九条の会オフィシャルサイト Japanese Korean English French
大江健三郎、小田実、井上ひさし、加藤周一、澤地久枝、三木睦子、鶴見俊輔、奥平康弘、梅原猛

「九条の会」メールマガジン記事の詳細 (第59号)
発行リスト
発行元:「九条の会」メールマガジン編集部
マガジンへのご連絡・ご投稿は ⇒ mag@9jounokai.jp
「九条の会」のサイトは ⇒ http://www.9-jo.jp/
Copyright(C) 九条の会 All rights reserved.

☆☆☆ 「九条の会」メルマガ詳細版   2008年11月25日 第59号 ☆☆☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
憲法9条、未来をひらく
<転送歓迎> 転送を受けた方はぜひ右からご登録を http://www.9-jo.jp/  発行者:mag@9jounokai.jp

「九条の会」第3回全国交流集会成功裏に開催(速報)

11月24日、午前10時30分から、東京・一橋の日本教育会館で「九条の会第3回全国交流集会」が開かれ、全国各地の九条の会から約900人の人々が参加、熱心に経験の交流と討議を行いました。

午前の全体会では、司会進行を事務局の高田健と渡辺治両名が担当し、開会挨拶を九条の会事務局長の小森陽一さんが行い、出席したよびかけ人の大江健三郎さん、奥平康弘さん、澤地久枝さん、鶴見俊輔さんがあいさつしました。つづいて、特別報告として日本国際ボランティアセンター代表理事の谷山博史さんが発言しました。

全国の各地域・分野の会から5人の方々、黒澤節男さん(福岡・南区九条の会)、植田英隆さん(北海道・グリーン九条の会)、吉田千秋さん(九条の会・岐阜県連絡会)、上原公子さん(教育・子育て九条の会)、鹿野文永さん(みやぎ・憲法九条を守る首長の会)らが発言しました。

午後の部では12の会場に分かれて、分科会(青年・職場)・分散会で交流・討議を行いました。

最後に集約のための全体集会を行い、各分科会・分散会からの報告と、「九条の会からの訴え」を発表・確認して、成功裏に集会を終えました。

※一人ひとりの創意や地域の持ち味を大切にした取り組みで、憲法を生かす過半数の世論を。

※継続的・計画的に学習し、条文改悪も解釈による憲法破壊も許さない力を地域や職場に。

※思い切り対話の輪を広げ、ひきつづき小学校区単位の「会」の結成に意欲的な取り組みを。交流・協力のためのネットワークを。


「九条の会」発行ブックレット「加藤周一が語る 聞き手小森陽一」新刊

朝日カルチャーセンターでの2回にわたる対談を整理・加筆したもの。

目次

◎憲法9条から日本と世界を考える(2007年12月1日)

◎戦争は、どのようにして始まるのか(2008年4月26日)

A5判56ページ 頒価300円 10冊以上250円 いずれも送料別途


「九条の会」憲法セミナーE
     『人間らしく生きる 憲法第9条と
25条』好評発売中

イラク派兵違憲判決で平和的生存権が確認される一方、少なからぬ人びとが貧困問題に直面し、明日の生活に不安を感じながら孤立を余儀なくされています。九条の会は712日宮崎で、「人間らしく生きる――憲法第9条と25条」をテーマに第6回憲法セミナーを開催しました。その記録ブックレットを発行しました。お問い合わせ・ご注文は九条の会事務局にメールもしくはFAX03-3221-5076でお願いします。

内容

◎どうしてイラクの子どもが殺されなければいけないのか 暉峻淑子   

◎貧困問題と憲法九条 湯浅誠   

◎憲法に希望を託して 大江健三郎

◎質問に答えて  

A5判59ページ 頒価300円 10冊以上250円 いずれも送料別途


視覚障害者9条の会  

上映会:日弁連制作ドキュメンタリー「作られた自白〜志布志の悲劇」DVD45分

日時:11月29日(土) 午後1時半

講演:上本忠雄(うえもとただお)弁護士(日弁連刑事拘禁制度改革実現本部)

会場:東京都障害者福祉会館2階B1集会室(JR田町駅改札から東京都障害者福祉会館までの誘導をいたします。誘導の必要な方は、1時までに改札口までお越しください)

参加費:無料

共催:音声ガイド映画サークル 風曜日

国際視覚障害者援護協会(IAVI)

視覚障害者9条の会

連絡先:田中章治(自宅電話048−285−9935)


「いるま・9条の会」結成2周年記念講演会

1130日(日)午後1時45分から

入間市産業文化センター・第2集会室

講演@「カジノ資本主義の崩壊、恐慌、私たちの生活」

講師:相沢光悦(埼玉大学経済学部教授)

講演A「憲法9条から見た入間基地」

講師:平山武久(平和問題研究者・「いるま・9条の会」呼びかけ人)

主催:いるま・9条の会

 

 


萩山・小川団地九条の会(東京都小平市)

第5回講演会「アメリカ憲法のはなし」

日時:11月30日(日)13:3016:00

講師:村山淳彦(むらやまきよひこ)一橋大学教授

場所:小平元気村おがわ東 2会議室

参加費:無料

主催:萩山・小川団地九条の会/電話:042-343-5547/メール sachu@cb.wakwak.com


澄川九条の会(北海道札幌市南区)

