九条の会オフィシャルサイト Japanese Korean English French
大江健三郎、小田実、井上ひさし、加藤周一、澤地久枝、三木睦子、鶴見俊輔、奥平康弘、梅原猛

「九条の会」メールマガジン記事の詳細 (第74号)
発行リスト
発行元:「九条の会」メールマガジン編集部
マガジンへのご連絡・ご投稿は ⇒ mag@9jounokai.jp
「九条の会」のサイトは ⇒ http://www.9-jo.jp/
Copyright(C) 九条の会 All rights reserved.

☆☆☆ 「九条の会」メルマガ詳細版   2009年7月10日 第74号 ☆☆☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
憲法9条、未来をひらく
<転送歓迎> 転送を受けた方はぜひ右からご登録を http://www.9-jo.jp/  発行者:mag@9jounokai.jp


「九条の会講演会―加藤周一さんの志を受けついで」のビデオ・DVD、好評発売中です

マスメディアでも紹介され、全国から参加者を迎えて開かれた上記講演会の記録です。
2009年6月2日、東京・日比谷公会堂に満ち溢れた感動を味わってください。

講演:井上ひさし 大江健三郎

あいさつ:加藤周一さんのパートナー 矢島翠さん

うた『さくら横ちょう』 ソプラノ大橋ゆり・ピアノ村上弦一郎

講演:奥平康弘 澤地久枝

2008年12月5日に亡くなられた加藤周一さんの考え・思いを振り返り、引き継ぐ道をさぐる講演会は、参加者に感銘とあらたな決意をもたらしました。各講演はそれぞれ独立していますから、何回かの連続学習会や集いにわけて視聴することも可能です。

また、うた『さくら横ちょう』は、加藤さんの詩に別宮貞雄さんが曲をつけたもの。他の幾篇かの詩とともに『さくら横ちょう』が収められた『加藤周一著作集L』のあとがきで、加藤さんは「・・・別宮氏の歌曲の傑作の一つだろうと思う。素晴らしい音楽によって、平凡な歌詞も生きたのである」と述べている、美しい歌曲です。

※ビデオ・DVD 時間/101分 定価/1500(税込)・送料別途

ご注文は「九条の会事務局」まで、なるべくFAX(03−3221―5076)かメールmail@9jounokai.jp でお願いします。

 

 


ブックレット「加藤周一が語る」 ご要望にこたえて増刷しました。お申し込み下さい。聞き手:小森陽一(東京大学教授・九条の会事務局長)

透徹した論理で濃密に語られる過去・現在・未来――加藤さんが朝日カルチャーセンターでの2回の対談でわたしたちに伝えたかったことは何か、それにどう応えるか。

◇憲法9条から日本と世界を考える(2007121日)

◇戦争は、どのようにして始まるのか(2008426日)

081124日発刊 A5判56ページ 300円・送料別途 10冊以上1250


九条の会第3回全国交流集会 報告集 これからの「九条の会」の活動のための知恵が満載です。好評発売中。

昨年1124日に開かれた第3回全国交流集会の全体会・分散会の記録 

B5判92ページ 800円(税込)・送料別途 

10冊以上お求めの場合は、割引があります。お問い合わせください。


九条の会第3回全国交流集会 DVD、ビデオ好評発売中です

1500円、送料別途、159分。お申し込みは事務局へFAXかメールでお願いします。


松井九条の会(埼玉県所沢市) 

憲法九条でよみがえる漱石のこころ

日時:7月18日(土)午後1時開場 1時30分開会

講師:小森陽一さん(九条の会事務局長 東京大学教授)

九条落語:「生き字引」寝床家道楽さん

会場:松井公民館ホール

入場無料

主催:松井九条の会 (連絡先)04−2992−8776日下部


のむぎ九条の会(神奈川県横浜市)

第21回のむぎ夏まつり(のむぎ九条の会)

日時:2009年7月19日(日)午後3時〜8時半(雨天の時は20日)

場所:神奈川県横浜市青葉区桜台公園(東急田園都市線「青葉台駅」よりバス)

入場無料

主催:のむぎ九条の会(のむぎのHPhttp://www.nomugi.com/index2.html

 

 


富士見町九条の会(東京都東村山市)

<7月例会> 「今日の日米同盟」―安保条約は50年でどこまできたか―

日時:7月19日(日)13時〜15

場所:富士見公民館・第2集会室

参加費:無料

主催:富士見町九条の会 連絡先:042-394-1251(松内)


落合・中井九条の会(東京都新宿区)

49回 落合・中井九条のつどい「中南米の新しい波とキューバ」

とき:7月26日(日) 午後2時〜4時

お話:河合恒生さん 岐阜経済大学名誉教授

会場:落合第二地域センター 2階 大会議室(新宿区中落合4-17-13

主催:落合・中井九条の会


千代田九条の会(東京都千代田区)

