九条の会オフィシャルサイト Japanese Korean English French
大江健三郎、小田実、井上ひさし、加藤周一、澤地久枝、三木睦子、鶴見俊輔、奥平康弘、梅原猛

「九条の会」メールマガジン記事の詳細 (第76号)
発行リスト
発行元:「九条の会」メールマガジン編集部
マガジンへのご連絡・ご投稿は ⇒ mag@9jounokai.jp
「九条の会」のサイトは ⇒ http://www.9-jo.jp/
Copyright(C) 九条の会 All rights reserved.

☆☆☆ 「九条の会」メルマガ詳細版   2009年8月10日 第76号 ☆☆☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
憲法9条、未来をひらく
<転送歓迎> 転送を受けた方はぜひ右からご登録を http://www.9-jo.jp/  発行者:mag@9jounokai.jp


九条の会「憲法セミナー」開催予定

九条の会は以下の予定で「憲法セミナー」を開催します。詳細は後日発表致します。

11月5日(木)夜 大分県別府市
  講師:澤地久枝(作家・九条の会よびかけ人)、アーサー・ビナード(詩人)

11月7日(土)午後 北海道旭川市
  講師:大江健三郎(作家・九条の会よびかけ人)、加藤多一(童話作家)

11月23日(月・休)午後 福井県
  講師:井上ひさし(作家・九条の会よびかけ人)、渡辺治(一橋大学教授)

 

 


「九条の会講演会―加藤周一さんの志を受けついで」のビデオ・DVD、好評発売中

講演:井上ひさし 大江健三郎 奥平康弘 澤地久枝

あいさつ:加藤周一さんのパートナー 矢島翠さん

うた『さくら横ちょう』 ソプラノ大橋ゆり・ピアノ村上弦一郎

※ビデオ・DVD 時間/101分 定価/1500(税込)・送料別途

ご注文は「九条の会事務局」まで、なるべくFAX(03−3221―5076)かメールmail@9jounokai.jp でお願いします。


ブックレット「加藤周一が語る」 ご要望にこたえて増刷しました。お申し込み下さい

聞き手:小森陽一(東京大学教授・九条の会事務局長)

透徹した論理で濃密に語られる過去・現在・未来――加藤さんが朝日カルチャーセンターでの2回の対談でわたしたちに伝えたかったことは何か、それにどう応えるか。

◇憲法9条から日本と世界を考える(2007121日)

◇戦争は、どのようにして始まるのか(2008426日)

081124日発刊 A5判56ページ 300円・送料別途 10冊以上1250


九条の会第3回全国交流集会 報告集、DVD、ビデオ これからの「九条の会」の活動のための知恵が満載です。好評発売中

2008年1124日に開かれた第3回全国交流集会の全体会・分散会の記録 

報告集は、B5判92ページ 800円(税込)・送料別途(10冊以上お求めの場合は、割引があります)。お問い合わせください。

DVD、ビデオは1500円、送料別途、159分。お申し込みは事務局へFAXかメールでお願いします。


浜松・憲法九条の会(静岡県浜松市) 

2009年平和のつどいin浜松「映画と戦争体験を語る」

日時:8月15日(土)午後1時半開場、2時開会

映画:ドキュメンタリー映画「シリーズ『憲法と共に歩む』第1編」

語り人:桑山源龍(栄秀寺)

会場:浜松市地域情報センター(遠鉄電車「遠州病院駅」下車徒歩5分)

主催:浜松・憲法九条の会(連絡先)053−453−4590小林方


富士見町九条の会(東京都東村山市)

<8月例会>「今日の日米同盟」―安保条約は50年でどこまできたか―

日時:8月16日(日)13時〜15

場所:富士見公民館・第2集会室

参加費:無料

主催:富士見町九条の会 連絡先:042-394-1251(松内)

 

 


田辺9条の会(和歌山県田辺市)

軍隊をなくした国コスタリカから私たち日本が、今、学ぶもの

日時:8月22日(土)午後1時

講師:足立力也さん(コスタリカ研究・運動家)

会場:万呂コミュニティーセンター・3階研修室

主催:田辺9条の会(連絡先)木川田090−7490−5032


憲法九条を守る伊東市民の会(静岡県伊東市)

イラク報告会『命に国境はない…イラクで非暴力は実現するか?』

日時:8月22日(土) 14時〜16時 

お話:高遠菜穂子さん(イラク支援ボランティア)

日時:8月22日(土)14時〜16時 

場所:伊東市ひぐらし会館ホール(JR伊東駅徒歩15分)

