九条の会メルマガは次号(12月25日発行)が本年最終号、新年は1月25日号からです

万余の読者の皆さまに支えられ、「九条の会メルマガ」は本年も定期発行を続けることが出来ました。ご協力に感謝いたします。投稿に際してあらかじめ、上記、発行予定を念頭に置いて下さいますようお願いします。


6月4日開催の九条の会講演会の記録冊子(岩波ブックレット)のお知らせ

 6月4日に東京・日比谷公会堂で開催した「未来世代にのこすもの 私たちは何を『決意』したか――九条の会講演会」が、岩波書店より岩波ブックレットとして刊行され、発売中です。
 3月11日の未曾有の大震災と原発事故から3ヶ月を目前に講演会は開催されました。戦後60余年の歳月、同時並行の関係にあった被曝の歴史と原発導入の歴史をあらためて認識し、問いかけるこのブックレットをぜひお読みください。
お買い求めは全国の書店で。入手し難い場合は、九条の会事務局にご相談 ください。
■岩波ブックレットNo.822
『原発への非服従――私たちが決意したこと』
○受身の力  鶴見俊輔 
○ひとりから始める  澤地久枝
○日本の憲法文化において闘う  奥平康弘
○平和をつくりだす決意  大江健三郎 
A5判64ページ 定価525円(税込)


「九条の会」リーフレットのデザインを更新、ポストカードもつくりました

 「憲法9条、未来をひらく」で親しまれてきた「九条の会」紹介のリーフレットのデザインを一新しました。
 新リーフレットは、タイトルが「憲法9条、明日をつむぐ」。
 「九条の会」アピール、第9条の条文、「九条の会とは」の解説のほか、9人のよびかけ人の顔写真とメッセージも、従来同様、収録しています。表紙は九条の会ホームページに掲載しています。
 B6判(B4判4つ折、従来と同じ大きさ) 1部10円(送料別途)

 またリーフレットの新デザインからポストカードも制作しました。文字が入っていないので一年中、どんな使い方もできますが、辰年の年賀状にもぴったりのデザインです。インクジェット、レーザープリントどちらも可。
20枚600円、40枚1000円、100枚2000円(いずれも送料別途)
申し込みは事務局へメールか、FAX03-3221-5076、電話03-3221-5075で。


<未来世代にのこすもの 私たちは何を「決意」したか――九条の会講演会>のDVD、好評発売中です

 2011年6月4日に東京・日比谷公会堂で開かれた九条の会講演会での講演を収録したDVDが出来上がりました。
 二重被爆者の「もてあそばれたような気がする」という現実認識を戦後の出発点にすべきだったと鶴見俊輔さん。澤地久枝さんは3月11日の大地震の後、炊飯器いっぱいのご飯を炊いておむすびを作った、それは無垢の幼きものにひもじい思いをさせたくなかったから。災害救助になぜ迷彩服か――我が物顔で出動する自衛隊と憲法9条の関係をシビアに問う奥平康弘さん。1999年に「小説家の想像にすぎない、といわれることは承知で、私は次の世紀の最初の4分の1に、この国で起りうる大きい原発事故のことを考えずにはいられません」と述べた大江健三郎さんが、まさに子どもらが放射能の脅威にさらされているいま語る、「決意」への思い。
 2000人の聴衆を前に4者4様に「3.11」後の展望を語りかけるDVDは、ひとりでも多くの方に聞いていただきたい内容です。全150分で1500円(税込・送料160円)。
 九条の会事務局に、メール、FAX03-3221-5076、電話03-3221-5075でお申し込みください。


