九条の会事務局主催「情勢学習会」、開催目前です

開催日が目前になりました。憲法問題が緊張しています。学習会の成功のため、宣伝にご協力下さい。
学習会名:9条をめぐる動きは、いま
日時:6月9日(土)13:30〜16:30(開場13:00)
会場:在日本韓国YMCA地下ホール(東京・水道橋駅下車)
http://www.ymcajapan.org/ayc/hotel/jp/access-access.html
講演者とタイトルは、
■浦田一郎(明治大学)「九条をめぐる動きと政府の憲法解釈〜米軍基地、武器輸出、国会の憲法論議」
■明田川融(法政大学)「九条、『同盟』、沖縄の相関」
参加費:1000円
定員:250人(当日、先着順)
主催:九条の会事務局


九条の会講演会は9月29日(土)午後(詳細未定)です

ぜひ皆さまのご予定に入れておいてください。
会場:東京日比谷公会堂
講師:大江健三郎、奥平康弘、澤地久枝
主催:九条の会


「第4回九条の会全国交流集会報告集」およびDVD「第4回九条の会全国交流集会全体会の記録」普及にご協力下さい。好評です

3・11と憲法審査会の始動という情勢の中にあって、よびかけ人のみなさんの問題意識の発露と、全国各地の九条の会のたゆみない、力強い活動の生き生きした報告が掲載されており、好評を得ています。ぜひ広めて頂きたい冊子とDVDです。
☆「第4回九条の会全国交流集会報告集」B5判64頁 頒価500円(送料別)
 (10部〜×0.9  30部〜×0.8  100部〜×0.7  いずれも送料別)
内容
《全体会=よびかけ人あいさつ》憲法文化と「フクシマ」…大江健三郎/新しい取り組みに向けて…奥平康弘/世直しのとき…澤地久枝
《全体会=各地・各界からの報告》岐阜=つけち九条の会…野村正治/宮城=女川九条の会…高野博/福島=福島県九条の会…真木實彦/大阪=大阪宗教者ネットワーク…立石泰雄/群馬=前橋5中地区9条の会…桑原新一
《特別分散会報告》沖縄=大宜味村「憲法九条を守る会」…平良啓子/宮城=山元町九条の会・憲法九条を守る首長の会…森久一/福島=小高九条の会…中里範忠/佐賀=唐津・東松浦地区日本国憲法九条の会…坂本洋/富山=水橋九条の会…岡田美乃利/愛知=憲法9条をまもる瀬戸の会…田中詔子/東京=井の頭沿線九条の会・永福…伊藤幸世/東京=ICU9条の会…嶋田拓郎
《分散会・分科会のまとめの報告》
《まとめと訴え》小森陽一
《感想文から》
《資料》九条の会 草の根の組織状況

☆DVD「第4回九条の会全国交流集会 全体会の記録
映写時間 130分 頒価1500円(送料別)

☆セット販売  ブックレット1冊+DVD1本のセット価格1500円の特別提供は、好評につき、当初の予定セット完売後も延長してきましたが、この措置は5月31日をもって終了とさせて頂きます。ご希望の方は早めにお申し込みください。
お申込はメールかFAXで九条の会事務局まで。


ブックレット「加藤周一が語る」をまだお読みでない方に〜重版できました

「見逃してならないのは、やはりなし崩しということ。変化が小さいから見逃していいのではなくて、小さい変化にこそ注意すべきだと私は思います」――憲法審査会が始動し、非常事態のために憲法「改正」が必要とまことしやかに主張されるいまこそ、2008年12月に亡くなられた加藤周一さんが最晩年に語られた言葉を心に刻み、意思表明していきたいものです。
朝日カルチャーセンターでの2回の対談が収められています。しばらく在庫を切らしていましたが、ご要望により重版できました。まだお読みでない方はぜひどうぞ。
■ブックレット「加藤周一が語る」/聞き手:小森陽一(東京大学教授・九条の会事務局長)
○憲法9条から日本と世界を考える(2007年12月1日)
○戦争は、どのようにして始まるのか(2008年4月26日)
A5判56ページ 300円・送料別途 10冊以上1冊250円


