九条の会オフィシャルサイト Japanese Korean English French
大江健三郎、小田実、井上ひさし、加藤周一、澤地久枝、三木睦子、鶴見俊輔、奥平康弘、梅原猛

「九条の会」メールマガジン記事の詳細 (第51号)
発行リスト
発行元:「九条の会」メールマガジン編集部
マガジンへのご連絡・ご投稿は ⇒ mag@9jounokai.jp
「九条の会」のサイトは ⇒ http://www.9-jo.jp/
Copyright(C) 九条の会 All rights reserved.

☆☆☆ 「九条の会」メルマガ詳細版   2008年7月25日 第51号 ☆☆☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
憲法9条、未来をひらく
<転送歓迎> 転送を受けた方はぜひ右からご登録を http://www.9-jo.jp/  発行者:mag@9jounokai.jp

九条の会事務局主催学習会「名古屋高裁判決と派兵恒久法」

日時・9月13日(土)1時半(開場1時)〜4時

会場・星陵会館(地下鉄永田町駅下車6番出口http://www.seiryokai.org/kaikan.html

講師・小林 武(愛知大学教授・名古屋高裁訴訟で鑑定意見書提出)/半田 滋(東京新聞編集委員・自衛隊の実態を克明に取材、調査)/渡辺 治(一橋大学教授・今日の政治情勢と派兵恒久法を語る)

事前申し込み必要なし。当日会場に直接おいでください。

参加費:1000円

主催:九条の会事務局 03−3221−5075


「九条の会」第3回全国交流集会の成功をめざすよびかけ

「九条の会」をはじめとする、改憲に反対する運動が草の根に広がることによって、大きな政治状況の変化がつづいています。「任期中の改憲」を掲げ、改憲手続法の制定を強行した安倍晋三政権は、2007年参院選で大敗し、退陣を余儀なくされました。そしてこの流れは、小泉純一郎政権以来行われてきた自衛隊のイラク派兵を違憲とした名古屋高裁の画期的判決などへとつらなっています。

しかし、改憲を求めるアメリカや財界の圧力はますます強まっており、福田康夫政権は、これらの圧力をうけて、改憲戦略の手直しをはかりつつあります。その最大の焦点として浮上しているのが、海外派兵恒久法制定の企てです。特措法をいちいちつくらずに、アメリカの要請に応えて迅速に自衛隊を海外に派兵し、あわよくば米軍の後方支援をするため武器の使用をも可能としようというものです。その前段の企てとして急浮上しているアフガニスタンへの陸上・航空自衛隊派兵の企てとともに、こうした一連の動きは、九条の破壊を極限にまでおしすすめるものです。

また与党は、この法律の国会提出をテコに、安倍政権のもとで破綻した野党の一部との協調関係を修復し、再び改憲の機運を盛り上げようとする動きも活発になっています。そのため、自民、民主、公明などの国会議員でつくる「新憲法制定議員同盟」が3月に開いた総会で、国会の憲法審査会の始動をめざすとともに、全国に地方支部をつくり「九条の会」に対抗する国民運動の構築にのりだそうとしています。公的施設の使用を妨害するなど「九条の会」の運動を抑えにかかっている動きも見逃せません。

 こうした動きを押し返すためにも、九条改憲を許さず活かすことを求める国民世論を大きく広げていく必要があります。

 20071124日に開催された、「九条の会第2回全国交流集会」(於日本教育会館)の際に開かれた呼びかけ人会議は、「当面、『すべての小学校区に九条の会を』を合言葉に、文字どおり思想・信条・社会的立場の違いをこえた『会』をつくろう。地域・分野のネットワークをつくり、交流協力しあって運動を前進させよう。」との「訴え」を発表しました。

 この「訴え」に積極的に呼応した実践が、いくつかの地域で行われ、貴重な成果と経験が生み出されています。しかし、多くのところでは、どのような日常活動を行っていくのか、新しいつながりをどうつくっていくのかなど、の悩みを抱えています。

 「九条の会」運動の新たな挑戦のあり方を、全国の経験を持ちよって、ともに模索するために、20081124日(月・休日)午前1030分から、日本教育会館で第3回全国交流集会を開催します。

 全国各地からの積極的な参加をよびかけます。

  九条の会第3回全国交流集会 運営委員会

2008年6月16日

(なお、実施要綱は別途発表致します)。


38日東京・渋谷C..Lemonホールで開催された「九条の会講演会」の記録が「岩波ブックレット」で78日刊行されました

岩波ブックレットNo.731

『憲法九条、あしたを変える――小田実の志を受けついで』 

(ブックレットの帯より)発足から3年余。九条の会の歩みは、ひとりでも動くことのできる市民の誕生・成長でもある。戦争、貧困、災害――対抗すべき課題へ、「平和に生きる権利」の主張が今、ますます意味を持つ。20083月の九条の会講演会を収録。

