「九条の会発足10周年講演会」の参加申し込みを4月14日開始します

安倍内閣の改憲暴走がいっそう度を強めています。
2004年6月10日、9条を核とする日本国憲法を「改正」しようとする動きに警鐘を鳴らし、日本国憲法を守るという一点で手をつなぎ、あらゆる努力によって「改憲」の企てを阻もうと訴えるアピールを発して発足した九条の会は、来る6月10日に10周年をむかえます。
翌05年10月には自民党新憲法草案が発表され、第1次安倍内閣によって教育基本法の改悪、国民投票法の制定など、次々と憲法改悪への一里塚が築かれる状況下、九条の会のアピールに賛同した人びとの自らできることで改悪を止めようという機運が全国津々浦々に広がりました。その結果、安倍首相は退陣し、改憲の勢いは急速にしぼんだと言っても過言ではないでしょう。その後、民主党政権の誕生、東日本大震災と福島原発事故――めまぐるしいほどの社会の変化をへて、いままた第二次安倍政権の下、憲法は重大な危機をむかえています。
この憲法のあらたな難局を切り開く足掛かりとするため、まさに10年目の6月10日に講演会を開催することにしました。お話は、呼びかけ人の大江健三郎さん、奥平康弘さん、澤地久枝さんなどを予定しております。

日時:2014年6月10日(火) 開会18時(開場17時)
会場:渋谷公会堂(東京都渋谷区宇田川町1-1 渋谷区役所隣)
参加費:前売1000円(下記申込方法でお申し込みください)
当日1500円(前売で定員に達した場合はご容赦ください)

参加申込期間:4月14日より5月31日まで、郵便振替口座にて受付けます。ただし定員に達した場合は、その時点で締切らせていただきます。
参加申込方法:郵便局備付の振替用紙(青色)に「参加券希望枚数/名前/郵便番号・住所/電話番号」を書いて、下記の郵便振替口座に参加券代金(1人1000円)をお振込みください。振込手数料はご負担ください。
入場券は郵送します。振込後7日経過しても入場券が届かない場合は、ご連絡ください。
郵便振替口座:記号番号 00100−9−774293  
加入者名 九条の会講演会  
連絡先:九条の会事務局 
東京都千代田区西神田2−5−7−303 〒101-0065  
tel03-3221-5075 fax03-3221-5076 Eメール mail@9jounokai.jp
いま日本は集団的自衛権の行使を容認し、戦争にむけて歩み寄ろうとしています。この状況を覆し、個人が尊重され平和の下に生きて行くことを保障する日本国憲法をまもりぬくのは、一人ひとりの熱い思いと一歩踏み出して思いを伝えようという勇気ある行動です。その熱い思いで会場をいっぱいにしましょう。
ぜひお申し込みください。そしてご家族、お知り合いにひろめてください。


九条の会第5回全国交流集会の記録(報告集・全体会DVD・シンポジウムパンフレット)

昨年11月16日に東京・日本教育会館で開催した九条の会第5回全国交流集会の記録です。終日行われた会の全容をおさめた報告集、全体会を収録したDVD、今回初めての企画で参加者から好評を得たシンポジウムの記録に追記と資料集を加えたパンフレットの3種類です。報告集、パンフレットはお求めの部数に応じて割引も設定しました。ぜひ、お申し込みください。

◆九条の会第5回全国交流集会報告集
[内容]
開会あいさつ 
「九条の会」よびかけ人あいさつ
特定秘密保護法案へトコトン抗して(奥平康弘)/小さな決意(澤地久枝)/二つのフランス語(大江健三郎)
地域・分野の「九条の会」からの報告 
県内全域へのチラシ配布運動に取り組んで/全国・全県に首長(市町村長)九条の会を/文化と憲法を柱に100回のつどい/(訴え)ピース・ナイト9の取り組みについて(訴え)
シンポジウム――集団的自衛権行使容認と憲法  
パネリスト:浦田一郎(明治大学教授)、柳澤協二(元内閣官房副長官補)  
大分散会での発言から
大判チラシを県内全世帯の3分の1に配布して/北陸3県ブロック交流集会の経験/9月9日を「九条の日」に/未来を担う子どもたちの命と平和を 
分散会・分科会の報告 
資料 アピール「集団的自衛権行使による『戦争する国』づくりに反対する国民の声を」

B5判68ページ 定価500円(税込・送料別途) 10冊以上の場合1冊400円

◆DVD 九条の会第5回全国交流集会 全体会の記録
[内容]
開会あいさつ /「九条の会」よびかけ人あいさつ/地域・分野の「九条の会」からの報告 

全99分(部分での視聴可) 定価1300円(税込・送料別途)

