約半年で達成された1350万人超の署名は、大きな成果をあげたと言えるでしょう。
 しかし安倍首相と自民党改憲本部の幹部たちは、なおも「今国会でできなくても、年内の早い時期に発議をめざす」と強弁し、安倍政権下での改憲発議の方針にしがみついています。「安倍9条改憲NO!」の運動は、大きく広がってきましたが、まだ勝負はついていないのです。彼らに憲法改悪をあきらめさせ、退陣に追い込むためには、私たちは手を緩めず、もうひと押しふた押しの努力が必要です。
 全国のみなさんがこのことを理解され、それぞれの地域の目標と全体での3000万人の目標を達成するため、ともに一層の努力をしていただくよう、お願いいたします。
         2018年5月10日         安倍9条改憲NO!全国市民アクション


安倍9条改憲NO!憲法を生かす全国統一署名「全国一斉街宣・署名週間」(5月24〜30日)の呼びかけ

 全国各地で「安倍9条改憲NO!憲法を生かす全国統一署名」(3000万人署名)に取り組んでおられるみなさん。
 3000万人署名は4月25日の第2次集約(5・3憲法集会で発表予定)を経て、いよいよ5月末日の第3次集約をめざすことになります。そこで、次のような要領で「全国一斉街宣・署名週間」の設定と実施を呼びかけます。各地域のみなさんが、これの呼びかけに応じて第3次集約へのもうひと踏ん張りをしていただければ幸いです。
@「一斉街宣・署名週間」の期日は、今国会への提出に勢いをつける意味で、第3次集約日の5月31日(木)をめざし、5月24〜30日とします。ただし、すでに同様の行動を連休以降に計画されている地域・団体に変更を求めるものではありません。
A「一斉街宣・署名週間」に取り組まれる地域都内では、そのプランや結果などについて、全国市民アクションにメールでお知らせくださるようお願いします。メルアドは、info@kaikenno.com です。
 安倍政権は、森友・加計疑惑と公文書改ざん、事実の否定や隠蔽、自衛隊の「日報」隠しや野党政治家への暴言、労働法制改悪に虚偽データの利用、財務事務次官のセクハラ問題など、“ウミだらけ”の姿が明らかになり、政府・官僚としても個人としても信用が失墜し、支持率も大幅に下落しています。
 しかし、腐敗堕落した権力者は、<自然に>あるいは自ら退陣することはありません。国会での立憲野党の結束と鋭い追及、市民運動の大きなうねりとひろがり、国際的信用の喪失、そして、それらすべてが合流した<世論の力>によって打ち倒すしかありません。いま、安倍政権は大きく追い詰められていますが、退陣させるには、もうひと押し、ふた押しが必要です。
 そして、安倍首相をはじめとする自民党の積極改憲派にとって、「今国会で改憲発議」というシナリオはほぼ絶望的になってきました。安倍政権の退陣を実現することができれば、「安倍9条改憲」をくいとめることができます。
 そのため、5月末の「全国一斉街宣・署名週間」をぜひ成功させましょう。
          2018年4月25日    安倍9条改憲NO!全国市民アクション


九条の会新作ポスター「安倍9条改憲は戦争への道」発売中

3000万署名運動の中で活用してください。街中の空気を変えましょう。
街頭署名の際の署名版の前垂れにも最適です。九条の会サイトに図版が掲載してあります。
1枚:100円   10枚〜:90円    30枚〜:80円   50枚〜:70円  
送料は、購入者負担。ご注文は九条の会事務局へ、メールかFAXで 。


メルマガについてのお詫びとお願い

サーバーが不調で、一部読者の方にメルマガが届かない事象が起きています。鋭意、対処に努めていますが、原因不明のため復旧の見通しがついておりません。届いていない方は、しばらくの間、九条の会のホームページからご覧くださいますよう、お願い致します。
なお、メルマガを登録しているのに着信しない方は、登録されているアドレスから、下のアドレス宛てに、その旨をお知らせいただけると幸いです。  q_jounokai@yahoo.co.jp
       2018年3月18日 九条の会メルマガ編集担当

各地から(全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある!)