A5判72ページ 定価(本体480円+税) 全国の書店でお求めになれます。


「九条の会講演会―小田実さんの志をうけついで」のビデオ・DVD好評発売中  

北は北海道から南は沖縄までの2300人の参加者をむかえて、2008年3月8日に東京・渋谷C..emonホールで開かれた、講演会の記録。

ビデオ 時間/189分 定価/2200(税込)・送料別途

DVD(2枚組) 時間/214分 定価/2500(税込)・送料別途

ご注文は「九条の会事務局」まで、なるべくFAX(03−3221―5076)かメールmail@9jounokai.jp でお願いします。代金の送金はお送りする品物に同封致します郵便振替用紙をご利用ください。


焼津9条「青空」の会(静岡県焼津市)

設立総会と講演の集い

日時:83日(日)14:00

会場:焼津公民館3

講演:「国家・憲法・税金」

講師:安藤 実(静岡大学名誉教授)

会の特徴/ 焼津には、既に焼津女性9条の会がありますが、昨年、映画「日本の青空」上映会を成功させたのを引き継いで、男性も加入する9条の会を作ろうと企画しました。

主催:焼津9条「青空」の会/事務局 藤牧(電054−626−7955)

         e-shujia16mf@hotmail.com

 

 


天竜平和を守る会(九条の会)(静岡県浜松市)

平和展 市民の手記と 写真(ポスター)『サダコと折鶴』

期間:200886日(水)〜17日(日)

会場:浜松市天竜二俣公民館

内容:手記 戦中戦後の生活体験 など(艦砲射撃、長崎被爆、沖縄戦、千人針、疎開、買出し、遺骨収集の旅など)

入場無料

主催:天竜平和を守る会(九条の会)/ファックスп@053-926-1463/メール peaceten@vmail.plala.or.jp


青葉町9条の会(東京都東村山市)

講演会「あの日を 私も 忘れない」〜「人も家も焼きつくした 3月10日の東京大空襲」

日時:8月9日 午後1時開場 2時開会

会場:東村山市青葉町4丁目 全生園(ぜんしょうえん)内 中央集会所

講師:狩野光男氏(青葉町在住)ほか

会費:なし

 数十枚の東京大空襲の絵をごらんいただけます。東京大空襲を体験された方などに戦争体験を語っていただき、二度と再び日本が戦争を起こさないよう、9条を中心に憲法を生かす方向を探ります。

主催:青葉町9条の会(連絡先 平野09085016468 馬越09018380314


馬込九条の会 (東京都大田区)

15回憲法学習会

日時:2008年8月9日(土) 午後1時30分〜4時

会場:馬込文化センター第1集会室
    
(東京都大田区中馬込3-26-3、電話:03-3775-1370

内容:(1)DVD

       ・・・NHKスペシャル「鬼太郎の見た玉砕 水木しげるの戦争〜」

    (2)トークトーク 「私の戦争体験」 馬込在住者のお話を予定 

参加費:無料

主催:馬込九条の会

事務局:03−3771−9350(小西)

 

 

 


とよあけ9条の会(愛知県豊明市)

「とよあけ9条の会」のつどい・08盛夏/イラク派兵違憲判決報告集会―新進気鋭の弁護士が語る−

とき:8月9日(土)午後2時〜4

ところ:市民活動室(商工会館内、農協本店隣)

講師:永井敦史 弁護士(名古屋南部法律事務所)

主催:とよあけ9条の会   連絡先(中西)0562−92−2755


早稲田9条の会(東京都新宿区)

講演会「イラク派兵違憲判決と市谷・防衛省の実態」

日時: 8月16日(土)午後2時

講師:山田朗(明治大学教授)

会場:新宿区若松町・若松地域センター 3階ホール(地下鉄大江戸線若松河田駅下車 徒歩3分)

無料

主催:早稲田9条の会 連絡先:事務局 http://www.geocities.jp/waseda9j/


落合・中井九条の会(東京都新宿区)

第38回 落合・中井のつどい「宮沢賢治と憲法九条」

とき:8月16日(土)午後2時〜4時

会場:落合第二地域センター 2階 大会議室(新宿区中落合4-17-13

お話:宮沢賢治の研究者三上満さん

主催:落合・中井九条の会


ぬまづ憲法9条の会(静岡県沼津市)