◆パンフレット「シンポジウム―集団的自衛権行使容認と憲法」 
報告集に収められた内容に加え、パネリストの追記と関係する資料を豊富に収録しました。
[内容]
第一部 問題提起:憲法と集団的自衛権──憲法解釈の変更を中心に/安倍政権は何を考えているのか?
第二部 問題提起を深める質疑の時間:政府の「自衛力論」がもつ軍事力制約の論理/立憲主義とは何か/安倍政権の特異性は安倍個人の志向によるのか、保守支配層の総意か/自民党政治をみる二つの視点 
第三部 ふたりのパネリストの応答 
第四部 まとめと追記 
資料集 自民党「日本国憲法改正草案」抜粋/「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」メンバー/安保法制懇第四回会合における安倍首相あいさつ/特定秘密保護法「別表」/国家安全保障基本法案(概要)

A5判64ページ 定価300円(税込・送料別途) 
10冊以上1冊250円  50冊以上1冊200円

お申込みは、九条の会事務局 
mail@9jounokai.jp  fax03-3221-5076 tel03-3221-5075


昨年10月6日開催の学習会「『戦争する国』への暴走を止める」の記録ブックレット好評発売中

明文での憲法改定に先行して企てられる解釈改憲による集団的自衛権行使――特定秘密保護法を強引に制定した第二次安倍政権は、世論を一顧だにしない暴走で、一気に『戦争する国』をめざしています。許してはなりません。ぜひ、読んで運動に役立ててください。
A5判84ページ 2013年12月24日発行 
定価400円(税込・送料別途) 10冊以上1割引き 50冊以上2割引き
お申込みは九条の会事務局 Eメールmail@9jounokai.jp  FAX03-3221-5076 まで
<内容>
■沖縄の視点から見た安保・憲法の現状          
沖縄国際大学大学院教授 前泊博盛
秘密保全法――秘密にされるのは何か/占領政策の延長――日米地位協定の問題点/4・28と沖縄/61年目の節目――主権国家と宗主国/4・28と憲法――政府式典開催にこめられた意図/講和条約と安保条約/「ところで沖縄は日本語をしゃべっているのか」/「終戦」はどう決まるのか/歴史の検証と問題の先送り/沖縄の基地――「抑止力」と「ユクシ力」/平和憲法と私たちに課された問題

■安倍政権の新たな改憲戦略に立ち向かう
――「戦争する軍隊」づくりから「戦争する国」づくり   
一橋大学名誉教授 渡辺 治
はじめに
一 なぜいま、九条の改憲が本命なのか?
戦後改憲の二つの波と安倍改憲/現代改憲台頭の要因――「ともに血を流せ」というアメリカの圧力/安保体制下日本の二つの側面/政府の意図と運動の力関係でつくられた九条の政府解釈/九条の政府解釈による自衛隊の維持と活動制約の体系/九条にもとづく平和の政策体系
二 政府はどうやって自衛隊の海外派兵を実現しようとしたか?
自衛隊の海外派兵実現のための「解釈改憲」/既存の政府解釈の下での自衛隊派兵――解釈改憲の第一段階/自衛隊イラク派兵強行の理屈/銃を撃てなかった自衛隊/第一次安倍政権による明文改憲の策動/九条の会などの運動による明文改憲の挫折
三 「戦争する軍隊」づくりは解釈改憲で
アメリカの世界戦略の転換――戦争の二つの結果/直接介入主義の転換と肩代わり路線/アジア・太平洋重視路線と対中国の二面的戦略/オバマ政権の対日政策と改憲への影響/第二次安倍政権の新たな改憲戦略/安倍解釈改憲の全体像・その1集団的自衛権容認/第一次安保法制懇の四類型とその限界/安保法制懇の新たな役割/その2「戦争する軍隊」の実質づくり――侵略戦争を戦う軍隊へ
四 「戦争する国」づくりには憲法全体の改変が
「戦争する国」づくりには日本国憲法の根本的改変が不可欠/秘密保護法も/自民党「日本国憲法改正草案」は「戦争する国」づくりの構想/「戦争する国」づくりの第一歩も解釈改憲で始める――いまなぜ秘密保護法?
むすびに代えて・いま立ちあがらなければ