「九条の会」リーフレットは、いま2種類あります

長らく色モザイクの9の表紙デザインで親しまれてきた「憲法9条、未来をひらく」のリーフレットのほかに、元気よく9の字を描いて跳ねる龍がデザインされた「憲法9条、明日をつむぐ」ができて、現在2種類をご注文に応じて発送しています。
どちらも、「九条の会」アピール、第9条の条文、「九条の会とは」の解説のほか、9人のよびかけ人の顔写真とメッセージを収録しています。表紙は九条の会ホームページに掲載しています。いずれをご希望か、明記してお申し込みください。
B6判(B4判4つ折) 1部10円(送料別途)
申し込みは事務局へメールか、FAX03-3221-5076、電話03-3221-5075で。


<未来世代にのこすもの 私たちは何を「決意」したか――九条の会講演会>のDVD、好評発売中です

2011年6月4日に東京・日比谷公会堂で開かれた九条の会講演会での講演を収録したDVDです。
二重被爆者の「もてあそばれたような気がする」という現実認識を戦後の出発点にすべきだったと鶴見俊輔さん。澤地久枝さんは3月11日の大地震の後、炊飯器いっぱいのご飯を炊いておむすびを作った、それは無垢の幼きものにひもじい思いをさせたくなかったから。災害救助になぜ迷彩服か――我が物顔で出動する自衛隊と憲法9条の関係をシビアに問う奥平康弘さん。1999年に「小説家の想像にすぎない、といわれることは承知で、私は次の世紀の最初の4分の1に、この国で起りうる大きい原発事故のことを考えずにはいられません」と述べた大江健三郎さんが、まさに子どもらが放射能の脅威にさらされているいま語る、「決意」への思い。
2000人の聴衆を前に4者4様に「3.11」後の展望を語りかけるDVDは、ひとりでも多くの方に聞いていただきたい内容です。全150分で1500円(税込・送料160円)。
九条の会事務局に、メール、FAX03-3221-5076、電話03-3221-5075でお申し込みください。


憲法セミナーブックレット

2006年11月から始まり、現在第10回まで開催された憲法セミナーはブックレットになっています。毎回の講演と参加者の質問への応答が収録されています。
各冊300円、同じブックレットを10冊以上お申し込みの場合は1冊あたり250円(いずれも税込・送料別途)になります。ただし第1回と第2回は品切れで、コピーを200円でおわけしています。
九条の会事務局に、メール、FAX03-3221-5076、電話03-3221-5075でお申し込みください。

■第1回 アジアの平和を九条の心で
◇加藤周一/憲法セミナー開催にあたって 
◇澤地久枝/志が重なり合って力となる 
◇辻井喬/将来を若者に託すにあたっての処方箋 

■第2回 国際紛争の解決は九条の心で
◇小田実/「小さな人間」の行動が世界をつくる 
◇伊勢ア賢治/憲法9条と日本の平和貢献 

■第3回 いま語る 九条の心
◇鶴見俊輔/自分という根拠に立って
◇有馬ョ底/ブッダの教えと憲法九条

■第4回 戦争をする国にさせない
◇池田香代子/私たちの夢に「国家」はいらない
◇奥平康弘/蹴られてきたボールは蹴り返そう

■第5回 九条で平和をつくる――メディア報道と憲法問題
◇明珍美紀/平和をつくるネットワークを
◇井上ひさし/ひとの都合では死なない

■第6回 人間らしく生きる――憲法第九条と二五条
◇暉峻淑子/どうしてイラクの子どもが殺されなければいけないのか
◇湯浅/貧困問題と憲法九条
◇大江健三郎/憲法に希望を託して

