九条の会オフィシャルサイト Japanese Korean English French
大江健三郎、小田実、井上ひさし、加藤周一、澤地久枝、三木睦子、鶴見俊輔、奥平康弘、梅原猛

「九条の会」メールマガジン記事の詳細 (第29号)
第28号こちら
発行元:「九条の会」メールマガジン編集部
マガジンへのご連絡・ご投稿は ⇒ mag@9jounokai.jp
「九条の会」のサイトは ⇒ http://www.9-jo.jp/
Copyright(C) 九条の会 All rights reserved.

☆☆☆ 「九条の会」メルマガ詳細版   2007年7月10日 第29号 ☆☆☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
憲法9条、未来をひらく
<転送歓迎> 転送を受けた方はぜひ右からご登録を http://www.9-jo.jp/  発行者:mag@9jounokai.jp

「『九条の会』憲法セミナーin盛岡」を開催します

タイトル:「戦争をする国」にさせない

日時:9月29日(土)13:30〜16:30

お話:奥平康弘(九条の会呼びかけ人・憲法研究者)

池田香代子(九条の会講師団・翻訳家)

会場:盛岡市・勤労福祉会館

参加費:1000円

参加:要、事前申し込み(申し込みは「九条の会」事務局にFAX、またはメールで住所、電話番号、お名前、申し込み数などを書いて御連絡ください)

主催:九条の会 FAX03−3221−5076  メールmail@9jounokai.jp


好評新刊!「九条の会」憲法セミナー・ブックレットA
発行のお知らせ(既報)

タイトル:『国際紛争の解決は9条の心で』  小田 実   伊勢ア賢治

発行=九条の会  A5判62ページ 

頒価300円(〒別)10冊以上250円(同) 50冊以上200円(同) 

3月10日、静岡市で開かれた「九条の会」憲法セミナーの記録です。お申し込みは、なるべくFAXかメールで「九条の会」事務局へ。

なお、事務局では京都での「九条の会」憲法セミナーの記録もBとして準備中です。ご期待ください。


第2回全国交流集会に向け実行委員会発足/交流集会の大綱を確認(既報)

 「九条の会」は11月24日に第2回全国交流集会を開きます。その成功をめざす実行委員会が6月11日発足しました。

会議では、事務局から第2回交流集会の実施要綱の提案を受けて討議、そのなかではこの1年余の運動の交流を踏まえながら、分散会の持ち方や参加者にあらかじめレポートの提出を求めることなど、今年の集会の持ち方について意見を出し合い、以下の大綱を確認するとともに、今後さらに論議を深めていくこととしました。

九条の会事務局では、同時に、昨年、全国から交流集会に参加した方の意見、さらには全国各地でおこなわれている県・地域レベルの交流会で活かされたアイディアなど、全国の皆さんからも提案を募集し、次回以降の実行委員会で検討し、交流集会をさらに豊かなものにしていきたいと考えています。メール、FAX、お手紙等で積極的にご意見をお寄せください。

◇日時 11月24日(土) 午前10時30分〜午後4時15分

◇会場 日本教育会館

◇日程の概要

   1030 全体会(呼びかけ人あいさつ、各地・各界からの報告)

  1200 休憩・昼食

  1300 分散会討論

  1530 全体会議(分散会報告、「九条の会」からの訴え)

◇参加資格 地域・分野・職場・学園などの「会」の代表

(以上、「九条の会」ニュース第88,89号より)


落合・中井九条の会(東京都)

テーマ:近・現代政治史の中の安倍内閣
      ・・・・日本国民をどこへ導こうとしているのか・・・・

日時:7月22日(日)午後2時〜4時

 7月のつどいは、当初予定していたマスコミ問題を都合により8月に変更し、急遽 会代表の増島先生にお願いして下記のテーマで行います。

会場:落合社会教育会館 視聴覚室(東京都新宿区中落合4-25-19)               

お話: 増島 宏 法政大学名誉教授

主催:落合・中井九条の会


都立高校女性教職員九条の会

フィールドワーク 靖国神社「遊就館」見学

日時:7月26日()午前10:00集合  

館内見学後、千鳥が淵戦没者墓苑、/国立近代美術館工芸館(近衛師団司令部隊跡)/高射機関砲台座等、探訪ガイドとともにめぐる。/その後、昼食。

/解散予定午後2:00

定員:20名

事前にFAXでお名前・連絡先を書いて「やなだ」までお申し込みください。

FAX 03-3557-3045

参加費:2000円(「遊就館」入場料、探訪ガイド代、昼食)

主催:都立高校女性教職員九条の会

 

 


いなみ九条の会(兵庫県)

「軍隊をすてた国」DVD鑑賞会

日時:年7月28日(土) 14時〜

場所:稲美町コミュニティセンター(役場4階)

参加費:100円

主催:いなみ九条の会(問い合せ先)079−492−5716 笠井


小岩九条の会(東京都)