■会場からの質問に答えて


昨年6月8日開催の学習会「第二次安倍政権の改憲に立ち向かう」の記録ブッレット、好評、発売中。在庫が少なくなりました。ご希望の方は、お早めにお申し込みください

参議院選挙では、96条改憲派の3分の2議席獲得は阻まれましたが、自公政権が過半数を達成し、憲法をめぐる情勢は極めて厳しくなりました。
96条の先行改憲や国家安全保障基本法の制定など喫緊の問題を憲法の根幹である立憲主義の立場からていねいに論じたふたつの講演と質疑応答を収録したこのブックレットは、問題点を整理し、今後いかに対応すべきか考えるのに好適な1冊です。
自民党が改憲草案をめぐる「対話集会」も検討しているとの報道もあるいま、「第二次安倍政権の改憲に立ち向かう」ために、ぜひ読んで広めてください。
<内容>
■「立憲主義の破壊」に抗う……イラク派兵差止訴訟弁護団事務局長 川口 創
■憲法9条と96条改悪論……………………………一橋大学名誉教授 山内敏弘
■会場からの質問に答えて
■資料 自民党「日本国憲法改正草案/「日本国憲法」抜粋対照表
      国家安全保障基本法案(概要)  ほか
A5判72ページ
定価400円(税込・送料別途)
10冊以上1割引き 50冊以上2割引き
お申込みは、九条の会事務局
メールmail@9jounokai.jp fax03-3221-5076 まで


「九条の会」の新しいポスター、申し込み受付中

ひきつづき「九条の会」の新しいポスターのお申し込み受付中です。
http://www.9-jo.jp/news/news_index.html#2013poster
沖縄の赤いデイゴの花をバックにあしらい、憲法第9条を刷り込んだB3判大のものです。
04年8月から普及した最初のポスター、06年6月からの2代目のポスターに続く3代目のポスターです。安倍政権の下で強まっている改憲策動を阻むために、大いにご活用ください。

頒価は1枚50円、3枚100円。送料は別途ご負担いただきます。
1枚の場合代金50円+送料120円=170円
3枚の場合代金100円+送料140円=240円です。
ご希望に応じて何枚でも受け付けますが、送料との兼ね合いで、下記の枚数がお得です。
12枚 代金400円+送料240円=640円
27枚 代金900円+送料390円=1290円
54枚 代金1800円+送料580円=2380円
111枚 代金3700円+送料800円=4500円
258枚 代金8600円+送料900円=9500円
なお申しわけありませんが、このほかに郵便振替の手数料(窓口120円、ATM80円)もご負担ください。(この価格でご提供できるのは在庫限りです。お早目にお申し込みください)。問い合わせ、お申し込みは、九条の会事務局まで。


「九条の会」リーフレットは、いま2種類あります

 長らく色モザイクの9の表紙デザインで親しまれてきた「憲法9条、未来をひらく」のリーフレットのほかに、元気よく9の字を描いて跳ねる龍がデザインされた「憲法9条、明日をつむぐ」ができて、現在2種類をご注文に応じて発送しています。
 どちらも、「九条の会」アピール、第9条の条文、「九条の会とは」の解説のほか、9人のよびかけ人の顔写真とメッセージを収録しています。表紙は九条の会ホームページに掲載しています。いずれをご希望か、明記してお申し込みください。
 B6判(B4判4つ折) 1部10円(送料別途)
 申し込みは事務局へメールか、FAX03-3221-5076、電話03-3221-5075で

各地から(全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある!)

掲載原稿を募集しています。本欄に掲載希望の方はmag@9jounokai.jpに投稿して下さい。掲載は原則として「九条の会」関係の催しに限り、1行事1回掲載とします。このメルマガは毎月10日、25日発行です。投稿される方は発行日の5日前までにお願い致します。原稿はできるだけチラシなどの添付ではなく、掲載形式でデータを作ってお送りください。編集に際して若干、手を加える場合があります。(編集部)  


憲法九条の会・岩岡(兵庫県神戸市西区)

結成7周年記念行事/平和とシャンソンのつどい パート3
と き:4月13日(日)午後2時〜
ところ:ペレーネホール(第二神明・大久保インター出てすぐ、イズミヤ西神戸店2階)
総会:午後1時30分〜
講演:松竹伸幸さん(日本平和学会会員・ジャーナリスト)午後2時〜3時20分ごろ
演題:憲法9条と日本防衛は両立するか 
ミニコンサート:森岡怜子さん(宝塚出身・シャンソン歌手)午後3時30分〜4時20分ごろ 「ラストダンスは私に」ほか
主催:憲法九条の会・岩岡
問い合わせ:白井篤子 (078)967-2758
ブログ:http://samue.cocolog-nifty.com/


富士見町九条の会(東京都東村山市)

<8周年記念講演>今に生きる五日市憲法草案
日時:4月20日(日)午後1時30分〜
講師:鈴木 富雄 氏
場所:富士見公民館 第1集会室 
主催:富士見町九条の会 
連絡先:042-394-1251(松内)


