事務局からのお知らせ


安倍9条改憲を阻むために全国の九条の会は立ち上がろう
         2017年9月6日  九条の会事務局

 安倍首相は、日本国憲法施行70周年の5月3日、あえて挑戦するように新たな改憲の提言を行いました。今回の安倍改憲は、9条1項、2項を残しながら、新たに自衛隊保持を憲法に明記することで、9条を根本的に変質させ日本を「戦争する国」に転換しようという重大なねらいをもっています。森友、加計学園にみられる行政の私物化、自衛隊日報隠し、共謀罪法案の強行採決などとどまることを知らない悪政に対する怒りが噴出し、都議会議員選挙で安倍自民党は大敗し、その後も安倍政権は支持率の低下が続いていますが、首相は改憲を強行する決意を変えていません。憲法と日本の進路は今、戦後最大の岐路を迎えています。
 安倍改憲を広範な共同で阻もうと、総がかり行動実行委員会をさらに広げ、19名の発起人の訴えに基づき「安倍9条改憲NO!全国市民アクション」が発足し、3000万署名を軸に安倍改憲を阻む行動が呼びかけられています。
 九条の会は、結成以来憲法を改変するさまざまな企てに反対する行動の先頭に立ってがんばってきましたが、共同の行動のよびかけに名前を連ねることは控えてきました。9人のよびかけで発足した九条の会の役割は、あくまで全国7000余にのぼる九条の会の交流や連絡調整に当たることにあり、その多様な活動を縛ることは避けたいという思いからでした。
 しかし、安倍改憲の企てを阻むことは、2004年に九条の会が出発したそもそもの目的にほかなりません。そこで、会事務局は、よびかけ人と世話人の了解もいただいて、「安倍9条改憲NO!全国市民アクション」に組織として参加し、他団体と協力して活動する決断をしました。安倍改憲を阻むため、全国市民アクションの一員として全力をあげる決意です。
 この重大な局面に立って、安倍改憲を阻む大きな共同の闘いを起こすため、全国の九条の会のみなさんに、以下の3つの行動に立ち上がることを訴えます。
 1 すべての会が、学習会を持ち、市民とともに、安倍9条改憲の危険性を改めて確認しましょう。
 2 全国市民アクションが掲げる3000万署名を達成するために、会毎に目標をたて、戦争法廃止2000万署名の経験を生かしながら、全国津々浦々の草の根で宣伝と対話を広げ署名の輪を広げましょう。
 3 それぞれの地域で他団体と協力し合って市民アクションを立ちあげ、安倍改憲阻止のための市民アクションの取り組みに積極的に参加し、共同の輪を広げましょう。

※署名用紙は九条の会のサイトからダウンロードできます。


アピール 3000万人署名に弾みをつけよう 
危険な安倍9条改憲案を止める、大きな世論のうねりを
       安倍9条改憲NO!全国市民アクション実行委員会

 「安倍9条改憲NO!憲法を生かす全国統一署名」に取り組んでおられる全国のみなさん、
 自民党は年内にも、9条に自衛隊を明記することを中心とする改憲案をまとめようとしています。
そして、年明けの通常国会で提示し、改憲案の発議をめざそうとしています。
 私たちはいよいよ、「安倍9条改憲」の野望に正面から立ち向かうときを迎えました。
 総選挙の結果、自民、希望、維新の「積極改憲派」は、衆院議席ではほぼ4分の3に達し、公明党も含めると改憲勢力は8割にもなりました。しかし、総選挙後の各種世論調査では、「9条に自衛隊を明記」に反対する人は依然として半数以上に達し、賛成を大きく上回っています。この大きな反対世論を前に、これら改憲勢力は今のところ、改憲案で合意する確たる見通しや、まして世論を強行突破する自信を持っていません。私たちが力をつくして「安倍9条改憲」反対の世論をさらに強く大きなものにするなら、9条改悪の発議をさせないことは十分に可能です。
 安倍首相はすでに、自民党の憲法改正推進本部の人事を組み替えて自分の言うことをきく体制にしており、自民党改憲案は、5月3日に安倍首相が打ち出した「安倍9条改憲」案に沿ったものになるでしょう。自衛隊が「9条の2」などとして憲法に定められたら、集団的自衛権の行使や国際紛争への武力介入など、自衛隊が海外で戦争し、殺し殺されることが憲法で認められることになります。9条は、1項も2項も効力を失い、日本は「いつでも戦争する国」になってしまいます。
  これに対し私たちは、特に若い世代や女性などに「安倍9条改憲」の危険性を分かりやすく丁寧に訴え、これに反対する意思を持つこと、できるならその意思をさまざまな形で表わすことを呼びかけていきましょう。
「安倍9条改憲NO!憲法を生かす全国統一署名」(3000万人署名)は、そのための意思表示の方法であり、対話の機会をつくりだすためのものです。この署名のうねりが全国に広がっていけば、改憲勢力はその勢いと意欲を失うことになるでしょう。
 正念場はこれからです。あらゆる地域で、分野で、街頭でも駅頭でも、商店街や路地裏でも、戸別にでも、1人ひとりに語りかけ、対話の輪を広げていきましょう。
 分かりやすいチラシやリーフ、SNSでの発信や対話、音楽や絵画、パフォーマンスなど、創意工夫をこらし、“戦争する国反対”、“自衛隊は殺すな、殺されるな”、“安倍9条改憲を止めよう”と訴えていきましょう。
                                             2017年11月16日