憲法セミナーブックレット「核のない平和な世界と憲法9条」

 2010年10月30日に島根県松江で開かれた第10回憲法セミナーの記録ブックレット、発売中です。
■「九条の会」憲法セミナーブックレットI「核のない平和な世界と憲法9条」
○核廃絶と創り出す平和 平岡 敬(元広島市長)
○命に国境はない―イラク戦争とは何だったのか? 高遠菜穂子(イラク支援ボランティア)
A5判60ページ 300円 10冊以上は1冊あたり250円(いずれも税込・送料別途)
九条の会事務局に、メール、FAX03-3221-5076、電話03-3221-5075でお申し込みください。


憲法セミナーブックレット「憲法九条の輝きを日本に世界に」

 大分県別府市で開催された第7回憲法セミナーでの澤地久枝さんとアーサー・ビナードさんの講演と質疑応答をまとめた「憲法九条の輝きを日本に世界に」、発売中です。
■「九条の会」憲法セミナーブックレットF「憲法九条の輝きを日本に世界に」
○アメリカはだれだ? 日本はどこへ? アーサー・ビナード(詩人)
○未来を決めるのは「市民」 澤地久枝(作家・九条の会よびかけ人)
A5判52ページ 300円 10冊以上は1冊あたり250円(いずれも税込・送料別途)
九条の会事務局に、メール、FAX03-3221-5076、電話03-3221-5075でお申し込みください。


「井上ひさしさんの志を受けついで―九条の会講演会〈日米安保の50年と憲法9条〉」のDVD、好評発売中です

 2010年6月19日に東京・日比谷公会堂で会場を満員にして開催された上記講演会を記録したDVDです。
 九条の会よびかけ人の大江健三郎さん、奥平康弘さん、澤地久枝さんの講演、井上ひさしさんのお連れ合いの井上ユリさんのあいさつ、佐藤修三さんによる井上さんの作品『吉里吉里人』の一節の朗読のほか、小森陽一事務局長からの「よびかけ人会議」の報告が、当日のプログラムの順に収められています。
 ケースに添えられたカードには当日出席されなかった梅原猛さん、鶴見俊輔さんからのメッセージも添えられています。
 ※DVD 時間/122分 定価/1700円(税込)・送料別途
 ※九条の会事務局に、メールもしくはFAX03-3221-5076、電話03-3221-5075でお申し込みください。


岐阜憲法セミナーでの井上ひさしさんの講演録

 2008年6月21日に岐阜市で開催された憲法セミナーは「九条の会」憲法セミナーブックレットD「九条で平和をつくる――メディア報道と憲法問題」として刊行しています。
 ○平和をつくるネットワークを 明珍美紀(新聞記者)
 ○ひとの都合では死なない 井上ひさし(作家、九条の会よびかけ人)
 明珍記者によるインタビュー、会場からの質疑応答も収録されています。
A5判53ページ 300円(税込・送料別途)10冊以上は1冊250円


九条の会第3回全国交流集会 報告集、DVD、ビデオ発売中

2008年11月24日に開かれた第3回全国交流集会の全体会・分散会の記録。 
報告集は、B5判92ページ 800円(税込)・送料別途(10冊以上お求めの場合は、割引があります。お問い合わせください。)
DVD=1500円(税込み)・送料別途
ビデオ=特価900円(税込み・送料含む)、
DVD・ビデオには全体会(よびかけ人あいさつ・各地・各界の報告)が収録され、159分。
お申し込みは事務局へ。

各地から(全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある!)

 掲載原稿を募集しています。本欄に掲載希望の方はmag@9jounokai.jpに投稿して
下さい。掲載は原則として「九条の会」関係の催しに限り、1行事1回掲載としま
す。このメルマガは毎月10日、25日発行です。投稿される方は発行日の5日前
までにお願い致します。原稿はできるだけチラシなどの添付ではなく、掲載形式で
データを作ってお送りください。(編集部)


富士見町九条の会(東京都東村山市)

<12月例会>「この年を振り返り想いを語ろう」
日時:12月11日(日)午後1時〜
場所:富士見公民館 第2集会室
参加費:無料
主催:富士見町九条の会 連絡先:042-394-1251(松内)


