日本国憲法施行70年「九条の会」講演会

九条の会呼びかけ人と世話人によるリレートーク(澤地久枝、愛敬浩二、浅倉むつ子、池内了、池田香代子、伊藤千尋、伊藤真、内橋克人、清水雅彦、山内敏弘)

「戦争する国」づくりにひた走るアベ政治
戦争法辺野古新基地建設
市民への監視を強める「共謀罪」
憲法破壊の政治をやめさせよう!

日時: 6月2日(金)17時30分開場 18時開会
場所:杉並公会堂大ホール(JR荻窪駅北口から徒歩7分)
前売券 1300円(事前申し込み制)
当日券 1500円  学生 500円
申込先 九条の会へFAXで。


「九条の会第6回全国交流討論集会報告集」発売中です

  九条の会第6回全国交流集会の成果をこれからの運動に

■<報告集>=
◇主な内容
・呼びかけ人あいさつ(澤地久枝)
・問題提起(小森陽一)
・世話人あいさつ・メッセージ(池内了、池田香代子、伊藤千尋、伊藤真、清水雅彦、山内敏弘、浅倉むつ子、高良鉄美)
・分散会の報告(第1〜第7分散会)
・資料 自民党改憲案、アンケートから見た九条の会の現状と課題、他
◇B5判76頁 1冊800円(〒82)
但し、5部以上〒無料 10部以上1割引
■<DVD>=
◇主な内容
呼びかけ人あいさつ/事務局長報告 
/世話人あいさつ・紹介
◇取り扱い 1本1500円(〒160)

枚数と氏名・住所(送り先)を明記の上、九条の会までぜひお申し込みください。

各地から(全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある!)

掲載原稿を募集しています。本欄に掲載希望の方はmag@9jounokai.jpに投稿して下さい。掲載は原則として「九条の会」関係の催しに限り、1行事1回掲載とします。このメルマガは毎月10日、25日発行です。投稿される方は発行日の5日前までにお願い致します。原稿はできるだけチラシなどの添付ではなく、掲載形式でデータを作ってお送りください。編集に際して若干、手を加える場合があります。(編集部)


映画人九条の会

ドキュメンタリー映画「ザ・思いやり」上映
日時:4月11日(火)18:50〜20:30 (上映開始19:00)
場所:東京・文京区民センター・3A会議室(地下鉄丸の内線・南北線「後楽園駅」徒歩5分/都営三田線・大江戸線「春日駅」徒歩0分)
参加費:1000円
主催:映画人九条の会
連絡先:03−5689−3970


栄区九条の会(神奈川県横浜市)

学習会「共謀罪」法案の真実を学ぶ
日時:4月13日(木)14:00〜16:30
会場:栄公会堂2階1号会議室(交通:JR本郷台駅徒歩10分)
講師:小賀坂徹弁護士(馬車道法律事務所) 
資料代:200円
主催:栄区九条の会
連絡先:電話090−7175−1911(後藤)


富士見町九条の会(東京都東村山市)

富士見町九条の会11周年記念講演
 「現代の治安維持法 共謀罪とは?」 富永由紀子弁護士<三法所属>
日時:4月16日(日)午後1時〜
場所:富士見公民館 第1集会室
主催:富士見町九条の会 
連絡先:松内(042−394ー1251)


落合・中井九条の会(東京都新宿区)

第142回落合・中井九条のつどい/私たちのくらしと「共謀罪」どんな問題があるのか? 
とき:4月22日(土)14時〜16時 
お話:緒方蘭弁護士
場所:落合第二地域センター2階大会議室AB(新宿区中落合4-17-13)
主催:落合・中井九条の会
連絡先:(木村)電話・FAX:3951−0573
    Email : otiainakai9jo@mbr.nifty.com


東三河九条の会(愛知県豊橋市)

第12回 守ろう憲法9条 東三河の集い
日時:4月23日(日)13時半開演
講演:木村草太(首都大学東京教授)
場所:豊橋市公会堂
料金:前売り1000円、当日:1200円
主催:東三河九条の会


9条の会・今治(愛媛県今治市)

第47回例会/共謀罪の何が問題か
とき:4月23日(日)午後2時より
ところ:河野美術館1階会議室(電話 0898-23-3810)
講師:井口秀作(愛媛大学教授)
入場:無料
主催:9条の会・今治
連絡先:電話 0898−31−8485大沢


田園調布九条の会(東京都世田谷区)

2017年憲法記念日のつどい
とき:5月27日(土)午後2時〜4時半
ところ:大田区嶺町集会室
内容:ミニコンサート 南部合唱団
   記念講演:(渡辺治・一橋大学名誉教授 九条の会事務局員)
資料代:500円(中高生200円)
主催:田園調布九条の会
連絡先:03−3721−6484(鳥居)


編集後記〜限定緊急事態条項改憲論の怪

 3月の衆院憲法審査会では限定緊急事態条項改憲論ともいうべきあやしげなものが登場した。大規模災害発生時に国会議員の任期延長をすることを憲法に書き込むという。自民党が本来ねらってきた緊急事態条項、緊急事態の宣言、法律に匹敵する政令の制定、内閣の予算措置を認め、内閣が自治体に強制的に指示できるなど、国家授権法に匹敵する緊急事態条項ではなく、国会議員院の任期延長問題に絞るという。これなら与野党の支持を得ることができるだろうという思惑が見え見え。かつては96条改憲論が登場し、破産した。これも破産させねばならぬ。(T)