呼びかけ人からのメッセージ

1月28日、九条の会事務局は国会内で記者会見を開き、呼びかけ人の4名の人びと (大江健三郎、奥平康弘、澤地久枝、鶴見俊輔)からのメッセージを発表しました。 メッセージの全文を紹介します。 (PDFファイルです)  
http://www.9-jo.jp/opinion/20130128yobikake-message..pdf
九条の会ニュース167号にも掲載されています。
http://www.9-jo.jp/news_list/index.html


九条の会事務局・九条科学者の会共催「学習会」

テーマ:憲法9条の新たな危機に抗して
日時:3月3日(日)13:30〜16:00(開場は13:00〜で、13:15〜オープニングアクト
     「ベアテ・シロタ・ゴードンさんを偲んで『映画 日本国憲法』の一部上映」があります)
会場:明治大学駿河台キャンパス・リバティタワー1階1012教室
     (JR御茶ノ水駅お茶の水橋口下車)
    http://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/access.html
講演1 「日本政治の右傾化と憲法の危機」五十嵐仁氏(法政大学大原社会問題研究所教授・政治学)
講演2 「ここが危ない! 集団的自衛権」松田竹男氏(大阪市立大学特任教授・国際法)
講演者から質問への回答 コーディネーター小澤隆一氏(東京慈恵会医科大学教授・憲法学)
参加費:500円
共催:九条の会事務局、九条科学者の会


ベアテ・シロタ・ゴードンさんへの献花に代えて寄せられた寄付について(2)

昨年末、ベアテ・シロタ・ゴードンさんのご逝去に際して、ご遺族が故人をしのぶお花の代わりに九条の会への寄付を呼びかけてくださいました。多くの方が貴重なお志を送ってくださいました。メールマガジン157号に引き続いて、送金に書き添えられたメッセージを紹介します(お名前はイニシャルで表記させていただきます)。(九条の会事務局)
SY(ベアテ・シロタ・ゴードンさんへの気持ちです。有難うございました 東京都)/AY(ベアテ・シロタ・ゴードンさんへの献花代として 小浜ベアテさんの会 福井県)/KY(日本の宝、ベアテさんが亡くなって、とてもとても残念です 埼玉県)/HY(ベアテ・シロタ・ゴードンさんへの献花に代わるカンパとして――法律事務員九条の会・北海道 北海道)/YT(ベアテ・シロタ・ゴードンさんへの献花に代わるカンパとして 北海道)/MM(ベアテさんの死を悼んで 九条の会の活動に活かして下さい 愛知県)/MT(ベアテ・シロタ・ゴードンさん記念 東京都)/KM(ベアテさんへの献花に代えて 山口県) 以上、合計41,000円(2013年1月24日〜2月8日)


2012年9月29日に開催した「三木睦子さんの志を受けついで 九条の会講演会――今、民主主義が試されるとき」のDVD、発売中。

 大江健三郎さん、奥平康弘さん、澤地久枝さんの講演を収録したDVDができました。三木睦子さんが2007年の九条の会学習会で、ときの安倍首相にむけて語られた「あなたのおじいちゃまはねぇ」も、添付のカードに印刷。
 頒価1500円(税込・送料別途)。メールまたはFAX03-3221-5076でお申込みください。


「第4回九条の会全国交流集会報告集」およびDVD「第4回九条の会全国交流集会全体会の記録」普及にご協力下さい。好評です

 3・11と憲法審査会の始動という情勢の中にあって、よびかけ人のみなさんの問題意識の発露と、全国各地の九条の会のたゆみない、力強い活動の生き生きした報告が掲載されており、好評を得ています。ぜひ広めて頂きたい冊子とDVDです。

☆「第4回九条の会全国交流集会報告集」B5判64頁
   頒価500円(送料別) (10部〜×0.9  30部〜×0.8  100部〜×0.7  いずれも送料別)
☆DVD「第4回九条の会全国交流集会 全体会の記録
   映写時間 130分 頒価1500円(送料別)


ブックレット「加藤周一が語る」をまだお読みでない方に

「見逃してならないのは、やはりなし崩しということ。変化が小さいから見逃していいのではなくて、小さい変化にこそ注意すべきだと私は思います」――憲法審査会が始動し、非常事態のために憲法「改正」が必要とまことしやかに主張されるいまこそ、2008年12月に亡くなられた加藤周一さんが最晩年に語られた言葉を心に刻み、意思表明していきたいものです。
朝日カルチャーセンターでの2回の対談が収められています。しばらく在庫を切らしていましたが、ご要望により重版しました。まだお読みでない方はぜひどうぞ読んでください。
■ブックレット「加藤周一が語る」/聞き手:小森陽一(東京大学教授・九条の会事務局長)
○憲法9条から日本と世界を考える(2007年12月1日)
○戦争は、どのようにして始まるのか(2008年4月26日)
A5判56ページ 300円・送料別途 10冊以上1冊250円