催し案内や活動報告の掲載原稿を募集しています。本欄に掲載希望の方はmag@9jounokai.jpに投稿して下さい。掲載は原則として「九条の会」関係の催しに限り、1行事1回掲載とします。このメルマガは毎月10日、25日発行です。投稿される方は発行日の5日前までにお願い致します。原稿はチラシなどの添付ではなく、掲載形式でデータを作ってお送りください。編集に際して若干、手を加える場合があります。
                                                    (編集部)


厚木市九条の会ネットワーク(神奈川県厚木市)

前川喜平さん教育・憲法を語る「個人の尊厳へ導く教育」 
日時:5月25日(金)19:00〜 
会場:厚木市文化会館大ホール(小田急本厚木駅北口徒歩13分) 
講師:前川喜平さん(文部科学省前事務次官) 
前売券:800円(学生など400円) 当日券:1000円(学生など500円) 
主催:厚木革新懇 
協賛:厚木の教育を考える会、厚木市九条の会ネットワーク 
問合せ:080-3172-3441(小池さん)


本牧・山手九条の会(神奈川県横浜市)

横浜大空襲を語り継ぐつどい 
日時:5月26日(土)13:30〜
会場:横浜上野町教会「仮会堂」(JR山手駅徒歩12分) 
金子光一さんのスライド上映とお話、座古秀子さんの大空襲体験のお話など 資料代:500円 
主催:本牧・山手九条の会 
問合せ:045-741-3195(建築横浜みなと支部気付)


小田原梅の里九条の会(神奈川県小田原市)

梅の里平和のつどい
日時:5月26日(土)13:30〜  会場:本立寺(下曽我駅徒歩18分) 
お話:遠藤教温・本立寺住職「分かる憲法の話」 
腹話術、コカリナ演奏、うたごえなど 
資料代:300円 
主催:小田原梅の里九条の会 
問合せ:0465-42-1272(富田)


神奈川県職員九条の会(神奈川県)

神奈川県職員九条の会平和のつどい
日時:6月2日(土)14:45〜16:45
記念講演:井筒高雄さん(元自衛官、ベテランズ・フォー・ピース・ジャパン代表)
演題:安倍政権の九条改憲による自衛隊の実態
会場:横浜市健康福祉センター8階F会議室(桜木町駅徒歩3分) 
資料代:500円 
主催:神奈川県職員九条の会 
問合せ:090-2473-2681(佐伯義郎)


東戸塚9条の会(神奈川県横浜市)

楾(はんどう)大樹(『檻の中のライオン』の著者)講演会 
日時:6月3日(日)15:00〜17:45
会場:東戸塚地区センター2階全会議室(JR東戸塚駅西口徒歩5分) 
主催:東戸塚9条の会 
問合せ:090-4428-1837(伊藤)


調布九条の会「憲法ひろば」(東京都調布市)

第137回(6月)例会
テーマ:被爆者から見た核兵器禁止条約と日本国憲法
日 時:6月9日(土)13時半
お 話:奥  卓三さん 調布市原爆被害者の会(調友会)会長
場 所:調布市文化会館たづくり8階「映像シアター」
     調布駅南口、調布市役所前
参加費:300円
詳細はWebサイトの「例会案内」をごらんください
    http://www.geocities.jp/chofu9jou/index.html
主 催:調布「憲法ひろば」
(連絡先)E-mail:choufu9jou@yahoo.co.jp


しろい・九条の会(千葉県白井市)

誰もが聴きたい憲法の話 樋口陽一先生 in しろい
日時:6月9日(土) 14時開演(13時半開場)
場所:白井市文化会館 中ホール(北総線白井駅北口から徒歩15分)
参加費:無料
主催:しろい・九条の会
後援:白井市、白井市教育委員会
連絡先:藤野(とうの) 電話 070ー3364−8134


戸塚駅周辺憲法9条の会(神奈川県横浜市)

憲法カフェ@Totsuka:戸塚民権発祥の地で考える近代150年
6月9日(土) 18:00〜20:00 
会場:戸塚善了寺境内「カフェ・デラ・テラ」(JR戸塚駅徒歩8分) 
トーク:大日方純夫(早稲田大学学術院教授)」 
資料代:500円 
主催:戸塚駅周辺憲法9条の会など 
連絡先:090-2520-2677(サショウさん)


みやぎ憲法九条の会(宮城県)

安倍9条改憲 NO!国会発議 STOP! 6.10宮城県民大集会〜自衛隊を戦場に送らない〜
日時:6月10日(日)13:00〜
会場:仙台市勾当台公園市民の広場
ゲストトーク:佐高信さん(評論家、安倍九条改憲 NO!全国市民アクション呼びかけ人)
集会内容:
オープニング:12:45 頃より古川民俗芸能の会の 皆さんによる和太鼓
政党あいさつ、市民トーク、特別報告
主催:「安倍 9 条改憲 NO!国会発議 STOP!6.1 0宮城県民大集会」実行委員会
呼びかけ人代表:遠藤恵子、小野寺義象、郭基煥、 鹿野文永、川井貞一、後藤東陽、佐久間敬子、佐々 木ゆきえ
連絡先:実行委員会事務局 080-8206-3511