会場整理費:500円

主催:憲法九条を守る伊東市民の会(連絡先)0557379134(伊東市職労内)


栄・池田九条の会(埼玉県新座市)

講演と映画のつどい

日時:8月23日(日) 午後1時30分〜4時

会場:新座市「福祉の里」(新座技術総合高校となり)

講演:「ヒロシマの体験を語る」─医師として、被爆者として─

講師:肥田 舜太郎さん

映画:峠三吉「にんげんをかえせ」

みんなで歌おう:「ねがい」「青い空は」など

参加費:無料

主催:栄・池田九条の会

 連絡先 松田(電話 048481-5717  mailmatsuda5717@gmail.com


鴻巣・憲法九条の会(埼玉県鴻巣市)

講演と平和コンサートのつどい

と き:10月3日(土)午後1時半〜4時半

ところ:クレアこうのす 小ホール

講演:憲法について、いま、考えたいこと

講師:高橋哲哉さん(東大大学院教授)

平和コンサート:地元出身の青年演奏者によるguitar duo/谷口勇思さんと栗田健彦さん

曲目:イマジン、ムーンリバー、イパネマの娘ほか

資料代:500円

主催:鴻巣・憲法九条の会(問い合せ先)熊澤(048−541−1458)


高梁9条の会が48回目の共同行動で各戸訪問(岡山県高梁市)

憲法9条を知らない人も、対話で納得して署名

高梁9条の会は726日午前、市内落合町阿部地域の各戸を訪問して、市民へのアピール「憲法9条守る一歩をあなたもご一緒に」を掲載した会のニュースを配りながら対話し、署名を訴えました。

この共同行動は毎月展開しているもので今回で48回目です。

共同行動には、雨が降るなか、井上 寛・泉 浩爾・小柴健男代表世話人をはじめ、会員12人が参加。21組で約1時間活動し31筆の署名が寄せられ、高梁9条の会に託された署名累計は6,586筆になりました。

留守宅が多かった中、在宅のほとんどで、こころよく署名に応じてもらいました。

特に、「こんにちは高梁9条の会です」と挨拶すると「ああ、知っています」「以前スーパーの前で署名しましたよ」などと話す人、家族揃って署名する人、「外出している主人も同じ気持ちなので一緒に名前を書きます」という人もおられ、会員も励まされました。

また、「9条って何ですか」と質問する青年に対し、対話・説明をしたあと、納得して署名してもらった人、「署名はするけど、これが役に立つのかな」などと話す人もおられました。

一方、「主人が留守なので・・・」「自衛隊との関係がよく理解できないので・・」「私は自民党です、それにもう先は長くないし・・」などと署名に応じない人もありました。

 なお、8月に予定していた共同行動日程が、総選挙と重なるため中止し、次回は9月27() 午前10時からにしています。


九条の会近畿ブロック・ブロック別交流の意義を討論

(九条の会ニュース127号より)

 6月2日に開かれた「九条の会講演会―加藤周一さんの志を受けついで」の場で「九条の会」からよびかけがあったブロック別交流会の具体化をはかろうと、7月16日、近畿5府県の「会」(つごうのつかなかった1県は次回から出席)の人たちが集まり、第1回目の相談会をもちました。これには「九条の会」事務局から川村俊夫事務局員も参加、参加者の自己紹介に続いて、今年はなぜブロック別に交流集会を開くことにしたのかについて説明しました。

これを受けた意見交換では、どのようにして広がりをもった「会」をつくり、継続した活動をおこなっているかについて、悩みを含めた濃密な交流をしたいという意見や元気の出る集会にしたいなどの意見が出されました。その結果、全体の規模は1000人ぐらいにするが、分散会はできるだけ多くして、じっくり交流する、という方向が確認され、開催時期も含めてそれぞれの府県に持ち帰って相談し、次回の会議で具体化をはかることとしました。


メルマガ編集部から ヒロシマの「平和宣言」で「日本国憲法」が語られた

 8月6日、秋葉・広島市長が読み上げた「平和宣言」に以下の一節がありました。

「〜それに応(こた)えて私たちには、オバマ大統領を支持し、核兵器廃絶のために活動する責任があります。この点を強調するため、世界の多数派である私たち自身を『オバマジョリティー』と呼び、力を合せて2020年までに核兵器の廃絶を実現しようと世界に呼び掛けます。その思いは、世界的評価が益々(ますます)高まる日本国憲法に凝縮されています」。

 皆さま。暑い夏です。お体に気をつけてご活躍下さい。(T)