九条の会オフィシャルサイト Japanese Korean English French
大江健三郎、小田実、井上ひさし、加藤周一、澤地久枝、三木睦子、鶴見俊輔、奥平康弘、梅原猛

「九条の会」メールマガジン記事の詳細 (第8号)
第7号こちら
発行元:「九条の会」メールマガジン編集部
マガジンへのご連絡・ご投稿は ⇒ mag@9jounokai.jp
「九条の会」のサイトは ⇒ http://www.9-jo.jp/
Copyright(C) 九条の会 All rights reserved.

☆☆☆ 「九条の会」メルマガ詳細版   2006年8月9日 第8号 ☆☆☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
憲法9条、未来をひらく
<転送歓迎> 転送を受けた方はぜひ右からご登録を http://www.9-jo.jp/  発行者:mag@9jounokai.jp

全国交流集会報告集、好評発売中

体裁 B5判 116頁 ◆定価 1000 円(〒別)申し込みは九条の会事務局mail@9jounokai.jpへ 10 部以上8掛、50部以上ご活用の場合はご相談ください

猛暑の季節になりましたが、各地の皆さまにおかれましてはお元気でご活躍のことと思います。メルマガのインフォメーション欄に寄せられる各地の活動案内を見ましても、引き続き活発に活動を展開している様子がかいま見えて心強い限りです。

全国交流集会が終わって2ヶ月になりますが、各地域で相互の連携を取り、ビデオや報告集を活用して、交流集会や報告会を開催しているようです。

9月29日からは臨時国会も始まるように言われております。憲法九条の精神にかかわる重要法案も目白押しです。これらの動きをしっかりと注視しながら、草の根のネットワークを大きく育て、九条を守る力にしていきたいものです。

このメルマガをともに育てるため、ひきつづき皆様の活動の報告や情報の提供をお願いします。合わせて、さまざまな場所で「九条の会のメルマガ、読んでますか?」と読者登録のおすすめの一言をぜひお願いします。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

各地から

(本欄に掲載希望の方はmag@9jounokai.jpに投稿して下さい。掲載は原則として「九条の会」関係の催しに限ります)


『天竜平和を守る会(九条の会)』

平和展

8月6日(日)〜13日(日)

浜松市立二俣公民館(秋野不矩美術館隣)

http://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/lifeindex/study/kominkan/futamata/access.htm

内容 @ 戦中戦後の生活手記 A 天竜地域の戦没者(地域別に人数をシール

で表示) B 写真(イラク、アフガニスタン、原爆)

http://tenryuheiwa.sakura.ne.jp/index.htm

天竜平和を守る会(九条の会) 事務局 米山正秀 

 0539-26-1463 Eメール peaceten@vmail.plala.or.jp


スタート・静岡市ネットワーク9条(略称「9静岡」)

記念講演・改憲勢力の動きとこれからの日本

日時 8月18日(金)午後6時30分

講師 早野透(朝日新聞コラムニスト)

ところ 静岡総合社会福祉会館7階ホール

http://www.pref.shizuoka.jp/kenhuku/kf-01/chifuku/kaikan_map.htm

旧静岡市(葵区、駿河区)をエリアとしてこの会をスタート


さくら志津憲法9条をまもりたい会

戦争をしない、させない、命がだいじ・戦争体験・憲法と私

日時 2006827日(日)230分〜430

場所 志津コミュニティセンター視聴覚室

http://www.city.sakura.lg.jp/shisetu_guide/shizucomsen/szcom.gif

内容 

1.地元在住の3人の戦争体験者の方にお尋ねします。

   鵜野龍一さん・高橋つやさん・古屋喜門さん

2.朗読  朝澤玲子さん・稲葉トヨ子さん

3.リレートーク

   奥山直廣さん:障害者と戦争・憲法について

   大野博美さん:千葉県内における憲法問題の動向

http://sizu9jo.cocolog-nifty.com/

 


武蔵村山憲法9条の会

輝け 憲法9条 市民の集いIN武蔵村山

と き 2006年8月27日(日)午後1時半開場 午後2時開会

ところ さくらホール

http://www.city.musashimurayama.tokyo.jp/sisetu/sisetu_map.html

内 容 オープニングアトラクション

講演 小森 陽一 氏(九条の会事務局長)

参加費 無料 

主 催 武蔵村山憲法9条の会


酒々井九条の会

へいわを考える“お話し” へいわを願う“コンサート”

日時 93日 () 1300 開場 1330 開演

平和のつどい お話し 俵 義文「九条と教育基本法」なぜ、今、教育基本法改定なの?