別海九条の会(北海道野付郡別海町)

九条喫茶
日時:12月17日(土)
場所:別海教会   
会費:300円
内容:川瀬さんの跡に暮らして
お話しする人:渡辺佐知子さん
読み聞かせ:くさぶえ
主催:別海町九条の会
   事務局(岡井)0153−75−1179


日吉地域九条の会(神奈川県横浜市)

12月のつどい「日本のアジア侵略の事実・・・18年間の証言集会から見えたもの・・・」
日時:12月22日(木)14:00〜
場所:日吉本町地域ケアプラザ(日吉駅東口バス停4より乗車10分、コンフォール南日吉下車徒歩2分。市営地下鉄グリーンライン日吉本町駅下車徒歩7〜8分)
お話:吉池俊子さん(アジアフォーラム横浜代表)
参加費:200円
主催:日吉地域九条の会
  (連絡先)045−563−9175


調布「憲法ひろば」(東京都調布市)

第69回(1月)例会「団栗(どんぐり)と戦争」----調布で作られたどんぐりパン
日 時:1月14日(土)13時半〜
お 話:古橋研一さん(郷土史家、調布市国領町在住)
場 所:あくろすホール1(京王線国領駅北口)
資料代:300円
詳細はWebサイトの「例会案内」をごらんください
    http://www.geocities.jp/chofu9jou/index.html
主催:調布「憲法ひろば」
(連絡先)E-mail:choufu9jou@yahoo.co.jp  Fax:042-483-1566(大野方)


たかつ九条の会(神奈川県川崎市)

たかつ九条サロン
日時:1月23日(月)午後6時30分
演題:歴史から学ばず、行き詰まりの日本(仮題)
ゲスト:野田英二郎さん(元駐インド大使)
会場:てくのかわさきホール
主催:たかつ九条の会
   fa57483@fd6.so-net.ne.jp


活動報告 高梁9条の会(岡山県)が76回目の共同行動。「稲荷神社霜月大祭」参拝者に訴え90人からの署名

高梁9条の会は12月4日、高梁市落合町近似の稲荷神社霜月大祭会場周辺で76回目の共同行動を行いました。
行動には、泉浩爾代表世話人をはじめ会員9人が参加。参拝者に会の活動の紹介と憲法9条全文を掲載した「こんにちは。高梁9条の会です」のニュースを配布しながら「戦争をしないと決めた憲法9条を守りましょう。9条を変えようとする動きに反対しましょう」と署名への協力を訴えました。
約1時間の行動で、90人から署名が寄せられました。これで、会に寄せられた署名累計は、8,819筆になりました(目標→有権者の過半数の60.6%)。  
         
署名の訴えに対して、全体的に中高年の人の反応がよく、若い人の協力がいまひとつでした。
会の幟旗を見て進んで立ち寄り「戦争はいけませんけぇ、署名をさせてくだせぇー」(70代女性)と署名する人、「戦争になったら神社の参拝へ来れんようになるけぇなぁ」と2世代家族5人連れの人、祭りでビールを飲みながら歩いている男性(60代)も賛同。さらに、小学校高学年の女の子も会員に「子供でも書いていいんですか」と署名していました。
次回 第77回目の共同行動は、2012年1月8日(日)午前8時30分から、高梁市の成人式会場前で新成人を対象に「祝・成人と9条の訴え」を行う予定です。


編集後記〜憲法審査会の改憲論議

第179臨時国会中の憲法審査会は衆参とも実質審議が各2回行われ、「非常事態条項」の導入、自衛隊の明記、96条改憲、新しい人権条項導入などなどの発言が改憲派の委員から相次ぎました。改憲派は第9条にターゲットを絞りつつも、さまざまに現行憲法への批判を行い、憲法審査会を改憲のための世論づくりの場にしようとしているようです。全国交流集会での小森事務局長のまとめの発言にもありましたが、「九条の会」の出番ですね。(T)