早稲田から広げる9条の会(早稲田大学教職員9条の会)(東京都新宿区)

設立7周年記念講演会
日時:4月22日(火) 6時30分開会(講演と質疑応答などで約2時間)
会場:早稲田大学 本部キャンパス 8号館 B-107
   地図 http://www.waseda.jp/jp/campus/waseda.html
講師:水島朝穂氏(早稲田大学法学学術院教授)
テーマ:「憲法から安全保障を考える」− 集団的自衛権、「積極的平和主
義」、特定秘密保護法 etc.− 
入場無料:どなたでも歓迎です.
主催:★早稲田から広げる9条の会(早稲田大学教職員9条の会)
問い合わせ先: w9jyo2@googlegroups.com


若葉台「九条の会」(神奈川県横浜市)

4月勉強会 「秘密保護法」について
日時:4月27日(日)14:00〜16:00
会場:若葉台地区センター・会議室
講師:海渡双葉弁護士(横浜合同法律事務所・秘密保護法対策弁護団事務局)
参加費:200円(資料代)
主催:若葉台「九条の会」
http://daiku1206.blog.fc2.com/


九条の会かわにし(兵庫県川西市)

元米海兵隊員アレン・ネルソンが語る戦争と平和
日時:5月2日(金)午後1時半〜3時半
DVD 「九条を抱きしめて」鑑賞
講演:アレンさんと私
講師:平塚淳次郎さん
場所:パレットかわにし(兵庫県川西市)
参加費無料
主催:九条の会かわにし
連絡先:072-794-3320


九条の会・おおさか(大阪府)

2014年憲法記念日のつどい
日時:5月3日(土・休)13:00開会(12:30開場)
講演:メディアと九条を考える
講師:鳥越俊太郎さん(ジャーナリスト)
演奏:初芝立命館中学校・高等学校吹奏楽部
会場:大阪城野外音楽堂(JR環状線森ノ宮下車5分)
資料代:500円
手話通訳あり
主催:九条の会・おおさか
連絡先:06−6365−9005


九条の会・石川ネット(石川県)

平和憲法施行67周年記念石川県民集会「輝け9条!許すな改憲!――石川から平和のメッセージを!」
日時:5月3日(土・祝) 14時〜16時30分(予定) 開場13時30分
一部 記念講演:「安倍改憲政権の正体」
   講師:斎藤貴男(ジャーナリスト)
二部 ピース9特別合唱団の演奏――平和への願い〜ひびけ「憲法の心」〜
出演者:ピース9合唱団、金沢紫金草合唱団 「悪魔の飽食」石川合唱団 新婦人サークルあやとり 出前うたごえの会 等の有志のメンバー
集会終了後、会場前よりパレード実施。
参加費1000円(学生500円/障がいのある人無料)
保育室あり(要事前申込 子どもの名前・年齢・性別/保護者の名前・連絡住所・電話番号を事前にお知らせください。FAX076−267−8114)
主催:九条の会・石川ネット
連絡先:076−231−2110


さくら・志津憲法9条をまもりたい会(千葉県佐倉市)

講演会「これでいいのか NHK〜元NHK経営委員の小林緑さんが語る」
日時:5月10日(土)13:30〜16:00
会場:佐倉ミレニアムセンターホール(京成佐倉駅隣接)
資料代:500円
<詳細はこちらをクリックしてください>
http://dmituko.cocolog-nifty.com/nhkkobayasikoenkaitirasi.pdf
主催:さくら・志津憲法9条をまもりたい会
連絡先:043−489−6420(高塚)


9条の会・こがねい(東京都小金井市)

「いのちと平和」を大切に!今、私たちに出来ることは?
日時:5月24日(土)19:00開演(18:30開場)
講演:松浦悟郎(「宗教者九条の和」呼びかけ人)/日本が戦争する国にならないために!宗教者は祈り行動しよう
講演:浜矩子(同志社大学大学院教授)/平和と抱き合う経済〜日本の選択と呼びかけ
会場:小金井市民交流センター大ホール
前売り券:1000円(当日券1200円)
主催:「いのちと平和」をつなぐ集い
お問い合わせ:080−4170−2904(携帯)

活動報告

(メルマガ編集部より) 各地の「活動報告」の原稿をお送り下さい。さまざまな取り組みをできるだけ500字程度にまとめて、編集部までメールでお送り下さい。「こんな活動もある」「こんな運動もできる」「私たちもやってみようか」、さまざまな感想が期待されます。原稿は編集の都合上、若干、手を入れる場合があります。お待ちします。