コンサート  津軽三味線・・・佐藤通弘  箏・・・海寶幸子 シャンソン・・・you

場所 プリミエール酒々井 文化ホール(千葉県)

http://www.town.shisui.chiba.jp/contents/fukugoushisetsu/

入場料 500

千葉県の小さな町ですが、つどいに向けて、会員一同頑張っています。近隣の平和をねがうなかまに参加を呼びかけます。

入場券についてはTel Fax? 043-496-5993 河島に連絡ください。

 

 

 


憲法9条の会inとやま

富山県の憲法9条の会inとやま発足一周年記念

日時 9月3日(日) 午後1時30分

講演 作家の青木新門氏、富山国際大学の彼谷環氏

場所 明治安田生命ホール(JR富山駅前)

詳しくは http://www7a.biglobe.ne.jp/~toyama-9jo/

 

 

 

 


日進九条の会

2回「とも歩き」

日時:0693日(日)午前10301130ごろ(集合時刻:午前10時)

集合場所:日進市役所(愛知県) 正面玄関前http://www.city.nisshin.lg.jp/map.html

コース:市役所→浅田町方面へのウォーキング→市役所へ戻る予定

日進九条の会では、会員の中からの提案で、さる611日雨の降る中を「とも歩き」

と銘打って大げさなデモ行進ではなく、市内を有志の人(31名の人と犬1匹)たちで

(平和ウォーキング)を行いました。

参加者の声を紹介します。

20代の女性の声として、もっと硬いものだと思っていました。

「9」に係わるものをもって、ウォーキングにきた気分。

道中で「キジの雄」にめぐり合い、自然観察もできてよかった。

また、別の女性は、雨なのに、たくさんの人、列。うれしかった。道端の草、花や側溝の小さな虫などを見つけ、声を上げたり、一人でボーと歩いたら気づかない発見も…。

車の中から手を振ってくれる人の笑顔。小さいけれど確かな手応えを感じたひとときでした。

日進九条の会 呼びかけ人 村田 元就 m-murata@mb.ccnw.ne.jp?

 

 


憲法九条を守る歌人の会(九条歌人の会)

歌に兵戈は無用です 憲法を考える歌人のつどい

日時 9月9日(土)13:00〜16:30

講演 小森陽一(九条の会事務局長 東大教授)/篠 弘(現代歌人協会理事長)/

山本かね子(歌人 「沃野」)/宮地伸一(歌人 「新アララギ」)

会場 星陵会館  http://www.seiryokai.org/kaikan.html

参加費 1000円

主催 九条歌人の会  03−3219−6070?

 

 


九条の会・いせはら

ドイツでは戦争の体験を子どもたちにどう伝えているか

9月9日(土)午後1時〜4時

ところ 伊勢原中央公民館http://www02.so-net.ne.jp/~narumpet/ipwe/ipwemapb.html

おはなし 浅井イゾルデさん(慶応大、法政大、早稲田大などのドイツ語講師)

ビデオ上映「アウシュビッツ」

参加費 500円(学生200円)

主催の「九条の会・いせはら」は満1歳になりました

連絡先 0463−93−8774

 

 


映画人九条の会

「蟻の兵隊」&池谷薫監督・山田朗対談!