「九条の会」リーフレットは、いま2種類あります

 長らく色モザイクの9の表紙デザインで親しまれてきた「憲法9条、未来をひらく」のリーフレットのほかに、元気よく9の字を描いて跳ねる龍がデザインされた「憲法9条、明日をつむぐ」ができて、現在2種類をご注文に応じて発送しています。
 どちらも、「九条の会」アピール、第9条の条文、「九条の会とは」の解説のほか、9人のよびかけ人の顔写真とメッセージを収録しています。表紙は九条の会ホームページに掲載しています。いずれをご希望か、明記してお申し込みください。
 B6判(B4判4つ折) 1部10円(送料別途)
 申し込みは事務局へメールか、FAX03-3221-5076、電話03-3221-5075で。


<未来世代にのこすもの 私たちは何を「決意」したか――九条の会講演会>のDVD、好評発売中です

 2011年6月4日に東京・日比谷公会堂で開かれた九条の会講演会での講演を収録したDVDです。
 二重被爆者の「もてあそばれたような気がする」という現実認識を戦後の出発点にすべきだったと鶴見俊輔さん。澤地久枝さんは3月11日の大地震の後、炊飯器いっぱいのご飯を炊いておむすびを作った、それは無垢の幼きものにひもじい思いをさせたくなかったから。災害救助になぜ迷彩服か――我が物顔で出動する自衛隊と憲法9条の関係をシビアに問う奥平康弘さん。1999年に「小説家の想像にすぎない、といわれることは承知で、私は次の世紀の最初の4分の1に、この国で起りうる大きい原発事故のことを考えずにはいられません」と述べた大江健三郎さんが、まさに子どもらが放射能の脅威にさらされているいま語る、「決意」への思い。
 2000人の聴衆を前に4者4様に「3.11」後の展望を語りかけるDVDは、ひとりでも多くの方に聞いていただきたい内容です。全150分で1500円(税込・送料160円)。
 九条の会事務局に、メール、FAX03-3221-5076、電話03-3221-5075でお申し込みください。


憲法セミナーブックレット

2006年11月から始まり、現在第10回まで開催された憲法セミナーはブックレットになっています。毎回の講演と参加者の質問への応答が収録されています。
各冊300円、同じブックレットを10冊以上お申し込みの場合は1冊あたり250円(いずれも税込・送料別途)になります。ただし第1回と第2回は品切れで、コピーを200円でおわけしています。
九条の会事務局に、メール、FAX03-3221-5076、電話03-3221-5075でお申し込みください。

■第1回 アジアの平和を九条の心で
◇加藤周一/憲法セミナー開催にあたって 
◇澤地久枝/志が重なり合って力となる 
◇辻井喬/将来を若者に託すにあたっての処方箋 

■第2回 国際紛争の解決は九条の心で
◇小田実/「小さな人間」の行動が世界をつくる 
◇伊勢ア賢治/憲法9条と日本の平和貢献 

■第3回 いま語る 九条の心
◇鶴見俊輔/自分という根拠に立って
◇有馬ョ底/ブッダの教えと憲法九条

■第4回 戦争をする国にさせない
◇池田香代子/私たちの夢に「国家」はいらない
◇奥平康弘/蹴られてきたボールは蹴り返そう

■第5回 九条で平和をつくる――メディア報道と憲法問題
◇明珍美紀/平和をつくるネットワークを
◇井上ひさし/ひとの都合では死なない

■第6回 人間らしく生きる――憲法第九条と二五条
◇暉峻淑子/どうしてイラクの子どもが殺されなければいけないのか
◇湯浅/貧困問題と憲法九条
◇大江健三郎/憲法に希望を託して

■第7回 憲法九条の輝きを日本に世界に
◇アーサー・ビナード/アメリカはだれだ? 日本はどこへ?
◇澤地久枝/未来を決めるのは「市民」

■第8回 憲法九条と戦争の記憶
◇加藤多一/北海道で考える私・反戦のこころ
◇大江健三郎/加藤周一さんと意志的に生きること

■第9回 憲法9条が生きる日本に
◇渡辺治/民主党政権と憲法の行方
◇大江健三郎/民主主義の後退を見逃してはいないか

■第10回 核のない平和な世界と憲法9条
◇平岡 敬/核廃絶と創り出す平和 
◇高遠菜穂子/命に国境はない―イラク戦争とは何だったのか?

