九条の会第4回全国交流集会第2回運営委員会を開催

 九条の会は「第4回全国交流集会」を来る11月19日(土)午前10時30分から16時30分まで、日本教育会館(東京都千代田区一ツ橋2−6−2)で開催します。各地の九条の会の皆さま、ぜひご参加下さい。
8月末、第2回運営委員会を開催しましました。以下は、当日確認した点です。
@全体会(10時30分〜12時30分)は、呼びかけ人の発言のほか各地の報告を受ける。
A分散会・分科会(13時30分〜)は、12の会議室で分散会・分科会を開催しつつ、ホールを使用した「各地の経験をじっくり聞く会」を規模の大きな分散会として設ける(200〜300人参加を想定)。また、女性が交流する分科会を設ける。その他の分科会もさらに検討する。
B分散会・分科会の後に、全体集会を持つが、各分散会・分科会からの報告は受けずに、短時間で意義のある全体集会の持ち方を追求する。
C分科会・分散会では、今日の情勢の下での九条の会の意義についても議論できるよう、適切なテーマを示した運営要綱を作成する。
D9月20日頃までに運営要綱を作成し、参加募集を開始する。


「九条の会」リーフレットのデザインが新しくなりました

 「憲法9条、未来をひらく」で親しまれてきた「九条の会」紹介のリーフレットのデザインを一新しました。
新リーフレットは、タイトルが「憲法9条、明日をつむぐ」。 「九条の会」アピール、第9条の条文、「九条の会とは」の解説のほか、9人のよびかけ人の顔写真とメッセージも、従来同様、収録しています。表紙は九条の会ホームページに掲載しています。
B6判(B4判4つ折、従来と同じ大きさ) 1部10円(送料別途)
申し込みは事務局へメールか、FAX03-3221-5076、電話03-3221-5075で。


<未来世代にのこすもの 私たちは何を「決意」したか――九条の会講演会>のDVD、好評発売中です

 6月4日に東京・日比谷公会堂で開かれた九条の会講演会での講演を収録したDVDが出来上がりました。
 二重被爆者の「もてあそばれたような気がする」という現実認識を戦後の出発点にすべきだったと鶴見俊輔さん。澤地久枝さんは3月11日の大地震の後、炊飯器いっぱいのご飯を炊いておむすびを作った、それは無垢の幼きものにひもじい思いをさせたくなかったから。災害救助になぜ迷彩服か――我が物顔で出動する自衛隊と憲法9条の関係をシビアに問う奥平康弘さん。1999年に「小説家の想像にすぎない、といわれることは承知で、私は次の世紀の最初の4分の1に、この国で起りうる大きい原発事故のことを考えずにはいられません」と述べた大江健三郎さんが、まさに子どもらが放射能の脅威にさらされているいま語る、「決意」への思い。
 2000人の聴衆を前に4者4様に「3.11」後の展望を語りかけるDVDは、ひとりでも多くの方に聞いていただきたい内容です。全150分で1500円(税込・送料160円)。
九条の会事務局に、メール、FAX03-3221-5076、電話03-3221-5075でお申し込みください。


憲法セミナーブックレット「核のない平和な世界と憲法9条」

 昨年10月30日に島根県松江で開かれた第10回憲法セミナーの記録ブックレット、発売中です。
■「九条の会」憲法セミナーブックレットI「核のない平和な世界と憲法9条」
○核廃絶と創り出す平和 平岡 敬(元広島市長)
○命に国境はない―イラク戦争とは何だったのか? 高遠菜穂子(イラク支援ボランティア)
A5判60ページ 300円 10冊以上は1冊あたり250円(いずれも税込・送料別途)
九条の会事務局に、メール、FAX03-3221-5076、電話03-3221-5075でお申し込みください。