「戦争の真実を知る 第2回」

日時:7月29日(日)13:30〜15:30

話し手:銀林美恵子

テーマ:「被爆の実相」

場所:南小岩コミュニティ会館

主催:小岩九条の会


憲法九条の会・岩岡(兵庫県)

映画会:「日本の青い空」――日本国憲法誕生の真相、60年を経て いま明らかに――

日時:9月1日(土曜日)  第1回上映 午後1時〜3時5分

              第2回上映 午後3時20分〜5時25

              第3回上映 午後6時〜8時5分

ところ:ペレーネホール(イズミヤカナート西神戸2階)

入場料金:大人(一般・大学生)1000円/子供(中・高校生)800円 

主催:憲法九条の会・岩岡(神戸市西区岩岡町)/協力:明石の九条の会

問い合わせ:http://samue.cocolog-nifty.com/に、問い合わせの詳細項目があります。

 

 

 


みなと医療生協九条の会(愛知県)

平和の夕べに200人!

6月26日協立総合病院ロビーでみなと医療生協九条の会が平和の夕べを開きました。

不穏な政治情勢を心配して「何かやらなければ」の思いで集まった人は、予想を超えた200人!

 医師、看護師、ヘルパーなど病院の職員はじめ、遠くは蟹江町からも組合員が駆けつけました。友情出演

 音学大学を卒業した職員のソプラノ独唱、研修医のバイオリン、職員の朗読「憲法前文と九条」、医師合唱団10名の合唱、そしてゴスペルを歌う合唱団の若者たちの大合唱など平和を願い、命と愛を歌い上げました。

まとめの挨拶で江間幸雄代表(医師)は、「私の父は7人兄弟でした。みんな男で6人が戦争で死にました。戦地からの遺品や写真が展示してあります。命を大事にする私たち医療に携わる者として、私たちを守ってくれた憲法を大事にし、九条は絶対に守らなくてはならない。戦後一度も戦争で人を殺さなかった日本を再び戦争する国にしてはなりません。参議院選挙も近い。憲法を守りましょう」と訴えました。


みやこ九条の会(沖縄県)

昨年7月に発足した沖縄県宮古島市の「みやこ九条の会」です。

宮古島市の伊志嶺市長の選挙公約である「九条の碑建立」が昨年と今年の2回にわたって野党の反対で予算が否決され、実現が難しくなってしまいました。こうしたことから、「それでは市民の手で建てよう」という声が大きくなり、今年の1月から「みやこ九条の会」が中心となって、労働組合、民主団体、個人に幅広くよびかけ、5団体、30名により「宮古憲法九条の碑建立実行委員会を、3月31日に立ち上げました。

募金目標は100万円ですが、多くの市民から貴重な浄財が寄せられ、ほぼ目標に到達することができました。

設置場所は、市の中心部で市民が集まりやすい場所ということで、カママ嶺公園の一番高台の見晴らしの良い場所を選定し、市に協力を要請しました。市の尽力もあり、この場所に実行委員会立ち上げからわずか2ケ月半で碑が完成しました。

除幕式は6月23日沖縄の慰霊の日としました。除幕式には市長、議長から祝辞をいただき、60名を超える市民が参加し、盛大に行われました。

碑文は「非戦の誓い」として憲法九条の本文を刻銘したシンプルなものです。この碑は公園内に設置されたこともあり、除幕式の後、実行委員会から宮古島市へ寄贈されました。市長は「平和と非戦のシンボルとして、市民に憲法九条を定着し、ここから平和の心を全国に、全世界に発信しましょう!」と心強い決意を示しました。

なお、当日は沖縄県南風原町でも「憲法九条の碑」が建立され、沖縄県下では6基建立されたことになります。

これから、憲法九条を守る運動を草の根から広げていく決意です。


たま九条の会

5月3日に、地域で、「生かそう憲法、守ろう九条」5.3たま平和のつどい&パレードを行い、約200名で町の中をパレードしました。

パレードをしてとても良かった、という声が多く、以降、継続的に毎月9日(19日、29日)に、9日行動をしようということになりました。9日行動では、シンボルカラーを黄色として、何か黄色いものを身につけてアピールしようということです。

6月9日は土曜ということで、多摩川の河原で、巨大な手づくりののぼり旗「守ろう九条」を立てて、小田急線に向かってアピールしながら各自持参した弁当で、ピクニックをしました。黄色いのぼり旗「生かそう憲法、守ろう九条」、黄色い九条Tシャツ等のアピールグッズを用意し、今後の9日行動に利用していく予定です。

また、毎月9日前に、ひとりでもできる黄色グッズを身につける賛同表明行動へのお誘いのチラシ撒き等も予定しています。メールマガジン読者の皆さんにも、ぜひ、毎月9日に、ひとりでもできる黄色グッズを身につける賛同表明行動に参加していただきたい、と思います。

11月16日には1周年記念行事を予定しています。

高橋哲哉さんの講演 「いま、戦争への道に反対する ― 何が起こっているのか、どうすればよいのか」と、音楽企画を企画中です。

たま九条の会 

http://www.geocities.jp/tama9jo/