九条の会第4回全国交流集会運営委員会の報告

 すでにお知らせしておりますように、九条の会は「第4回全国交流集会」を2011年11月19日(土)、東京都千代田区の日本教育会館で開催します。開催については6月4日の「九条の会講演会」で、「@ねばり強く継続的に、憲法についての学習や話し合いをおこないましょう。A文字どおり、考え方や支持する政党等の違いを超えて『会』の輪を大きく広げる創意をこらした取り組みを強めましょう」と呼びかけております。
このほど、その運営のための相談会(運営委員会と称することを確認)を開催しました。出席者は九条の会事務局と分野別九条の会や東京などいくつかの地域の九条の会の皆さんでした。
はじめに事務局から、当日の運営(午前10時30分から全体会、午後に分科会・分散会、その後、集約の全体会)にあたっての問題点や、あらかじめお願いしていた各地からのアンケートの中間的な集約などを報告しました。
主に議論になったことは分散会・分科会会場の設定の仕方とその内容でした。
会場の都合で、従来、使用していた会議室がいくつか確保できなかったため、全体会に使う「ホール」(800人規模)を分散・分科会の一つとして300人程度で使用せざるをえないこと。その場合、他の分散・分科会(30数人から100人くらいまで)と会場の規模が異なることから、運営・企画に工夫が要ることです。この日の議論では、「原発と9条」など、テーマ・問題を絞った分科会として設定し、あらかじめ主要な報告者を準備して、交流・討議の場としてはどうか、という意見が大勢でした。この中身については事務局で集約し、次回の運営委員会までにある程度、準備をすすめることにしました。
他には、分散会だけでなく、「女性」の分科会や、ブロックの交流が難しい北海道ブロックの「交流会」なども作ってはどうかという意見が出ました。また、従来行っていた活動の資料や報告ペーパーによる交流も欲しいという意見などがでました。
なお事務局からお願いしております「アンケート調査」は引き続き継続して、当日の運営に生かすことにしております。また今後の事務局からの連絡先の登録にもなりますので、ご協力下さい。


<未来世代にのこすもの 私たちは何を「決意」したか――九条の会講演会>のDVDが出来上がりました

 6月4日に東京・日比谷公会堂で開かれた九条の会講演会での講演を収録したDVDが出来上がりました。
二重被爆者の「もてあそばれたような気がする」という現実認識を戦後の出発点にすべきだったと鶴見俊輔さん。澤地久枝さんは3月11日の大地震の後、炊飯器いっぱいのご飯を炊いておむすびを作った、それは無垢の幼きものにひもじい思いをさせたくなかったから。災害救助になぜ迷彩服か――我が物顔で出動する自衛隊と憲法9条の関係をシビアに問う奥平康弘さん。1999年に「小説家の想像にすぎない、といわれることは承知で、私は次の世紀の最初の4分の1に、この国で起りうる大きい原発事故のことを考えずにはいられません」と述べた大江健三郎さんが、まさに子どもらが放射能の脅威にさらされているいま語る、「決意」への思い。
2000人の聴衆を前に四者四様に「3.11」後の展望を語りかけるDVDは、ひとりでも多くの方に聞いていただきたい内容です。全150分で1500円(税込・送料160円)。
九条の会事務局に、メール、FAX03-3221-5076、電話03-3221-5075でお申し込みください。


憲法セミナーブックレットのお知らせ「核のない平和な世界と憲法9条」

 昨年10月30日に島根県松江で開かれた第10回憲法セミナーの記録ブックレット、発売中です。
■「九条の会」憲法セミナーブックレットI「核のない平和な世界と憲法9条」
○核廃絶と創り出す平和 平岡 敬(元広島市長)
○命に国境はない―イラク戦争とは何だったのか? 高遠菜穂子(イラク支援ボランティア)
A5判60ページ 300円 10冊以上は1冊あたり250円(いずれも税込・送料別途)
九条の会事務局に、メール、FAX03-3221-5076、電話03-3221-5075でお申し込みください。


憲法セミナーブックレットのお知らせ「憲法九条の輝きを日本に世界に」

 大分県別府市で開催された第7回憲法セミナーでの澤地久枝さんとアーサー・ビナードさんの講演と質疑応答をまとめた「憲法九条の輝きを日本に世界に」、発売中です。
■「九条の会」憲法セミナーブックレットF「憲法九条の輝きを日本に世界に」
○アメリカはだれだ? 日本はどこへ? アーサー・ビナード(詩人)
○未来を決めるのは「市民」 澤地久枝(作家・九条の会よびかけ人)
A5判52ページ 300円 10冊以上は1冊あたり250円(いずれも税込・送料別途)
九条の会事務局に、メール、FAX03-3221-5076、電話03-3221-5075でお申し込みください。


