九条の会オフィシャルサイト Japanese Korean English French
大江健三郎、小田実、井上ひさし、加藤周一、澤地久枝、三木睦子、鶴見俊輔、奥平康弘、梅原猛

「九条の会」メールマガジン記事の詳細 (第15号)
号外こちら
第14号こちら
発行元:「九条の会」メールマガジン編集部
マガジンへのご連絡・ご投稿は ⇒ mag@9jounokai.jp
「九条の会」のサイトは ⇒ http://www.9-jo.jp/
Copyright(C) 九条の会 All rights reserved.

☆☆☆ 「九条の会」メルマガ詳細版   2006年11月25日 第15号 ☆☆☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
憲法9条、未来をひらく
<転送歓迎> 転送を受けた方はぜひ右からご登録を http://www.9-jo.jp/  発行者:mag@9jounokai.jp

事務局から  『九条の会を記録する会』の動画をサイトで配信します

全国各地の「九条の会」の運動の相互理解と連帯の一助として、ボランティアグループ『九条の会を記録する会』が、九条の会事務局との連携のもとに各地の「九条の会」の活動を記録し、九条の会のサイト上で、随時、動画で配信します。ぜひご覧下さい。

まずは、先の全国交流集会の記録を配信しております。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

各地から

(本欄に掲載希望の方はmag@9jounokai.jpに投稿して下さい。掲載は原則として「九条の会」関係の催しに限ります。なおこのメルマガは原則として毎月10日、25日発行です。投稿される方は発行日の5日前までにお願い致します)


東野・憲法9条の会(新座市)

東野・憲法9条の会結成集会

日時:11月26日(日)13:30〜

会場:東北コミュニティセンター(東上線志木駅南口5分)

記念講演 金子兜太(俳人九条の会呼びかけ人)

連絡先 048-476-5571(岡田)


西片町教会九条の会(東京・文京区)

コンサートと講演の夕べ

日時:12月1日() 18時30分〜20時30分

場所:日本基督教団 西片町教会(文京区西片2丁目18番18号)

http://nishikatamachi.net/access.html

講演:品川正冶さん(国際開発センター会長 経済同友会終身幹事 日本興亜損保相談役)

〜財界人として憲法九条を語る〜「戦争、人間、そして憲法九条」

演奏:♪ クローバーサクソフォンカルテット♪(東京芸大同窓生による結成 昨年「第22回日本菅打楽器コンクール」第1位入賞)

参加費:500円

主催:コンサートと講演の夕べ実行委員会

(西片町教会九条の会、根津・千駄木憲法学習会、谷中九条の会、本駒込九条の会準備会)


埼玉県所沢市内の7つの「九条の会」が共同

平和のねがい in 所沢 講演とコンサートのつどい

日時 2006125日(火)午後1時開場130分開演

場所 所沢ミューズ大ホールhttp://www.muse-tokorozawa.or.jp/access/index.html

講師 小森陽一氏(九条の会事務局長)

出演 ナターシャ・グジーさん(ウクライナ生まれのヴォーカリスト)

入場無料

☆ナターシャ・グジーさんと「ねがい」「ふるさと」を一緒に歌う方を募集しています。

問合せ 平和のねがい in 所沢事務局(所沢演劇を見る会気付 04-2933-8316

http://www.mc9tokoro.com/


目黒「九条の会」ネットワーク(目黒九条ネット)

12・6 平和を愛するみなさんと手をむすんでつくる「目黒九条ネット」のコンサート

 "わ"を広げよう! 平和のうた・交響

日時:2006年12月6日(水)開演6:30(開場6:00)

場所:めぐろパーシモンホール(大ホール)

http://www.persimmon.or.jp/access/index.html

参加費:999円

主催:目黒「九条の会」ネットワーク 制作:平和のうた運営委員会 協力:目黒文化フォーラム

総合司会 後藤美代子(元NHKアナウンサー)

第一部:オープニングコーラス:参加コーラスグループと有志合同の大合唱「世界がひとつになるまで」/品川コーラスたんぽぽ「さあ 手をつなごう」/尺八と琴の二重奏:宮田耕八朗と久本桂子「キビタキの森」/ポケットコーラス「すいかとおかあさん」/バリトン独唱:照屋 睦「ふるさと」「愛に生き平和に生きる」/マリンバ二重奏:吉川雅夫と卜部茂子「八木節」「鳥の歌」他

第二部:NHK東京児童合唱団 指揮:加藤洋朗 ピアノ:鷹羽弘晃 「ある科学者の言葉」/トーク 音楽と平和!池辺晋一郎(作曲家) 小林亜星(作詞・作曲・編曲家)/フィナーレ 亜星さんの指揮で全員合唱「野に咲く花のように」

問い合わせ先 メール:a9@a9net-meguro.org 電話:070-5591-8836(おおぜき)

 

 

 