■第7回 憲法九条の輝きを日本に世界に
◇アーサー・ビナード/アメリカはだれだ? 日本はどこへ?
◇澤地久枝/未来を決めるのは「市民」

■第8回 憲法九条と戦争の記憶
◇加藤多一/北海道で考える私・反戦のこころ
◇大江健三郎/加藤周一さんと意志的に生きること

■第9回 憲法9条が生きる日本に
◇渡辺治/民主党政権と憲法の行方
◇大江健三郎/民主主義の後退を見逃してはいないか

■第10回 核のない平和な世界と憲法9条
◇平岡 敬/核廃絶と創り出す平和 
◇高遠菜穂子/命に国境はない―イラク戦争とは何だったのか?

各地から(全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある!)

 掲載原稿を募集しています。本欄に掲載希望の方はmag@9jounokai.jpに投稿して
下さい。掲載は原則として「九条の会」関係の催しに限り、1行事1回掲載としま
す。このメルマガは毎月10日、25日発行です。投稿される方は発行日の5日前ま
でにお願い致します。原稿はできるだけチラシなどの添付ではなく、掲 載形式でデ
ータを作ってお送りください。編集に際して若干、手を加える場合があります。
                                          (編集部)


九条の会・医療者の会

アフガンから訴えたいこと〜原発問題から憲法9条へ〜
日時:5月26日(土)開会16:00(開場15:00)
記念講演:中村哲さん(ペシャワール会)
会場:KFCビル3階ホール(JR両国駅から徒歩8分、墨田区横網1−6−1 国際ファッションセンタービル3階)
資料代:500円
主催:九条の会・医療者の会
(問い合わせ先)03−5842−3781


名取九条の会(宮城県名取市)

結成6周年記念行事/講演「なぜ憲法第9条の改正に反対するのか」
日時:6月2日(土)午後1時30分〜3時30分
講師:小野寺義象さん(弁護士・片平九条の会代表委員)
場所:本町集会所(名取市増田一丁目 私立増田保育所近く)
資料代:300円の協力をお願いします。
主催:名取九条の会(代表世話人 後藤 022-384-5517)


医療九条の会・北海道(北海道)

第13回憲法セミナー「山口二郎さんが語る
      〜橋下主義(ハシズム)は、どこへ行く〜憲法の視点から考える」
日時:6月2日(土)15:00〜16:30
お話:山口二郎さん(北大大学院法学研究科教授)
会場:紀伊國屋書店札幌本店1Fインナーガーデン
(札幌市中央区北5西5−7)
主催:医療九条の会・北海道 http://iryo-9jyo.net


九条科学者の会かながわ(神奈川県)

第17回学習会(第18回 憲法9条かながわフォーラム)
     JAXA(宇宙航空研究開発機構)法の改悪について
日時:6月10日(日)14時〜16時
講師:池内 了 氏(総合研究大学院大学教授、宇宙物理学)
会場:鶴見大学会館 2階 研修室204
     (JR京浜東北線鶴見駅西口下車徒歩2分、京急線京急鶴見駅下車徒歩3分)
資料代:200円
主 催:九条科学者の会かながわ・日本科学者会議神奈川支部
連絡先:後藤仁敏 tel:090-7175-1911  goto@kd5.so-net.ne.jp


医療九条の会・北海道(北海道)

ヒロシマからフクシマへ 肥田舜舜太郎さん講演会
日時:6月16日(土)午後2時から4時まで
講師:肥田舜舜太郎さん(内科医、95歳)
会場:札幌全日空ホテル「鳳」(札幌市中央区北3西1)
参加費:500円
主催:医療九条の会・北海道
   核戦争に反対する北海道医師・歯科医師の会
   連絡先:FAX011−716−3927


九条の会・荻窪(東京都杉並区)