上郷九条の会(神奈川県横浜市)

学習会/スライドトーク「この大地(フクシマ)奪われし人々」 
日時:6月23日(土)13:30〜16:00
会場:上郷地区センター2階中・小会議室(港南台駅または大船駅から神中バス「中島」徒歩5分) 
講師:菊地和子(写真家、元東京都小学校教諭) 
参加費:500円 
主催:上郷九条の会 
連絡先:045-892-6677(加藤)


豊田9条の会(愛知県豊田市)

アーサー・ビナード講演会
日時:6月30日(土)14:00〜16:00
会場:豊田産業文化センター小ホール
演題:知らなかった、ぼくらのトランプ!
参加費:1,000円(中高生以下無料)
参加券は「チケットぴあ」 Pコード:639046
主催:豊田9条の会
連絡先:0565−31−2632(豊田9条の会事務局)


憲法9条やまとの会(神奈川県大和市)

七夕に大和で会える!柳澤協二
日時:7月7日(土)開場13:30〜17:00 
講演『自分で考える戦争、平和、憲法』&あの『制服向上委員会』の歌と踊り♪ 
会場:大和市保健福祉センターホール(小田急江ノ島線鶴間駅東口徒歩5分) 前売り800円、当日1000円、学生ら500円 
主催:憲法9条やまとの会、安倍9条改憲NO!大和市民アクション 
問合せ:斎藤(電話・Fax:046-272-8880、k9yamato@js6.so-net.ne.jp
HPは、https://blog.goo.ne.jp/k9y2000


しまもと9条の会(大阪府島本町)

「どうして変えるの?憲法」伊藤真弁護士講演会
日時:7月29日(日)10時〜11時30分(9時30分開場)
     (オープニング9時45分〜うた平和の琉歌ほか)
場所:島本町ふれあいセンター1Fケリヤホール(大阪府三島郡島本町桜井3丁目4−1)
参加資料代:500円(障がい者・高校生以下 無料)
主催:しまもと憲法講演会実行委員会
連絡先:080−5326―5350山田 075−962−2597畑中

活動報告

(メルマガ編集部より) 各地の「活動報告」の原稿をお送り下さい。さまざまな取り組みをできるだけ500字程度にまとめて、編集部までメールでお送り下さい。「こんな活動もある」「こんな運動もできる」「私たちもやってみようか」、さまざまな感想が期待されます。原稿は編集の都合上、若干、手を入れる場合があります。お待ちします。


今年も盛況でした第12回憲法9条桜まつり(宮城県大沢九条の会)

 4 月 22 日(日) 於:ドミニコ修道院(青葉区芋沢字青野木)
まつりは、「子すずめチュン チュン」さんの元気一杯のすずめ 踊りから始まり、会場は花が咲いたような明るい雰囲気に包まれ ました。また、今年も会の趣旨に 賛同される県議や市議の皆さん にご挨拶に来ていただきました。 「しゃべり場9条」では、講師の 佐久間敬子弁護士から、憲法9条 はそのまま残して自衛隊を書き 込む安倍改憲案について、何も変わらないと言ってるが本当にそうなのか、憲法全体が変質 する恐れがあること、それは、ウグイスの巣に産み落とされたホトトギスの卵がやがては成長してウグイスの卵を放り出し巣を乗っ取ってしまう話に似ていると、憲法学者の石川健治 さんの「ホトトギスの托卵(たくらん)の譬(たと)え」を引用され、興味深く説明していただきました。また、今回の改憲案のもう一つの重大な柱である「緊急事態条項」の危険性にも 言及されました。「うたごえ喫茶『バラライカ』と楽しく歌おう」は、「さんぽ」、「36 5日の紙飛行機」、「ビリーブ」の曲から始まり、最後は、「歌え、歌え、歌え、人間のやさしさを歌え」と「ケ・サラ」を全員で合唱して大変盛り上がりました。
       E メールニュース「みやぎの九条」  (2018 年 5 月 15 日発行)みやぎ憲法九条の会、より


編集後記〜あと一頑張りを!

 安倍政権の腐敗と暴走は、とどまるところがありません。その罪は枚挙にいとまがありません。
 ボロボろよたよた状態ですが、まだ居座っています。あと一押しが必要です。
 3000万署名と、国会終盤での6・10全国一斉行動の呼びかけに応えて、ここ一番、頑張り抜きましょう。(T)