日時/2006年9月15日(金)18:4521:00

場所/東京・文京シビック小ホール(定員370席)http://www.b-civichall.com/

参加費1200円(前売券1000円)

*なお、メールにて予約を申し込まれた場合、予約ナンバーを返信いたしますので、当日そのメールをプリントアウトしてご持参ください。前売料金にてご入場できます。

主催/映画人九条の会

電話 03-5689-3970 FAX03-5689-9585

URL http://kenpo-9.net/

メール webmaster@kenpo-9.net

 

 


豊島九条の会

文学と落語と憲法の夕べ─結成1周年記念の夕べ

講演:「夏目漱石と憲法9条」小森陽一さん(東大教授)

落語: 三遊亭吉窓師匠

日時: 06915() 開場18:00 開演18:30

会場: 豊島公会堂(JR池袋駅東口下車徒歩5) 

http://www.city.toshima.tokyo.jp/map/map/d_2.html

参加協力券:500

主催:豊島9条の会 連絡先(Email) hashimotokatumi@nifty.com

 

 

 


実行委員会(九条の会・豊中など)

もったいない!捨てたらアカン 憲法九条 小森陽一講演会

日時 9月18日(月・休)13:30〜

会場 大阪大学イ号館講堂http://www.osaka-u.ac.jp/jp/about/map/index.html

参加費 500円

主催・小森陽一講演会実行委員会(九条の会・豊中/豊中駅前ナインの会/阪大・9条の会/阪大OB・九条の会/大阪空港九条の会/九条の会・豊中いちばん星/おひさま九条の会/豊中教職員・九条の会/豊島・庄内平和まつり九条の会/豊中退職教職員九条の会/豊中・憲法9条を語る会/箕面養護9条の会)06−6849−3980

 

 


日進九条の会

1周年記念文化行事

日時:06108日(日)13301530

会場:日進市民会館小ホール

参加費:500

憲法漫談

『地球(日進市)のすみずみに憲法9条の花を咲かそう!!』

オーダメイドの笑いを出前する「笑工房」 木藤なおゆきさん

日進九条の会 呼びかけ人 村 就 m-murata@mb.ccnw.ne.jp

 

 


「みやこ九条の会」(沖縄)発足についての報告

1、会の名称:みやこ九条の会

2、 発足の日:2006730

3、よびかけ人:64

   代表世話人:仲宗根将二、星野 勉

4、宮古島市の状況

  2005101日に平良市、城辺町、下地町、伊良部町、上野村が合併し、宮古島市となりました。宮古島は沖縄本島の南西300kmに位置し、総面積は164平方km、7つの有人島から構成されています。年間平均気温は23度で亜熱帯海岸性気候に属しています。人口は59千人です。市政は革新市長ですが少数与党で苦労しています。

5、九条の会結成の経過

  今年の2月生協の憲法学習会で、講師の「ネットワーク九条の会沖縄」の加藤事務局長から、「宮古でも九条の会の発足を」の訴えに応えて、その場で有志20名が準備会を立ち上げ、事務局員5名を選出しました。

  その後8回の事務局会議を開催し、よびかけ人への訴えなど準備をすすめてきました。

6、よびかけ人

  保革を問わず、幅広くよびかけ人の賛同を得るため各界の著名人に直接お願いに伺いました。

  憲法九条を守るという点で快く引き受けていただき、発足までに64名となりました。現市長、助役、元市長、元町長、県会議員、市会議員、医師、牧師、僧侶、写真家など幅広い層からよびかけ人になっていただきました。

7、「みやこ九条の会」アピール

 戦後60年余、日本は平和憲法のもとで、一度も戦争をすることもなく、また戦争に巻き込まれて人を殺したり、殺されることもなく平和を守り通してきました。

  沖縄においては、1972年の施政権返還まで日本国憲法は適用されませんでした。米軍の統治下で日本国憲法を学び、教えながらも、その憲法によって主権も人権も保障されることがない矛盾と苦悩のなかで、沖縄の人々は、9条を謳う日本国憲法を切望しました。

