事務局からのお知らせ


安倍9条改憲NO!3000万署名達成へ 4・7九条の会集会にご参集を  従来行ってきた代表参加型の「交流集会」ではなく、3000万署名を推進するための、いわば「決起集会」的な性格の集会です。九条の会の会員も、そうでない方も、ぜひ、こぞってご参加ください                 九条の会事務局

 全国の九条の会のみなさん
 昨年5月3日に「2020年を新しい憲法が施行される年にしたい」と発言した安倍首相は、今年の国会開会日の1月22日には、「改憲実現の時」と党所属の国会議員に檄を飛ばしました。いま、自民党内では、3月25日の党大会でのとりまとめに向けて、@憲法9条、A緊急事態、B参議院選挙での合区解消、C教育充実などの4項目についての改憲案づくりが急ピッチで進められています。
これらがどのようなものになろうと、自民党がねらう「本丸」は、自衛隊を憲法に明記して9条を死文化することです。9条明文改憲の策動がいよいよ本格化した今、私たち九条の会にとってもまさに正念場です。
 2月21日に開催された参議院憲法審査会では、「合区解消」などの自民党の改憲案に対して各党から批判が相次ぎ、自民党の孤立が際立ちました。しかし、自民党は何が何でも改憲案を取りまとめて国会に提出し、他党に働きかけて発議に持ち込むために必死で策動を強めることでしょう。なんとしてもこの発議を阻まねばなりません。
 安倍首相らが「とても改憲発議などできない」という国会情勢を作り出す上で、私たちが今できること、なすべきことは、「安倍9条改憲NO!」の圧倒的多数の世論で国会を包囲することです。すでに各地の九条の会では、3000万署名への取り組みが進められ、多くの貴重な経験も積み重ねられています。このうねりを一段と強めましょう。
 そのために、各会のみなさんに以下の点を訴えます。
@昨年9月からスタートさせた「安倍9条改憲NO!3000万署名」を全力でとりくみ、それぞれの会で立てた目標を達成することで、改憲発議の企みを何としても阻止しましょう。
A4月7日(土)14時から東京都北区の王子駅前の「北とぴあ」で、「安倍9条改憲NO!3000万署名達成へ 九条の会集会」(定員1300名)を開催します。この集会を全国各地の九条の会の代表をはじめ、九条の会会員など満場の参加者で成功させ、3000万署名運動のさらなる推進と目標の達成のために、お互いの活動を紹介して励まし合い交流しましょう。


安倍9条改憲NO!3000万署名達成へ 〜九条の会集会ご案内

 日々のご活躍に心から敬意を表します。
 九条の会は、安倍改憲を阻止する運動を全国的に強めるために、来る4月7日に下記のような「九条の会集会」を開催します。
集会は、呼びかけ人・世話人によるリレートークや、各地の九条の会から3000万署名の取組みについて報告があります。
なんとしても安倍9条改憲を阻止するために、全国各地から九条の会のみなさんのご参加をお願いします。
               記
◇日時 4月7日(土) 13時30分開場 14時00分開会 16時30分閉会
◇会場 東京都北区・北とぴあ さくらホール(1300名収容)
   (東京都北区王子1-11-1 電話03-5390-1100)東京駅から約25分 上野駅から約10分  
アクセス JR京浜東北線「王子駅」北口歩2分、地下鉄南北線「王子駅」5番出口直結
★九条の会事務局からの報告   事務局長 ・小森陽一(東京大学教授)
★呼びかけ人・世話人による訴え 呼びかけ人・澤地久枝(作家)
世話人・愛敬浩二(名古屋大学教授)、 浅倉むつ子(早稲田大学教授)
池内了(名古屋大学名誉教授)、池田香代子(ドイツ文学翻訳家)
伊藤千尋(元朝日新聞記者)、 清水雅彦(日本体育大学教授)
山内敏弘(一橋大学名誉教授)  
★各地の九条の会より報告(署名の取組み状況)
★音楽:MILK(弥勒)
◇参加費 無 料(事前申込みのお願い)参加者の状況の把握のため、下記にFAX等でお申し込みください。
 <お願い> チラシ(実施要綱や会場への地図など記載)を活用していただき、この集会について広く宣伝してください。枚数等は事務局にご相談ください。
<連絡先>  〒101-0065 東京都千代田区西神田2−5−7−303 
九条の会  Tel 03-3221-5075 Fax 03-3221-5076 
      Eメールmail@9jounokai.jp

* * * * * * * * * * * *
九条の会事務局宛(FAX 03―3221―5076)
        九条の会集会(4/7)に  ○参加します
(名前(ふりがな))(           )(  名)  
(電話)(           )
(都道府県)(    )   (貴九条の会)(              )


九条の会ブックレット「安倍9条改憲は戦争への道」発売中

内容:2017年6月20日開催の九条の会事務局主催学習会の講演に、それぞれの講演者が手をいれたもの。
 @「安倍首相の改憲発言−そのねらいと危険性」
    渡辺 治さん(一橋大学名誉教授・政治学・九条の会事務局員)
 A「安倍首相の改憲発言−その憲法論的検討」
    浦田一郎さん(一橋大学名誉教授・憲法学)
 B資料など
A5判84頁 頒価500円(郵便料金別途)10冊以上の申し込みは8掛け。送料は購入者負担。
ご注文は九条の会事務局へ、メールかFAXで。


九条の会新作ポスター「安倍9条改憲は戦争への道」発売中

  3000万署名運動の中で活用してください。街中の空気を変えましょう。街頭署名の際の署名版の前垂れにも最適です。九条の会サイトに図版が掲載してあります。
  ポスターは、   1枚  100円  
           10枚〜  90円
           30枚〜  80円
           50枚〜  70円  
  送料は、購入者負担。ご注文は九条の会事務局へ、メールかFAXで 。

各地から(全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある!)

