2000万人「戦争法の廃止を求める統一署名」に全力で取り組みを!

 2000万人署名が全国で、急ピッチで展開されております。
 2016年5月3日の発表をめざして、集約日は4月25日です。署名は集まり次第、どんどん届けてください。
 以下、この署名の取り扱いについて、記載します。
◇署名用紙はサイトからダウンロードしてお使いください。
 http://www.9-jo.jp/syomei-yousi.html#151031
 取扱団体名を書き入れたいときはword版を使ってください。ただし書き入れるのは取扱団体の部分のみにして、その他の部分は変更しないでください。
◇用紙はコピーしても使えます。
◇署名したものは原本(コピーは不可)を九条の会に郵送(FAXは不可)してください。
◇署名は自筆を原則とします。
 家族で姓や住所が同じであっても、省略や「〃」は不可です。フルネームでお願いします。
 署名の住所は都道府県から地番までお書きください。「同上」や「〃」は不可です。
 筆記用具は、消せないものを使用してください。鉛筆は使わないでください。
 書き間違えたときは修正液は使わず、二重線で消して下さい。
 署名の切り貼りや署名部分だけ切り取って送付することはしないでください。
 どうしても5人の欄が埋まらないときは空欄のまま送ってください。
◇署名資格は、日本在住の方であれば、年齢、国籍は問いません。また、海外在住でも、日本国籍をお持ちの方は署名できます。
◇記入いただいた個人情報は請願以外の目的では使用しません。


九条の会ニュースが発行されています

 目下、ニュースは月3回発行しています。各地の活動報告などが、掲載されております。
 下記、九条の会サイトからダウンロードして読むことができます。会議の資料などとして、コピーしてお使いください。
 http://www.9-jo.jp/news_list/index.html

各地から(全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある!)

掲載原稿を募集しています。本欄に掲載希望の方はmag@9jounokai.jpに投稿して下さい。掲載は原則として「九条の会」関係の催しに限り、1行事1回掲載とします。このメルマガは毎月10日、25日発行です。投稿される方は発行日の5日前までにお願い致します。原稿はできるだけチラシなどの添付ではなく、掲載形式でデータを作ってお送りください。編集に際して若干、手を加える場合があります。(編集部)


松井九条の会(埼玉県所沢市)

沖縄に基地はいらない、戦争法の廃止を
日時:3月12日(土)14:00〜
講演:糸数慶子(参議院議員)
会場:小手指公民館分館
参加費無料
主催:松井九条の会
共催:マスコミ・文化九条の会所沢
連絡先:090−5513−5688(関口)、04−2942−3159(佐藤)


九条の会掛川(静岡県掛川市)

戦争法の廃止へ!総がかり行動の現場から
日時:3月13日(日)午後1時30分〜4時
講師:高田健さん(九条の会事務局 「市民連合」運営委員)
会場:たまり〜な多目的研修室(掛川市満水1652 22世紀の丘公園内)
参加費:500円
主催:九条の会掛川
お問い合わせ:坂部 0537-22-3577 小島0537-26-3214


千代田九条の会(東京都千代田区)

学習会:戦争法の廃止をめざして
日時:3月16日(水)午後6時30分開会 8時30分終了
会場:明治大学駿河台キャンパス研究棟4階第1会議室(神田駿河台1-1)
講演:白神優理子(しらが・ゆりこ)弁護士
資料代:500円 (学生は無料)
主催:千代田九条の会、明治大学九条の会
後援:お茶の水・秋葉原九条の会、麹町九条の会
連絡先:電話090-4398-4208(福島)


富士見町九条の会(東京都東村山市)

<3月例会>自民党憲法改正草案に見る「緊急事態条項」の問題点
日時:3月20日(日)午後1時〜 
場所:富士見公民館 第3集会室
参加費:無料
主催:富士見町九条の会 
連絡先:松内(042−394ー1251)


あつぎ・九条の会(神奈川県厚木市)

10周年記念講演会:集団的自衛権と日本の安全保障
3月24日(木)14:00〜
講師:孫崎亨さん
会場:厚木市文化会館小ホール
前売り券500円、当日券700円
主催:あつぎ・九条の会
連絡先:046−227−1470(豊)


守ろう9条 紀の川 市民の会(和歌山県 和歌山市)