  しかし今、憲法を変えようとする動きが急速にすすんでいます。その最大のねらいは、憲法九条を変えて、日本を再び「戦争をする国」にしていこうということです。

  自民党は先に「新憲法草案」を発表し、現在の第9条第2項(戦力不保持と交戦権の否認)を削除し、自衛軍を明文化して「集団的自衛権」の行使に踏み込み、日本がアメリカと一緒に世界のどこでも戦争ができるようにしようとしています。

  さらに先の通常国会では、与党から憲法「改正」手続き法として「国民投票法案」が提出されました。

  私たちは、こうした改憲の動きに強い危惧の念を抱いています。

  先の太平洋戦争では、日本人310万人、アジア諸国で2000万人以上が犠牲になり、沖縄では唯一地上戦が行われ、一般住民15万人余の命が奪われました。

  このような戦争の惨禍の反省の上に立って、新しい日本国憲法がつくられ、第九条に「戦争放棄」と「戦力不保持」がはっきりと書き込まれ、平和憲法として全世界に宣言されました。

  しかし、沖縄県下には依然として日本全体の75%を占める米軍基地が存在し、最近の「米軍再編計画」により、普天間基地の名護市辺野古沿岸部への移設など、米軍基地が強化・固定化され、自衛隊が米軍と一体となって、戦争をしていく危険性が強まっています。

こうした動きは憲法を変える動きと連動して、平和を脅かすものとなっています。

日本が再び戦争への道を歩まないように、いまこそ平和を守り、9条の改憲に反対する国民の声を大きく広げていくときではないでしょうか。

2004年6月に、井上ひさし、大江健三郎、小田実氏などが呼びかけた「九条の会」は大きな反響をよび、全国ですでに5千を超える「九条の会」が各地で組織され、各種運動が発展しています。沖縄県下でも「沖縄・女性九条の会」をはじめ、各地で「九条の会」が結成されています。

  こうした情勢の下で、宮古でも「九条の会」を結成したいという声が大きくなり、2006年7月30日に「みやこ九条の会」が発足しました。この会は、日本国憲法9条を守り、改憲に反対するという1点で一致する個人の集まりです。

  市民のみなさん、私たち一人ひとりが自分にできることで力を合わせ、憲法9条を守る草の根の運動を大きく広げていきましょう。

 「みやこ九条の会」よびかけ人一同


8、結成総会

 約60名が集まり、全会一致で事務局提案が採択されました。沖縄タイムス、琉球新報、宮古毎日新聞、宮古新報、宮古テレビが取材に来て、翌日の新聞に報道され、話題となっています。

9、今後の活動

  国民投票を視野に、有権者の過半数の「改憲反対署名」をとり組んでいく方針です。

 

 


「九条の会全国交流集会報告集」追加原稿

 先般発行致しました「全国交流集会報告集」に編集上のミスで掲載漏れ原稿が2点ありました。不手際を深くお詫び致します。貴重な原稿ですので、メルマガに掲載致します。

 ○「九条の会・尾張旭」の活動報告 

         愛知県尾張旭市 筒井春江

九条の会の趣旨に賛成の人は多いのに、なかなか賛同人になってもらえない町の雰囲気を変えたいと、可愛い絵のA4サイズのミニポスターを4種類作りました。玄関先に掛けても抵抗がなく多数の人が協力してくれるのではないか、小さくてもあちこちで見れば印象に残るのではと考えたのです。ラミネート加工してあるので、雨が降っても大丈夫。1枚100円。市内500軒の家に貼っていただこうと運動を展開中です。とても可愛いので、2枚3枚と並べて貼ってくださる家もあり、只今710枚販売済み。あちこちで、話題になっているようです。このミニポスターは、一度貼りますと、一年365日、雨にも負けず風にも負けず、毎日勝手に宣伝活動をしてくれます。絵葉書も4種類。1枚20円で、これも人気です。おかげで、人口8万人弱の市で発足2ヶ月ですが、呼びかけ人・賛同人合わせて只今480名になり、カンパも順調に集まっております。

