「草の根からの世論で改憲勢力包囲を」  いまこそ、5月17日の呼びかけ人からのアピールに応え、力を尽くしましょう

 アピールは九条の会のサイトのトップ頁に掲載されています。


九条の会「全国交流・討論集会」は2013年11月16日(土)、於・東京です。あらかじめ日程の確保をお願いします


「九条の会」の新しいポスター、申し込み受付中

ひきつづき「九条の会」の新しいポスターのお申し込み受付中です。
  http://www.9-jo.jp/news/news_index.html#2013poster
沖縄の赤いデイゴの花をバックにあしらい、憲法第9条を刷り込んだB3判大のものです。
04年8月から普及した最初のポスター、06年6月からの2代目のポスターに続く3代目のポスターです。安倍政権の下で強まっている改憲策動を阻むために、大いにご活用ください。

頒価は1枚50円、3枚100円。送料は別途ご負担いただきます。
1枚の場合代金50円+送料120円=170円
3枚の場合代金100円+送料140円=240円です。
ご希望に応じて何枚でも受け付けますが、送料との兼ね合いで、下記の枚数がお得です。
12枚 代金400円+送料240円=640円
27枚 代金900円+送料390円=1290円
54枚 代金1800円+送料580円=2380円
111枚 代金3700円+送料800円=4500円
258枚 代金8600円+送料900円=9500円
なお申しわけありませんが、このほかに郵便振替の手数料(窓口120円、ATM80円)もご負担ください。
(この価格でご提供できるのは在庫限りです。お早目にお申し込みください)。問い合わせ、お申し込みは、九条の会事務局まで。


3月3日に開催した学習会の記録ブッレット

第二次安倍政権の発足以来、憲法をめぐる動きが緊迫の度をつよめています。明文改憲と解釈改憲を並行してすすめ、日本を名実ともに「戦争をする国」に変えようとするこの動きに対して開かれた学習会の記録です。講演をもとにあらためて書き下ろされて、充実してとても読みやすいと大好評です。

A5判64ページ 2013年4月18日発行
定価400円(税込・送料別途)
10冊以上1割引き 50冊以上2割引き
お申込みは九条の会事務局
メールmail@9jounokai.jp fax03-3221-5076 まで

<内容>
「日本政治の右傾化と憲法の危機」法政大学教授 五十嵐仁      
「ここが危ない! 集団的自衛権」大阪市立大学特任教授 松田竹男    
資料 (自民党「日本国憲法改正草案」/「日本国憲法」 抜粋対照表)


九条の会講演会が収められた岩波ブックレットNo.867「いま、憲法の魂を選びとる」が刊行されました。書店でお求め下さい

昨年9月開催の「三木睦子さんの志を受けついで 九条の会講演会――今、民主主義が試されるとき」が、岩波ブックレット『いま、憲法の魂を選びとる』になりました。
呼びかけ人の奥平康弘さんと事務局長の小森陽一さんの対談が新たに組まれ、現在の憲法をめぐる状況に警鐘を鳴らす内容です。
「この憲法でなかったら、これまでの私たちの生活はどうなっていたのでしょうか? そして、自民党が提案する『憲法改正草案』が実施されることになったならば、私たちの生活は一体どうなるのでしょうか?憲法は、まさに私たちの生活に直結しています。そして、主権者は私たちなのです。私たち国民が、選ぶ。自分がどのような生活を、生き方をしたいのか、選ぶ。その大切さを、これまでの歴史のなかに確認し、次の世代に引き継ぐことが、いま問われています」(岩波ブックレット紹介サイトより)。
1冊500円(税25円)。全国の書店でお買い求めください。お買い求めになりにくい場合は、事務局にご相談ください。


「九条の会」リーフレットは、いま2種類あります

「九条の会」リーフレットは、いま2種類あります。
長らく色モザイクの9の表紙デザインで親しまれてきた「憲法9条、未来をひらく」のリーフレットのほかに、元気よく9の字を描いて跳ねる龍がデザインされた「憲法9条、明日をつむぐ」ができて、現在2種類をご注文に応じて発送しています。
どちらも、「九条の会」アピール、第9条の条文、「九条の会とは」の解説のほか、9人のよびかけ人の顔写真とメッセージを収録しています。表紙は九条の会ホームページに掲載しています。いずれをご希望か、明記してお申し込みください。
B6判(B4判4つ折) 1部10円(送料別途)
申し込みは事務局へメールか、FAX03-3221-5076、電話03-3221-5075で。

各地から(全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある!)