九条の会ブックレット「安倍9条改憲は戦争への道」発売中

内容:2017年6月20日開催の九条の会事務局主催学習会の講演に、それぞれの講演者が手をいれたもの。九条の会サイトに表紙の画像を紹介してあります。
 @「安倍首相の改憲発言−そのねらいと危険性」
    渡辺 治さん(一橋大学名誉教授・政治学・九条の会事務局員)
 A「安倍首相の改憲発言−その憲法論的検討」
    浦田一郎さん(一橋大学名誉教授・憲法学)
 B資料など
A5判84頁 頒価500円(郵便料金別途)10冊以上の申し込みは8掛け。送料は購入者負担。
ご注文は九条の会事務局へ、メールかFAXで。


九条の会新作ポスター「安倍9条改憲は戦争への道」発売中

  九条の会サイトに図版が掲載してあります。
  ポスターは、  1枚   100円  
           10枚〜  90円
           30枚〜  80円
           50枚〜  70円  
  送料は、購入者負担です。
  ご注文は九条の会事務局へ、メールかFAXで。

各地から(全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある!)

催し案内や活動報告の掲載原稿を募集しています。本欄に掲載希望の方はmag@9jounokai.jpに投稿して下さい。掲載は原則として「九条の会」関係の催しに限り、1行事1回掲載とします。このメルマガは毎月10日、25日発行です。投稿される方は発行日の5日前までにお願い致します。原稿はチラシなどの添付ではなく、掲載形式でデータを作ってお送りください。編集に際して若干、手を加える場合があります。
                                                    (編集部)


鶴ヶ島9条の会(埼玉県鶴ヶ島市)

伊藤千尋講演会
日時:12月3日(日)13:00開場
オープニング:オカリナ演奏 田原廣美さん
講演:伊藤千尋さん(九条の会世話人)
場所:鶴ヶ島市 南市民センター 集会室
参加費:500円 高校生以下は無料
主催:憲法9条を考える鶴ヶ島の会
   安保法(戦争法)の廃止をめざす鶴ヶ島市民の会
連絡先:田部井090-6508-3911 片桐049-285-0729


9条の会足立連絡会(東京都足立区)

第2回「12・8足立不戦のつどい」
日時:12月8日(金)18:15〜20:45
場所:東京芸術センター12F「天空劇場」(北千住西口より徒歩7分)足立区千住1-4-1
講演:日本軍国主義は、なぜ無謀な戦争に突入したのか?−戦争には「前史」と「前夜」があるーそして、安倍政権の今は…
講師:笠原十九司(都留文科大学名誉教授)
入場無料
主催:9条の会足立連絡会他
連絡先: 090-7184-8180(五十嵐良太)


生協・九条の会とちぎ(栃木県)

第9回総会記念講演「衆院選後の新たな展望を考える」
と き:12月9日(土)午後1時30分開演〜3時30分
講師:田野辺髓jさん(2016年参院選栃木県選挙区野党統一候補、元NHK宇都宮放送局長)
ところ:とちぎ健康の森「大会議室」(宇都宮市)
入場料:無料
主催:生協・九条の会とちぎ
連絡先:生協・九条の会とちぎ事務局(とちぎコープ労組内)
TEL028-635-1859 FAX028−639−5040
Eメール tochigi.co.uni@gmail.com


落合・中井九条の会(東京都新宿区)

第151回 落合・中井九条のつどい〜憲法はどうなる?選挙の結果と国民運動 
とき:12月9日(土)14時〜16時
お話:金子勝さん(立正大学名誉教授・憲法学)
場所:落合第二地域センター3階多目的ホール(新宿区中落合4-17-13)
主催:落合・中井九条の会
連絡先:電話・FAX:3951−0573木村
    Email : otiainakai9jo@mbr.nifty.com


九条の会やまと(神奈川県大和市)

安倍九条改憲NO!大和市民アクション立ち上げの集い
日時:12月10日(日)18時〜20時
講演:高田健さん(戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会共同代表、九条の会事務局、市民連合運営委員)
会場:イコーザ2階大ホール(小田急江ノ島線高座渋谷駅西口徒歩2分)
参加費:300円
主催:安倍九条改憲NO山と市民アクション設立準備会
連絡先:046−261−2432(岸)

活動報告

(メルマガ編集部より) 各地の「活動報告」の原稿をお送り下さい。さまざまな取り組みをできるだけ500字程度にまとめて、編集部までメールでお送り下さい。「こんな活動もある」「こんな運動もできる」「私たちもやってみようか」、さまざまな感想が期待されます。原稿は編集の都合上、若干、手を入れる場合があります。お待ちします。


南砂団地9条の会(東京都江東区)

 私たち南砂団地9条の会は、今年の1月に再建・結成しました。団地は東京都公社住宅で賃貸が6棟と分譲が2棟の3.800世帯の団地です。「団地9条の会」を結成し、賛同人を募ってきました。今日現在で354人となっています。1月の1周年まで400人をめざしています。講師を招いての学習会や各集会への参加、チラシをつくって全戸配布などやっています。ニュースはNO8号まで発行しています。明日の日曜日は、東陽町の西友前で市民アクションの3.000万署名に取り組む予定です。来年1月には1周年記念行事を計画しています。安倍改憲が現実化してくる下で「9条の会」の果たす役割は重要です。改憲阻止のためお互い全力を上げましょう。


編集後記〜各地から3000万署名運動の胎動がきこえてきます

急速に運動が広がっています。3000万は人口の4分の1だからと、地域の諸グループで相談して、4分の1の目標を掲げたところ、住宅の戸別訪問に入ったところ、寒風のなかを街頭署名に立っているところ、みなさん、頑張っています。これから各地の皆さんの活動報告もできるだけ掲載したいと思います。活動報告は、できるだけ、400〜500字程度でお寄せください。(T)