第2回『九条寄席』

日時:平成20年11月30日(日) 午後2時開演

場所:札幌市すみかわ地区センター集会室(札幌市南区澄川4条4丁目4)澄川図書館前

演者:鳳亭老射手

演目:地球の窮状(本邦初公開、九条の会のための書き下ろし新作です。)

主催:澄川九条の会

    連絡先 011−841−2704


奥むさし・文化9条の会(埼玉県)

笑いがいちばん!憲法9条はみんなの宝 平和演芸のつどい

日時:12月6日(土)14:00(開場13:30)〜

落語:寝床家道楽さん(川崎市)、工事家現場さん(日高市)

会場:飯能市一丁目クラブ2階(西武飯能駅より徒歩5分)

前売り券:500円全席自由、小、中、高生 無料(当日入場できますが、なるべく連絡をください)

主催:奥むさし・文化9条の会

連絡先電話番号:栗原04−2932−5345 佐藤042−973−7303 外川042−989−4475

 

 

 


鴻巣・憲法九条の会

「第8回 セミナー」「9+20」9条と20条は車の両輪

日時:12月6日(土)14時〜16時

講師:谷 大二氏(カトリックさいたま教区司教)

会場:鴻巣市田間宮 生涯学習センター

参加費:無料

主催:鴻巣・憲法九条の会/お問合せは熊澤(541)1458 まで


東大和9条の会(東京都東大和市)

「東大和9条の会」発足3周年記念集会

日時:12月13日(土)開場13時 /開会13:30 

会場:東大和市中央公民館ホール

講演:生きている9条と平和生存権〜名古屋高裁イラクは兵違憲判決〜

講師:吉田健一弁護士(三多摩法律事務所)

主催:東大和9条の会

連絡先:電話042-565-0866


九条の会 おまぎ(埼玉県さいたま市緑区)

第2回 憲法と文化のつどい

日時:12月13日(土)1時半〜4時

会場:プラザイースト(さいたま市緑区)2階映像シアター

     http://www.saitama-culture.jp/plazaest/plazaest_access.html

参加費:500

プログラム:(1)埼玉合唱団コーラス/朗読「イマジン9」

     (2)シャンソン 愛と平和を歌う(出演 TOMOO)

主催:九条の会 おまぎ

(連絡先) 本田 048−876−2104


落合・中井九条の会(東京都新宿区)

戦争のない世界をめざして Peaceコンサート

日時:2008年12月14日(日)13:30会場 14:00開演

会場:落合第二地域センター3階 多目的ホール(新宿区中落合4-17-13

出演:ママゴスペルチームsistersisterのみなさん/ゆびピアノ・ソロカリンバなど:HIROYUKIさん/ベリーダンス 月桃さん/赤塚・成増九条の会からの友情出演/ギター:品川ヒデオさん

主催:落合・中井九条の会

http://homepage2.nifty.com/otiainakaikyujo/index.htm


九条を守る神奈川高校教職員の会(神奈川県)

2周年記念講演会

日時:2008年12月20日(土) 午後2時 開場/午後2時30分開演

場所:横浜開港記念会館講堂

講演:土井たか子氏

演題:頑固に護憲!頑固に九条!!

資料代:500円

主催:九条を守る神奈川高校教職員の会

連絡:早川芳夫(共同代表) 03-3308-7044


メルマガ編集部から
      高知県政界の保守重鎮たちの参画する「こうち九条の会」

高知新聞ブックレットNo.13「憲法の過去、現在、その未来を考える」を送って頂き、一読した。同社の発行に「こうち九条の会」、女性「九条の会」高知が協力した内容の濃密なブックレットである。高知県でさまざまな九条の会にかかわる「10代から80代まで、男性8人、女性7人、全部で15人の貴重な論考集」である。本書の特徴は高知新聞企業文化出版局 局次長の足羽潔さんが「編集後記」で語っている。

「イラク戦争と軌を一つにするように、日本国内での改憲の動きがあわただしくなり、同時に大江健三郎さんや小田実さんらの呼び掛けで『九条の会』が2004年に旗揚げされ、高知でも『九条の会』が結成の運びになる。高知が全国を驚かせたのは、高知県政界の保守重鎮たちの『九条の会』への参画だった。その人たちは例えば、平山公敬さん、梅原一さん。高知市政、県政、そして国政のありようをめぐって國澤さんたちと政治的な闘いを演じづけていた人たち。その平山さんや梅原さんが『こうち九条の会』の輪に入ったことが、『護憲』の意味をあらためて問うものとなった」と。

このブックレットは文字通り「九条を守る」の一点で高知県内の幅広い人々を結集して活動する「こうち九条の会」の人々の姿を鮮やかに浮かび上がらせている。

「民権運動の地、土佐の国からの『日本国憲法9条を守ろう』との力強い叫びが、高知新聞ブックレット『9条 しあわせの扉」のページをめくるたび、心に響く」との品川正治さん(経済同友会終身幹事)の推薦の言葉があります。A5判 124頁762円+税 お問い合わせは高知新聞企業文化出版局調査部の足羽潔さん TEL088−825−4330  FAX088−825−4329まで。(T)