鎌倉・九条の会

十二月に語る平和―詩と映画の夕べ―

き:12月8()18:30〜20:50

容:鎌倉・九条の会スタッフによる詩の朗読と

戦後60周年企画 日韓共同ドキュメンタリー映画「あんにょん・サヨナラ」の上映

ところ:鎌倉生涯学習センター・きららホール

入場料 :前売り\1000 当日\1200 高校生以下\500

申し込み:e-mail iza@kamakura9-jo.jpファックス 0467247727

 

 

 


南大井憲法九条の会

南大井憲法九条の会結成総会

日時:1215日(金)18:4521:00

場所:南大井シルバーセンター(品川区南大井3-7-13 03-3761-6540

講演:金子 勝さん(立正大学教授、九条の会・品川よびかけ人)

参加費:500

詳細はこちらからお願いをします。http://9jo-shinagawa.es3.jp/index.php

 

 


落合・中井九条の会

第18回落合・中井九条の集い(東京・新宿区)

日時 : 0612月17日(日)14:00〜16:30

会場 : 落合社会教育会館レクリエーションホール (新宿区中落合4−2519)               

@お話:法政大学名誉教授 増島 宏氏『小泉内閣から安倍内閣へ−憲法・教育基本法を中心として』

Aカナダ・バンクーバー青年のピースフォーラム報告/M大女子学生が報告 映像付き

Bお楽しみタイム  何が出てくるかお楽しみ

主催:落合・中井九条の会http://homepage2.nifty.com/otiainakaikyujo/index.htm

 電話・FAX:3954−3766

 

 

 


堺・九条を守りいかす会(堺・九条)

1・28 憲法九条を守る市民のつどい

日時:2007年1月28日(日曜日)開場 午後1時30分 開演 午後2時

講演 加藤周一氏

場所 堺市民会館大ホール(1200人収容)

http://www.city.sakai.osaka.jp/city/info/_bunka/siminkaikan.html

主催:堺・九条を守りいかす会(堺・九条)

事務局 電話072ー221ー1717、ファックス072ー223ー6115 sakai-tu@nifty.com

 

 

 


「九条の会」のアピールを広げる科学者・研究者の会

自衛隊の海外派兵を「本来任務」化し、海外での戦争参加に道をひらく「防衛庁『省』昇格法案」に強く反対する(事務局長談話)

 政府・与党は、「防衛庁設置法等の一部を改正する法律案」(以下「法案」)を国会に提出し、早期の成立をはかろうとしている。119日には、民主・社民両党欠席のまま、衆議院安全保障委員会で審議開始が強行された。この法案は、「防衛庁設置法」や「自衛隊法」など関連73法に及ぶもので、マスコミでは「防衛庁『省』昇格法案」などと呼ばれていることにより、防衛庁が「防衛省」に格上げすることが主目的であるかのような印象を与えている。

しかしながら、この法案の主たる目的は、従来は「付随的任務」であった自衛隊の海外派兵を、「本来任務」に格上げし、自衛隊の海外派兵を「恒久的な」ものにしていくことである。そして、武器使用の制約を緩和することにより、自衛隊の海外での武力行使、ひいては戦争参加に道をひらくことである。そのことは、法案提案の「理由」に「我が国周辺の地域における我が国の平和及び安全に重要な影響を与える事態に対応して行う我が国の平和及び安全の確保に資する活動等を自衛隊の任務として位置付ける」と記載されていることや、法案において、「在外邦人等の輸送」や「後方地域支援等」などの際に、武器使用が許容されていることが規定されていることを見れば明らかである。

 周知のように、日本国憲法第九条は、国際紛争を解決する手段としての武力による威嚇または武力の行使は「永久にこれを放棄する」とし、「国の交戦権はこれを認めない」と明記している。1954年の参議院本会議では、自衛隊の「海外出動を為さざることに関する決議」が採択された。ところが、1990年代以降、「解釈改憲」によって、「国際平和協力活動」の名のもとに自衛隊が公然と海外に派遣される事態となった。2001年には「テロ特措法」、2003年には「イラク特措法」や「有事関連法」の成立が強行された。2004年にはイラクに自衛隊が派遣され、今も航空自衛隊が「支援活動」という名の戦争協力を行っている。そして、200510月公表の自民党新憲法草案では、「自衛軍」を保持し、「国際平和協力活動」を行うことができると明記されるに至った。今回の法案は、まさにこうした「解釈改憲」の一環であり、かつ「明文改憲」の先取りと言わねばならない。

 「九条の会」のアピールに賛同し、科学者・研究者の間にその普及をはかることを目的に活動している私たちは、自衛隊の海外派兵を「本来任務」化し、海外での戦争参加に道をひらく「防衛庁『省』昇格法案」に強く反対し、その廃案を求める。

                 2006年11月15日

            「九条の会」のアピールを広げる科学者・研究者の会 

                 事務局長  片平洌彦

送付先

 安倍首相、久間防衛庁長官、麻生外相、衆議院議長

 マスコミ、各政党

 九条の会、日本科学者会議、平民研連、日本平和学会等友好団体