「井上ひさしさんの志を受けついで―九条の会講演会〈日米安保の50年と憲法9条〉」のDVD、好評発売中です。

 昨年6月19日に東京・日比谷公会堂で会場を満員にして開催された上記講演会を記録したDVDです。
九条の会よびかけ人の大江健三郎さん、奥平康弘さん、澤地久枝さんの講演、井上ひさしさんのお連れ合いの井上ユリさんのあいさつ、佐藤修三さんによる井上さんの作品『吉里吉里人』の一節の朗読のほか、小森陽一事務局長からの「よびかけ人会議」の報告が、当日のプログラムの順に収められています。
ケースに添えられたカードには当日出席されなかった梅原猛さん、鶴見俊輔さんからのメッセージも添えられています。
※DVD 時間/122分 定価/1700円(税込)・送料別途
※九条の会事務局に、メールもしくはFAX03-3221-5076、電話03-3221-5075でお申し込みください。


岐阜憲法セミナーでの井上ひさしさんの講演録

 2008年6月21日に岐阜市で開催された憲法セミナーは「九条の会」憲法セミナーブックレットD「九条で平和をつくる――メディア報道と憲法問題」として刊行しています。
○平和をつくるネットワークを 明珍美紀(新聞記者)
○ひとの都合では死なない 井上ひさし(作家、九条の会よびかけ人)
明珍記者によるインタビュー、会場からの質疑応答も収録されています。
A5判53ページ 300円(税込・送料別途)10冊以上は1冊250円


九条の会第3回全国交流集会 報告集、DVD、ビデオ発売中

2008年11月24日に開かれた第3回全国交流集会の全体会・分散会の記録。 
報告集は、B5判92ページ 800円(税込)・送料別途(10冊以上お求めの場合は、割引があります。お問い合わせください。)
DVD=1500円(税込み)・送料別途
ビデオ=特価900円(税込み・送料含む)、
DVD・ビデオには全体会(よびかけ人あいさつ・各地・各界の報告)が収録され、159分。
お申し込みは事務局へ。

各地から 全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある!

 掲載原稿を募集しています。本欄に掲載希望の方はmag@9jounokai.jpに投稿して下さい。掲載は原則として「九条の会」関係の催しに限り、1行事1回掲載とします。このメルマガは毎月10日、25日発行です。投稿される方は発行日の5日前までにお願い致します。原稿はできるだけチラシなどの添付ではなく、掲載形式でデータを作ってお送りください。(編集部)


愛媛9条の会(愛媛県)

講演会「沖縄戦を通して平和について考える」と総会
日時:7月16日(土) 13時30分開会
会場:砥部町文化会館(愛媛県伊予郡砥部町宮内)
(松山道・松山IC口から南へ約6q)
○第1部・講演会  
講師:大田昌秀氏(元沖縄県知事)
○第2部・愛媛9条の会 第8回総会
参加費:無料(講演会はどなたでも参加できます)。
主催:憲法9条をまもる愛媛県民の会
連絡先:TEL/FAX 089-913-0448 メールアドレス safe-nine@tiara.ocn.ne.jp


鳥取市「9条の会」(鳥取県鳥取市)

結成5周年総会と記念講演会「憲法と東日本大震災−非常事態と原発問題−」
日時:7月16日(土)午後1時半から同4時
講師:鳥取大学地域学部准教授(憲法学)・中村英樹氏
会場:鳥取市文化センター2階大会議室(鳥取市吉方温泉町3丁目)
資料代:500円
主催:鳥取市「9条の会」
連絡先:携帯 090−9501−6789(小橋)


調布「憲法ひろば」(東京都調布市)

第64回(7月)例会「あの日のこと 3・11を通して見たこと考えたこと」
日時:7月16日(土)午後1時半〜4時
お話:今回は参加者の思いを語り合います
会場:調布市市民プラザ「あくろす」3階ホールU(京王線国領駅北口前)
資料代:300円 
詳細はWebサイトの「例会案内」をごらんください
http://www.geocities.jp/chofu9jou/index.html
主催:調布「憲法ひろば」
(連絡先)E-mail:choufu9jou@yahoo.co.jp Fax:042-483-1566


富士見町九条の会(東京都東村山市)

<7月例会>「君が代起立斉唱」についての最高裁合憲判決を考える
日時:7月17日(日)午後1時〜
場所:富士見公民館 第2集会室
参加費:無料
主催:富士見町九条の会 連絡先:042-394-1251(松内)


青葉町9条の会、東村山9条の会(東京都東村山市)

講演:震災・原発汚染による“いのち”の危機をどうする?
日時:7月18日(月・休)午後1時半開場
会場:多磨全生園 中央集会所(西武線清瀬駅または久米川駅から西武バス、「全生園南」バス停下車、全生園南門から入る。まっすぐ約300m)
講師:野口邦和さん(日大・専任講師)
参加費は無料です(カンパで運営しています)。資料代は300円とします。
主催:青葉町9条の会、東村山9条の会
お問い合わせ:馬越(うまこし)携帯090-1838-0314


渋谷9条の会(東京都渋谷区)

