交流会(9月25日)の成功で九条の会運動の新たな前進を

 戦争法施行後初めて開かれる九条の会第6回全国交流・討論集会への期待は高く、全国から多くの参加申し込みがありました。  
 九条の会では9月20日に第3回実行委員会をひらき、分散会の論議を、@いまなぜ、安倍改憲?改憲のねらいと改憲をめぐる情勢、A戦争法反対・廃止の運動の経験交流―改憲を阻む力を探る、B改憲を阻むための九条の会の課題、を中心に行うことを申し合わせました。同時に事務局からは、今後の取り組みを強めるため、この日を期してよびかけ人をささえて九条の会のあり方等について協議する世話人会(仮称)を発足させることが報告されました。(九条の会ニュース9月21日号より)

各地から(全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある!)

掲載原稿を募集しています。本欄に掲載希望の方はmag@9jounokai.jpに投稿して下さい。掲載は原則として「九条の会」関係の催しに限り、1行事1回掲載とします。このメルマガは毎月10日、25日発行です。投稿される方は発行日の5日前までにお願い致します。原稿はできるだけチラシなどの添付ではなく、掲載形式でデータを作ってお送りください。編集に際して若干、手を加える場合があります。(編集部)


みやぎ農協人九条の会(宮城県)

「そうだったのか TPP、24の疑問。協定が批准されたら日本社会はこう変わる〜あなたにはこの宝物がみえますか。「映画 日本国憲法」見て、“世界から見た日本国憲法”について語り合いましょう。
日時:9月29日(木)16:30〜18:00
会場:フォレスト仙台5F 501 号室
講師:佐久間敬子弁護士(TPP 交渉差止・違憲訴訟の原告)
資料代:200 円
主催:みやぎ農協人九条の会、みやぎ憲法九条の会
後援:反TPPネットワーク(農協中央会、宮城県宮城県生協連等 26 団体で構成)
連絡先・事務局 みやぎ憲法九条の会事務局 TEL022-782-8812 FAX022-276-5160


九条の会かわにし(兵庫県川西市)

11周年記念講演会
日時:10月2日(日)14:00〜16:30
歌とトーク:「林光の世界 」野原厚子さん、田中幸さん
講演:「戦争と平和」泥憲和さん(元自衛官、防空ミサイル部隊)
会場:川西市中央公民館
参加費:300円
主催:九条の会かわにし
問い合わせ先:072-794-3320


憲法9条牛久の会(茨城県牛久市)

緊急学習会『日本は本当に戦争をする国になるのか!』
日時:10月8日(土)13:30〜
講師:山本茂(憲法9条牛久の会・世話人)     
会場:コープうしく・2階会議室(JR常磐線牛久駅東口から徒歩10分程)
主催:憲法9条牛久の会
    http://www.9jo-ushiku.org/
連絡先:029−872−2707


調布九条の会「憲法ひろば」(東京都調布市)

第117回(10月)例会(フィールドワーク例会)
テーマ:福島原発事故 現地をつぶさに見る
日 時:2016年10月14日(金)〜15日(土)
場 所:福島全域をバスでめぐります
参加費:25,000円(バス代+宿泊費)
詳細はWebサイトの「例会案内」をごらんください
    http://www.geocities.jp/chofu9jou/index.html
主 催:調布「憲法ひろば」
(連絡先)E-mail:choufu9jou@yahoo.co.jp

活動報告

(メルマガ編集部より) 各地の「活動報告」の原稿をお送り下さい。さまざまな取り組みをできるだけ500字程度にまとめて、編集部までメールでお送り下さい。「こんな活動もある」「こんな運動もできる」「私たちもやってみようか」、さまざまな感想が期待されます。原稿は編集の都合上、若干、手を入れる場合があります。お待ちします。


9月、10月街頭宣伝(宮城県九条の会連絡会)

 宮城県内九条の会連絡会の街頭宣伝は毎週火曜日。「オールみやぎ」は木曜日、「ストップ秘密保護法」は金曜日
 毎週火曜日 12 時から 13 時まで。9 月 20、27 日、10 月は 3、11、18 日に実施します。
場所 仙台市中央通東二番丁 平和ビル前。
 「野党共闘で安保法制を廃止するオールみやぎの会」(略称「オールみやぎ」)も毎週木曜日、昼の 12 時と午後 6 時に予定しています。
 「Stop!秘密保護法ネットワーク宮城」でも毎週金曜日 12 時〜13 時平和ビル前で署 名活動。


栗原九条の会設立総会 70 人参加 (宮城県栗原市)

 9月11 日(日)、栗原文化会館 2 階研修室で設立総会を開催しました。70 人が参加、憲法 九条を守る首長の会副会長、元鹿島台町長鹿野文永さんが「希望(の数字)を胸に、明日へ〜3分の2は短命勢力」と題して講演しました。
 「いまこの時、我々主権者は、二度と「戦争しない」ことを 定めた憲法九条を改めて学び、守り、生かし、広げなければ なりません。栗原の地において確かな連帯の手をつなぎ、日本国憲法を守るため、ここに「栗原九条の会」を設立した」と宣言しました。
 県内では 7 月参議院選挙後初の九条の会設立で、宮城県内 の九条の会は 129 になりました。


編集後記〜戦争法の発動、南スーダンPKO派兵は許されない

  安倍首相と稲田防衛相らは、すでに11月の南スーダンへの陸自第9師団第5普通科連隊の派兵に向けて、軍事訓練を開始しました。このままでは、自衛官が殺し、殺される事態になるのは時間の問題です。憲法違反の戦争法の発動は許されません。いまこそ世論を大きく、強めましょう。10月30日には現地青森市で抗議の行動が準備されております。(T)