九条の会オフィシャルサイト Japanese Korean English French
大江健三郎、小田実、井上ひさし、加藤周一、澤地久枝、三木睦子、鶴見俊輔、奥平康弘、梅原猛

「九条の会」メールマガジン記事の詳細 (第42号)
発行リスト
発行元:「九条の会」メールマガジン編集部
マガジンへのご連絡・ご投稿は ⇒ mag@9jounokai.jp
「九条の会」のサイトは ⇒ http://www.9-jo.jp/
Copyright(C) 九条の会 All rights reserved.

☆☆☆ 「九条の会」メルマガ詳細版   2008年3月10日 第42号 ☆☆☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
憲法9条、未来をひらく
<転送歓迎> 転送を受けた方はぜひ右からご登録を http://www.9-jo.jp/  発行者:mag@9jounokai.jp

九条の会講演会〜小田実さんの志を受けついで、成功の御礼

3月8日開催の九条の会講演会に際しましては、2300人を超える方々のご参加があり、7人の呼びかけ人(大江健三郎、鶴見俊輔、加藤周一、三木睦子、井上ひさし、奥平康弘、澤地久枝)の講演や、小田さんのパートナー玄順恵さんのお話、渡部宏さん、山形明朗さんの音楽演奏などに耳を傾けて頂きました。皆様のご協力により、「九条の会」に寄せる小田実さんの志を共有する時間を成功裏に持つことができたことに感謝します。このあつい思いを力に変え、全国各地の小学校区単位に「九条の会」を生み出す運動の原動力にしなければと思います。「小田さんはいなくなったけれども、私たちとともにいる」(三木睦子さんの言葉)ということを実感しております。ありがとうございました。(事務局)


第5回「九条の会憲法セミナー」

好評の「憲法セミナー」の第5回目をつぎのように開催します。
  (詳細は追って発表します)

タイトル「9条で平和をつくる〜メディア報道と憲法問題」

日時 6月21日(土) 1330

会場 岐阜市内

講師 井上ひさし(九条の会よびかけ人)

   明珍美紀(新聞労連元委員長、毎日新聞記者)

主催 九条の会


千曲市九条の会(長野県)

結成3周年森永卓郎講演会

日時:2008年3月16日(日)午後2時〜4時

内容 :アトラクション 千曲市五加子供太鼓

    リレートーク? 平和 いのち 憲法 part2

    講演「構造改革のもたらすもの〜戦争と経済はつながっている〜」

講師 森永 卓郎さん

参加費:500円(チケット)*高校生以下無料

場所:千曲市更埴文化会館 あんずホール(千曲市杭瀬下1-64  026-273-1880

催:千曲市九条の会

援: 千曲市、千曲市教育委員会、信濃毎日新聞社、

     (株)信州ケーブルテレビジョン、更埴新聞社、屋代西沢書店

主催:千曲市九条の会 問合せ 事務局 小山( 090-7807-4397

       *メール chikuma9jo@mbp.nifty.com

       *ホームページ http://homepage2.nifty.com/chikuma9jo/


九条の会市川(千葉県市川市)  

憲法学習会

日時:3月16 ()午後2時から4時半 

場所:市川公民館 ? 参加費無料

DVD上映「泥にまみれた靴で」/未来へつなぐ証言 侵略戦争

「生と死・悲惨な戦争体験を語る」(仮題) 中川栄吉さん(千葉県建設業協会副会長、千葉建設工業(株)会長)

軍隊の本性と日米地位協定(講師:高野邦夫さん)

主催:「九条の会市川」事務局


小岩九条の会(東京都江戸川区)

学習会「後期高齢者医療制度について」

日時:3月20日(木)13:30〜15:30

場所 北小岩コミュニティ会館

講師 前沢淑子さん(東京民医連事務局次長)

主催:小岩九条の会

 

 


九条の会・おおさか

九条の会・おおさかのつどい「井上ひさし VS 藤本義一 ビッグ対談」

               −−戦争・地球・憲法−−

日時 2008年3月21日(金) 午後6時30分〜 (6時開場)

会場 大阪市立中央公会堂 (中之島公会堂)

     (地下鉄・京阪電車「淀屋橋」駅から徒歩5分)

出演

  井上ひさしさん (小説家・劇作家)/藤本義一さん (小説家・放送作家)

               ・・・「ビッグ対談−−戦争・地球・憲法」

  宮本憲一さん(大阪市立大学名誉教授、「九条の会・おおさか」呼びかけ人)

               ・・・スピーチ 「地球環境と憲法」

  寺谷一紀さん (元NHKアナウンサー)・・やわらかい大阪弁で司会をつとめます

    手話通訳があります

参加費 1000円  ・学生は500円。 ・介助者は無料。

主催 九条の会・おおさか

  ※詳しくは、ホームページをご覧ください

   http://osaka9.hp.infoseek.co.jp/index.html


若葉九条の会(千葉県千葉市)