講演会:再び動き出した憲法改悪の危険な動き〜私たちはどう立ち向かうか〜
日時:6月23日(土)午後6時30分〜午後8時40分 
お話:高田 健氏(九条の会事務局。許すな!憲法改悪・市民連絡会)
DVD上映:「憲法」〜今と未来の世代のために(30分)
会場:あんさんぶる荻窪4階第1・2教室
      (JR荻窪駅、東京メトロ丸の内線荻窪駅西口=南側より西へ徒歩3分)
資料代:300円
主催:九条の会・荻窪 
連絡先:若林 waka.seishi@nifty.com


栄区九条の会(神奈川県横浜市)

栄区九条の会6周年のつどい:講演とクラリネット演奏
日 時:6月23日(土)14時〜16時40分 
第1部「アンサンブル クラリス」演奏
第2部 作家・早乙女勝元さんの講演「憲法と平和と私と−東京大空襲から3・11へ」
会 場:地球市民ぷらざ内プラザホール(JR根岸線本郷台駅そば)
入場料:700円(高校生以下無料)
主 催:栄区九条の会
連絡先:木村宏一郎 電話・FAX045-833-6090


憲法九条やまとの会(神奈川県大和市)

6周年のつどい「浜 矩子氏(同志社大学教授)講演会」
日時:6月23日(土)13時開場13時半開演〜16時
演題:「3.11以降の日本はどうなる、どうする」―欧州経済危機・TPPと私たちのくらし―
会場:大和市保健福祉センタ―ホール(小田急江ノ島線鶴間駅徒歩5分)
参加費:800円 当日1000円 障碍者・学生500円
保育あり(要予約)・手話通訳あり
主催:憲法九条やまとの会(連絡先:T&F046−272−8880)
後援:大和市・大和市教育委員会


俳人「九条の会」

俳人「九条の会」深緑のつどい
日時:6月30日(土)午後1時30分(開場午後1時)
お話:「高齢者と俳句」大牧 広(俳人「九条の会」呼びかけ人、「港」主宰)
     「反骨無頼の俳人たち」村上 護(作家・評論家)
会場:YMCAアジア青少年センター(JR水道橋駅徒歩5分)
参加費:1000円
申し込み方法:俳人「九条の会」へFAXで〒・住所・電話番号・参加氏名(人数分)を書いてお知らせ下さい。「入場整理券」を送ります。
主催:俳人「九条の会」 TEL&FAX03−3909−1228


子どもの本・九条の会

4周年の集い
日時:6月30日(土)13:30〜16:30
会場:オリンピックセンター カルチャー棟小ホール
チケット:前売り800円 当日1000円 こども500円
講演 奥平康弘
演題:「憲法は私たちが生きる原動力」−原発問題に触発されて−
その他:平和絵本の読み語り・戦争と平和をめぐる子どもの本展など
主催:子どもの本・九条の会
詳細:http://love.ap.teacup.com/kodomono/


東久留米「九条の会」(東京都東久留米市)

7周年のつどい
日時:6月30日(土)開演14:00(開場13:30)〜16:30
講演:アーサー・ビナードさん「一流の憲法と三流の政治家のフシギな国」
うた:カーミーズ(沖縄のうた・沖縄県出身東村山市在住のファミリーバンド)
会場:まろにえホール(東久留米市立生涯学習センター)
協力券:500円(高校生以下・障がい者無料)
主催:東久留米「九条の会」連絡先042-473-9489(鈴木)
http://members3.jcom.home.ne.jp/higashikurume9/


活動報告〜高梁9条の会(岡山県高梁市)「結成7周年市民の集い(兼総会)」に100人、映画「無言館」鑑賞に感動 !