 掲載原稿を募集しています。本欄に掲載希望の方はmag@9jounokai.jpに投稿して
下さい。掲載は原則として「九条の会」関係の催しに限り、1行事1回掲載としま
す。このメルマガは毎月10日、25日発行です。投稿される方は発行日の5日前ま
でにお願い致します。原稿はできるだけチラシなどの添付ではなく、掲 載形式でデ
ータを作ってお送りください。編集に際して若干、手を加える場合があります。
                                          (編集部)


9条の会おおづ(熊本県大津町)

第9回総会・講演会「日本国憲法と田中正造」
日時:7月14日(日)午後2時より総会、3時30分より講演会(5時半終了予定)
講師:小松裕さん(熊本大学教授)
場所:オークスプラザ(ふれあいホール)大津町大津1220−1
資料代:300円
主催:9条の会おおづ
連絡先:090−1511−8589(斉藤)


若葉台「九条の会」(神奈川県横浜市旭区)

福島の旅・報告と交流の会
日時:7月18日(木)10:00〜12:00
場所:旧西中・木工室
参加費:無料 ※コーヒーとお菓子を用意します。
主催:若葉台「九条の会」


富士見町九条の会(東京都東村山市)

<7月例会>「参院選での各党の憲法についての公約」
日時:7月21日(日)午後1時〜
場所:富士見公民館 第2集会室
参加費:無料 
主催:富士見町九条の会 
連絡先:042-394-1251(松内)


若葉台「九条の会」(神奈川県横浜市旭区)

月例勉強会:DVD上映会 日本海軍・反省会の記録
日時:7月24日(水)10:00〜11:30
会場:地区センター会議室 
http://www.city.yokohama.lg.jp/asahi/guide/shisetsu/ippan/chiku-wakabadai.html
参加費:無料
主催:若葉台「九条の会」


落合・中井九条の会(東京都新宿区)

第97回 落合・中井九条のつどい:「憲法審査会」をウオッチ!
       ―拮抗した護憲・改憲世論と乖離した国会内改憲論議を間の当りにして―
とき:7月28日(日)14時〜16時
お話:緒方 蘭さん 弁護士 東京合同法律事務所
会場:落合第二地域センター2階大会議室AB(新宿区中落合4-17-13)
主催:落合・中井九条の会  (http://homepage2.nifty.com/otiainakaikyujo/index.htm
連絡先:木村 隆 電話・FAX:03−3951−0573
Email : otiainakai9jo@mbr.nifty.com


東金地域・九条の会(千葉県東金市)

第6回「平和の集い」
日時:8月24日(土)12時から
催し:朗読劇「忘れないでフクシマ」 和太鼓「歩」(地元の愛好会) 
   県立成東高校吹奏楽部出演 バザー など
会場:のぎくプラザホール(山武市・成東駅から徒歩7分)
入場無料
主催:東金地域・九条の会
連絡先:080-5692-1944(戸賀)
後援:東金市、大網白里市、山武市、九十九里町の各教育委員会と社会福祉協議会


活動報告〜訪問記「アウシュビッツとベルリンで戦争と平和を考えた」を発行しました〜調布「憲法ひろば」(東京都調布市)

 調布「憲法ひろば」の有志12人が、去る3月21日〜28日、アウシュビッツとベルリンを訪問しました。
日本では、日本が行なった侵略戦争・植民地支配・従軍慰安婦などの史実を公然と否定して、憲法9条を敵視し、立憲主義そのものをも否定する潮流が、しばしば暗躍します。この潮流は、福島原発事故の収束もできていないのに原発再稼働や原発輸出に向かって暴走する「無反省な政治」と通底しています。
これに対して、ナチスの戦争犯罪や東西問題を「国民的な戦争責任」の次元でとらえて克服してきたドイツでは、福島原発事故を契機に、国家ぐるみで脱原発の道が模索されています。日本の「無反省政治」との違いは何なのか?
 個性豊かな12人の参加者が、旅を通して、それぞれの切り口から考えた「戦争と平和」を、B5版・52頁の冊子にまとめました。
 1冊300円(送料込)でお頒けします。下記にご連絡ください。
  (連絡先)調布「憲法ひろば」 E-mail:choufu9jou@yahoo.co.jp   Fax:042-483-1566(大野方)
なお、冊子はWebサイトにもアップしています、ごらんください。
  http://www.geocities.jp/chofu9jou/index.html


活動報告〜「若者自宅で9条の会(葛西)」(東京都江戸川区)の設立報告

こんにちは、少しばかり憲法学を学んでいる若輩者です。大学のゼミで社会の問題に関心を持ちました。 最近は自宅での「食事会」や「飲み会」という形で、意識して色々な人(特に無関心層)と話し、社会や政治の話題や、ゼミで学んだこと等を提供するようにしてきました。ここ最近の自民党の動き等を踏まえ、小規模ではありますが、九条の会のネットワークの一員としての行動も起こしていきたいと思い、ここに設立を報告させて頂きます。「若者」と銘打ちましたが、世代にはこだわらず、様々な人と繋がっていけたら嬉しいです、よろしくお願いいたします。
それと、個人的に90歳になる祖父から戦争体験を中心とした当時の話を聞いています。また、それらをまとめたブログもやっているので、もし興味を持たれた方は、「卒寿の多話事」で検索して頂けるとありがたいです。この場を借りて宣伝させていただきます。
「若者自宅で9条の会(葛西)」 屋代 景  連絡先Eメール youth.9jo.inmyhome@gmail.com


編集後記〜参院選のまっただ中で

安倍政権の改憲の企てを許さないため、多くの皆さんが奮闘中かと思います。残された10日あまり、いまこそ力を尽くして「96条改憲→9条改憲」阻止の声を大きくしたいものです。全国の九条の会の皆さんにこころからエールを送ります。(T)