各地から(全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある!)

 掲載原稿を募集しています。本欄に掲載希望の方はmag@9jounokai.jpに投稿して
下さい。掲載は原則として「九条の会」関係の催しに限り、1行事1回掲載としま
す。このメルマガは毎月10日、25日発行です。投稿される方は発行日の5日前ま
でにお願い致します。原稿はできるだけチラシなどの添付ではなく、掲 載形式でデ
ータを作ってお送りください。編集に際して若干、手を加える場合があります。
                                          (編集部)


たかつ九条の会(神奈川県川崎市)

講演会:改憲派多数国会=安倍政権が出現!これとどう立ちむかうか
日時:2月16日(土)午前10時(開場9時半)
講師:渡辺治さん(九条の会事務局)
会場:てくのかわさきホール(JR武蔵溝口・徒歩5分)
参加費:500円
主催:たかつ九条の会
お問い合わせ:090−9832−2426(山本武彦)


富士見町九条の会(東京都東村山市)

<2月例会>「戦争を憎み平和を願う詩歌の数々」
日時:2月17日(日)午後1時〜
話題提供:山沢 猛 氏
場所:富士見公民館 第2集会室
参加費:無料
主催:富士見町九条の会 
連絡先:042-394-1251(松内)


落合・中井九条の会(東京都新宿区)

第92回落合・中井九条のつどい:「福祉映画を創りつづけて」―私のテーマは反戦と福祉−
とき:2月17日(日)14時〜16時
お話:山田火砂子さん(現代ぷろだくしょん映画監督)
会場:落合第二地域センター2階大会議室(新宿区中落合4-17-13)
主催:落合・中井九条の会
     http://homepage2.nifty.com/otiainakaikyujo/index.htm
連絡先:木村 隆 電話・FAX:03−3951−0573
     Email : otiainakai9jo@mbr.nifty.com


憲法9条を考える鶴ヶ島の会(埼玉県鶴ヶ島市)

創立7周年記念講演会「新政権で……憲法・原発・くらしはどうなるの?」
日時:2月24日(日)開場午後1時 開会午後1時30分
講師:二橋元長さん(埼玉県平和委員会)
場所:鶴ヶ島市女性センター「ハーモニー」第2講習室
(350-2213鶴ヶ島市脚折1922−7 049-287-4755)
参加費:無料
講演会のあと、第8回総会を開催いたします
主催:憲法9条を考える鶴ヶ島の会
連絡先:TEL049−285−7207(田部井)
      ryonan@tcat.ne.jp (柳戸)


九条の会 三豊・観音寺(香川県観音寺市)

憲法学習会:第26回ぜにがた憲法塾
日時:2月24日(日)午後2時より
場所:コープ観音寺2階集会室(観音寺市坂本町)
テーマ:「安倍政権と憲法問題」
講師:森川善弘(九条の会 三豊・観音寺/常任世話人)
入場無料
主催:九条の会 三豊・観音寺
問い合わせ先:山口(050−1254−9411)


江川せせらぎ九条の会(神奈川県川崎市)

第23回江川せせらぎ九条の会つどい〜安倍政権下の新しい改憲状況にどうたちむかうか?
日時:3月2日(土)午後1時30分(開場午後1時)
講師:高田健さん(九条の会事務局)
場所:せせらぎ交流室
参加費:300円
主催:江川せせらぎ九条の会
連絡先:TEL044−755−3280


子どもの本・九条の会

小児科医山田真さん講演:「放射能安全神話」からの脱却を〜いま、福島で何が起きているのか
日時:3月3日(日)13:30開場 14:00開会 16:45終了
場所:東京都国分寺市Lホール tel042-327-1139 
参加費:500円
申込み不要
主催:子どもの本・九条の会
     http://love.ap.teacup.com/kodomono/


東北女性弁護士九条の会

講演会「勝てないアメリカ〜アフガニスタン従軍取材の体験〜」
日 時:3月5日(火)18時から
会 場:仙台弁護士会館4F  
講 師:大治朋子(おおじ ともこ)さん(毎日新聞本社外信部編集委員)
入場無料
主催:東北女性弁護士九条の会
問い合わせ先:佐久間敬子法律事務所022-267-2288/小島妙子法律事務所 022-225-5108


調布「憲法ひろば」(東京都調布市)

