九条の会オフィシャルサイト Japanese Korean English French
大江健三郎、小田実、井上ひさし、加藤周一、澤地久枝、三木睦子、鶴見俊輔、奥平康弘、梅原猛

「九条の会」メールマガジン記事の詳細 (第72号)
発行リスト
発行元:「九条の会」メールマガジン編集部
マガジンへのご連絡・ご投稿は ⇒ mag@9jounokai.jp
「九条の会」のサイトは ⇒ http://www.9-jo.jp/
Copyright(C) 九条の会 All rights reserved.

☆☆☆ 「九条の会」メルマガ詳細版   2009年6月10日 第72号 ☆☆☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
憲法9条、未来をひらく
<転送歓迎> 転送を受けた方はぜひ右からご登録を http://www.9-jo.jp/  発行者:mag@9jounokai.jp


よびかけ人会議で確認した「当面の取り組み」について

6月2日、九条の会よびかけ人会が開かれ、以下の確認をしました。

今年は全国1カ所で行う「全国交流集会」とはせず、かねてから要望が出ているブロック別の交流会として、活動の濃密な交流をめざす。

具体的には「九条の会」と都府県の「会」が協議しながら、合意ができたところから順次開催する。

「九条の会」よびかけ人とゲストが講師を務める「憲法セミナー」をひきつづき開催す  る。当面の予定として、11月に福井県での開催をめざすが、その後についても、地域 的条件とよびかけ人の都合なども考慮しつつ決定する。

なお、事務局は2日、地域・職場・分野別などの草の根の「九条の会」は7443に達したと発表しました。

 

 


メルマガの登録と解除について

このメルマガの新規登録と解除は九条の会のトップページにあるボタンを使って、各自で行っていただいております。事務局は読者のメールアドレスを直接掌握するようにはしておりません。よろしくおねがいいたします。(九条の会事務局メルマガ担当者より)


九条の会第3回全国交流集会 報告集
これからの「九条の会」の活動のための知恵が満載です。好評発売中

昨年1124日に開かれた第3回全国交流集会の全体会・分散会の記録 

B5判92ページ 800円(税込)・送料別途 

10冊以上お求めの場合は、割引があります。お問い合わせください。


九条の会第3回全国交流集会 DVD、ビデオ好評発売中です

1500円、送料別途、159分。お申し込みは事務局へFAXかメールでお願いします。


豊田九条の会(愛知県豊田市) 

落語DE平和と9条

日時:6月13日(土)午後2時〜4時

講演:「9条をとりまく現状」弁護士 岡村晴美氏(名古屋南部法律事務所)

落語とお話:4周年特別企画/真打 古今亭菊千代さんの落語とお話

会場:豊田産業文化センター小ホール

入場料:大人1000円(高校生500円、中学生以下無料)

主催:豊田九条の会(けやき通り法律事務所内)電話0565−31−2632 


九条の会さかど(埼玉県坂戸市)

九条の会さかど「4周年のつどい」

日時 6月14()1330分から16

田中一郎さんのお話:戦争と私、そして九条のこと

坂戸市出前講座:「坂戸市平和都市宣言」を学ぶ

平和のうた:アースドリーム

会場:坂戸市文化施設オルモ2階情報研修室

主催:九条の会さかど(http://9jo.jp/sakado/

 

 


都立高校女性教職員九条の会(東京都)

〈6月月例会〉「憲法9条、25条と年金」

日時:2009年6月19日(金)18:30〜20:30

講師:森口 藤子さん(年金者組合社会保障および国際部長)

場所:渋谷区女性センター アイリス(渋谷区渋谷1−17−1)

会費:300円

主催:都立高校女性教職員九条の会(連絡先)赤石二三子 TEL 045-542-8990


東久留米「西部九条の会」(東京都東久留米市)

3周年のつどい『戦争しか知らない子どもたち』〜アフガンの子どもたちとの出会い〜

日時:2009年6月20日(土)午後2:30〜4:30

内容:@3周年のつどい A映像とお話:今川夏如(JAPAN-MMCC

会場:東久留米・西部地域センターホール(東久留米市滝山4-1-10

参加費:500円(高校生以下無料)

主催:東久留米「西部九条の会」/お問合せ:042-475-9359(大野英男)


うたごえ喫茶・ともしび9条の会(東京都新宿区)

「平和のうたごえと講演」

日時:6月21日(日)12:00開場、12:30開演、終演予定15:15

会場:ともしび新宿店(新宿区新宿3-20-6 FSビル6F

入場料:ワンドリンク付き 1000円(予約が必要です)

第1部:三上満さん講演「人間の希望を拓く〜憲法・教育〜」 

第2部:音楽文化集団ともしび有志による「平和のうたごえ」

主催:うたごえ喫茶・ともしび9条の会

お申し込み・お問い合わせ:ともしび事務所

TEL03(3352)0231 /FAX03(3352)0287(担当)小松原


センケン東京9条の会(東京都中央区)