国会議員の定数削減と私たちの代表選択権
日時:7月21日(木)午後7時(開場6時30分)
講師:坂本修先生(弁護士・東京法律事務所・元自由法曹団団長)
場所:東京土建渋谷支部会館3階会議室(渋谷区幡ヶ谷2−18−6)
主催:渋谷9条の会
(お問い合わせ)03−3379−5211(代々木総合法律事務所内・須藤・阿久津)


落合・中井九条の会(東京都新宿区)

第73回落合・中井九条のつどい「生命系を脅かす放射能そして枯葉剤」
とき:7月23日(土)14時〜16時
会場:落合第二地域センター2階大会議室(中落合4-17-13)
中村梧郎さん(枯葉剤の悲劇を記録し続けた写真家)
主催:落合・中井九条の会
http://homepage2.nifty.com/otiainakaikyujo/index.htm
(連絡先)木村 隆 電話・FAX:3951−0573
Email : otiainakai9jo@mbr.nifty.com


九条美術の会

第2回九条美術展〜守ろう 生かそう 憲法九条
日時:7月26日(火)〜31日(日)10:00〜17:30
会場:埼玉県立近代美術館(京浜東北線北浦和駅西口徒歩3分)
会期中の催し:○古楽器演奏と講演会(7月30日13:30開場、13:45開会。古楽器演奏=立川叔男氏。講演=窪島誠一郎氏〜無言館のこと)。○モニュメント ○九条はがき ○アートの心で被災者支援 ○他多彩なイベント
入場無料
主催:九条美術の会
連絡先:TEL/FAX04−2998−7625(十滝)


たま九条の会(神奈川県川崎市)

学習講演会「教科書は子どもたちに憲法をどのように教えてきたか、教えようとしているか〜九条を中心に〜」
日時:7月26日(火)午後6時半より
会場:多摩市民館3階大会議室(小田急線向ヶ丘遊園駅徒歩5分)
講師:俵 義文さん(子どもと教科書全国ネット21)
共催:教育に憲法を生かす川崎市民の会、登戸研究所保存の会、生田9条の会、すげ九条の会、たま九条の会
(連絡先)隈部(044-922-4045)坂本(044-922-8639)


平和といのち・イグナチオ9条の会(東京都新宿区)

平和といのち・学習会「東アジアの平和を求めて」
日時:7月30日(土)13:30〜15:30
お話:山田貞夫氏(高麗博物館・日本キリスト教団西片町教会9条の会)
日時:7月30日(土)13:30〜15:30
場所:カトリック麹町聖イグナチオ教会・アルペホール
主催:平和といのち・イグナチオ9条の会
問合せ:joiemariebethanie@y8.dion.ne.jp


浜松しおかぜ9条の会(静岡県浜松市)

平和の大切さを考えさせる長編ドキュメンタリー映画「ひめゆり」上映
日時:7月30日(土)〜8月12日(金) 上映時間連日10時〜12時15分
会場:浜松市民映画館「シネマイーラ」
参加費:一般1000円 小・中・高校生500円
共催:9条の会・浜松地域連絡会、西部地区労連、年金者組合浜松支部他 
(連絡先)冨塚9条の会・佐倉さん(053-472-3017)又はシネマイーラ榎本さん (053-489-5539)


宮城女性九条の会(宮城県)

講演会「知っていますか?中学校の教科書から消された“慰安婦”のこと」
日時:8月21日(日)午後1時30分から3時30分まで
講師;中原 道子さん(バウネットジャパン共同代表)
会場:エルパーク5階セミナーホール
参加費:500円
主催:宮城女性九条の会
問い合わせ(一戸022-248-3718・岡022-271-8087)


活動報告です〜山梨・南アルプス九条の会

 山梨・南アルプス市九条の会は3月に九条の会事務局・高田健さんを招き、憲法をめぐる情勢と九条の会の活動について学び、懇談しました。その懇談から九条を守ることも大切だが九条を生かす活動の重要性を学、び大きく飛躍しつつあります。
5月には静岡・浜岡原発の地元から反対運動している方を招き講演会を開催、同時に映画「祝の島」を上映。予想を超え田舎の町で230人が参加、6月26日は浜岡原発の見学会を実施、24人が参加。特に浜岡で活動している人との交流が参加者の胸に響き、地域での「原発ゼロ」の運動に大きな力になりました。また九条の会とは別に「浜岡原発訴訟の支援組織」も模索されています。8月9日には映画監督・大澤豊さんを招いて「私の平和への熱い思い」を語ってもらうことになっています。                                                                  深沢 久


編集後記〜「9条(または憲法)と原発問題」

メルマガの「各地から」を見て頂くとよくわかりますが、全国の九条の会の皆さんが「9条(または憲法)と原発問題」という課題に、多彩な形で、真剣に取り組んでいます。福島県では原発震災はいまだ収まりがつきません。子どもたちをはじめ多くの人びとが被災しています。この問題を考える上で、6月4日の講演会の記録DVDができ、大変注目を集めています。ぜひご活用下さいますように。(T)