「九条科学者の会かながわ」の活動について 

                     「九条科学者の会」事務局 後藤仁敏

昨年225日の神奈川県民ホールと大桟橋ホールでの「九条の会を聞く県民のつどい」の成功と、昨年3月の「九条科学者の会」の結成を受けて、神奈川県の科学者の会を作ろうと、43名の呼びかけ人を集め、昨年1122日に私たちの会は発足しました。

現在までに、賛同者107名、カンパが延べ98名から36万円集まり、少しずつですが、運動を進めています。今後は、学会名簿を利用した賛同者の拡大、各大学・研究所に「九条の会」を作ること、学習会を開催するなどの活動をしようとしています。第1回学習会は624日に鶴見大学会館で、清水雅彦氏(明治大学講師、憲法学者)の「国民投票法の問題点」を開催します。ぜひとも成功させたいと思います。

私は、「九条かながわの会」の事務局次長も務めており、弁護士・労働組合・マスコミ関係の方々とも一緒に運動を進めています。自宅と職場の地域九条の会の活動にも参加しています。「九条の会」の活動は私の生きがいとなりつつあります。

 

 


自民党総裁選に関するマスコミ論評から

毎日新聞8月4日 06総裁選Q&A―ここも議論を

憲法改正 論点はやはり9条

具体化の道筋見えず

Q 先月28日の「東京ブロック大会」で安倍晋三官房長官が「憲法改正の議論を進めたい」と意欲を語ったね。

 A 安倍氏は改憲問題を政権構想の柱に据えようとしている。祖父の岸信介元首相が改憲積極派で、岸派の流れをくむ森派にとって改憲は言わば悲願なんだ。

 Q もともと自民党は憲法改正を掲げているんじゃないの。

 A 確かに自民党は1955年、「現行憲法の自主的改正」を目的の一つとして結党している。安倍氏のほか、麻生太郎外相、谷垣禎一財務相も改憲賛成の立場だね。

Q 3人とも同じ考えに聞こえるね。

A 安倍氏は「真の意味で戦後を終わらせるため、憲法を私たちの手で作ることが大切だ」、麻生氏も「自分のことは自分で決定する。それを憲法で実行していないことは重大だ」と言っており、この2人は積極派。

Q 谷垣氏は。

A 谷垣氏も「憲法は制定時の射程距離の限度いっぱいまで来ている。改憲は必要」と言っているけど、どちらかと言うと財政再建やアジア外交などの政策論を前面に訴えようとしている。

 Q 実際にはどういう論議があるのかな。

 A やはり戦争放棄と軍隊の不保持を定めている9条が焦点。大きな論点は集団的自衛権の行使を認めるかどうかだね。政府は「権利は持っているが、行使はできない」との見解だけど、改憲派には「米軍と自衛隊が一緒にいる時に米軍が攻撃されても自衛隊が反撃できないのはおかしい」と批判が強い。自民党が昨年10月にまとめた新憲法草案も行使を認めようという内容になっている。

 Q 「ポスト小泉」候補はどういう考えなの。

 A 谷垣氏はきちんと改憲の手続きを取ったうえで行使を容認する立場だ。安倍氏は改憲派だけど、この点については現行憲法の解釈変更で行使できると考えている。

 Q ほかの論点は。

 A 新憲法草案をそのまま踏襲するかがポイント。「前文」から復古調を除いたり、9条1項の戦争放棄を維持した点には党内にも議論がある。

 Q 次の政権で具体的に手続きが進むのかな。

 A 実際には難しい。改憲には衆参両院の3分の2以上の賛成だけでなく国民投票での過半数の賛成が必要だけど、必要な手続きを定める投票法案も成立への道筋はついていない。どの程度まで踏み込んでスケジュールを示すかも各候補の注目点だね。 【田中成之】

日本経済新聞8月6日――中外時評

 憲法改正は日程に乗るか   試される安倍氏の本気度  論説副主幹  安藤 俊裕

 自民党総裁選レースを独走中の安倍晋三官房長官は総裁選顔見世興行である7月28日の党東京ブロック大会の討論会で「憲法改正についてしっかり議論していきたい」と語った。安倍氏はこれまでも「憲法改正は次の内閣の大きな課題。自らの手で21世紀にふさわしい憲法に変える必要がある」と述べたことがある。