憲法セミナーブックレット「憲法九条の輝きを日本に世界に」

 大分県別府市で開催された第7回憲法セミナーでの澤地久枝さんとアーサー・ビナードさんの講演と質疑応答をまとめた「憲法九条の輝きを日本に世界に」、発売中です。
■「九条の会」憲法セミナーブックレットF「憲法九条の輝きを日本に世界に」
○アメリカはだれだ? 日本はどこへ? アーサー・ビナード(詩人)
○未来を決めるのは「市民」 澤地久枝(作家・九条の会よびかけ人)
A5判52ページ 300円 10冊以上は1冊あたり250円(いずれも税込・送料別途)
九条の会事務局に、メール、FAX03-3221-5076、電話03-3221-5075でお申し込みください。


「井上ひさしさんの志を受けついで―九条の会講演会〈日米安保の50年と憲法9条〉」のDVD、好評発売中です

 昨年6月19日に東京・日比谷公会堂で会場を満員にして開催された上記講演会を記録したDVDです。
九条の会よびかけ人の大江健三郎さん、奥平康弘さん、澤地久枝さんの講演、井上ひさしさんのお連れ合いの井上ユリさんのあいさつ、佐藤修三さんによる井上さんの作品『吉里吉里人』の一節の朗読のほか、小森陽一事務局長からの「よびかけ人会議」の報告が、当日のプログラムの順に収められています。
ケースに添えられたカードには当日出席されなかった梅原猛さん、鶴見俊輔さんからのメッセージも添えられています。
※DVD 時間/122分 定価/1700円(税込)・送料別途
※九条の会事務局に、メールもしくはFAX03-3221-5076、電話03-3221-5075でお申し込みください。


岐阜憲法セミナーでの井上ひさしさんの講演録

 2008年6月21日に岐阜市で開催された憲法セミナーは「九条の会」憲法セミナーブックレットD「九条で平和をつくる――メディア報道と憲法問題」として刊行しています。
○平和をつくるネットワークを 明珍美紀(新聞記者)
○ひとの都合では死なない 井上ひさし(作家、九条の会よびかけ人)
明珍記者によるインタビュー、会場からの質疑応答も収録されています。
A5判53ページ 300円(税込・送料別途)10冊以上は1冊250円


九条の会第3回全国交流集会 報告集、DVD、ビデオ発売中

2008年11月24日に開かれた第3回全国交流集会の全体会・分散会の記録。 
報告集は、B5判92ページ 800円(税込)・送料別途(10冊以上お求めの場合は、割引があります。お問い合わせください。)
DVD=1500円(税込み)・送料別途
ビデオ=特価900円(税込み・送料含む)、
DVD・ビデオには全体会(よびかけ人あいさつ・各地・各界の報告)が収録され、159分。
お申し込みは事務局へ。

各地から(全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある!)

 掲載原稿を募集しています。本欄に掲載希望の方はmag@9jounokai.jpに投稿して下さい。掲載は原則として「九条の会」関係の催しに限り、1行事1回掲載とします。このメルマガは毎月10日、25日発行です。投稿される方は発行日の5日前までにお願い致します。原稿はできるだけチラシなどの添付ではなく、掲載形式でデータを作ってお送りください。(編集部)


落合・中井九条の会(東京都新宿区)

第75回落合・中井九条のつどい「ブナの森は緑のダム」−木版画に込める日本の基層文化−
とき:9月18日(日)14時〜16時
お話:横田和俊さん 
会場:落合第二地域センター2階大会議室(新宿区中落合4-17-13)
主催:落合・中井九条の会
http://homepage2.nifty.com/otiainakaikyujo/index.htm
連絡先:木村(電話・FAX)03−3951−0573 
      otiainakai9jo@mbr.nifty.com


富士見町九条の会(東京都東村山市)

<9月例会>「教科書はどのようにして決められるのか?」
日時:9月18日(日)午後1時〜
場所:富士見公民館 第2集会室
参加費:無料
主催:富士見町九条の会 連絡先:042-394-1251(松内)


9条の会北はりまネットワーク(兵庫県小野市、加西市、加東市、西脇市、三木市、多可町)

講演会:戦争、人間、そして憲法9条
日時:9月23日(金・休)午後2:00〜
講師:品川正治氏(経済同友会終身幹事)
会場:小野市うるおい交流館エクラ大会議室
      (らんらんバスでJR市場駅より約14分、神鉄小野駅より約7分)
資料代:500円
主催:9条の会北はりまネットワーク(電話0794−63−6987ほか)