第80回(3月)例会
テーマ:自民党憲法草案と改憲情勢
お 話:小沢隆一さん(慈恵医大憲法学教授、九条の会事務局)
日 時:3月10日(木)13時半〜
場 所:あくろす3階「あくろすホール」(京王線国領駅北口前)
資料代:300円
詳細はWebサイトの「例会案内」をごらんください
     http://www.geocities.jp/chofu9jou/index.html
主 催:調布「憲法ひろば」
     (連絡先)E-mail:choufu9jou@yahoo.co.jp
           Fax:042-483-1566(大野方)


たま九条の会(神奈川県川崎市)

学習講演会:憲法破壊に私たちはどう立ち向かうか、
         3.11 2年目の日に、日本を戦争する国にしないために
日時:3月11日(月)午後6時半開演(6時開場)
会場:多摩市民館3階大会議室(小田急線「向ヶ丘遊園」下車北口徒歩5分)
講演:小森陽一さん(九条の会事務局長)
演奏:及川知宣さん(ストリートピアニスト)
資料代:500円
主催:たま九条の会
連絡先:田代浩一(TEL090−4078−9361 FAX044−966−7458)
共催:生田九条の会・すげ九条の会


八幡9条の会(京都府京都市)

講演会「小出裕章さんと考える原発と憲法9条」
日時:3月23日(土)14時から(開場13時30分)
会場:八幡市文化センター小ホール(京阪八幡市駅よりバス、「八幡市役所前」下車すぐ)
講演:小出裕章・京都大学原子炉実験所助教
定員400人
参加費:300円(高校生以下無料)
主催:「小出裕章さんと考える原発と憲法9条」八幡実行委員会
問い合わせ:小畑哲雄075(983)3005、福山玲子075(982)1936


おおさか医科・歯科九条の会(大阪府)

発足7周年記念企画:3・11福島第一原発事故から2年、原発と憲法9条を考える市民公開講演会
日時:3月31日(日)13:30〜17:00
歌:ウクライナの歌姫 ナターシャ・グジーさん「水晶の歌声とバンドゥーラの可憐な響き」
講演:小出裕章さんが語る「原発と憲法九条」
場所:エルおさか・エルシアター(京阪・地下鉄「天満橋」駅より西へ300m)
参加費:無料(事前予約制)
主催:おおさか医科・歯科九条の会 
連絡先:TEL06-6568-7721 FAX06-6568-2389


活動報告〜新成人に9条をアピール〜9条の会・こがねい(東京都小金井市)

1月14日、吹雪の中、市民交流センターで成人式が開催されました。小金井市の新成人の数1189名。友達とおしゃべりしたり、写真を撮り合ったり、悪天候に負けない若人が集いました。会では、9条の危機的状況を訴える新しい手のひらサイズのリーフレット“NOW!Save9jou”を若者の協力で作成、平和の願いを込めて一人ひとり新成人に手渡しました。また昨年末に作った横断幕を掲げ、「9条を守って!」と大声で訴えました。再び日本を戦争をする国にさせない! 人間が人間らしく生きられる世界を若者と一緒に作っていきたい。(9条の会・こがねいニュースNO.85)


編集後記〜安倍首相の危険な政策、急ピッチ

前号本欄で、在外邦人救出を口実に自衛隊法改悪を進めようとする例を引き、参院選を待たずに、安保防衛問題でも安倍首相の危険な動きが進んでいることを指摘した。いま同様の動きが次から次へと出始めた。7日の国会では軍隊慰安婦問題で、またも「軍の直接関与」を否定した。また同日、第1次安倍内閣で靖国神社参拝ができなかったことは「痛恨の極みだ」などと発言した。また政府は日本船籍の船に乗り込む外国の民間警備員を想定してライフルなど小銃の所持・使用を認める日本舶警備特別措置法案(仮称)を今国会に提出するという。また政府内には航空自衛隊の次期主力戦闘機となるF35戦闘機の部品の共同生産をめぐり、武器輸出三原則を事実上、緩和する動きがある。さらに政府は国家安全保障会議(いわゆる日本版NSC)設置にむけた有識者会議を15日にひらこうとしている。8日には第1次安倍内閣が組織した「安全保障の法的基盤の再構築に関する有識者懇談会」を全く同じメンバーで再開し、集団的自衛権の行使に関する憲法解釈の変更に乗り出した。これらはいずれも憲法9条の精神をその足下から掘り崩す危険な動きだ。
3月3日の「学習会」を今後の九条の会の運動にとって有意義なものとしたい。(T)