戦争法の廃止を求める2000万人統一署名は1200万筆を超えました、2000万人署名は、さらに6月30日まで継続します。

 「戦争法の廃止を求める2000万人統一署名」は、4月25日に集約した分をいよいよ5月19日に国会に請願として提出することになります。5月3日、東京の有明防災公園の集会で、実行委員会から署名数は1200万筆を超えたことが発表されました。
 参院選挙が迫るなか、戦争法の危険性と廃止の重要性を訴える意義が大きいことから、署名運動は6月30日まで継続します。
 5月19日の提出以降に集まった署名は、参院選後の臨時国会に提出しますので、重ねてのご奮闘をお願いします。
                 戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会


九条の会事務局主催の学習会〜安倍明文改憲のねらいと背景を浮き彫りに

 九条の会事務局は5月27日夜、安倍首相のあいつぐ明文改憲発言とのたたす手を強化するため学習会「戦争法の廃止をめざして−立憲主義の回復か安倍改憲か」を開催、120人が参加しました。
 学習会では山内敏弘・一橋大学名誉教授が「憲法と立憲主義」と題して、渡辺治・一橋大学名誉教授が「戦争法廃止か安倍改憲か―安倍改憲のねらいと矛盾」と題して、それぞれ1時間にわたって熱弁をふるいました。夜の限られた時間におこなわれた密度の濃い内容でしたが、参加者は食い入るように講演の聞き入りました。 詳細は九条の会ニュース第240号(06月01日)
http://www.9-jo.jp/news_list/index.html
を参照してください。

各地から(全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある!)

掲載原稿を募集しています。本欄に掲載希望の方はmag@9jounokai.jpに投稿して下さい。掲載は原則として「九条の会」関係の催しに限り、1行事1回掲載とします。このメルマガは毎月10日、25日発行です。投稿される方は発行日の5日前までにお願い致します。原稿はできるだけチラシなどの添付ではなく、掲載形式でデータを作ってお送りください。編集に際して若干、手を加える場合があります。(編集部)


大学生協九条の会(東京都杉並区)

「大学生協九条の会設立総会」&「記念講演会」
日時:6月15日(水)19:00〜20:30
講師:渡辺治さん(一橋大学名誉教授)
演題:2016年日本の平和・憲法・人権をめぐる情勢と私たちの課題
会場:大学生協杉並会館(丸の内線東高円寺徒歩10分)
主催:大学生協九条の会準備会
連絡先:岡本(080-3670-1651)


日本消費者連盟/消費者・生活者9条の会(東京都新宿区)

出版記念シンポジウム「暮らしの中で憲法を活かそう」
日時:6月18日(土)13:30〜16:30
会場:東京しごとセンター講堂(東京都千代田区飯田橋3-10-3)
基調講演:「くらしの中で憲法を活かそう」/太田伊早子さん(明日の自由を守る若手弁護士の会)
シンポジウム:「あたり前の暮らしを取り戻す」
参加費:1200円(新刊本付き)、500円(本無し)
主催:日本消費者連盟、消費者・生活者9条の会
問い合わせ先:日本消費者連盟 電話:03-5155-4765


富士見町九条の会(東京都東村山市)

冊子「昭和の戦争から学ぶ」(後半)
日時:6月19日(日)午後1時〜 
お話:著者・森山康平氏(著者)
場所:富士見公民館 第3集会室
冊子代:200円  
主催:富士見町九条の会 
連絡先:松内(042−394ー1251)


川岡・九条の会(京都府京都市)

講演とフリートークの会
日時:6月19日(日)14:00〜
演題:抒情から戦場へ〜北原白秋の場合
講師:中村修氏(古代史研究者)
場所:桂カトリック教会(川島尻掘町)
参加費:300円
主催:川岡・九条の会
連絡先:075−392−7455(小川方)


「憲法9条の会」長岡京市校区連絡会(京都府長岡京市)

益川敏英先生講演会〜戦争・平和・日本のこれから〜科学者として思うこと
日時:6月19日(日)10時〜12時
会場:バンビオメインホール(長岡京駅隣接)
参加協力券:500円(小〜大学生無料)
主催:「憲法9条の会」長岡京市校区連絡会
連絡先:075−951−8530(林)


落合・中井九条の会(東京都新宿区)

第132回落合・中井九条のつどい〜歌舞伎の魅力と前進座の歩み〜文化の魂は平和の心
とき:6月25日(土)14時〜16時
お話: 前進座俳優 柳生啓介さん
場所:落合第二地域センター2階大会議室AB(新宿区中落合4-17-13)
主催:落合・中井九条の会
連絡先:木村 隆 電話・FAX:3951−0573
Email : otiainakai9jo@mbr.nifty.com

活動報告

(メルマガ編集部より) 各地の「活動報告」の原稿をお送り下さい。さまざまな取り組みをできるだけ500字程度にまとめて、編集部までメールでお送り下さい。「こんな活動もある」「こんな運動もできる」「私たちもやってみようか」、さまざまな感想が期待されます。原稿は編集の都合上、若干、手を入れる場合があります。お待ちします。


指扇九条の会(埼玉県さいたま市)〜憲法記念日に

 5月3日は、指扇九条の会が出来て9回目の憲法記念日です。
 西区九条の会連絡会では、この日、東京晴海での大集会に呼応して、地元大宮武蔵野高校の原田浩先生を迎え、「どっこい生きてる日本国憲法!」講演会を行いました。
 授業(政経)で憲法の自由、平等、平和主義、教科書検定、18歳選挙権の行使など今の高校生の様子、最近の高校生と教育現場の現状を世界史の先生の目から語っていただきました。
 憲法は「どの条文が好きですか?」から始まった原田先生の人懐っこい表情と語り口に耳を傾けた47名の聴衆は、その新鮮さに耳をうばわれたようです。
 その後のフリートークでも参会者の率直な質問、それぞれの立場からの意見や経験が語られ、憲法記念日にふさわしい爽やかな集会となりました。
 5月26日 朝      M.木村


編集後記〜また争点隠しか、自民党参院選選挙公約

 自民党の参院選公約が発表されました。焦点となっていた改憲については具体的な改正項目には触れず、「衆・参両院の憲法審査会で議論を進め、各党との連携を図るとともに、国民の合意形成に努め、憲法改正を目指す」などと触れるにとどめ、公約のいちばん最後にこっそり盛り込みました。年初以来、任期中の改憲を唱えていた安倍首相の発言はどこへいったのでしょう。過去の経験から見て、もし参院選で与党が3分の2をとったら安倍首相は、自民党の改憲路線は支持されたといって明文改憲に踏み出すことは必定です。こんなペテンを許すことはできません。(T)