講演会「イラク派兵違憲判決と海外派兵恒久法」

日時:2008年8月23日(土) 13時30分開会

講師:川口創弁護士(名古屋・自衛隊イラク派兵差止訴訟の会弁護団事務局長)

会場:沼津市文化センター・大会議室(2階) 

会場費:500円

主催:ぬまづ憲法9条の会

   (連絡先:神田 п@055-921-7755


日進九条の会(愛知県日進市)

6月21日、にぎわい交流館で「4・17イラク派兵違憲判決報告学習会」を開催。

約40名が参加して、最初に「イラクの現状をどう見るか」(DVD)の上映。マスコミでは伝えない、生々しいイラクの現実の姿を見た後、自衛隊のイラク派兵差し止め訴訟で名古屋高裁が4月17日に出した「歴史的・画期的な」といわれる判決を学習しました。

「自衛隊イラク判決理由の要旨」(判決文の4分の1くらいの文)を、参加者が5〜6行声に出して読み、講師の魚住弁護士(自衛隊イラク派兵差し止め訴訟弁護団)が解説をするという進め方で、読み終えました。

特に次の箇所について魚住弁護士は、かつてこのような言葉を裁判官の口から聞いたことがない、と述べました。

「B損害賠償請求について 関係各証拠等によれば、控訴人らは、それぞれの重い人生や経験等に裏打ちされた強い平和への信念や信条を有しているものであり、憲法9条違反を含む本件派遣によって強い精神的苦痛を被ったとして、被控訴人に対し損害賠償請求を提起しているものと認められ、そこに込められた切実な思いには、平和憲法下の日本国民として共感すべき部分が多く含まれているということができ、決して間接民主制下における政治的敗者の個人的な憤慨、不快感又は挫折感等にすぎないなどと評価されるべきものではない」

その後の質問の時間も、意見感想ならびに質問が続き、講師がていねいに答えました。終了予定時刻になってもまだ発言が続き、熱のこもった学習会でした。


囲碁九条の会ちば(千葉県)

憲法9条は平和の定石〜「囲碁九条の会ちば」が発足

 囲碁仲間による異色の九条の会、「囲碁九条の会ちば」(代表世話人:後藤裕造弁護士)が結成されました。7月12日、船橋の勤労市民センターで結成のつどいを開き、会場いっぱいの74名が参加し、成功しました。申し合わせの確認と役員選出の後、佐藤鋼造弁護士の記念講演「9条のもつ輝きと私達の生活」があり、続いて囲碁の自由対局、席を移しての交流会と、趣味の分野での九条の会の立ち上げにふさわしい集いでした。

 憲法9条を守る活動をしている囲碁仲間から「世の中が平和でこそ囲碁が楽しめる。憲法9条は平和の礎だ。9条を守る運動を広げよう」との声が持ち上がり、急速に具体化したのは今年に入ってからで、結成までに8回の準備会を重ねました。

 これからの活動としては、会が長続きするよう無理はせず、囲碁を楽しみながら平和を守る九条の会として、キラリと光る存在を目指します。年1〜2回の全県的な囲碁大会を柱に、県や全国の交流会への参加、講演会、学習会、更にユニークな取り組みとして米軍や自衛隊基地の実地踏査も行う計画です。

連絡先・弁護士法人房総法律内 電話043-225-1461


メルマガ編集部から

7月12日に宮崎市で開催した「九条の会憲法セミナー」はで大江健三郎、暉峻淑子、湯浅誠の各講師が講演し、1600人もの人々が来場してくださり、大きな成功を収めました。感想の一部は「九条の会ニュース」に掲載されておりますが、「9条と25条」をテーマにした内容はたいへん好評でした。学生の参加も多く、11歳の小学生も質問をしました。地元宮崎県の各九条の会の皆さんをはじめ、九州各地の皆さんのご参加、ご協力に感謝します。

新テロ特措法の延長問題やアフガンへの陸自・空自の派兵問題、それとの関連で臨時国会の召集日をいつにするかなど、福田内閣と与党が迷走しているようです。福田首相は年頭の施政方針演説で自衛隊海外派兵恒久法の制定を目指すとしましたが、これも与党は迷走中です。しかし、与党が遅かれ早かれ憲法9条に反して、海外派兵恒久法の制定を企てているのは明らかです。その意味で、今号の冒頭に掲載致しました9月13日に予定した「九条の会事務局主催の学習会」は重要だと思っております。この秋の政治的課題について、お互いに認識を深めるために、ぜひお誘いあわせの上、ご参加ください。(T)