第18回千代田平和集会 9条と25条〜わたしたちの生存権〜

日時:7月28日(火)午後6時30(開場:6時)

会場:千代田区いきいきプラザ一番町・地下カスケードホール

講演: 東海林智(とうかいりん さとし)さん(毎日新聞社社会部記者)

友情出演/合唱団「ソレイユ」

資料代: 500円

主催:千代田九条の会、千代田区春闘共闘委員会(共催)

(連絡先)千代田九条の会事務局(福島徳二)mail@chiyoda9.com


みなみ野憲法9条の会(東京都八王子市)

2009年/夏の平和トーク=みんなで語る=八王子空襲と憲法9条

日時:8月2日(日)pm2:00〜4:30

内容:

1.「親子でまなぶ八王子くうしゅう」スライドショー上映

2.小学6年生の「八王子空襲の学び」実践から(佐藤先生)

3.「八王子空襲を子どもたちにどう伝えていくか」八王子空襲体験と平和教育のあゆみ(馬場晃先生)

4.学校から、地域からみんなで語る=「八王子空襲と憲法9条」

会場:北野市民センター(きたのタウンビル7F)

会場費:100円(学生は無料)

主催:3つの「地域9条の会」の共同企画 ○打越/片倉/北野・憲法9条の会 ○絹ヶ丘/北野台・9条の会 ○みなみ野憲法9条の会


法政大学文学部同窓生有志9条の会(東京都)

暴力で平和は守れない・9条を守る夏のつどい〜“あの時代”を風化させないために〜

日時:88日(土)13301730

場所:ラパスホール(大塚駅下車徒歩5分)

講演:小森陽一氏『今こそ光る9条の意味〜暴力否定思想〜』

パネルディスカッション 暴力で平和は守れない〜“あの時代”(196070年代)を風化させないために〜

参加費:2000

主催:法政大学文学部同窓生有志9条の会

http://geocities.yahoo.co.jp/gl/orange9joe

お申込み・連絡先: 0474850420 090-1036-3409(黄木)

                          syu020629@nifty.com


グリーン九条の会(北海道札幌市)〜品川正治講演会DVDをつくりました

グリーン九条の会は、去る6月6日品川正治さんを札幌にお招きして講演会を開

催しました。品川さんのお話はまことに時宜にかなったもので、私たちグリーン

九条の会会員はもとより、参加者に深い感銘を与えるものでした。

品川さんの知名度は高く、複数の他の九条の会より録画したいとの申し入れがあ

りました。講演を聴いたひとりとして改めてその方々の着眼、私などより深いも

のがあったのだなあとわかった次第でした。ですが、先見のある方々の趣旨は理

解しても、複数の録画が会場でされるのは、講演者にも参加者にも迷惑になると、

世話人で協議していっさいお断りをすることとしました。ただ申し入れで逆に気

づかされたことなり、主催者側で録画し、後日希望者へ有料で配ることとさせて

もらいました。品川さんにもご了解いただきました。

直接聞けない方もまだまだおられると思います。その方々、とくに若い世代にも

聞いていただきたいと考えたからです。DVDの形をとれば、映写体制さえあれば、

どこでもどんなところでも、雰囲気内容は伝わります。余計なセリフですが、ケー

スの表紙には、講演会の題などのほかに「年配の世代からは知恵を、若い世代か

らは感覚を」との言葉も刷り込みました。あらゆる人に聞いていただきたいとの

気持ちをこめたつもりなのです。

私どもは品川さんのお話が九条の会運動に関わる方々はもとより、日本の未来を

案ずる人々に必ず勇気を与えるものと確信し このDVDを1枚でも多く広めて

いければと思っています。

DVDの注文については

価格 1枚1000円 送料300円(複数枚申し込みの場合送料は実費に合わせて請求)

申し込み先 〒003-0831札幌市白石区北郷1条7丁目5-8白鳥方

        メールアドレスgreen9zyonokai@gmail.com

        郵便かメールでお願いします

支払い 物品到着後所定(同封)の郵便振替用紙にて送金

                         グリーン九条の会事務局


メルマガ編集部から 自民党の「提言・新防衛計画の大綱について」のこと

前号で、熊本県天草市を間違えて長崎県天草市と書いてしまいました。お詫びします。ご指摘頂いたみなさま、ありがとうございました。

自民党政務調査会や国防部会などがこのほどまとめた「提言・新防衛計画の大綱について」は、その「基本政策」の項で、「憲法改正」(自衛隊の憲法上の位置づけの明確化や、軍事裁判所の設置など)を主張しています。また「安保法制懇の4類型の体現」、「国家安全保障基本法の制定」などの危険な主張とあわせて、「敵ミサイル基地攻撃能力の保有」までがうたわれています。これは憲法第9条を足下から掘り崩す動きであり、従来の政府の主張であった「専守防衛」を大きく転換させるねらいがあると思われます。注視しましょう。(T)