 小泉純一郎首相を含めてこれまでの首相は憲法改正の必要性に言及したことはあるが、「自分の内閣で憲法改正を手がける」と表明した首相はいない。安倍氏が自民党総裁になり、「自分の内閣でやりたい」と言明すれば、初めての首相が誕生することになる。

 安倍氏は近著「美しい国へ」でも憲法改正の意欲をにじませている。要約すると「51年前の自民党結党の目的は2つあり、一つは経済の復興であり、もう一つは真の独立回復を図るための憲法改正である。第1の目標は達成されたが、第2の目標は後回しにされた。集団的自衛権を行使できないという憲法解釈はおかしい。日本の安全保障を考えるうえで、いまの九条のままでよいだろうか」という趣旨を述べている。

 安倍氏の祖父・岸信介元首相は自民党結党に大きな役割を果たし、とりわけ結党時の理念・政策は岸氏の考え方が色濃く反映されている。首相の座を目の前にして、祖父がなし得なかった憲法改正の宿願を自らの手で成し遂げたいとの思いが募るのは無理からぬことだろう。

 小泉首相も就任当初は首相公選論を提起し、これをテコに憲法改正論議をリードしようとした。しかし、首相公選論への支持は広がらず、議論が失速すると憲法改正そのものに熱意を失ってしまった。憲法改正手続きを定める国民投票法案は先の通常国会の会期を延長すれば成立する可能性もあったが、首相は会期延長を拒否し、あっさり先送りした。

 これに伴ってこの秋にも独自の憲法改正試案をとりまとめる予定だった民主、公明両党はとりまとめ作業を中断、先送りした。一見、憲法改正の機運は遠のいたように見えるが、決してそうではない。次期首相がリーダーシップを発揮して秋の臨時国会で国民投票法案を成立させれば、憲法改正の政治プロセスは着実に動き始める。

 まず来年の通常国会で具体的な憲法改正案を審議できる憲法審査会が衆参両院に設置される。自民党は昨年の結党50党大会で新憲法草案を策定しており、これを国会に提出する。これに合わせて民主、公明両党も独自の憲法改正案を国会に提出せざるをえなくなる。3党の案が出そろった段階で国会発議に向けた実質的なすり合わせ作業が始まるだろう。

 国民投票法の施行は成立から2年後であり、2009年には国民投票が可能になる。政界でささやかれる「2010年までの憲法改正」は決して絵空事ではなく、国民投票法案が成立すれば、現実の射程に入ってくる。次期首相が「自分の手で憲法改正を」と唱えてももはや不思議ではない。

 憲法改正に大きな影を落としているのが靖国神社問題である。小泉首相は靖国神社参拝に対する内外の批判をかわすのに手いっぱいで、憲法改正に取り組む余裕はなかったというのが実情である。靖国問題で国論が大きく二分するような状況では与党内でも憲法改正の機運は高まらない。

 安倍氏は靖国参拝問題では小泉首相よりも強硬に見える。「美しい国へ」の中でもA級戦犯合祀(ごうし)の妥当性をしきりに強調している。しかし、いわゆる「富田メモ」によって昭和天皇がA級戦犯合祀に強い不快感を示して靖国参拝を取りやめた経緯が明らかになり、安倍氏の見解は急速に説得力を失いかけている。

 最近の各種世論調査でも、A級戦犯を合祀した靖国神社への首相参拝に反対する人が5割を超え、賛成を大きく上回るようになった。こうした状況で次期首相が靖国を参拝すれば、政権に対する内外の風圧はいっそう激しくなり、憲法改正どころではなくなる。安倍氏は首相になったら靖国問題にどう対処するのか。それは安倍氏の憲法改正に対する取り組みの本気度を占う試金石にもなる。