9条世界会議プレ・イベント:「憲法9条の今と九条の会運動」

                ―日本の九条から世界の9条へー

日時:3月23日(日)午後1時30分〜3時

講演:高田健(九条の会事務局、9条世界会議事務局)

会場:千葉市若葉区のみつわ台公民館(千葉市若葉区、モノレール「みつわ台駅」右側裏)

http://chiba-bosai.wni.co.jp/map/wakaba/1/53.html

主催:若葉九条の会 問い合わせ・事務局 藤木(043−256−8951)


お話落合・中井九条の会(東京都新宿区)

33回 落合・中井九条のつどい「ラテンアメリカは今」

日時:323日(日)2時から4

お話:河合恒生 岐阜経済大学教授

会場 新宿区落合第二地域センター 2階大会議室

主催:落合・中井九条の会

 

 

 


九条の会・中野(東京都中野区)

第9回憲法問題連続学習講座「集団的自衛権とは何か?」

日時:3月23日(日)13時30分開場 14時開会

講師:関西学院大教授 豊下 楢彦さん

会場:中野区立勤労福祉会館3F大会議室(JR・東京メトロ中野駅南口より徒歩5分)

資料代・受講料 1,000円

主催:九条の会・中野     問い合わせ先 蓮井(03-3382-1936


南大沢9条の会(東京都八王子市)

4回憲法学習会

日時:2008329日(土) 午後1時半

場所:南大沢生涯学習センター視聴覚室

講師:シュテファン・ゼーベルさん(東京大学大学院)

テーマ:戦後ドイツの経験は日本のモデルになり得るのか?

<詳細はこちらをクリックしてください>

http://minamiosawa9jo.web.fc2.com/

資料代:300

連絡先:南大沢憲法9条の会事務局・片倉和夫 042-674-7950tel & fax)

Eメール:minamioosawa9jou@mac.com


栄区九条の会(神奈川県横浜市)

栄区九条の会2周年・講演とフォークソングのつどい

日時:329日(土)14時〜1713時半開場) 

1部:「愛と平和を歌おう」(横浜とつかレクリエーション学校)

2部講演:畑田重夫さん(国際政治学者・日本平和委員会代表理事)「憲法九条と

私たちのくらし」(講演予定者の品川正治さんがけがのため変更になりました)

3部:日本国憲法前文と九条の群読

会場:地球市民ぷらざ内 プラザホール

交通:JR根岸線「本郷台」駅下車 徒歩2

入場料:500円(高校生以下無料)

? 催:栄区九条の会 

連絡先:栄区九条の会事務局:奥田昌子 電話・FAX: 045-892-2893  後藤仁敏

e-mail: goto@kd5.so-net.ne.jp


映画人九条の会

映画人九条の会4・4学習集会

 「21世紀の世界と日本、経済の行方──そして9条」

日時:4月4日(金)18:4520:30

講師:友寄英隆 「経済」前編集長

会場:東京・文京シビックセンター3F・A+B会議室

  東京都文京区春日1-16-21 電話03-3812-7111

  地下鉄丸の内線・南北線「後楽園駅」徒歩1分

  都営三田線・大江戸線「春日駅」徒歩1分

参加費:(資料代) 800円

主催:映画人九条の会

電話 03-5689-3970 FAX03-5689-9585

URL http://kenpo-9.net/

メール webmaster@kenpo-9.net


メルマガ編集部から

イージス艦「あたご」が千葉の漁船に衝突し、乗っていた漁民親子は依然行方不明である。今も冷たい海の中に放り出されている漁民の青年、吉清哲大くん(23歳)の素顔が各メディアでとりあげられている。読んでいて思わず目頭が熱くなった。
すでに多くの報道があるので詳述はさけるが、哲大くんはここ4年ほど、年に3〜4回、それぞれとろ箱30箱以上の鯖や鰯を「上野のホームレス支援に」と、自らトラックで運んで届けていたというのである。まことに優しい青年である。どれだけの野宿者が彼の魚に助けられたことだろう。戦争をする自衛艦からみれば、遭難した哲大君は数字の「1人」に過ぎないのかもしれない。しかし、その「1人」の中身はこんなにもやさしく、暖かく、夢にふくらんでいる。あれこれと二転三転しながら弁明する前に、こんなすばらしい漁師の若者をいま寒い冬の海に放り出し、遭難させてしまったことの罪の重さを、防衛相たる石破氏は考えなくてはならない。哲大君の縁者の人が血を吐くような思いで語った「辞任することで問題は解決しない」という言葉を逆手にとって、防衛相の椅子にしがみついている石破氏はとても見苦しく見える。内閣の責任者たる福田康夫首相の責任も重大だ。いま哲大君は父親とともに海中で苦闘している。家族が、地域の漁師仲間が悲しんでいる。そして哲大君のトロ箱を待っていた上野の野宿者や支援者たちも悲しんでいるに違いない。私も悲しい、くやしい。(T)