憲法を守る高梁9条の会は5月13日、高梁総合文化会館レクチャールームで「結成7周年記念市民の集い(兼総会)」を開き会場いっぱいの約100人が参加しました。 (後援=高梁市、同教育委員会、山陽新聞社、吉備ケーブルTV)
集いでは、昨年度亡くなられた会員の方々への黙祷をしたあと、市役所会員有志が作詞作曲した「高梁9条の会の歌」を元気に合唱して開幕しました。
最初に、主催者を代表して理恵子代表世話人(吉備国際大学准教授)が「9条の大切さを常に学びつつ多くの人に伝えていこう」と挨拶。
総会では、会員が個人・団体あわせて100人になったこと、会に寄せられた憲法9条を守る署名が8,999人になり、目標(有権者の過半数)の62%に達したこと、さらに「高梁9条の会」の草の根の市民組織として地道に継続した活動が認められ、高梁市から「文化団体」として認定されたことなど報告され大きな拍手につつまれました。また、新年度も毎月の共同行動の継続や地域の会の結成、新役員の選出などが確認されました。
また集いでは、 高梁市民へのアピール「みんなで守り生かそう! 憲法9条」を採択しました。
◇        ◇       ◇
そのあと、記念事業として、長編ドキュメンタリー映画・戦没画学生慰霊美術館「無言館」が上映され、多くの参加者から「良いつどいだった。感動した」の感想が寄せられました。
特に「平和を守る課題の大切さをつくづく感じた」 (20代男性)、「尊い命と平和を守るために協力していきたい」(60代女性)、「安保をなくすれば憲法がさらに輝く」(男性)、「1人の力は小さいけれど力を合わせてあきらめずにがんばりたい」(70代男性)、「無言館に行きたい」(30代女性・70代男性)などの声が寄せられました。
また、高梁9条の会に対して「ねばり強く継続した活動に敬意と感謝」(40、60、70代男性)など激励の声がありました。
集いでは、「会への活動に」と29,050円の貴重な募金、近藤隆則高梁市長からのメッセージが寄せられるとともに、山陽新聞社などからの取材もありました。
さらに集いの開会前には、医療生協組合員による「無料健康チェックコーナー」が設けられ、多くの人が血圧測定などを受けていました。
                        (高梁9条の会事務局)


活動報告〜金子勝教授(憲法)がハシズムを徹底批判/超満員の観衆、熱弁に感動〜 井の頭線沿線九条の会 浜田山(東京杉並区)

 5月13日(日)、浜田山会館集会室で開催した例会「金子勝教授熱血講演ーハシズムを憲法から斬るー」には定員60名を超える84名の方々が参加、この中には遠路、狭山、所沢、座間、横浜、船橋、青梅、八王子、町田からはるばる駆けつけてくださった方もいました。
 金子教授は橋下大阪市長の役割を人気凋落の民主・自民両党に代わる<『安保』ファシズムへのペースメーカー>と規定、その言動を憲法原理と各条項から根底的に批判しました。また維新の会の「維新八策」について、その内容は新自由主義とグローバリゼーションそのものであり、公務員・教育労働者敵視策にとどまらず、「アメリカと日本の財界が目指す方向を体現したもの」と指摘しました。最後にハシズムに対抗する<平和的福祉国家>へ向けた運動を強めることを訴え、参加者に深い感動を呼び起こしました。
  当日のアンケ−トにはこんな声が寄せられました。
「非常にわかりやすい内容で、明るく楽しい語り口もすばらしかった」
「ヒットラ−の時代はすんでしまった歴史ではない、と思いました」
「大阪はどうなってしまうのでしょう」「会場が狭い!」
          (文責)井の頭線沿線九条の会 浜田山 島村矩弘


編集後記〜参院憲法審査会小坂会長、自民党などの改憲案を審査せよと主張

小坂会長(自民)が5月16日の記者会見で述べた。同じく、改憲案を出したみんなの党、たちあがれ日本などの案も取り上げたいと主張。憲法審査会はどこに行くのか。被災地の救済や原発問題も解決にはほど遠い中、永田町の一部で妙に盛り上がる改憲論だが、危険な動きだ。(T)