第12回総会記念講演
日時:4月2日(土)午後2時〜
会場:河北コミュニティセンター(和歌山市市小路192−3)
第1部:記念講演 14:10〜15:45
  「戦争法は廃止、憲法9条が輝く日本を取り戻そう」〜今、私たちにできること〜
   講師 石埼学 氏(龍谷大学法科大学院教授・憲法学)
第2部:総会議事 15:50〜16:30
※詳しくは→ http://home.384.jp/kashi/9jowaka/tirasi/16kawa-sokai.htm
参加費:無料 予約不要(会員でなくても参加できます)
主催:守ろう9条紀の川 市民の会
連絡先:TEL 073-462-0539 原 通範

活動報告

(メルマガ編集部より) 各地の「活動報告」の原稿をお送り下さい。さまざまな取り組みをできるだけ500字程度にまとめて、編集部までメールでお送り下さい。「こんな活動もある」「こんな運動もできる」「私たちもやってみようか」、さまざまな感想が期待されます。原稿は編集の都合上、若干、手を入れる場合があります。お待ちします。


カナダの3つの九条の会(モントリオール九条を守る会、トロント九条の会、バンクーバー九条の会)から、カナダ ジャスティン・トルドー首相、ステファン・ディオン外相への公開書簡(和訳)
                  2016年2月24日

ディオン外相に、日本の違憲「平和安全法制」への支持の撤回を求めます。
トルドー首相殿、ディオン外務大臣殿:
 私たちは、日本戦後憲法の戦争放棄条項である第9条を支持するモントリオール、トロント、バンクーバーそれぞれの都市の市民グループです。
 憲法九条(条文略:編集部)
 去る2月12日、カナダのディオン外務大臣と、日本の岸田文雄外務大臣がオタワで会談し、日加共同声明を発表しました。下記にあるのはその声明からの抜粋です。
 ディオン大臣は、平和安全法制を含む「積極的平和主義」に基づき日本が世界の平和、安定および繁栄のためにより一層積極的な役割を果たすことを歓迎した。
 日本の「平和安全法制」は、昨年9月に不透明かつ非民主的な手続きで国会を通過した法案で、野党からはその違法性を指摘されています。このように大変な議論を巻き起こしている法制を、カナダ政府が正式に「歓迎」すると表明したことに、私たちは驚きを隠しきれずにいます。この法制は、自衛隊の海外での活動を拡大することを目的としたもので、日本がこれまで憲法九条に基づき遵守することを義務付けられてきた「専守防衛」方針に違反するものです。日本の市民の過半数がこの法制に反対しています。また、2015年7月に行われた調査では、日本の憲法学者のほとんどがこの法制を「違憲」と見ています。昨年この法案が成立に至るまでの日々、毎日のように何千、何万もの人々が国会議事堂前で反対を訴えました。抗議活動は現在も続いています。先日の2月19日にも、野党側の5政党がこの法制の廃止を求める法案を提出したばかりです。
 自由党政権はより外交的手段を重んじ、軍事には依らない国際紛争や緊張の解決にあたるであろうと、カナダの有権者の期待を背負って誕生しました。この政権が、他国の憲法の基本的原則の一つを根本的に脅かすような法案を公的に支持するというのは良心に反した行為です。これは例えば、カナダで同様に激しい議論を呼んできたC-51法案を日本政府が称賛することに匹敵することではないでしょうか。
 わたしたちは民主主義と平和の精神にのっとり、ディオン氏に以下の二点を求めます。
(1)ディオン氏が、日本の「平和安全法制」への「歓迎」を正式に撤回すること。
(2)(1)にならい、2月12日付の岸田外務大臣との共同声明を修正すること。
                     モントリオール九条を守る会
                          トロント九条の会
               バンクーバー九条の会(http://vsa9.org/)
連絡先:Satoko Oka Norimatsu(バンクーバー九条の会)info@vsa9.org またはinfo@peacephilosophy.com


編集後記〜安倍首相の「任期中の改憲」発言に反撃を

首相は2日の参院予算委員会で野党議員の質問に答えて「(改憲を)私の在任中に成し遂げたい」と発言しました。これは首相として憲法99条の憲法尊重擁護義務に反することはもとより、9条を改憲して、無制限な集団的自衛権の行使に導くものであり、言語道断です。2000万人統一署名の推進をはじめ、第一次安倍政権を倒した民衆の怒りを今こそ再現しましょう。(T)