催し案内や活動報告の掲載原稿を募集しています。本欄に掲載希望の方はmag@9jounokai.jpに投稿して下さい。掲載は原則として「九条の会」関係の催しに限り、1行事1回掲載とします。このメルマガは毎月10日、25日発行です。投稿される方は発行日の5日前までにお願い致します。原稿はチラシなどの添付ではなく、掲載形式でデータを作ってお送りください。編集に際して若干、手を加える場合があります。
                                                    (編集部)


上郷九条の会(神奈川県横浜市)

学習会:人助けの自衛隊が米軍と一緒に人を殺す軍隊に?!緊迫する憲法「改正」
日時:3月15日(木)13:30〜16:00  
講師:新谷昌之さん(神奈川県労働者学習協会副会長) 
会場:上郷地区センター(港南台駅または大船駅から神奈中バスで徒「中島」下車徒歩5分) 
資料代:500円 
主催:上郷九条の会 
連絡先:045-893-4289(北川さん) 


富士見町九条の会(東京都東村山市)

「砂川事件の60年」を描く映像を上映。
日時:3月18日(日)午後1時〜3時
解説:世話人・上原さん
場所:富士見公民館・2階 第1集会室
主催:富士見町九条の会  
連絡先:山澤(080-3154-5059)


9条の会東北交流会

第8回9条の会東北交流会
とき:3月20日(火)13:00〜16:00
会場:アイーナ8階 812号室(盛岡市盛岡駅西通1−7−1)
講演:高田健さん
テーマ:改憲発議を止めなければならないこれだけの理由〜国民投票に頼るのではなく、3000マン署名で憲法を守ろう
各県の活動報告
参加者:東北6県の9条の会のメンバーなど、参加資格に限定あります。
主催:九条の会東北連絡会
問い合わせ:岩手県生協連 吉田敏恵  019−684−2225


富岡・能見台地域9条の会(神奈川県横浜市)

「安倍9条改憲NO!」その狙いを学ぶ
日時:3月24日(土)15:00〜
 会場:能見台地区センター2階多目的室A・B(京急線能見台駅徒歩5分) 
講師:小花和史弁護士 
資料代:300円 
主催:富岡・能見台地域9条の会 
問合せ:045-771-6457(竹中さん)


会津地方九条の会連絡協議会(福島県会津若松市)

学習会&経験交流会「憲法9条の破壊を許さないために」
日時:3月 24 日(土) 13 時 30 分〜
場所:会津若松市北公民館
講師:高田 健さん(九条の会事務局、戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会共同代表)
主催:会津地方九条の会連絡協議会
連絡先:TEL 0242-24-6352 (三原)


映画人九条の会(東京都)

3・28映画人九条の会学習集会「欠陥だらけの国民投票法!」
日時:3月28日(水)18:50〜20:30
講師:山口真美弁護士(前自由法曹団本部事務局長、常任幹事、改憲阻止対策本部事務局長)
場所:文京シビックセンター・5階C会議室(地下鉄丸の内線・南北線「後楽園駅」徒歩1分/都営三田線・大江戸線「春日駅」徒歩1分)
資料代:700円 
主催:映画人九条の会
電話 03-5689-3970 FAX03-5689-9585


九条かながわの会(神奈川県)

県内九条を守る運動の交流会〜3000万署名推進のために
日時:2018年3月29日(木)18:30 〜 20:30
報告:岡田 尚弁護士(九条かながわの会事務局代表)
テーマ:安倍9条改憲の狙いと3000万統一署名の意義
各地・各会の交流、その他
会場:横浜市健康福祉センター8A階会議室(JR・地下鉄桜木町駅徒歩2分)
参加費:300円(資料代)
主催:九条かながわの会(〒221-0823 横浜市神奈川区二ツ谷町2-9 二ツ谷コア202)
問合せ:090-7175-1911(後藤)


鎌倉・九条の会(神奈川県鎌倉市)

第7回鎌倉憲法学校〜平和と憲法の岐路に立って
日時:4月14日(土)13:30〜16:00 
会場:鎌倉商工会議所地下ホール(鎌倉駅西口徒歩5分) 
講師:渡辺 治さん(一橋大学名誉教授) 
入場料:500円(20歳以下無料、早めに申込みください 申込方法:Fax(0467-60-5410/0467-24-6577)、メール(kamakura9jo@gmail.com)、店舗(鳥森書店、たらば書房、松林堂書店) 
保育:4月4日までに申込みください。保育料は200円 
主催:鎌倉・九条の会


編集後記〜朝鮮半島の緊張を「対話」で解決する兆しを歓迎します

 平昌五輪を契機に、朝鮮半島の緊張を平和的に解決するため、南北朝鮮の首脳会談の開催が取り決められ、米朝の対話が開始される兆しが生まれました。安倍首相が「国難突破」「対話ではなく圧力を」と称して9条改憲の口実にしてきた朝鮮半島の軍事的な危機が、いま平和に向かって転換していくかもしれません。前途は必ずしも楽観できませんが、この流れをこころから歓迎したいと思います。おりしも、3月13日、ソウル市で「朝鮮半島の平和と日本の平和憲法擁護のための日韓市民平和シンポジウム」がひらかれます。日本の「総がかり行動実行委員会」と韓国の「主権者全国会議」(2016年のキャンドル革命の後継組織)などの共催です。日本からは「九条の会」関係者では小森陽一事務局長と高田健事務局員(総がかり実行委員会の共同代表)も出席します。今切り開かれた「対話による平和」のながれを、日韓の市民が協力して後押しするためのシンポジウムにしたいと思います。(T)