調布「憲法ひろば」(東京都調布市)

第65回(9月)例会・福島原発事故と「安全神話」
日 時:9月24日(土)14時〜20時
お話1:青柳長紀さん(元原子力研究所研究員)
      /「安全神話」が生んだ原発事故対策の不在
お話2:丸山重威さん(マスコミ研究者、調布「憲法ひろば」世話人)
      /「安全神話」と「がんばろう日本」の仕掛け人
場 所:調布市市民プラザ3階「あくろすホール」(京王線国領駅北口前)
資料代:300円+飲食代1000円
詳細は「例会案内」http://www.geocities.jp/chofu9jou/~index.html
主催:調布「憲法ひろば」
連絡先:choufu9jou@yahoo.co.jp Fax:042-483-1566(大野方)


芦屋「九条の会」(兵庫県芦屋市)

映画会〜原発問題を考える〜「ミツバチの羽音と地球の回転」(鎌仲ひとみ監督)
日時:10月1日(土)13:30〜16:30
場所:上宮川文化センター3階ホール(兵庫県芦屋市上宮川町10−5)
参加費:500円(高校生以下無料)
保育あり(事前申込要・無料)
主催:芦屋「九条の会」
連絡先:090-7118-2312(片岡)


おだわら・九条の会(神奈川県小田原市)

6周年記念 講演と音楽のつどい
日時:10月1日(土) 13時開場、13時30分開会
会場:小田原市民会館 3階 小ホール(小田原駅東口から徒歩10分)
記念講演:渡辺治さん(九条の会事務局、一橋大学名誉教授)
演題:「大震災後の日本、進むべき道と憲法の役割」
参加費:300円
主催:おだわら・九条の会(連絡先)相馬 携帯:090-2307-5154


江川せせらぎ九条の会(神奈川県川崎市)

東日本大震災・原発震災を私たちはどう考える
日時:10月1日(土)午後1時30分(開場午後1時)
講師:野村存生先生(原発問題住民運動連絡センター次長)
会場:川崎国際交流センター第4会議室
参加費:300円
主催:江川せせらぎ九条の会(連絡先)044−755−3280(長坂)


大田たまがわ九条の会(東京都大田区)

2011年 秋の講演会
日時:10月15日(土)午後6時45分開演
場所:大田区民プラザ小ホール(東急多摩川線・下丸子駅)
講師:石川文洋さん(報道カメラマン)
講演テーマ:私が見た戦争と平和
参加費:700円
主催:大田たまがわ九条の会
問合せ先:小林稔治 TEL:090-6109-6273
MAIL:info_ota_tama9@yahoo.co.jp
http://www.geocities.jp/ota_tamagawa_9jyou/


編集後記〜野田新首相の9条観は?

 野田佳彦さんの「唯一の著書」(同書の帯)の「民主の敵〜政権交代に大義あり」(新潮新書2009年7月刊)には以下のような言葉があります。 「実行部隊としての自衛隊をきっちり憲法のなかで位置づけなければいけません。いつまでたってもぬえのような存在にしてはならないのです」 「いまだに、何か事がおこったときごとに、特別措置法というかたちで泥縄式に対応しています。これは非常に問題だと思います」「やはり、自衛隊を海外に派遣するときのルールは、一刻も早く明確にしておくべきだろうと思います。いわゆる恒久法の制定が必要です。……にもかかわらず基本法がない。一番かわいそうなのは、実際に海外に行く自衛隊員です」 「私は新憲法制定論者です。20世紀末ころには憲法論議がいろいろなところで出てきていたとおもいますし、そういう機運は高まっていました。ようやく国民投票法まではいきました。戦前の大日本帝国憲法に対して、戦後の日本国憲法のことをよく『新憲法』といいます。しかし、世界中の憲法のなかで、すでに15番目くらいに古い憲法になっているそうです。とても新憲法といえる代物ではありません。9条はもちろんですが……」
首相になった野田さん、「靖国参拝」問題と同じようにこの「憲法」発言も軌道修正するでしようか。(T)