活動報告〜『ストップ!! 集団的自衛権行使合憲化』パレード〜清水9条の会・連絡会

参加は各「九条の会」のメンバーと市民 約100人。
集会で『ストップ!! 集団的自衛権行使合憲化』のアピールを採択し 繁華街、商店街を清水駅までパレード。宣伝車がパレードの趣旨をマイクで伝え、はかま姿のチンドン屋さんとカラフルなピエロを先頭に、太鼓、笛で賑やかに。プラカードを掲げて      「9条改悪反対」「集団的自衛権反対」「秘密保護法反対」「消費税反対」「安倍政権は退陣せよ」などなど、大声でシュプレヒコールを叫びながら行進しました。
当日は快晴、清水港も富士山もそれは美しく、参加者は日ごろのストレス解消、運動不足も解消、それはすかっとしたことでした。


活動報告〜十勝・帯広「九条の会』交流会に120人余 憲法改悪を許さない熱気

3月22日 午後1時30分より、とかちプラザ視聴覚室にて、第7回「九条の会」交流会が開催されました。当日は、120人が参加しました。
第1部の「平和へのメッセージ・憲法と私」では、「青年からのメッセージ」青年九条の会板垣良輔さん、「ビキニーからのメッセージ」士幌九条の会佐々木あずささん、「アウシュビッツからのメッセージ」芽室九条の会岩佐重春さんが熱く話をしてくれました。改めて原爆や戦争の酷さを確認しました。
第2部の「交流の場」では、今回多くの発表の申し出がありました。保健師九条の会、女性九条の会、芽室友の会九条の会からは、会の結成や活動の様子が報告されました。九条の会はなふりゅう、士幌G・C九条の会からは楽しい出し物の発表がありました。有難うございました。
事務局からは、昨年の活動報告と今年の活動計画の訴えがありました。今年は、九条ネットワーク北海道からの参加がありました。発表内容が盛りたくさんで、予定の時間を大きくオーバーしました。次回の反省課題となりました。


活動報告〜若葉台「九条の会」(神奈川県横浜市)2・3月勉強会報告

若葉台「九条の会」では、2月、3月と連続して「育鵬社公民教科書を考える」と題して勉強会を行いました。参加者はともに25名でした。
講師は実際に育鵬社の公民教科書を使って授業をしていた元市立中学校社会科教員(本会世話人)で、育鵬社と東京書籍を中心とした他の教科書を比較する形でその問題点を学習しました。また、授業実践例を次の三つのテーマで発表していただきました。「平和主義」「社会権(生存権)」「資源問題と原子力発電」。
詳細な資料とスクリーンを使って発表され、参加された方からは「とてもわかりやすかった」「今の教科書がここまでひどいとは」等の感想が寄せられました。若葉台だけではなく、他の地域でもやってみてはどうかなどの声もいただきました。


活動報告〜生協・九条の会とちぎ 店頭署名行動報告

こんにちは。生協・九条の会とちぎと申します。初めて投稿します。
私たちは、栃木県のとちぎコープ生活協同組合の生協組合員と労働者(現役OB問わず)で構成しています。
「九条の会」発足後、全国の生協では九条の会が一斉につくられましたが、現在は多くが開店休業状態と聞きます。とちぎでも昨年3月から3年ぶりに活動再開しました。活動は定例の世話人会議と学習会が主ですが、3月28日(土)には地元の弁護士さんを招いての憲法学習会と世話人会議の後、とちぎコープのスーパーマーケットの店頭で憲法を守る署名と宣伝行動を行ないました。
参加は世話人の内8名、時間は準備と後片付けを除いて正味40分でしたが、ハンドマイクでのアピールや来店者への積極的な声かけで、70筆の署名にご協力いただきました。店長も自主的に店内アナウンスをしてくれたり、従業員にも書いてもらうからと署名を預かってもらいました。
「子供を戦争に行かせたくない」と順番待ちをして署名を書いてくれたご夫婦や「戦争は絶対反対」といって書く人など、平和を願う声がたくさん寄せられました。
               生協・九条の会とちぎ事務局(とちぎコープ労組内) 鈴木


編集後記〜「九条の会発足10周年講演会」の参加申し込みを4月14日開始します

このメルマガのトップ記事でお知らせしておりますが、今月14日から参加申し込みを受けつけます。集団的自衛権の憲法解釈変更の動きが強まる中で、これに抗する世論をつくり出すための重要な試みにもなると思います。メルマガ読者の皆さまも、ぜひ成功にご協力下さいますようお願いします。(T)