講演会「『海賊対処法』の前にソマリアを知ろう」

日時:6月24日(水)18:30〜21:00

講師:中野智明(ケニア在住ジャーナリスト)

会場:繊研新聞社6階ホール(中央区日本橋箱崎町31−4/地下鉄・水天宮前駅より徒歩2分)

主催:センケン東京9条の会(問い合わせ)09040772282(福田)


鴻巣・憲法九条の会

「第9回セミナー」「平和憲法 そのままがいい!」

日時:6月27日(土)午後2時〜4時

会場:鴻巣市中央公民館

入場無料

講師 バーバラ・サマホークさん(大東文化大学 英米文学科教授)

主催 鴻巣・憲法九条の会(問い合わせ)熊澤・電話(541−1458)


9条の会・今治(愛媛県今治市)

第15回例会「おはなしと落語をたっぷり」

と き:7月5日(日)午後2時〜4時

ところ:テクスポート今治・2階イベントホール(今治市東門町5丁目143、フジグラン前)

出演:古今亭菊千代師匠

入場料:無料 

主催:9条の会・今治(事務局)電話 0898318485(大沢)


港北九条の会(神奈川県・横浜市)

港北九条の会4周年集会・半田滋東京新聞編集委員記念講演

日時:711日(土)14開会

講師:半田滋氏(東京新聞編集委員)

会場:港北公会堂・1号会議室(東横線・大倉山駅徒歩5分)

資料代:500

主催:港北九条の会(連絡)045-543-0966(八木俊長)


ブックレット「加藤周一が語る」を100冊完売しました

5月23日は私にとってめでたい日となりました。何かというと、ブックレット「加藤周一が語る」100冊目をこの日で売り終わったのです。

6月2日の「九条の会講演会」までに、この加藤さんのブックレット100冊を売る計画をたて、4月6日から売り始めました。九条の会の人、友人、知人と「読んでトクする、しかも300円です」と売り歩きました。忙しい人にはお届けもしました。おかげで23日、晴れて100部、完売となったのでした。楽しい“売活”でした。

(厚木市民九条の会 角田京子)


「囲碁九条の会ちば」の活動報告

 昨年7月に結成された「囲碁九条の会ちば」が7月5日、船橋勤労市民センターで1周年記念のつどいを開きます。高橋勲弁護士の講演(「海賊対策派遣(派兵)法」と憲法9条)、囲碁の対局、交流会などを予定しています。結成1周年で現在会員は100名を超え、1月には新春囲碁大会を開催、会報も4回発行しました。県や全国の九条の会交流会にも積極的に参加し、「憲法9条は平和の定石」を合い言葉に、趣味で結びついたユニークな会として活動しています。月1回の世話人会のあとでは必ず囲碁と飲み会を楽しんでいます。これが運動を長続きさせる妙手のようです。

他の府県にも同じ「囲碁九条の会」が生まれて、交流対局が実現すれば楽しいだろうと思います。(N)


メルマガ編集部から  北海道新聞コラム「卓上四季」

6月2日の九条の会講演会は多くの人びとのご協力により、2000人を大きく上回る人びとが参加して、大盛況でした。2週間も前から札止めにせざるをえず、沢山の方々が参加できませんでした。あらためて、お詫びとお礼を申し上げます。集会の内容は「九条の会ニュース」125号(九条の会のウェブサイト掲載)をご覧下さい。

当日の様子を報道した「北海道新聞」のコラムを紹介します。(T)

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/fourseasons/169969.html

卓上四季/九条の会(6月7日)

壇上の遺影がほほ笑みかけていた。平和憲法を守ろうと各地で活動する「九条の会」。呼びかけ人の1人で、運動をけん引したのが昨年12月に89歳で亡くなった評論家の加藤周一さんだ▼東京・日比谷公会堂で2日開かれた追悼講演会。北海道から沖縄まで2千人以上が集まり熱気にあふれた。作家の井上ひさしさんは加藤さんの思いを「戦争で死んだ友だちを裏切らない」と語った▼「(死んだ)彼が決していわなかったであろうことをいったり、彼が黙っていなかったろうことを沈黙したりということは、したくない」。加藤さんは「私にとっての20世紀」でそう記した▼国家に強いられた友人の理不尽な死。戦争への怒りが「九条の会」結成につながった。晩年はユーモアを交え「老人と学生の同盟」を力説した。人生には2度自由の山がある。就職前の学生時代と定年退職以後▼「2つの自由な精神」の共同・協力が日本社会を変える力だ−と。それは、なし崩し的に進む憲法9条の空洞化への警鐘だったろう。米国一辺倒の外交と自衛隊の相次ぐ海外派遣。政府の政策に対する社会の批判力の衰え。若い世代に奮起を促した加藤さんにどう応えるか▼会場では大勢の人たちが運営費をカンパした。千円札と百円硬貨の入った封筒にはこう書かれていたそうだ。「小銭は子どもの小遣いからです」。志は世代を超えて引き継がれていく。